子育て中の方が転職をするときは、「育児と両立しやすい職場」がキーワードになりますが、何をもって「両立しやすい」のかがよくわからないこともあります。

そこで今回は、育児と両立しやすい職場のポイントを紹介します。

すべてを叶えることはできませんが、自分にとって何が必要で、何が困るのかをしっかりとイメージしておき、できるだけ希望にあった職場を探すためのヒントにしてください。

ワーキングマザーが、本当に気にするべきポイントはどんなことなのでしょうか。

休暇が取得しやすい

まずは休日について。

子供と一緒に過ごす時間を確保するためには、年間休日ベースで110~120日は欲しいところです。

年間100日を切る企業は休みが少ない部類に入るため、それなりの覚悟が必要でしょう。

ただ、年間休日が多いことも大切ですが、もっと重要なのが有休休暇の取得しやすさ。

もともと決まっている休日が多いこと以上に、子供の病気やケガなどの突発的なことに対応できる有休は、育児との両立では欠かせません。

有休の取りやすさは求人広告に必ず載っているわけではないので、企業研究を通じて調べておくことが必要です。

残業しないで帰ることへの理解がある

育児中は保育園のお迎えがあったり、子供を夜家に1人にさせることができません。

自分や配偶者の両親が全面的にサポートしてくれるという恵まれた環境の人以外は、残業があまりできない人がほとんどでしょう。

定時時間が決まっている以上、残業ができない日があっても、物理的には帰ることは可能なはず。

問題は、周囲の理解があるかどうかです。

子育てを理由に残業しないで早く帰ることに、周囲が文句を言ったり、人間関係に支障をきたすことは避けたいですよね。

理解の度合いは職場によって大きく異なりますが、やはり主婦の方が多くいる職場は理解度が高いです。

30代、40代の子育て世代が職場にいることも大きいため、社員の年齢層を確認することも必要でしょう。

未婚の20代や、子供がすでに成人している50代以降の社員は、子育てに対して積極的に理解しようとする気持ちが少ない傾向にあります。

子育てへの理解をアピールポイントにしている企業も最近増えていますが、実際働く職場がどうかはまた別問題です。

自分が応募する部署の状況を確かめましょう。

育児経験者が多くいる職場

子供の用事で休むことへの理解、今後のキャリプランの参考にできるという意味でも、育児経験者が多くいる職場がいいでしょう。

外資系も意外とおすすめです。

上司が外国人だと、家庭を大切にすることへの理解が日本人より深いからです。

外国では仕事より家庭やプライベートを大切にするという文化が根付いているため、日本のように「なにがなんでも仕事優先!」とはなりません。

外国で働くことは難しくても、日本にある外資系企業で働くなら可能。

英語力は必須ですが、英語に抵抗がない人は視野を広げてみるといいでしょう。

土日祝日休みで子供と一緒の時間を過ごせる

平日は子供を保育園や学校に行かせることができるため、基本的には土日祝日休みの職場を探すことが前提となります。

土日祝日がほぼ出勤になるサービス業などで働く場合は、配偶者や自分たちの両親の協力が不可欠です。

そのあたりも踏まえて話し合っておくようにしましょう。

サービス業はシフト制が主流のため、その点では融通がききますが、週末に親が仕事でも子供が寂しくない状況かどうかは考えておく必要があります。

働き方の種類が豊富にある

子供の年齢に応じて働き方に変化をつけることができれば、1つの会社で長く働くことができますよね。

働き方の種類が豊富にあることもポイントになります。

子供の年齢によって申請できる短時間正社員制度があったり、部分的に在宅ワークが可能とする企業も増えてきています。

ただ、こうした魅力的な制度を採用しているのは、現時点では大手が中心になりますから、中小企業だと簡単に見つけることはできません。

派遣や契約社員など別の働き方も選択肢の1つにいれて、長い目でキャリアプランを考えていくことも大切です。

転勤がないこと

転勤は、子供を連れていく場合、転校や住み慣れないことへのストレスを与えてしまいます。

子供の環境を変えずに転勤先で働こうとすれば、通勤時間が長くなったり、思うように家事や育児に時間をかけられず親の負担が大きくなるでしょう。

多少給与が低くなったとしても、トータルで考えれば転勤がない会社で長く働く方がいいでしょう。

転職を考えるなら、転勤がないことは外せないポイント。

「転勤辞令がくだってから考えればいい。」「転勤辞令がでたら辞めよう。」という不誠実な考えでは、内定すらもらえません。

最初から転勤しない働き方を選ぶ方が賢い選択ではないでしょうか。

託児所がある

必須ではありませんが、企業内や職場近くに企業が管理する託児所があるのもメリットです。

送り迎えが楽であること以外にも、こうした企業内託児所は審査に通りやすいことが魅力です。

通常、保育園に入れるには、勤務時間帯や家族の状況など厳しく審査されるため、なかなか保育園に入れないことがあります。

企業内託児所の場合は、企業の従業員であれば利用できるというケースが多いため、待機児童問題に直面しないのが助かりますね。

何を優先的に考えるのかが重要

ここまで紹介したことをすべて叶える企業があれば最高ですが、現実的には難しいもの。

この中でも、特に自分が譲れないポイントを整理して転職活動をおこなっていくことが大切です。

また、周囲からの理解を得られるため、自分自身が誠実に真摯な態度で仕事と向き合うことも重要です。

普段からしっかりやってくれる人と、育児を盾に希望ばかりを押し通す人とでは、明らかに前者の方が、「理解してサポートしてあげたい。」と思われます。

育児中の人は守られるべき立場ではありますが、「守ってもらって当然」という態度ではうまくいくものもいかなくなってしまいます。

育児と両立しやすい職場を探すなら転職エージェント

近年はワークライフバランスを求める人が多いため、各求人媒体でも、「働きやすい企業」を積極的に集めています。

中でも転職エージェントなら、有休取得状況や職場の理解度など、「本当は知りたいが募集要項には載っていないこと」を調べてくれます。

企業の人事担当者とのパイプを活かして聞いてくれたり、過去の転職成功者からの話から有益な情報を仕入れてくれるのです。

ワーキングマザーが本当に知りたい情報を手に入れられるのは転職エージェントならでは。

利用は無料なので上手に使っていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。