看護師の方は「夜勤専従看護師」という働き方を聞いたことがないでしょうか。

夜勤に抵抗がない方ならさまざまなメリットがあるため、転職して夜勤専従看護師になりたいと考えることもあるでしょう。

夜勤専従看護師は特殊な働き方ですので、事前によく調べておき、本当に夜勤専従でやっていけるのかを慎重に判断することが大切です。

今回は、夜勤専従看護師のメリットデメリット、転職における注意点と求人の探し方を解説します。

夜勤専従看護師とは?

夜勤専従看護師は、その名のとおり夜勤を専門で担当する看護師のことです。

看護師の勤務時間帯は、医療機関によって異なるため多少前後しますが、正社員の場合は下記のような時間帯で働くことが一般的です。

  • 日勤  8:30~17:00
  • 3交代制 準夜勤 16:30~1:00
  • 3交代制 深夜勤 0:30~9:00
  • 2交代制 夜勤 16:30~9:00

夜勤専従看護師は、2交代制か3交代制かを問わず、準夜勤、深夜勤務を専門におこないます。

夜勤専従を前提として雇われる非常勤やアルバイトも多いと言われていますが、常勤の看護師もいます。

たとえば、普通に看護師として病院に就職し、病院の夜勤専従制度を利用して、特定の月だけ専従で働くといった看護師もいます。

夜勤専従看護師の場合、1ヶ月の夜勤勤務時間に制限はありませんが、心身ともに負担が大きい夜勤を専門で担当することを考えると、日本看護協会では「144時間」以内に抑えることを提唱しています。

参照:日本看護協会
https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/faq/index.html

夜勤専従看護師に転職するメリット

一般的に夜勤は、体力的な負担の大きさや家庭との両立の難しさなどから、デメリットの方に目が向きがちです。

確かに「夜勤はできればやりたくない。」と考える看護師は多くいます。

しかし、夜勤をやりたがる看護師もいて、それはメリットがあるからです。

夜勤専従看護師を希望する方は特に夜勤のメリットを感じていますが、どんなメリットがあるのでしょうか。

とにかく稼げる

夜勤専従看護師のもっとも大きなメリットは収入です。

看護師の夜勤は、労働基準法で定められた2割5分増しの深夜手当がつくだけでなく、医療機関によってプラスαの上乗せ手当がつくことが多くなっています。

下記は日本看護協会が公表している「病院看護職員の需給状況調査」による結果で、医療機関が看護職員に支給する夜勤手当の平均値を示しています。

  • 3交代制 準夜勤 4,399円
  • 3交代制 深夜勤 5,490円
  • 2交代制 夜勤 11,276円

参照:日本看護協会「2011年病院看護実態調査」
https://www.nurse.or.jp/home/publication/seisaku/series.html

これに加え、医療機関によっては「回数加算」などと呼ばれる、夜勤回数に応じたプラスの手当がつくことがあります。

ある一定回数以上の夜勤をすると通常の夜勤手当に加算される仕組みで、この場合はさらに収入が増えることになります。

看護師は他業界、他職種の人が夜勤をやった場合より多くの手当をもらえるため、夜勤をやればやるほど稼げるのです。

看護師はもともと女性が多い職種の中で高収入の部類に入るため、他業界で働く同世代との差は歴然です。

さらに夜勤専従看護師は夜勤回数が圧倒的に多いため、一般的な看護師より収入が多いのは容易に想像できるでしょう。

夜勤専従看護師の経験がある方から話を聞くと「専従の時期は人生で一番稼いでいた。」と言うくらいです。

通勤回数を減らせる

夜勤専従看護師は通勤回数を少なくできるのもメリットです。

たとえば、家庭の事情で夜勤ができず、日勤帯のみの勤務をする看護師の通勤回数は、月20回前後が一般的。

一方、2交代制の夜勤のみおこなう夜勤専従看護師の場合、月9回ほどの通勤回数で済みます。

通勤回数が少ないと、時間が効率的に使えること、場合によっては通勤交通費の節約にもなります。

通勤交通費が支給されることは一般的ですが、月の上限が決められていることもあるからです。

交通の便が悪い地域に住んでいる方など毎日の通勤に不便さを感じていた場合は、通勤回数がなくなることでストレスも減るでしょう。

連休が取得しやすい

どのタイプの夜勤をおこなうかにもよりますが、夜勤専従の場合は連休が取得しやすいメリットもあります。

たとえば2交代制の職場で16:30~9:00までの夜勤をおこなう場合。

1回あたりの勤務時間は休憩も含めて16.5時間と長くて大変ですが、夜勤明けの翌日は少なくとも休み、月の中で2~3日の連休が発生することもあります。※一般的な回数である9回をおこなった場合

連休中でもゆっくり体を休ませる必要はありますが、連休を取得して旅行などに行きたいという方にはメリットがあると言えるでしょう。

体調管理がしやすい

看護師は夜勤があることから体調管理が難しい仕事だと言われることが多いですよね。

これは、夜勤帯に起きているということと、日勤と夜勤の混合シフトによる生活リズムの不規則さによるものです。

夜勤専従看護師は夜勤帯に起きているため、健康的とは言えないものの、混合シフトに比べると生活リズムは安定します。

夜型の生活に慣れている人にとっては、一般的な看護師よりむしろ体調管理がしやすいと考える人も多いです。

昼に用事を済ましやすい

社会人になると、銀行や市役所などに用事があるけど仕事で行けないということもありますよね。

夜勤専従看護師の場合は昼間はフリーなので、用事を済ませやすいメリットもあります。

リフレッシュで買い物したりスポーツをしたりするにも、昼の方がしやすいでしょう。

もともと看護師は日勤や夜勤の混合シフトなので、事務職などと比べて昼間に行動しやすいですが、混合シフトの場合は正直昼間は寝ていたいところ。

夜勤専従なら連休もあるため、より昼間の時間を有効活用しやすいこともあります。

人間関係が気楽

夜勤専従看護師の中には、夜勤帯における人間関係の気楽さをメリットに挙げる人もいます。

一般病棟の場合、夜勤帯の人員数は少ないため、日勤帯勤務に比べると多くの職員と顔を合わせる機会が減ります。

職場長とも会わなくなることもあります。

看護の現場では職場長クラスになると、夜勤をやらなくなることが一般的だからです。

申し送り時や職場長が当直に入っているときなどに会うことはありますが、一般の看護師に比べて顔を合わせる機会はかなり少なめと言えるでしょう。

同僚や職場長に気を使うのが嫌だという方にとっては気楽さがあるようです。

日勤帯のようにバタバタしない

夜勤時間帯の業務はどんな医療機関かによっても異なりますが、患者さんも寝ているため、比較的業務が落ち着いていることも多くなります。

日勤帯はとにかくバタバタ動き回っていますが、夜勤専従だと業務を自分のペースでできることをメリットだと感じる看護師もいます。

夜勤専従看護師に転職するデメリット

夜勤専従看護師には多くのメリットがあるため、「夜勤専従もアリかも。」と思うかもしれませんね。

夜勤専従看護師は大変な面も多いためよく考えてからにしましょう。

ここからは、夜勤専従看護師に転職するデメリットを紹介します。

夜型になって体調を崩しやすい

混合シフトに比べて生活リズムが安定しやすい夜勤専従ですが、やはり夜勤帯に起きているのは、体の仕組み上負担があります。

自分では大丈夫だと思っていても、急に体調不良になることも。

収入のために夜勤専従看護師になったけれど、体を壊して結局退職し、長期療養になってしまった人もいます。

体への負担を考えると、手放しにおすすめできる働き方ではありません。

急変への対応や責任の重さがある

夜勤帯では、患者さんの急変が起きたときに少ない人数で対応しなくてはなりません。

何もなければ落ち着いている夜勤帯でも、何かが起きたときには大変です。

もともと看護師は命に関わる責任の重さがある職業ですが、夜勤専従の場合は自分1人にかかる負担がより大きなものとなります。

人間関係にデメリットを感じることも

夜勤時間帯の人の少なさから人間関係が気楽だと感じる人もいますが、反対に人が少ないことが苦痛になる場合もあります。

夜勤時間帯に入る他の職員と相性が悪い、頼れる職員がおらず精神的な負担があるなど。

人が少ない分、相性がいい相手とは楽しくやれますが、逃げ場がないとも言えます。

プライベートで問題になる

夜勤専従看護師は、プライベートで問題になることもあります。

1回の拘束時間が長くなりがちなので、友人や恋人と連絡がつきにくい、家族から体調を心配されるなど。

もともと看護師は土日祝日関係なく働く仕事なので、夜勤専従になることでさらに予定を合わせにくくなることもあるでしょう。

結婚している看護師の場合は家庭との両立は難しくなり、配偶者が不満に感じる可能性もあります。

夜勤専従看護師は、未婚の方か、お子様が成人して手が離れた看護師の方が向いていると言えるでしょう。

出世がしにくい

出世を考えている看護師は、夜勤専従より一般的なシフトの方がチャンスがあります。

いろいろなシフトを経験する方が、視野も広がりやすく多くの職員と接するため管理職としてのスキルも磨きやすいからです。

前述したように夜勤専従は職場長と顔を合わせる機会が少ないため、職場長から働きぶりを評価されにくい環境ということもあります。

もちろん、職場長は自分がいない時間帯に誰がどんな働きをしていたのかを、係長やリーダーなどから聞いて判断するようにはしています。

ただ、やはり直接近くで働いている職員の方が目に入りやすく、役職推薦もしやすいという一面はあります。

ごく短期だけ夜勤専従になり、夜勤も頑張れることをアピールするならいいかもしれません。

夜勤専従看護師に転職するときの注意

夜勤専従看護師に転職したいと考えている方は、本当に夜勤専従でやっていけるのか、どんな点に気をつけて夜勤専従になればいいのかを慎重に判断すべきです。

ここからは、夜勤専従看護師に転職する際の注意点を紹介します。

期間を区切って夜勤専従で働く方がいい

夜勤専従はかなりの稼ぎにつながるため、何か目的があってお金を貯めたい方に大きなメリットがあります。

一方で、夜勤のみを続けることには体力的にも負担があることなので、長く続けることはおすすめできません。

期間を限定して働くことで金銭的なメリットを受け、体も壊さずに済むのではないでしょうか。

経験を積まなければ難しい働き方

夜勤専従は何かあったときの対応力や知識、落ち着きが問われる働き方です。

その証拠に、新人看護師が夜勤専従になるケースはほとんどなく、中堅~ベテラン看護師が主に夜勤専従となっています。

夜勤専従看護師になるのに明確な経験年数は定められていませんが、医療機関によっては職場長面談があり、新人でいきなり夜勤専従になりたいと言っても、力量不足を指摘される可能性もあります。

少なくとも2~3年の看護師経験がないと、自分自身も不安感が大きいですし、いざというときに対応できなければ患者さんに迷惑をかけることにもなります。

申し送りは重要

看護師はどの時間帯で働く場合でも、「申し送り」と呼ばれる情報伝達の時間があります。

1人の患者さんに同じ看護師がずっとつくわけではありませんので、患者さんや院内の情報を共有しておくことで適切な処置をしていきます。

特に夜勤専従になると日勤時間帯で起きた情報が入ってきにくい環境になるため、申し送りが非常に重要となります。

職場ルールに基づいた申し送り事項のほか、自分なりに「これは聞いておきたい!」と思う点なども、日勤帯の看護師からしっかり情報収集しておく必要があるでしょう。

日勤帯を代わってあげると夜勤専従手当がつかなくなる?

夜勤専従看護師には原則として日勤帯の勤務はなく、急なシフト変更などで突発的に日勤をおこなったとしても月1回ほど。

さらに恒常的に月1回の日勤があるのも無理があるとされています。

ここで1つ注意点があります。

医療機関の規則によっては、夜勤専従看護師が日勤帯勤務をおこなうと、その月は規則上では夜勤専従とみなされないこともあります。

たとえば、夜勤専従看護師として夜勤手当のほかに専従特別手当などが数万円ついていた場合、法律上定められた夜勤手当は支給されても、特別手当がつかない可能性もあります。

勤務先のルールをよく知らず、急な休みの人からシフトに入ることを頼まれて親切で代わってあげた場合、自分が損する可能性もあるということです。

夜勤専従については勤務先ごとのルールもあるため、詳細まで確認しておくことが大切です。

夜勤専従看護師求人の探し方

夜勤専従看護師への転職に興味がある方は、どのように求人を探せばいいのかも気になるところでしょう。

夜勤専従看護師の求人は一般的に見つかるものでしょうか。

夜勤専従看護師求人の探し方を紹介します。

夜勤専従看護師は人気が高い

夜勤をやりたくない看護師にとっては「夜勤専従看護師なんて誰もやりたがらないのでは?」と感じるかもしれませんね。

しかし、夜勤専従看護師は今回ご紹介したさまざまなメリットがあることから、人気の働き方となっています。

求人がでてもすぐに埋まってしまうこともあるため、本気で夜勤専従になりたいなら、常に情報収集をおこない、適切なタイミングで動き出すことも必要です。

医療機関のHPや問い合わせで確認する

特定の医療機関で働く希望があるなら、医療機関のHPで確認してみることもできます。

夜勤専従枠に言及していることもあれば、制度自体はあっても一般公開はしていないこともあります。

人事部などに問い合わせすれば夜勤専従制度を導入しているかが分かるため、確認してみてもいいでしょう。

ただし、常勤の場合は夜勤専従を前提として雇ってくれることは少ないです。

基本的には一般の看護師同様に経験を積み、夜勤専従でもやっていけると判断されれば夜勤専従を申し出るといった形になります。

看護師専用の転職エージェントを利用する

看護師の転職では、看護師専用の転職エージェントを利用する方が多いですが、夜勤専従に絞って探したい場合にもメリットがあるツールとなります。

夜勤専従には医療機関ごとの独自ルールが設けられているため、事前に聞いておくことが大切です。

特に、制度がしっかり整っていて無理なシフトを入れられる可能性がないか、夜勤専従になるための要件はあるのかなどは、自分の身を守るためにも確認しておくべき。

転職エージェントを利用すれば、応募者が聞きにくいことを代わりに聞いてくれます。

医療機関の実情に精通しているため、事前に情報提供してもらいやすいのもメリットです。

最後に

いかがでしたか?

今回は、夜勤専従看護師のメリットデメリット、転職時の注意点や求人の探し方を紹介しました。

人によっては夜勤専従看護師が大きなメリットになることもあるため、選択肢の1つに入れてみるのもいいでしょう。

ただし、夜勤専従には大変な面も多いので、ぜひよく考え、慎重に判断してください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑