社会人になり、後輩の指導を任されるようになる20代後半。もうすぐ30代になることを意識するようになります。

「そろそろ転職かな。」なんて、漠然と考えることもあるでしょう。

何となく1つの節目とされている30歳ですが、転職や仕事においては何がどう変わるのでしょうか。

30代になるまでの残り3年間をどのように考えて過ごすかで、今後のキャリアに大きな影響を与えますよ。

今回は、20代後半の今こそ準備したい、30歳になるまでやっておくべきことを紹介します。

30代になると大きく変わること

転職や仕事において、20代の今と30代とでは何が変わるのでしょうか。

30代になったときの予行練習としてイメージしておきましょう。

職場で中心的な存在になる

30代になると職場の中でも中心的な人材として責任ある仕事を任せられたり、後輩たちのまとめ役を命じられることが増えてきます。

今はまだ頼れる先輩がそばにいるかもしれませんが、先輩たちが役職に就いたり、結婚や出産で退職や休職したりして、直接頼れる人が減っていきます。

自分が望むかどうかにかかわらず、リーダーシップを求められる場面も増えてくるでしょう。

いつまでも職場の下っ端でいることはある意味楽ですが、30代にもなればそうはいかなくなってきます。

あらゆる場面で選択を迫られる

20代のうちは目の前の仕事を覚えることに必死で、将来のキャリアをぼんやりとしか考えていないこともあるでしょう。

30代になると、あらゆる場面で選択を迫られ、決断しなくてはならないことが増えてきます。

たとえば、下記のようなことは、30代になれば多くの人が答えをださなくてはなりません。

  • 管理職を目指すか専門職としてのキャリアを磨いていくのか
  • の恋人と結婚するのかしないのか
  • 持ち家を購入するか賃貸にするのか
  • 転職か休職か独立か

「もう30代だよね」と思われる(周囲の目)

20代後半も30歳も、人生経験が豊富な先輩からすれば大きな違いはないでしょう。

しかし、社会の風潮としては30歳を1つの節目として捉えられることが多く、周囲の目は大きく変わります。

敢えてか何も考えずにかはケースによりますが「もう30代だよね。」と、本人を目の前にして言う人もでてきます。

捉え方次第ではあるものの、30代である事実だけは変わらないため、人によってはプレッシャーを感じたり、傷ついてしまうこともあります。

周囲が変わるということは、自分がどのスタンスをとっていても、30代であることを認識せざるを得ない機会が増えてくるということになります。

ライフイベントによりキャリアプランの変更を余儀なくされる

平均初婚年齢や第1子出産年齢のデータなどを踏まえると、30代になると、結婚や妊娠・出産といったライフイベントが起きることが予測されます。

特に女性の場合は受ける影響は大きく、その時点でキャリアプランの変更を余儀なくされることもあります。

転職ハードルが上がる

人を雇う目的は企業ごとに異なるため、中には20代の若手人材が欲しいと感じる企業もあります。

募集要項への記載有無にかかわらず、企業が定めた年齢を超えていれば不採用になる可能性もあるでしょう。

30代になればこうしたケースに遭遇することも増えていき、転職ハードルは全体的に上がるとみていいでしょう。

30代まであと数年。20代後半が今やっておくべきこと

30代になればさまざまな変化が予測されることが分かりました。

では、30代まで残りわずかになった20代後半の今、転職や仕事において、どんな準備をしておけばいいのでしょうか。

ここからは、20代後半のビジネスパーソンが今やっておくべきことを紹介します。

将来のキャリアを明確に

行き当たりばったりで仕事を続けていくと、30代、40代になったときに、なぜもっと深く考え、計画性をもってやっておかなかったのかと後悔することになります。

30代、40代がその時点でキャリアを変更させたり、希望の仕事に就くためには、20代以上の努力が必要で条件も厳しくなります。

若くて選択肢が豊富な今だからこそ、将来のキャリアを明確にし備えておかなくてはなりません。

未経験職種への転職は今すぐでも動き出す

やってみたい仕事があるけど未経験という場合、今すぐにでも転職に向けて具体的に動き出す必要があります。

実際にその仕事に就いている人の話を聞いたり、職場を訪問してみるなどして、本当にその仕事をやってみたいのかを整理しましょう。

30代になると、未経験職種への転職ハードルはぐんぐん上がっていきます。

どこに行ってもやっていけるスキルを身につける

ライフイベントによるキャリアの変更が起きてもすぐに対処できるように、場所や年齢かかわらず、どこに行ってもやっていけるだけのスキルを身につけましょう。

体力気力があり、自分にお金と時間がかけられる今だからこそ、スキルアップや知識習得スピードが速いというメリットがあります。

やりたい仕事を絞っていく

20代の今は、仕事に対してさまざまな夢や憧れを抱くでしょうが、それが現実的に可能な仕事かどうかはいずれ見極めなくてはならないときがきます。

今のうちに、1つ1つ潰していくつもりで、自身との相性、その仕事の将来性、その仕事を辞めたくなるリスクはどの程度あるのかなどを判断していきましょう。

今の転職市場での価値を知っておく

今すぐに転職を考えていない場合でも、現時点での転職市場での価値は知っておきましょう。

いざ転職を考え始めたときに市場価値が低ければ、すぐに上げることはできないため、今のうちから準備しておきたいからです。

今が非常に高い価値を持っているなら、価値が下がる前に転職活動を始めるという選択肢もあります。

転職市場での価値判断は、転職支援のプロである転職エージェントが適しています。

あらゆるデータや経験から、企業ではどんな人材が求められているのかを把握しているため、適切なアドバイスをくれることでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。