転職して少し経つと、自分の歓迎会を開いてくれることがあるでしょう。

ぜひ参加して、歓迎会をきっかけに、転職先の人たちとぐっと距離を縮めるようにしたいですね。

とはいえ、飲み会自体が苦手だったり、ほとんど会話をしたこともない転職先の人と何を話せばいいのか分からないと、不安に感じる人もいます。

そこで今回は、転職先の人間関係構築に役立つ、歓迎会の会話術と話題のチョイスをご紹介します。

とにかく笑顔で楽しむことが重要

まず、もっとも大切なのは、歓迎会の心構え。

仕事上の付き合いとはいえ、飲み会は本来楽しい場面です。

とことん楽しむつもりでいましょう。

歓迎会なんて申し訳ないという気持ちや遠慮の気持ちは置いておき、楽しさを表す表情づくりを心がけます。

口角をきゅっと上げて、歓迎会に来てくれた人1人1人に元気よく挨拶するだけでいいのです。

本当は緊張していたり、本当は飲み会に乗り気でなかったとしても、楽しそうにするのは一種の礼儀です。

これから長く付き合っていく転職先の人ですし、なにより、自分のために歓迎会を開いてくれている事実に感謝しましょう。

連想力ゲームだと思って話題をチョイス

同じ席に座った同僚や先輩が積極的に話題を振ってくれるタイプならいいのですが、相手も緊張していて会話が続かないと困りますよね。

このときに場を盛り上げるのも新人の役目だと思って、どんどん話しかけてみましょう。

何も話すことがないと思ったら、五感から連想させた話題を振るのがおすすめ。

歓迎会の席では、お酒、食事の味のほか、内装を見たり、流れている音楽を聴く、食事の匂い、座ったソファーの感触などが考えられます。

五感から得たものはすべてネタになると思っておきましょう。

「この〇〇美味しいですね。どうやって作るのでしょうか。」「今流れている音楽、私が好きなミュージシャンです。」など、会話のきっかけはいくらでもつかめます。

歓迎会の席では、仕事の話を真面目にするより、肩の力が抜けた世間話を楽しめば十分。

皆新人の素を見たいと思っているので、そんなにかしこまらなくて大丈夫なのです。

プライベートも少しだけ見せること

オンオフをはっきりさせたい人にとって、自分のプライベートの話をするのは苦手かもしれません。

ただ、やはりプライベートがわからないと、仕事では見えないその人の個性を知ることは難しいです。

言える範囲で構わないので、プライベートも少しは見せるようにしましょう。

たとえば、家族や恋人の話まではしたくなくても、休日の過ごし方や好きなスポーツ、趣味の話くらいなら、個人的な背景は関係ないため、話やすいのではないでしょうか。

あらかじめ、自分が話しても良さそうなプライベートの分野を整理しておくといいですよ。

失敗談はちょっとしたものが和む

自分の失敗談は誰も傷つけないので話題のチョイスとしては間違っていませんが、あまりに大きな失敗だと相手が「引く」ことがあります。

仕事上問題があると思われるような失敗談も不適切でしょう。

仕事力や性格に難があると感じられるような話題は避けて、プライベートで起きたちょっとしたエピソードがおすすめです。

たとえば、自宅で料理を失敗してしまった話とか、自分の子供に怒られてしまった話とか。

場が和みますし、「そういうのあるよね!」と、他の人も失敗談を語ってくれることがあります。

第一印象をポジティブに話す

職場の人に対してもった印象を話すのも1つです。

職場の人の話題はその場にいる全員共通の話題なので、誰にでも伝わり使えます。

ただし、印象を伝えるときは注意も必要。

外見的なコンプレックスにつながるようなことや、辛口と思われがちな言葉はやめて、ポジティブな印象を話しましょう。

「とても洗練されていて緊張しましたが、気さくな方だとわかり安心しました。」「仕事ができるから厳しい方だと思いましたが、優しく教えていただいています。」など。

お世辞を言おうと思うとわざとらしくなりますが、相手の良い面を見ようとしてると、自然な感情として言葉にすることができます。

どうでもいい話題でも盛り上がる血液型とテレビの話

普段は「くだらない」と思うような話題でも、歓迎会のときは楽しむのがコツ。

たとえば、外国ではほとんど語られない血液型の話題も日本人は大好きですよね。

テレビの話題も同様。

テレビの話題をくだらいと捉える人もいますが、あからさまにつまらなそうにするのはNGです。

たとえテレビは観なくても、「それ知らないです。教えてください!」と楽しそうに言ってみましょう。

「私、テレビは観ないので。」は言わないこと。

テレビを観るかどうかは自由ですが、「テレビを観ない=自分を知的だと思っている」と思われることもあり、いい印象を抱かない人もいます。

お酌はした方がいいの?

お酌はパワハラだなんて意見もありますが、頑なに拒否するのは賢明ではありませんし、職場の雰囲気にもよります。

飲み会が始まったら、まずは上司の席を確認しましょう。

周りの人が上司にお酌をしている様子なら、その職場ではお酌が部下、後輩たちにとっての「当たり前」かもしれません。

否定的な意見も多いお酌ですが、ものは考えよう。

自分の父にお酌をするつもりで楽しくやってみれば、嫌なものではありませんよ。

やらされていると思うとパワハラ、セクハラになりますが、こちらからサービスでしてあげようと思ってみてはいかがでしょうか。

別の席に挨拶に行くことは大切

歓迎会が始まって皆が場の空気が和んできた頃を見計らって、別の席に挨拶周りに行くようにしましょう。

これはマナーというより、どんな人たちとも積極的にコミュニケーションを取っていこうという、その姿勢が好印象を与えるからです。

この会社でやっていくという覚悟も感じられますから、挨拶周りに来た新人を悪く思う人はいません。

席を立つときは、その席での会話が途切れたタイミングでにこやかに「他の先輩方にも挨拶してきますね。」と言いましょう。

一番に行くべきは上司ですが、仕事中のお茶出しのように役順を厳密に守らなくても大丈夫です。

転職直後に困ったことがあれば転職エージェントに相談してみよう

転職エージェントを利用して転職した場合、転職直後の困りごとが起きたときに相談することも可能です。

条件面での相違やトラブルがあれば、遠慮せず聞いてみましょう。

また、転職先での「あるある」やお役立ちコラムなども転職エージェントのサイトで見ることができるため、職場に慣れるまでは活用してみてもいいですね。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。