アパレル業界といえば女性のイメージが強いですが、さまざまな職種において男性も多く活躍している業界です。

ただし、男性のアパレル業界での転職を考える際は、女性とは異なる視点も必要になります。

女性のようにキャリアの選択肢が多くない男性だからこそ、将来のキャリアについてどう向き合うかを真剣に考えてみましょう。

今回は、男性がアパレル業界で転職する場合に考えておきたいキャリアについて、職種や未経験からの転職、キャリアアップの方法を紹介します。

男性がアパレル業界に転職するなら考えておくべきキャリアは何を意識する?

男性がアパレル業界での転職を希望する場合、この業界ならではのキャリアについて、じっくりと考えておく必要があります。

まずは、男性がアパレル業界の転職で考えておくべき将来のキャリアについて、何を意識すればいいのかを解説します。

男性は一生稼ぎ続ける必要があるということ

男性は女性に比べてキャリアの選択肢は限られています。

正社員として働く、派遣や契約社員でメリハリをつけた働き方をする、夫の扶養に入ってパートになるなど、女性には働き方の選択肢が豊富にあります。

男性も同様の雇用形態で働くこと自体は難しくないありませんが、実際問題としては、結婚して妻子を養うなど家計の主柱となりやすいのが男性というもの。

正社員で働き、管理職になって年収を上げていくのがオーソドックスな男性のキャリアです。

女性活躍推進社会においては、結婚や出産でキャリアが中断されやすい女性のデメリットばかりに注目が集まりますが、男性は「一生仕事から逃れられない」厳しい一面があるのです。

長く続けられる仕事か

男性がアパレル業界での転職を希望する場合、将来のキャリアを見据えて求人探し、職種選びをおこなう必要があります。

まず考えておきたいのは、長く続けられる仕事かどうか。

たとえば、アパレル業界で真っ先に思い浮かべる方も多い販売員を見てみましょう。

立ち仕事や在庫整理といった体力的な負担はありますが、他業界の接客業も同様ですし、建設や運送業界などに比べれば肉体的に辛すぎることもないでしょう。

ただし、アパレルの販売員はブランドコンセプトに合っているかも重要です。

若い人向けのアパレルショップで中年男性が接客をしていればやや違和感があり、年齢を重ねるごとにブランドコンセプトにフィットしなくなっていきます。

店長やマネージャーなどにステップアップできればいいのですが、一生同じ店で販売員として働き続けるのは難しいものがあります。

業界や企業の将来性と年収アップの可能性について

アパレル業界は景気の動向に影響されやすく、食や住に比べて生活での重要度が下がるため、将来性が高いとは言えない業界です。

近年はファストファッションブランド人気など、高いものが売れない時代。

大手百貨店も次々と閉鎖しています。

将来的にどうなるかが読みにくい業界なので、その中でキャリアを積むという覚悟は必要です。

また、家計を担う男性は、仕事と年収を切り離して考えることが難しいでしょう。

年齢が上がれば子供の教育費や住宅購入などで多くの稼ぎが必要にもなります。

アパレル業界の中でキャリアアップした場合、どの程度の年収増につながるかを調べておきましょう。

男性が未経験からアパレル業界に転職するなら覚えておきたい仕事事情

アパレル業界は、服が好きでファッションに興味がある方にとっては魅力的な業界でしょう。

「好き」を仕事にできる業界の代表格でもあるため、未経験からアパレル業界に転職したい方も多くいます。

未経験からアパレル業界に転職を希望する方は、未経験でもやっていけるかを心配する方も多いですが、その点は本人の意志で何とでもなる世界です。

それよりも、アパレル業界の仕事事情をぜひ知っておきましょう。

ここからは、男性が未経験でアパレル業界に転職する前に覚えておきたい業界の仕事事情を解説します。

業界は変革期

前述したような大手百貨店閉鎖やファストファッションブランドの台頭だけでなく、ネットでの販路拡大、フリマアプリやファッションレンタルサービスの盛況など、業界を取り巻く環境は目まぐるしく変わっています。

ぱっとでて人気になったサービスが1年後には忘れ去られていたりと、変化のスピードも速くなっています。

アパレル業界は流行を追い求める業界なので変化の激しさは元々ですが、近年の業界は元来の変化スピードや幅を大きく上回っていると言えます。

アパレル業界に転職するのは、周囲の変化に合わせて自身を柔軟に変えていく能力も必要だということです。

ノルマもある厳しい世界

アパレル業界に未経験から転職したい男性の話を聞くと「頭を使わなそうで楽そう。」「販売員なら自分でもできそう。」といった声もあがります。

しかし、業界自体の波が激しく、業界内での競争もあるアパレル業界で働くことは決して簡単ではありません。

販売員や営業にはノルマが設定されていることも多いですし、市場調査や企画、生産業務は綿密な計算のもとおこなわれています。

論理的思考ができなければ今のアパレル業界で売ることはできないため、むしろ頭を使うことが多いのです。

未経験者の場合、アパレル業界への憧れやイメージだけを持ち、よく調べず転職して後悔するケースも見られます。

勝手なイメージだけでなく、実態調査と自身への適性判断は必ずしておきましょう。

職種に限らず給与相場は低め

男性が転職で気になる給与ですが、アパレル業界は職種に限らずやや低めの相場となっています。

年収200万円台も珍しくなく、デザイナーやパタンナーなどの専門職も同様です。

アパレル業界の花形職種と言われるバイヤーや広報であっても、年収500万円以上稼ぐ人は多くないと思っておきましょう。

他業界からアパレル業界に転職し、年収が大幅にダウンした例も多いですよ。

特に家庭を持っている男性は、年収が下がっても今の生活水準を保っていけるのか、配偶者とよく相談しておくといいでしょう。

アパレル業界は年収よりも、仕事の楽しさややりがいが重視されやすい傾向にあるのです。

男性がアパレル業界で働く場合の職種別キャリアの特徴

男性がアパレル業界に転職する場合、今後のキャリアも見据えて職種の選択も重要になります。

まずは販売員から入る方が多く、求人も販売員が多いですが、販売以外の職種も視野に入れておきましょう。

ここでは、アパレル業界の職種別キャリアの特徴を紹介します。

他業界でも通じやすいアパレル専門職は?

将来性が不透明なアパレル業界で働くには、いざとなったときに他業界でも通じやすい専門職としてスキルを磨いておくことが大切です。

企画や生産管理といった職種は意外にも未経験応募が可能な求人も多く、他業界でも求められる職種なので、スキルを磨いておけば将来役に立ちます。

なるのが大変ですが、バイヤーも他業界への転職では経験が必要なため、アパレル業界で経験を積んでおくといいでしょう。

つぶしがきくのは営業職

男性の従事者が多い営業職は、アパレル業界ではつぶしがきく職種です。

アパレルの営業職は幅広いアパレル知識や他職種、取引先とのコミュニケーション能力が鍛えられるため、企画や生産管理、バイヤーといった専門職の入り口に最適。

男性がアパレル業界での将来を見据えてまずなるなら、営業を選ぶのは1つの方法です。

営業職は業界内転職だけでなく、他業界でも圧倒的に求人が多い職種なので、いざとなれば営業経験を活かして他業界の営業に転職することもできます。

頑張った分だけ給与に反映されやすいのも営業職の魅力ですよね。

販売員は高い実績がないとキャリアが頭打ちになる

毎日好きな洋服に囲まれ、お客様と直接話ができる職種が販売員。

お客様の笑顔を見ることができ、モチベーション維持や、やりがいにもつながりやすいです。

ただし、アパレルの販売員は売ることが使命なので、売れない販売員は出世もキャリアチェンジも容易ではありません。

店舗内の売上順位が最低でも3番手にはならないと、店長の道も見えてこないでしょう。

他業界に転職する場合でも、販売員は実績重視です。

高い実績がないと接客経験以外にアピールできませんから、希望の企業に転職するのが難しくなります。

販売員は売れる実力があればキャリアアップの方法がありますが、そうでなければ頭打ちになりやすい職種だと思っておきましょう。

男性がアパレル業界内でキャリアアップするために努力したいこと

アパレル業界の厳しさも理解したうえで、好きな仕事をやり続けたい、アパレル業界でキャリアを積んでいきたいと考える男性もいるでしょう。

ここからは、男性がアパレル業界内で働き続け、キャリアアップするために努力したい点を紹介します。

売上につながる工夫や仕掛け

アパレル業界は職種問わず「売ること」が最大の目的です。

たとえばデザイナー。

いくらお洒落で素敵なデザインの服を作っても、高すぎて顧客層のニーズに合わない、生産に手間がかかりすぎてコスパが悪いなら売れる服にはなりません。

企画やバイヤーは売れる商品を考えたり、購買につながるイベントなども仕掛けていきます。

販売員も同様に、感じのいい接客だけでなく、買ってくれる接客をしなくてはならないでしょう。

服が好き、ファッションに興味がある以前の問題で、売上への意識を持ち続ける必要があります。

自社のコンセプトを把握すること

アパレル業界で働く方はファッションへのこだわりがあるでしょうが、自己満足ではいけません。

アパレル業界で雇われて働くとことは、自社のコンセプトに沿った売り方、提案、生産をおこなう必要があるということ。

職場は自分のお洒落意欲をアピールするための場所ではありません。

自社の顧客が買ってくれるための視点を常に持つことが大切です。

業界内での転職でキャリアアップ

アパレル業界は、業界内転職が盛んにおこなわれている業界の1つです。

転職回数の多さがネックになって転職が不利になることが少ないため、気になる企業があれば積極的に活動すべき。

業界内転職なら、経験や今あるスキルを存分にアピールでき、採用ハードルが低く、即戦力として活躍できるメリットもあります。

販売員なら専門資格を取得すべき

販売職を極めたいなら、専門資格を取得するのも方法です。

販売士やシューフィッター、ウォッチコーディネーターなど、何かに特化した資格もあるといいでしょう。

資格以外では、かなり掘り下げた商品知識を得ておくことがおすすめです。

男性向けアパレルの顧客は女性に比べて、流行よりも質や機能性重視傾向に。

強いこだわりがある人も多く、素材や生産過程での工夫など、細かいところに興味が引かれることがあります。

知識が豊富でこだわりがある販売員だと分かれば、接客を指名してくれる機会も増え、売上増につながるでしょう。

外資系アパレルを目指して語学力を磨く

アパレル業界の中でも比較的給与相場が高いのが外資系です。

特に、外資系高級ブランドは常に一定のニーズがあるため、長い目で見て働ける可能性があるでしょう。

外資系に転職するなら語学力は必須なので、今のうちから語学の勉強をしておくのはいいい方法。

語学力があると他業界に転職する際もアピールできるので、学んでおいて損はないはずです。

常に他業界の動向にも目を向けておく

アパレル業界で働いていると視野が内向きになりがちですが、他業界の動向は必ずチェックしておくべきです。

アパレル業界は外部からの影響を受けやすいですし、ちょっとしたアンテナや会話の引き出しの多さが売上につながることがあります。

アパレル業界で働き続けることに限界を感じた場合でも、他業界の動向をチェックしておけば転職に向けてスムーズに動き出すこともできます。

アパレルに強い転職エージェントや転職サイトを利用して転職する

アパレル業界内で転職するなら、アパレルに強みを持つ転職エージェントや転職サイトを利用しましょう。

男性向けのアパレル求人はどの媒体でもそれなりにでているものの、やはりアパレルに強いエージェントや転職サイトを利用した方が、求人件数が多く希望の仕事を見つけやすいです。

特にキャリアコンサルタントのサポートが受けられる転職エージェントなら、情報収集や転職サポートの点で有利です。

企業の内情を教えてくれたり、独自の情報網から得た将来性を分析してくれたりするため、企業研究の際に役立ちます。

書類作成や面接対策などもおこなってくれるため、希望の企業への内定確率もアップします。

最後に

いかがでしたか?

今回は、男性がアパレル業界で転職する場合のキャリアについて紹介しました。

男性は女性がアパレル業界で働く以上に、将来的な視点を持ってキャリアを考える必要があります。

好きな仕事ができることも大切ですが、長い目で見てどうかもぜひ掘り下げて考えておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。