企業の教育、研修スタイルとしてはOJT(On-the-Job Training)が一般的ですが、新人教育を担当する側の悩みは尽きません。

中には新人教育を担当することがストレスになり、会社を辞めたいとまで感じる人も。

新人より立場的に上であるにもかかわらず、なぜストレスを感じてしまうのでしょうか。

今回は、職場における新人教育担当者の悩みと解決策を紹介します。

新人教育はなぜ疲れるの?新人教育の悩みを紹介


「新人教育に疲れた…。」

社会人経験がある人なら、一度は思ったことがある人も多いはず。

若くて可愛い後輩たちを指導するのに、なぜ教育担当者たちは疲れてしまうのでしょうか。

まずは、教育担当者たちの悩みを紹介します。

世代ごとの考え方の違い

新人教育を担当する社員は、「新人と年齢が近い入社2~3年の社員」か「経験を積んだ30代中堅社員」が主流です。

前者の場合は新人の考え方が理解しやすいことがありますが、後者の場合は世代間ギャップに悩むことになります。

特に30代以上になると社会人としての自覚は強いものがあり、新人との意識レベルの差が大きいでしょう。

自分の新人時代と比べても、意識が低いと感じることもあるはず。

時代によって当たり前が異なるため、「根本的に通じない」ことが起こります。

これが、疲れやストレスの原因になるのです。

パワハラが浸透し過ぎて厳しくできない

今や誰もが知る「パワハラ」という言葉。

実態としてはあるものの、言葉だけが独り歩きしてしまった印象も否めません。

単なる指導でも「これってパワハラ?」と気になり、教育担当が委縮するケースをよく目にするようになりました。

真面目に研修を受けない、決められた提出物を出さないなど、明らかに新人が悪くてもなかなか言えないことも。

それなのに上司からは「指導力がない」と指摘されるなど、教育担当者としてはフラストレーションが溜まる一方なのです。

自分の仕事もあるため負担でしかない

大企業のように、きっちりと業務分担がなされている、人員の余裕もある場合は、新人教育担当としての業務に専念することができます。

しかし、ほとんとの企業では、自身がもつ通常業務にプラスして教育を任されているため、単純に仕事量が増えることになります。

日中は教育をおこなうため、定時後に自分の仕事に取りかかり、帰りが遅くなることもあるでしょう。

多くの教育担当者にとっては、新人教育は「負担の加算」なのです。

新人を育てても評価の対象にならない

部下が成果を挙げた場合、上司にとっては評価の対象になります。

それは、職場全体としての実績が経営陣にとっての関心事項だからです。

新人教育の場合はどうでしょうか。

新人が立派に成長したとしても、教育担当者が「よくやった!」と褒められることは少ないです。

それどころか、早期の一人立ちを促すことはいわば当たり前なので、新人がミスすれば怒られるだけ。

マイナスポイントにはなってもプラスの評価は受けにくいのです。

頑張って指導しても評価されず、労働時間だけが増えていくとしたら、心身共に疲れてしまうでしょう。

教育方針が曖昧なのでどう指導すればいいのかわからない

新人教育担当者の話を聞くと、「指導を丸投げされた」「教育方針を知らされていない」との悩みをよく言います。

上司としては、「担当者の思うようにやってほしい」「指導方針を考えることも自身の成長になる」といった意図があるのかもしれませんが、なかなか伝わりません。

ただただ面倒なことを押し付けられたと感じてしまう人は非常に多いのです。

上司への不満が募り、イライラの中新人指導にあたるため、精神的に疲れてくるのです。

新人教育に疲れたときの対処法


新人教育に疲れ果ててしまったらどうすればいいのでしょうか。

ここからは、気持ちが楽になる考え方や対処法を紹介します。

新人教育を担当することはメリットもあると考える

「自分ばかりが損している」と考えると辛くなります。

新人教育を担当することにはメリットもあるのだと考えてみましょう。

たとえば下記のメリットがあります。

こじつけでもいいので、何か自分が得をするポイントがないか考えてみると楽になりますよ。

  • 教えることで知識やスキルが定着する
  • 面倒なことを担当してくれたと周囲から感謝される
  • 育った新人が数年後に恩返ししてくれる
  • いつか転職するときに教育担当をした点がアピールできる

新人を誰とも比べないこと

新人教育が疲れるのは、自分の思い通りにならないからです。

自分の思い通りにならないとは、自分の価値観や常識にもとづいて新人が動いてくれないということです。

この場合、新人を誰とも比べないことが大切です。

今の自分や昔の自分とも比べない、周りのデキル新人とも比べない。

誰かと比べることで「当たり前」という基準ができてしまい、それを満たせないとイライラします。

その人にはその人なりの能力や魅力があるのだと思いましょう。

悪いところより良いところを見つける努力をすると楽しくなる

教師や子育てのやりがいとは何だと思いますか?

教師や子育て中の方に話を聞くと、多くの方が「子供たちの成長を感じられる喜び」と言います。

これを、新人教育にも当てはめてみましょう。

新人さんたちが少しでも成長できたと思えたら、辛い新人教育も頑張れるはず。

そのためには、悪いところを指摘するだけでなく、良いところを見つけようとする視点をもつのです。

「この新人さんはどんな良い点があるのだろう、あ、あった!」と探して見つけてみると、案外楽しいものですよ。

新人教育が辛くて仕方ないなら転職も手

新人教育担当は正直大変です。

職場によっては、面倒を理由に、本当に押し付けられてしまったこともあるでしょう。

辛くて仕方がない、会社に行きたくないとまで感じるなら転職も手。

自分の精神をすり減らしてまで新人教育を担当することはありません。

転職エージェントを利用すれば、在籍しながら転職先を決めることが可能です。

希望の求人を探してきてくれるため求人検索の手間がありませんし、面接の日程調整や給与交渉も代わりにおこなってくれます。

もう十分今の職場で頑張ったのですから、転職も視野に入れて動き出してみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。