フラワーコーディネーターは、クライアントの要望に応じてフラワーアレンジをおこなったり、イメージやテーマに沿うよう花を配置し空間をデザインしたりする仕事です。

花が好きな人や、空間やインテリアに興味がある方にとって憧れの仕事でしょう。

フラワーデザイナー、フローリストなど様々な呼び名があります。

花と言えば女性のイメージがあるかもしれませんが、活躍される方には男性も多数。

男女ともに転職の可能性が広がる仕事なのです。

ただし、クリエイティブな要素がある特殊な仕事として、生計を成り立たせるのは難しいという声も聞かれます。

そこで今回は、実際問題として年収や待遇はどうなのか、転職先にはどんなところがあるのかなど、フラワーコーディネーターの仕事事情を探っていきます。

フラワーコーディネーターになるには

まずはフラワーコーディネーターのなり方について。

フラワーコーディネーターという国家資格があるわけではありませんので、基本的に資格は不要です。

仕事の就き方については、企業や団体に所属するか、フリーランスとして独立するかが主流。

専門学校や習い事などを通じて専門知識をもっていたりスキルを磨いておくと、転職の際にアピールポイントにはなるでしょう。

未経験からも挑戦できる仕事ではありますが、まずはフラワーショップなどの現場で経験を積み、販売や花の取り扱い方を学ぶ必要があります。

水の入った重たいバケツや花の運搬などをおこなう、冬でも寒い場所で働き冷水を扱うなど、とてもハードな仕事です。

フラワーコーディネーターの年収や待遇

フラワーコーディネーターへの転職を目指す人にとって気になるのは年収や待遇でしょう。

ここでは働き方ごとに年収や待遇を確認していきます。

正社員の場合

正社員のフラワーコーディネーターとして働く場合の年収ボリュームゾーンとしては、250万円前後。

ポジションや経験年数によっては400万円くらいまでは可能な水準です。

待遇については、業界全体が景気の影響を受けやすく、花が生活必需品ではないことから、あまり恵まれているとは言えません。

退職金がない、昇給がないといったケースはごく当たり前に見られると思っておきましょう。

とはいえ、健康診断や交通費の支給など、一般企業の大半が提供する福利厚生については利用できることが多いため、正社員として働く魅力は大きいと言えるでしょう。

フリーランスの場合

フリーランスになると、生活できないレベルの人から1000万円超までさまざま。

成功者と言える部類に入るには、メディア出演や有名企業との契約などを目指し、大会で賞を取るくらいの実績が必要になり、狭き門と言えるでしょう。

フリーランスの場合、交通費や見積もり作成、請求書にかかる費用など経費がかかります。

それにともなう経理処理が発生しますし、会社員のような福利厚生はありませんので、その分多く稼ぐ必要があると言えます。

ただ、最近はフリーランス向けの福利厚生サービスを提供するサイトなどもあるため、フリーランスとしてのリスクヘッジがしやすい環境は徐々に整いつつあります。

契約社員やアルバイトも多数

経験を積むためにフラワーショップなどで働く場合、正社員求人もありますが年収相場はかなり低め、雇用形態も契約社員やアルバイトからというケースも多いです。

アルバイトの場合は地域の最低時給レベルということも珍しくありません。

アルバイトだと年収200万円に満たず、正社員のような福利厚生には期待できないでしょう。

自立して働くことが難しいというケースも多いです。

ただ、最近はネットを使った副業がしやすいなど、稼げる選択肢が豊富にあります。

契約社員やアルバイトに副業を追加させて生計を立て、夢を諦めないという方法も考えられます。

フラワーコーディネーターの転職先

フリーランスの場合は技術力だけではなく、人脈や営業力が必要なためハードルは高め。

まずは雇われの身として働く方が、時間はかかってもフラワーコーディネーターへの道は近いかもしれません。

フラワーコーディネーターの転職先としては、たとえば下記のような事業を展開している企業があります。

  • フラワーアレンジ商品を販売している
  • 空間デザインを手掛けている
  • ブライダル関連
  • 葬祭における生花祭壇アレンジの提供
  • フラワーショップ、グリーンショップ運営
  • フラワーアレンジメント講師派遣業

正社員求人が圧倒的に多いのは、ブライダルと葬祭業界。

結婚式に欠かせないブーケや式場内のフラワーアレンジの仕事は、華やかで人気が集まりやすくなっています。

ただ、ブライダル業界全体としては勢いに欠けるというデメリットも。

ニーズが大きく将来性にも期待できるのは葬祭業界です。

両方を手掛けている企業もあるため、仕事内容や年収、需要など総合的に判断して決めましょう。

そのほか、フラワーアレンジ商品をネットで販売している企業なども増えています。

フラワーショップの実店舗を兼ねているケースも多いですが、アレンジに特化している企業も見られますから、応募前に調べておきましょう。

フラワーコーディネーターの求人を探す方法

フラワーコーディネーターの正社員求人を探す方法としては、専門学校やスクールなどの人脈を頼るか、求人媒体で探すのが一般的です。

人脈がない場合は求人媒体の利用になりますが、できるだけ転職サイトや転職エージェントを使って、企業実情をよく調べてから応募することをおすすめします。

求人を見ると、フラワーコーディネーターとうたっているものの、実際はアレンジはほとんどさせてもらえず、力仕事ばかりになるというケースもよくあります。

企業やお店の方針や実態がわからないまま転職しても、ただただハードなだけで年収は低くて生活できず、経験も積めないということになりかねません。

転職サイトに掲載されている求人をしっかり比較して給与相場や仕事内容を見極めることも大切。

転職エージェント経由で応募すれば、転職前に企業情報を提供してくれたり、給与交渉などをおこなってくれるため失敗リスクを抑えることができます。

転職サイトも転職エージェントも登録無料で利用できるため、上手に活用しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。