いつも話が長い人は、転職面接でもそのクセがでるでしょう。

頑張ってアピールしているつもりなのに、言いたいことが伝わらず面接官が首をかしげることも。

コミュニケーションスキルが不足していると思われて、面接を突破できない可能性があります。

話が長いクセを直さないと転職成功は遠のきますよ。

そこで今回は、話が長いクセの直し方を紹介します。

まずは自己認識!こんな人は話が長いと思われている

話が長いというのは、「お前は話が長い!」と直接指摘してくれる人でもいない限りは、気づかないことも多いです。

こんな人は話が長いと思われている可能性が高いので気をつけましょう。

「要するにこういうこと?」と要約される

相手との会話の中で「要するにこういうこと?」と相手の言葉で要約される機会が多くありませんか?

「つまり?」「結論は?」などと聞き返される場合も同様です。

これらの言葉は相手の話が理解できないことを表しているため、それなりに失礼な言葉。

それをわざわざ言い返してくるということは、聞き手にとってかなりストレスを感じている証拠です。

話が長くて何が言いたいのか分からないが、「話が長い」とも言いにくいため、違う言い方で話が長いことを指摘しているのです。

一生懸命話しているのに相手が集中して聞いてくれない

一生懸命話をしているのに、相手の目が泳いでいる、どこか集中していないと感じることが多い場合は、話が長い可能性があります。

もちろん聞き手の集中力の問題もありますが、誰と会話するときも経験するなら危険信号。

相手は「話が長くてつまらないな。」と感じているかもしれません。

「しっかり話を聞いて!」と相手を責める前に、自分の話が長くてわかりにくくないか、振り返ってみることも大切です。

面接前に話が長いクセを直しておく必要性

話が長いクセは、プライベートで親しい人となら「話、長いよ!」などと笑って済まされる問題です。

しかし、仕事や転職面接ではそうはいきません。

仕事ではスピーディーな意思疎通が必要ですから、「話が長い=仕事ができない」と思われる可能性もあります。

面接でも、本当に言いたいことが伝わらず、効果的なアピールができません。

質問に対してずれた答えをダラダラ話していると、面接官の苛立ちを深めます。

はっきりモノ言う面接官の場合、「それで、何が言いたいの?」と、ストレートに言ってきます。

きつい言葉を投げかけられると、面接の空気もピリつきますし、焦ってしまいさらに力を発揮できなくなるでしょう。

話が長いのは、仕事や転職面接において大きなデメリット。

今すぐ意識して直していきましょう。

話が長いクセを直す方法

全く同じ内容について話していても、話し方一つで印象は大きく変わります。

「話が長い人」という印象から、「話がうまい人」へ大幅ランクアップすることもできますよ。

ここからは、話が長い人が実践したい話し方のコツを解説します。

他人に話し方のクセを指摘してもらう

自分がどんな話し方をしているのか、よほど意識しない限り気づくのは難しいもの。

第三者に自分の話し方のクセを指摘してもらいましょう。

よくいるのは「えー」「あのー」など話の本筋とは関係ないつなぎ言葉が多い人。

これが多用されていることで、一言で済む話が数分にも及ぶことがあります。

こういった話し方のクセがないかを指摘してもらうには、はっきりと意見を言ってくれる家族や友人に頼むといいでしょう。

転職エージェントなど、プロから指摘してもらうのも一つです。

話し言葉でも句読点を意識

話が長い人でも、文章を書かせてみるとそれほど問題ないことも多いです。

話すという行為に意識がとられるあまり、本来ある文章構成能力が発揮できていないだけかもしれません。

文章を書くように話してみましょう。

話しが長い人が特に意識したいのは、句読点をつけて適切なところで区切ること。

できるだけ短めに文章を区切り、ダラダラと長引かないようにしましょう。

一方的に自分の話をあれもこれも一気に伝えるのではなく、会話の中に組み込むイメージです。

<話が長い人の話し方例>

ケース:家族から帰りが遅くなった理由を聞かれたとき

「今日は仕事帰りに〇〇に会って、急いでいたんだけどこの間相談されていた件があったから話が長引いてしまって、この間の件っていうのは…。」

ここでは、帰りが遅くなった理由を聞かれているだけなので、人と会って話していたことだけを伝えればいいはず。

「仕事帰りに○○と話していて遅くなってしまったの。」で、一旦完結します。

「そうなんだ、何を話していたの?」と聞かれてから内容を話すようにすれば、会話のキャッチボールが成立します。

一方的に長々と話している印象はありません。

結論から先に伝えること

質問に対しては結論から答えます。

そのためには、何を聞かれているのかを瞬時に判断しなくてはなりません。

「誰と?」なら人物、「なぜ?」なら理由を答えるべきだと、冷静に考えればわかりますよね。

イエスかノーを真っ先に答えることも重要です。

「それで結局何が言いたいの?」と思われないように、結論から述べることを常に意識しておきましょう。

面接対策は転職エージェントを利用しよう

普段話が長いと言われていまう人こそ、転職エージェントを利用しましょう。

緊張状態においてどんな話し方をするのか、エージェントとの面談で明らかになります。

面接官が気にしそうな話し方のクセがあればすぐ指摘してくれますので、本番に活かすことができるでしょう。

面接対策をした人とそうでない人との差は歴然。

エージェントのアドバイスをしっかり聞いて、効果的なアピールができるよう準備しておくことが大切です。

最後に

いかがでしたか?今回は、話が長いクセを直す方法を紹介しました。

大切なのは、相手に不快感を与えないよう意識することです。

相手が何を聞きたいのかをいつも考えるようにすると、自然と簡潔な話し方ができるようになるはず。

転職面接突破のためにもぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。