仕事には、3年、5年、10年など、経験年数によって直面する壁があると言われています。

一番最初にぶつかるのが3年目の壁です。

入社して3年目になると、新人ではなくなり周りの見る目も変わっていき、自分自身も今まで見えなかった事が見えてきます。

その為、今のままでいいのか?と漠然と考えるようになり、転職も検討する人も少なくないのです。

では、なぜ入社3年目で辞めたいと感じるようになるのでしょうか。また、辞めたいと感じた時どう対処していけばいいのかを詳しく説明していきます。

3年目の壁に直面した時のヒントにしてください!

入社3年目で辞めたくなる理由


「石の上にも三年」と言われ、一人前と認められるまであともう少し。

それなのに、なぜ3年経過前に辞めたくなってしまうのでしょうか。

ここでは、入社3年目の人が会社を辞めたい理由を紹介します。

社会人経験を積みさまざまな選択肢を知る時期

学生の頃はアルバイトの経験やネット上の情報のみだったのが、社会人経験を実際に積むことで、さまざまな選択肢を知ることになります。

新卒の就職活動時代は「安定が一番。」「絶対に給与の高い会社がいい。」と思っていても、次第に仕事の面白さにも気づき、やりがいを感じられる仕事に就きたいと考える人も。

20代前半は他人からの影響を大きく受けやすい時期でもあるため、他の選択肢が気になって仕方がなくなるのです。

上司からの期待、後輩からの突き上げ

入社3年目にもなると、それなりに仕事を任せられるようになり、上司や先輩からの期待も大きくなってきます。

期待に応えるために結果を残さなくてはと、プレッシャーを感じるようにもなるでしょう。

また、新人とは呼ばれなくなり、後輩が入社することもあります。

優秀な後輩が入ってくると、上司や先輩が後輩を褒める姿を見て、心がざわざわすることもあるでしょう。

上からも下からもプレッシャーを感じるようになり、精神的に参りやすい時期なのです。

実力が把握できる頃

横並びだった新人時代と異なり、入社3年目にもなるとそろそろ評価が分かれてくる頃です。

入社当初は「同期の中でナンバーワンになってやる!」と意気込んでいた人も、思うように力が発揮できず、ルールや上下関係が存在し、甘くはない現実を知る頃でもあるでしょう。

本当は、入社3年以降に一気に伸びる人もいるのですが、「ここは自分にはあわないのでは?」と思ってリタイアしてしまうのもこの時期です。

耐えに耐えた新人時代に疲れた

上司や先輩が非常に厳しい人であったり、ブラック企業の典型のような場所に入社してしまい、耐えに耐えた1~2年。

そろそろ心身ともにそろそろ限界かもと感じることがあります。

あまりに厳しいと1年目で辞めてしまう人も多いのですが、親に心配をかけまいと頑張り過ぎてしまうこともあるでしょう。

新卒入社の場合は他の会社を知らないため、「どこで行っても同じだろう。」と我慢してしまうこともあります。

3年目くらいになれば、同期や先輩が辞める姿を見ることもでてくるため、「自分も辞めてもいいのかな?」と気づくのです。

入社3年目で辞めたいと感じたときの対処法


入社3年目で会社を辞めたいと感じたときは、どのように対処すべきでしょうか。

ここでは、入社3年目の壁を破る方法を紹介します。

誰もが通過する時期だと楽になる

入社3年目には多かれ少なかれ、誰しもが何かしらの悩みを抱えるものです。

ちょうど仕事に慣れてくる分岐点で、心に余裕も生まれてくるため、自分を振り返ることが多くなるのでしょう。

誰もが通過する時期だと知れば楽になれるのではないでしょうか。

「もう聞けない」ではなく「まだ聞ける」

新人時代は先輩たちに質問する毎日でしたが、入社3年目は、明らかに質問数が減ってくるでしょう。

一通り仕事に慣れたということはもちろんですが、「もう3年目だから聞けない。」と萎縮してしまうケースも多くあります。

入社3年目と言っても、まだ社会人経験は2年ちょっと。

中堅、ベテランの先輩たちからすれば、まだまだ新人と変わらない経験年数です。

まだ、聞いても許される時期なのです。

むしろ、2~3年程度で仕事がわかった風になるよりも、新人でなくなっても積極的に質問する姿は好感がもてます。

新人時代に散々経験したことでも、「実はまだ理解していないかも。」と思ったら素直に認め、「ずっとやってきても理解が不足しているのですが、もう一度教えていただけないでしょうか。」と聞いてみましょう。

怒る先輩もいるかもしれませんが、ここで曖昧にしてしまい、何となく仕事をこなす中堅になるよりずっとマシです。

新しい目標を設定する

入社当初はとにかく仕事に慣れることで精一杯です。

具体的な目標に向かって進んでいけるほど余裕がある人ばかりではなく、多くの人にとっては「仕事に慣れること」が目標になっているでしょう。

入社3年目になると、自分でも気づかない間に設定していたこの目標を、すでに達成しています。

そのため必要になるのは新しい目標。

ここからが本当のスタートと言え、自分自身で決めた目標設定に向かって動き出すことができるのです。

今は入社3年目なので、次は入社5年目にはどうなっていたいのかを考えてみましょう。

続けて10年、15年という風にその先の目標を決めていくと、モチベーション低下にストップをかけてくれるでしょう。

[関連記事]

先輩に相談する

世代が近めの先輩に相談してみるのも一つです。

入社3年目の憂鬱は多くの社会人が感じることなので、入社5年目、7年目くらいの先輩なら、自分の経験談を語ってくれるかもしれません。

あまりに社歴が離れている先輩の場合、入社3年目に何を考えたか、どんなことをして乗り切ったのか、具体的に思い出せないこともあります。

若手の気持ちが理解できる20代後半~30代前半くらいの先輩が職場にいれば、ぜひ相談してみましょう。

後輩から頼られることは先輩にとっても嬉しいことなので、「迷惑かな?」と考えることなく聞いてみるといいです。

どうしても耐え難ければ転職したっていい!

あと数か月で丸3年。

3年の経験値があれば転職で多少のアピールができるため、そこまでは頑張りたいと思う人も多いでしょう。

ただ、限界がきていればそれより前に辞めてもいいのですよ。

新卒入社で3年目であればまだ20代ですから、業界や職種変更だってチャレンジできる年齢です。

適切なところで見切りをつけることも、将来のキャリアにとっては必要なこと。

転職が初めてで不安も大きい人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

具体的に何から始めればいいのかわからない人でも丁寧に教えてくれますし、転職活動全体を通してサポートしてくれるため内定確率がアップします。

無料で利用できるメリットを活かしていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。