会社を辞めたいと言っている人に「じゃあ辞めれば?」と伝えるとこんな答えが返ってきます。

  • 「周りに迷惑がかかるから辞められない」
  • 「責任があるから辞められない」
  • 「後任が未定だから辞められない」

協調性を重んじる日本人だからこそ、こうした思考になってしまうのでしょう。

「それは思い込みだよ。辞めてもいいんだよ。」といくら言っても、どうしても「辞められない理由」が捨てられないのです。

辞められない理由を並べているうちは、今の仕事にも自分のキャリアにも満足することはないでしょう。

では、どうすべきか。

そこで今回は、辞められない理由ごとに対処法を紹介します。

「周りに迷惑がかかるから辞められない」

人が1人辞めることで、残された人は新しい仕事に四苦八苦したり、職場内がバタバタすることがありますよね。

しかし、それは一時的なこと。

どんな組織でも、慣れてしまえば何事もなかったかのように業務をまわしていきます。

そもそも、新しい仕事を覚えたり、忙しくなって効率を考えるようになるのは、残された人の成長につながります。

長期的に見て迷惑ということはありません。

それより「辞めたい、辞めたい」と思いながら周囲への迷惑を気にして辛い顔をして仕事をされる方が迷惑です。

職場全体の士気が下がるきっかけになるでしょう。

<対処法>

こう問いかけてみてください。「辞めなければ絶対誰にも迷惑かけないですか?」

「責任があるから辞められない」

役職者や真面目な人に多いのが、この理由です。

ところで、その責任は何に対してのものか明確に答えられますか?

会社の経営者クラスだって交代はよくあり、代わりの経営者がなんとかやっていくものですよね。

会社トップが辞めてもどうにでもなるのに、会社員1人が辞めてなんともならないことはありません。

責任があると言っているのは、単に「責任を放棄したと思われたくない。」という他者からの視線が気になるだけで、自分だけが持てる自身のキャリアへの責任はどこに行っているのでしょうか。

転職に踏み切る人は、自分の将来について責任をもって決断しています。

自分の道に責任を持てない人が、他人や会社に対して責任を持つことはできません。

<対処法>

他人にどう思われるかより、自分のキャリアに責任をもとう

「社会人としての常識を考えると辞められない」

会社員として働くことこそが、もっとも正しい方法だと思っている方は、意外にも多いもの。

そうした場合に、社会人としての常識を理由に辞められないと思い込んでしまいます。

自分で決めた「常識」はなかなか変えることが難しいですが、「常識」を理由に挙げるくらいなら、こう考えてみてください。

社会というのは公の場所であり、そこへの貢献が「社会人として」どの程度できているのかということです。

たとえば税金。

会社員ではなく、自由業でたくさん稼いでいる人はどうでしょうか。

彼らは、会社員でいることが「常識」だと思っている人以上に多額の税金を納めています。

その税金は、公的施設やインフラなどさまざまな用途で使われています。

会社員でないから社会に貢献していないとは言えませんよね。

もちろん、高額納税者のみが社会に貢献しているわけでもないでしょう。

言いたいのは、なにをもって「社会人としての常識」かどうかは一概に決めることはできないということ。

頑なに手放せない常識は、他者にとっては常識ではないのかもしれませんよ。

<対処法>

自分が思う常識はごく限られた世界の中に過ぎないと知ろう

「後任が決まらないから辞められない」

退職日の話になると、「まだ後任が決まっていないんだよね…。」と上司に言われることがあります。

このとき、「後任が決まっていないならまだ辞められないな。」は完全に勘違いです。

後任は「決まらない」のではなく「決めていない」だけです。

人材はいるわけですし、特定の人に引き継ぐかどうかは関係なく、自分の仕事を「誰か」ができる状態で残していけばいいのです。

もっと簡単に言うと、引き継ぐ相手は人ではなく、会社。

誰が見てもわかるマニュアルを渡す、一旦上司に引き継ぐなどし、そこから誰に担当してもらうかは会社の問題ですよ。

<対処法>

自分の仕事はしっかり「会社」に引き継げばいい

「辞めてはいけないから辞められない」

「辞めてはいけない。」と本気で思っている人がいますが、必ず、「なぜ?」を自分に問いかけてみましょう。

なぜ辞めてはいけないの?→当たり前だから→なぜ当たり前なの?と繰り返してみると、辞めてはいけない理由はないとわかるはずです。

ちなみに、辞めてはいけないと思い込むことは、外国人からすると非常に「クレイジー」なことだそうです。

<対処法>

辞めてはいけないのはなぜ?を繰り返してみる

結局は「不安」が辞められない理由

「〇〇だから辞められない」は、本当はありません。

「辞めたいけど辞められない。」と言っている人に、辞められない理由を突き詰めて聞いてみると、最終的には本音がでてきます。

それは「転職できるかわからない。」「転職して失敗したら後悔しそう。」といった不安。

その不安を認めるのが恥ずかしいから、なにかと理由をつけて辞められないと言っているだけなのです。

人間は、将来が決まっていない状態に不安やストレスを感じるようにできています。

不安はもつのは当たり前、恥ずかしがる必要はありません。

不安を払拭するには、在籍しながら転職活動するのが一番です。

転職市場を覗いてみなければなにも始まりませんし、活動していく中で自分の方向性が見えてきます。

転職活動した結果、「やっぱり今の会社で頑張ろう」でもいいのです。

やってはいけないのは、いきなり退職してしまうこと。

特に、辞められない理由を並べがちな人は不安への耐性が低いため、退職後の活動はストレスになります。

必ず今の仕事をしながら転職活動をしましょう。

在籍しながらでは時間的余裕がないと思う人は、転職エージェントを利用することで効率のいい活動ができますよ。

最後に

いかがでしたか?辞められない理由への対処法をご紹介しました。

辞められないと思い込んでいる理由を一旦すべて外してみると「本当は自分はどうしたい?」というシンプルな問いにたどりつきます。

そこから目を背けず考えていくことが、今後のキャリア形成のために必要なことではないでしょうか。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。