内定をもらい、あとは会社を辞める手続きを進めるというときになって、「上司に退職をどう切り出せばいいのかわからない。」と悩むことがあります。

立場が上の相手に、退職という会社にとっては良くない話をすることは、気が引けることですし、不安にもなるでしょう。

とはいえ、黙っているわけにはいきませんから、適切なタイミングを見計らって、正しい切り出し方をしましょう。

報告を先延ばしにしてもいいことは1つもありませんよね。

今回は、上司に退職を切り出すタイミングや切り出し方について解説します。

上司に退職を切り出すタイミングとは

自分の中で退職の決意が固まっていても、それと上司へ切り出すタイミングは別ものです。

まずは、上司にいつ切り出すのか、何に気をつければいいのか、具体的なSTEPを解説します。

次の転職先が決まってから

退職を優先させる特段の事情がない限り、次の転職先が決まってから退職を切り出します。

活動終盤になって「もうそろそろ決まりそうかな。」と勝手に判断し、結局内定が得られず退職日を迎えてしまっては最悪です。

必ず内定をもらってから切り出すようにしましょう。

就業規則に沿った時期を守ること

退職の申し出は、法律上は退職の2週間前までにすればいいとされています。

ただし、現実的には就業規則に沿った時期を守ることになります。

「退職の〇ヶ月前までに書面で申し出ること」などと規定があることが多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

転職先での入社日調整にも必要な情報なので、就業規則を見るのは内定が決まってからではなく、転職活動を始めたらすぐに確認しておきましょう。

転職先が決まり、就業規則に沿った形を取るとなると、内定後速やかに報告するというパターンが多くなります。

まずは上司のスケジュール確認を

退職を切り出すタイミングになったら、まずは上司のスケジュールを確認します。

出張などでしばらくいない日があるなら、早めに報告しておかなくてはなりません。

外出や来客予定などを確認し、上司が落ち着いて社内にいられる日を選ぶのがベストです。

面談の調整は社内メールなどで目立たないように

上司のスケジュールを確認したら、面談依頼をします。

社内メールなどを利用している会社なら、周囲に知られず面談の申し出ができるためいい方法です。

社内メールがない場合は、午前中の早いうちに「今日どこかでお時間いただけませんか?」と申し出るようにしましょう。

このとき、具体的な内容については伝えず「お話があります。」とだけ述べるようにしましょう。

これはNG。やってはいけない上司への退職の切り出し方

退職の切り出し方によっては、円満退職につながらないリスクもあります。

ここでは、退職の切り出し方NG例を紹介します。

皆がいる前で退職を口にすること

面談を申し込んでおきながら、皆の前で「退職」と口にすれば、すでに何の話なのかバレバレですよね。

誰かが辞めることで担当変更や引き継ぎなどが発生するため、職場内の動揺につながってしまいます。

面談の申し出をするときも、周りに人がいないタイミングを見計らって上司に話しかけるようにしましょう。

日中の多忙な時間帯に無理やり伝えること

上司が暇なときはそうはありませんが、中でも特に忙しい時間帯は避けるようにすべきです。

来客や外出の前後バタバタしていますし、始業開始直後も社員たちへの指示で忙しくしていることが多くなります。

忙しいときに伝えようとしても、軽くあしらわれたり、上司の苛立ちを募らせてしまう可能性もあります。

常日頃から上司の動きをよく見ておくようにし、少しでも落ち着いている時間帯を選びましょう。

報告ではなく「相談がある」と切り出すこと

上司に退職を切り出すとき、「ご相談があるのですが…。」と言ってしまう人は多いです。

「相談」と言うからにはまだ退職の意志が決まっていないとも解釈できますから、気をつけてください。

強い引き止めに合い、退職できない危険性もあります。

「ご報告が」「お話が」などと言うようにしましょう。

上司に退職理由をどう伝えるべきか

面談室に入った後、上司に退職理由をどう伝えればいいのでしょうか。

ここからは、退職理由の伝え方や注意すべきポイントを紹介します。

「一身上の都合」で様子見

上司に時間を割いてもらったことのお礼を伝えたら、すぐに本題に入ります。

まずは退職理由を具体的に言わず「一身上の都合により」と伝えればいいでしょう。

この時点で、理由を聞いてこない上司もいますし、労働者は退職の自由がありますから、本来退職理由を言う必要もないのです。

納得されなければ個人的な理由を

とはいえ、退職理由を教えてほしいと言ってくる上司もいるでしょう。

上司の上司への報告義務もありますし、人事課で離職理由のデータを取っている場合もあります。

このときは、本当の理由を言わなくても構いませんので、「納得されやすい理由」を意識しましょう。

納得されやすい退職理由のポイントは、個人的な理由であること、やむを得ない理由であることの2つです。

たとえば下記のような理由は定番ですが納得されやすくなります。

  • 親の介護
  • 体調不良
  • やりたい仕事がある
  • 配偶者の転勤

注意が必要な退職理由

本音を言えば、給与や待遇、上司への不満といったことが退職理由になっているかもしれません。

しかし、給与や待遇への不満は、好条件を提示されて引き止められる可能性が高いです。

また、上司への不満を正直に伝えたところで、上司の心証を悪くして嫌がらせをされないとも限りません。

転職先名を聞かれても答えないようにすることも大切です。

取引先や上司の知り合いがいるなど、今の会社と関係が深かった場合に良くない情報を提供される可能性がでてきてしまいます。

転職先を伝えるにしても「〇〇関係の会社」と濁せば十分です。

退職トラブルの相談は転職エージェントにしよう

退職の切り出し方がわからない、退職の引き止めにあってしまって困っているなど、せっかく内定をもらっても退職手続きがスムーズにいかないことがあります。

こんなとき、転職エージェントを利用していると相談できます。

退職トラブルはよくあることなので、最適な切り出し方法や対処法を指導してくれるでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。