今や身だしなみの一つとして、当たり前になりつつあるネイルケア。

街中やファッションモール内など、いたるところにネイルサロンがあります。

将来の独立開業が低資金でしやすいこともあり、女性を中心に人気のネイリストですが、離職率が高い職業でもあります。

理由の筆頭は給料の低さです。

生活に困窮して仕方なく、好きな仕事を諦める人も少なくないのです。

年収相場が低く、上がりにくいと言われるネイリストですが、年収をアップさせる方法はあるのでしょうか。

今回は、ネイリストの年収アップ方法と転職事情について探っていきます。

ネイリストのお金事情は?


ネイリストの年収相場は、正社員でも200~250万円ほど。

中堅以上のネイリストでも、300万円台に乗せられない人も多くいる厳しい世界です。

特にアシスタント時代は料理人と同じようなもの。

お金がもらいながら修行させてもらっているという感覚なので、給与は雀の涙です。

さらに、自分で技術を磨くための材料費なども実費ですし、ネイリストという仕事柄、被服費や美容代をゼロに抑えることは難しいでしょう。

出ていくお金も多いのが実情なのです。

一人暮らしは到底できないレベルですから、実家から通ったり、ルームシェアで家賃を浮かせるなどして何とか生活していくことになります。

ネイリストの年収アップ6つの方法

年収相場が低いネイリストですが、「手に職」系の仕事ですから、頑張り次第では年収アップも可能です。

ネイリストが今より年収を上げるために、考えられる方法は6つあります。

努力の方向性を間違いないためにも、年収アップ方法と可能性について知っておきましょう。

1.技術力をアップさせて資格取得する

ネイリストが生き残るためには、技術力向上が大前提です。

雇われて働く場合は指名によって歩合がつくサロンも多く、昇給の評価にも技術力が関係してきます。

ネイリストは資格がなければなれない職業ではありませんが、技術力の証明になる資格取得はぜひ目指すべき。

ネイリスト検定2級は必須、1級があればなおいいでしょう。

資格があるとサロンのHPにアップしたり、名刺に載せたりできるため、指名もつきやすくなります。

給与がいいサロンに転職するときも、何よりのアピールになります。

2.今のサロンで店長を目指す


一般社員と店長では、役職手当がつく店長の方が圧倒的に有利です。

店長クラスになれば年収300万円以上を普通に稼ぐこともできるでしょう。

店舗管理など施術以外の仕事も増えますが、施術オンリーより体が楽になったり、将来的に独立開業するときの勉強にもなります。

ただし、店長になるには同じサロンで頑張ることも必要です。

ネイリストは給与の低さから早期離職者が多い職業なので、同じサロンで数年働いていれば、思ったよりも早めに店長になるチャンスが巡ってくることがあります。

3.ボーナスと福利厚生がある大手サロンを狙って転職活動

乱立するネイルサロンですが、チェーン展開する大手サロンと個人店では、やはり大手サロンの方が待遇面で恵まれています。

月収で比べると1~2万円程度の差ですが、ボーナスがあるのが大きいため、年収ベースなら数十万円のアップも叶います。

ネイルサロンは最低限の福利厚生がないところも多いですが、大手サロンならある程度期待もできます。

4.ネイル講師になる


技術力があることが大前提になりますが、ネイル講師として働くのも1つです。

専門学校の専属講師になるほか、非常勤講師としてネイリストと掛け持ちする人もいます。

専属講師の場合は、売上や歩合を気にすることなく安定的に稼ぐことができ、ネイリストに比べると年収も高めです。

肩腰や目の疲れなど体力的な負担が大きいネイリストですが、講師業なら年齢が上がっても続けやすいのもメリットです。

5.独立開業する

ネイリストでもっとも年収アップの可能性が高いのは独立開業です。

ネイルの施術には専用の道具が必要ですが、さほどスペースは取らないため、自宅の一室などで始める人も非常に多くいます。

最近はコインランドリーの空きスペースなどを借りたり、出張サービスをおこなったりと、自由な場所で活躍するフリーランスのネイリストも増えてきました。

中には年収500万円以上を稼ぐ人気ネイリストも。

ただし、技術はさることながら、営業力や接客スキルなどが求められるため、経営を続けていくのは簡単ではありません。

成功できるのはごく一握り、サロン勤務時代より年収が下がる可能性も高い方法です。

6.ネイル関係の副業をおこなう

ネイルサロンで勤務しながら、ネイル関係の副業をおこなうことで、トータルでの年収アップを目指す方法です。

最近は、個人でブログやサイトを立ち上げて、自宅でできるネイルケアやアートの方法をアップしたり、資格取得方法を伝えたりする人は多いです。

ブログ内でおすすめのネイル材料を紹介すれば広告収入にもつながります。

ほかにも、人脈を広げ、単発でウエディングネイルをやらせてもらうなど、ダブルワークで稼ぐ方法もあります。

副業は、本業がない日や夜におこなうため体力的にきついこともありますが、お金を稼ぐと同時に技術力を磨けるのは大きなメリットです。

将来的には本業だけで年収アップの可能性が広がります。

ネイリストの転職事情や活動のポイントは?

大手など待遇がいいサロンに転職するのは、独立開業などに比べるとリスクが少なく、安定した生活を送りたい方にとっていい方法です。

ここからは、転職事情やサロン選び、活動のコツなどをお伝えします。

求人自体は豊富にある

ネイリストは山ほどあり、人材の入れ替わりも頻繁に発生するため、年間を通じて比較的探しやすいのがネイリスト求人です。

ネイルサロンだけでなく、美容室やエステ、結婚式場などで募集されることもあります。

サロンの立地や雰囲気もさまざまで、ファッションモール内など利便性が高い場所に店舗を構えるチェーン店や、閑静な住宅街にある個人サロンなどもあります。

どんなサロンで働きたいのか、通い場所はどこなのかなど、希望によって豊富な選択肢の中から選ぶことができます。

個人サロンは廃業の可能性も視野に

1つ注意が必要なのは、個人サロンは雇われでも安定しないということ。

賞与ゼロ、福利厚生がないことも当たり前なので、生活が苦しくなる場合もあります。

ネイルサロンが次々とオープンしている現状では、淘汰されていくサロンも多くあります。

せっかく転職しても数年以内に廃業なんてことのないように、立地や評判などもしっかりチェックしてから転職しましょう。

転職エージェントを利用した活動がおすすめ

サロンの内情や経営状態などを事前に情報収集することが、転職に失敗しないための法則。

転職エージェントを利用すれば、自分では調べられない情報をもっていたり、聞きにくいことを代わりに聞いてくれます。

安心して応募に踏み切れるため、ぜひ活用しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑