応募書類でも面接でも、自己PRを書く、述べる機会が必ずと言っていいほどあります。

アピールする内容は応募企業によって異なりますが、どんな点に注意すべきかは共通しています。

自己PRのポイントと作成方法、注意点をよく理解しておき、効果的な自己PRができるようにしておきましょう。

特に面接における自己PRは志望動機と並んでかなり重視する企業が多いため、勝負どころですよ。

今回は、転職面接における自己PRのポイントを解説します。

自己PRで面接官がチェックするポイント

企業の面接官は、自己PRを通じて下記の点を確認したいと思っています。

  • 求める人材にマッチしているか
  • 採用して活躍する姿がイメージできるか
  • どんな強みがある人材か
  • 仕事への意欲が感じられるか

それぞれ解説していきます。

求める人材にマッチしているか

自己PRにおいて重要なポイントは「企業の求める人材像にフィットしているか」という点です。

つまり、企業側から見て「この人は貢献してくれるだろう。」「採用する価値が高い人物だ。」と思われなくてはなりません。

よく混同されがちな志望動機との大きな違いはここにあります。

志望動機が応募者目線であるのに対し、自己PRはあくまでも企業目線。

自分のスキルや経験を活かして、企業にどんな貢献ができるのかを踏まえた話し方をしましょう。

採用して活躍する姿がイメージできるか

たとえば、求められる人材が「向上心があってコツコツと業務に取り組める人」だとしても、そのまま言葉通りのことを伝えても意味がありません。

いくら自分ではそう思っていても、本当に向上心があるのかどうかは判断できないからです。

大切なのは、転職先で活躍する姿を、面接官がしっかりイメージできるかどうか。

そのために必要なのは具体性、客観性です。

これまでの経験やスキルなどをアピールする際は、エピソードや客観的な数字を交えるようにし、より具体的に述べましょう。

仕事で遭遇した困難に対して、どんな風に解決したかなどのエピソードもいいでしょう。

もっているスキルや知識、経験を伝えるだけではなく、転職先のどんな分野で活用したいのか、なぜそのスキルが活かせるのかなど、転職先での仕事と絡めて話すと好印象です。

どんな強みがある人材か

自分の強みはいくつかあるでしょうが、自己PRでは1つに絞って述べるようにしましょう。

気になるスキルや経験については、その後の質問で面接官が聞いてきます。

あれもこれもと伝えても印象に残りにくくなるため、企業ニーズと自身の強みがもっともマッチしている点に絞り、簡潔にまとめるようにしましょう。

仕事への意欲が感じられるか

自己PRからは、仕事への意欲も読み取ることができます。

経験やスキルをどんな風に活かして企業に貢献したいのかが明確だと、「この人は意欲的に取り組んでくれそうだ。」と評価されやすくなります。

企業研究をしっかりおこない、これまで培ってきた経験をどんな領域で活かせるのか調べておきましょう。

自己PR作成の流れ

自己PRを作成するときは、下記のステップを意識すると、間延びせず簡潔な文章にまとまります。

  • 1.自分の強みは〇〇である
  • 2.これまで〇〇という場面で活かしてきた、成果を挙げた(具体的なエピソードや数字)
  • 3.自分の強みを転職先のどんな分野で活かしたいか

強みが何か→なぜ強みだと感じるのか(根拠、理由)→その強みが転職先でどう活かせるか、という流れになります。

3つの構成についてそれぞれ考え、最後に自己PR文としてまとめると作成しやすいでしょう。

面接における自己PRの注意点

自己PRは、応募書類にも必ずある項目ですが、面接においては多少注意点が異なります。

ここからは、面接の際に自己PRで気をつけたいポイントを解説します。

時間制限が設けられることがある

応募書類と異なり、面接では時間制限が設けられることがあります。

代表的なのは「1分程度で自己PRをしてください。」というもの。

せっかく準備しておいた自己PRも、時間がきて途中で遮られてしまったら台無しです。

できれば、1分程度のものと2、3分のものと両方用意しておくといいでしょう。

1分で話し切れる内容は、文章にすると大体300文字程度。

話すスピードにもよりますが、事前に携帯電話のタイマー機能などを利用して時間を確認しておきましょう。

1分での指示がある場合の自己PRは、簡潔でわかりやすいことが求められます。

短い時間の中で「自分の強みはこれで、こんな貢献ができます!」と言いきれるようにすると印象に残ります。

応募書類の内容とリンクしていること

面接官は、応募書類を見ながら面接を進行していきます。

そのため、応募書類の内容と、面接で述べている内容が違っていると問題です。

言い回しなどは違っていてもいいのですが、核となる内容は応募書類とリンクしていなくてはなりません。

応募書類に書いていないことをいきなり面接で述べても、後付けや適当な印象が拭えませんので気をつけるようにしましょう。

ただし、応募書類に書いてある文章を丸暗記では「つまらない。」と思われます。

応募書類の自己PRに、より具体性をもたせる、深みをもたせるようにすると、矛盾もなく面接官の興味を引くことができるでしょう。

自己PRの流用はNG

ここまでの話でおわかりでしょうが、自己PRはあくまでも応募先企業のニーズに合致する必要があるため、応募企業や職種によっても異なります。

転職活動が続くとつい、他社で使った自己PRをそのまま流用したくなりますが、それはNGです。

どこにでも使えるものは、それだけありきたりで印象に残らないということは、ぜひ覚えておきましょう。

事前の面接対策でしっかり練習を

自己PRは面接の中でも非常に重要なポイントなので、事前の面接対策を通じて練習しておくべきです。

転職エージェントなどのプロを頼れば、面接対策やアドバイスをおこなってくれますので、上手に活用しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。