異職種へ転職したい気持ちはあっても、職種変更はリスクが伴い、内定確率が下がると言われています。

いばらの道に突き進むのか、夢や希望より現実を取るのか、判断に迷うところでしょう。

ここでは、異職種へ転職するかどうかの判断材料にしてもらうため、異職種への転職で必要なことを紹介します。

可能性がない勝負に挑むのは時間の無駄。

まずは自分の成功確率を確かめていきましょう。

異職種への転職成功確率はどれくらい?

転職を成功させるための近道はスキルや経験を活かすことです。

職種自体が変わると仕事内容が大きく異なるため、相当にハードルは上がってしまうと言われています。

ただ、転職成功確率がどれくらいだと「難しい」のかは、人によって違うでしょう。

1%でも可能性があれば挑戦したいという人もいれば、半分以上は成功確率がないと決心がつかないという人もいます。

個人の能力の差にもよるため成功確率を見極めるのは難しいですが、一つ参考になるデータがあります。

転職エージェントのDODAがおこなった調査によると、異職種への転職を成功させた人は全体の33.9%。

約30%の成功確率を多いと見るか少ないと見るか…。

「意外と可能性があるのね。」と感じた人もいるかもしれませんね。

自分が異職種に挑戦すべきかどうかの一つの判断材料として覚えておくといいでしょう。

職種を変えたい理由は明確ですか?

職種変更を考えているなら、必ず自分に問いかけてほしいことがあります。

それは、職種を変えたい理由。

「何となく。」「楽しいと聞いたから。」など、曖昧で主体性がない理由しか述べられないなら、異職種への転職は今すべきではありません。

また、今の職種がとにかく嫌だから変更するというのも、辞めたい理由ではあるかもしれませんが、その職種として働きたい理由ではありませんよね。

職種を変えようと思った理由については、職種を変更する場合の面接で、かなりの確率で聞かれる質問でもあります。

変えたい理由をしっかり掘り下げて考えておきましょう。

面接官を納得させるだけの理由がなければ、転職成功確率はさらに下がること必至です。

職種研究は必須。特にデメリットを理解すべき

経験したことのない職種に挑戦するなら、職種研究は必須です。

仕事関連のサイトや情報誌を利用してどんな仕事をするのか知る、実際にその職種で働いている人の話を聞く、セミナーなどに参加するのもいいでしょう。

職種研究はどんな方法でもいいのですが、意識したいのは「単に一般的なイメージだけで強い憧れを抱いていないか」という点です。

憧れの職種を調べると、ついメリットに目が向きがちで「やっぱり楽しそう!」と思ってしまうことがあります。

職種の魅力は転職理由になるため重要ではあるのですが、必ずデメリットもあわせて考えておきましょう。

好きな仕事でも、デメリットに耐えることができず辞めてしまうことはよくあるからです。

専門性が高い職種にむやみにチャレンジするリスク

技術職や深い法律知識が必要な職種など、専門性が高い職種にチャレンジする場合は、より慎重になるべきです。

理由は2つ。

1つは技術やスキルの習得に時間とお金がかかることがあります。

時間もお金もかけてその職種を目指しても、結局嫌になって辞めてしまうのでは意味がありませんよね。

絶対にその職種として働き続けるという強い意志が必要になります。

2つめは、専門性が高い職種は経験がないと転職自体が難しいということ。

未経験でも育ててくれるような企業は稀で、基本的にはその職種としての経験年数や資格などが求められることが多くなります。

異職種からの転職が受け入れられやすい業界を選ぶ

異職種にチャレンジしたいなら、異職種からの転職組を受け入れられやすい業界を選ぶとチャンスがあります。

たとえばIT業界はその筆頭。

IT技術の需要は年々増え続けており、そこで働く社員の需要が高い業界ですから、未経験者であっても比較的受けいれられやすいと言えるでしょう。

IT業界と言ってもさまざまな職種があり、経験が問われる職種もあります。

未経験でも挑戦しやすい職種から入り、業界内でスキルを磨いてステップアップするという道も一つでしょう。

また、職種で言うと営業や接客、ドライバーなども未経験可能求人が多いです。

異職種へ転職を成功させている人は、こうした業界や職種へ上手に変更している傾向にあります。

職種変更でも共通して使えるスキルを整理すること

異職種へ転職する場合には、これまでの経験やスキルを活かすことができないと、応募先へのアピール方法に悩むことが多くなります。

しかし、職種変更でも必ずアピールすべきなのは、自分がもっている経験やスキル。

基本的なビジネスマナーに加え、コミュニケーション力やITスキル、語学など、どの業界、職種でも使えるスキルを整理しておきましょう。

どこに行っても使えるスキルをアピールすることで、職種の経験はなくとも、「この人ならすぐに慣れて成果をだしてもらえそうだ。」と思ってもらうことができるでしょう。

異職種への転職は転職エージェントの利用が必須

異職種への転職は、ポイントを押さえることで実現不可能ではありません。

ただ、同職種への転職に比べて厳しいことに変わりはありませんから、一人でやみくもに活動することは避けましょう。

おすすめは転職エージェントを利用した転職活動です。

未経験でも応募できる求人を探しだしてくれるほか、どんなアピールをしていけばいいのかなど活動のコツを教えてくれます。

転職エージェント経由で異職種へ転職を成功させた人は多くいますから、活用するといいでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は異職種への転職で必要なことを紹介しました。

まずは自身がなぜ異職種へ転職したいのかを考え、チャレンジする場合は最適な方法を選ぶことが大切です。

転職活動が多少長引くことも覚悟し、諦めずに応募すればチャンスはあるでしょう。

異職種への転職を成功させるため、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。