近年女性のフィットネストレーナーが注目を集めています。

人気の女性フィットネストレーナーは、テレビ番組の企画に雑誌の特集、スタイル本の発売などに引っ張りだこ。

その影響もあり、転職してフィットネストレーナーになりたいと考える女性が急増中です。

そこで今回は、女性の転職先の職業として、フィットネストレーナーにスポットライトを当てて紹介。

女性のフィットネストレーナーが、これほどまでに求められている理由と仕事事情を探ります。

女性のフィットネストレーナーが求められている!その理由とは>

フィットネス業界では、筋肉隆々の男性が多く活躍しているイメージですが、実は女性のトレーナーが多い業界です。

女性のトレーナーは非常に求められており、活躍の場も多くあります。

フィットネス業界で女性のトレーナーが求められている理由とは、一体どんな点にあるのでしょうか。

健康志向の影響

まずはフィットネス業界全体の注目度について。

日本の平均寿命が世界的に高いことは知られていますが、近年は「健康寿命」の方が注目されるようになっています。

健康寿命とは寿命の中でも、心身ともに健康で自立した生活を営める期間のことです。

医療費や介護の負担などさまざまな背景も絡み、健康寿命こそが大切だと言われるように。

健康寿命を延ばすには食事と運動が基本で、特に運動習慣の必要性が指摘されています。

海外に比べて浸透していなかったスポーツ文化が日本にも徐々に根付き始めてきたことも、フィットネストレーナーへの関心へとつながっています。

女性の方がカウンセリング能力が高い

フィットネストレーナーは指導前のカウンセリングがとても重要な仕事です。

どんな生活を送っているのか、何を目的としてトレーニングをするのか、なりたい体型や体重はどのくらいかなど。

カウンセリング内容から適切なトレーニングメニューを作成し、利用者の性格や生活スタイルに合った要素なども取り入れていきます。

一般的に女性は男性に比べてカウンセリング能力が高いと言われています。

女性は親身になって話を聞いてくれやすく、話やすい雰囲気を持っていますよね。

利用者からすれば気軽に相談できて本音も言えることから、女性トレーナーは人気があるのです。

女性に指導されると気分が上がる

女性に応援されると気分が良くなる経験をされたことはないでしょうか。

男性はもちろんですが、女性も同性からの応援は励みになるものです。

高校野球や実業団スポーツなどを思い浮かべてみると、学校や団体に所属するチアリーダーや吹奏楽部は多くの女性がいます。

女性の応援は華やかですし、空気を変える力もあります。

女性の笑顔を見るために頑張れる人もいるでしょう。

女性のフィットネストレーナーは、応援隊的な役割も担っており、利用者が気分よくトレーニングに取り組むことができるのです。

女性は女性のトレーナーの方が安心できる

近年は女性専用フィットネスクラブなどが人気を集めていますが、利用者だけでなくトレーナーも女性のみというケースが多いです。

トレーニングでは体に触れて指導することもあり、女性トレーナーでないと嫌だと感じる方もいるからです。

特に女性の利用者はその傾向が強く、男性トレーナーには心を開きにくいことがあります。

女性はトレーニングをしている姿を男性に見られたくないといった羞恥心を持っているため、女性トレーナーの方が心置きなくトレーニングに集中できるという理由もあります。

鍛えることのファッション性と憧れ

フランスで痩せすぎモデルの活動を禁止する法律が制定されたことが話題になりました。

「美しさ=痩せている」との認識から拒食症患者が増えたことなどもあり、モデルたちの健康状態を守り、摂食障害を防ぐことを目的としてできた法律です。

ファッションの中心地であるフランスの影響力は大きく、日本においても「しっかり食べて鍛えた体が美しい」との認識が広まっています。

人気モデルや女優たちがこぞってフィットネスジムに通い、鍛えた体をSNSで披露していることから、鍛えることがファッション化しており、憧れられる大きな要素となっています。

こうした背景もあり、女性を中心としてフィットネスジムの利用者が増えており、女性に指導しやすいトレーナーの需要も高まっているのでしょう。

転職希望なら知っておこう。女性トレーナーの仕事事情

フィットネストレーナーに転職したい女性は、単に憧れだけでなるのはリスクもあります。

趣味でフィットネスをするならいいのですが、仕事にするならよく考えるべき。

ここからは、女性フィットネストレーナーの仕事事情を紹介します。

女性のフィットネストレーナーが働く場所

まずは、転職したらどこで働くのかについて。

フィットネストレーナーの職場は主にフィットネスジム、スポーツジムなどになります。

その他の職場としては、接骨院、公共施設、スポーツ関連企業やスポーツ用品店などもあります。

美容のトータルサロンなどでトレーナーの知識を活かしている方もいます。

フィットネストレーナーとひとくちに言っても、どんな仕事をしたいのか、働き方はどうしたいのかによっても転職先が変わってきます。

まずは自己分析をし、転職先の方向性を定めていきましょう。

女性のフィットネストレーナーの仕事内容

フィットネストレーナーの仕事は多岐にわたります。

特に正社員の場合は、カウンセリングからトレーニングメニューの作成、指導といったメイン業務以外にもやることがたくさんあります。

ジム内の清掃や器具の点検、事務作業やイベント企画、開拓営業、フロント業務に入ることもあります。

体を動かすことが好きな方でも、それ以外の業務が苦痛では雇われて働くことが難しくなってしまいますので、気になる企業でどんな仕事をおこなうのかよく調べておくべきです。

女性のフィットネストレーナーの給与相場は?

女性のフィットネストレーナーの人気や注目度は高いですが、給与に恵まれているわけではありません。

高年収なのは、個人でパーソナルジムを開業しているトレーナーや、ごく一部のカリスマトレーナーと呼ばれる人たちだけです。

フィットネストレーナーの給与は初任給だと月17~20万円ほど、全体的な年収平均も200~400万円の範囲で収まっています。

一般企業で働くOLに比べても同程度かそれより低いことも多くなっています。

転職するために資格は必要?

フィットネストレーナーになるために必須の資格はありませんが、実にさまざまな資格があります。

たとえば、トレーナーの方に人気の資格としては下記のものがあります。

  • パーソナルフィットネストレーナー(PFT)
  • エアロビックダンスエクササイズ(ADI)
  • 公認スポーツ指導者
  • 健康運動指導士

フィットネストレーナーは、体の構造や栄養面など専門的な知識やスキルが必要な仕事なので、資格取得を目指すトレーナーは多くいます。

転職の際にはアピールできますので、資格を取得しておいて損はないでしょう。

各勤務先で決められた資格がある場合は取得することになり、研修などの名目で資格取得を目指すこともあります。

女性がフィットネストレーナーに転職する方法

フィットネストレーナーを目指す女性の転職活動方法としては、主には下記のいずれかのパターンが考えられます。

  • フィットネスジムやスポーツジムに転職する
  • 専門学校等に入学し卒業後に就職先の紹介を受ける
  • パーソナルトレーナーに弟子入りする

スポーツ関連会社など一般企業に転職する場合でも、トレーナーとしての実績がなければ希望の部署に配属されず一般職扱いとなります。

まずはフィットネスジムなどに転職し、トレーナーとしての経験を積むことがもっとも王道の方法でしょう。

フィットネスジムの求人は多くの求人媒体で掲載されているため、見つけるのは難しくありません。

ただし、一部のフィットネスジムは低賃金や過酷な労働環境なども指摘されています。

転職エージェントなどを利用して、勤務先の実態を下調べをしっかりおこなってから転職しましょう。

若い女性が多い?年齢を重ねた後のキャリアは?

女性のフィットネストレーナーは圧倒的に若い方が多く、主に20代、30代の方が中心です。

ここからは、女性のフィットネストレーナーに若い人が多い理由と年齢を重ねた後のキャリアを紹介します。

体力的にきつい仕事

フィットネストレーナーは何といっても体が資本の仕事です。

自分自身が利用者のモデルとなって体を動かし指導していくため、病気やケガで仕事ができなくなるリスクが高いと言えるでしょう。

若い頃は楽しかった体を動かすことも、年齢とともにきつく感じるようになり、別の業界に転職したり、事務職に転向する女性も多いです。

不規則な勤務形態で結婚出産後に続けにくい

フィットネストレーナーの勤務形態は勤務先にもよりますが、フィットネスジムであれば朝の7時から夜の11時くらいまでの間のシフト制が一般的です。

早番と遅番が交互にあると生活リズムも崩れやすくなります。

女性は結婚や出産などのライフイベントへの影響が大きく、特に夜遅くなりがちな点はネックになります。

家事育児との両立が難しく、続けるにしても正社員ではなくアルバイトになる女性もいます。

フィットネスジムで経験を積み独立やフリーになるのが一般的

女性のフィットネストレーナーは、30代なかばくらいを1つの目安として、異業界への転職か、同業界で独立やフリーになるかに分かれていきます。

この仕事が好きで長く続けたいと感じる方は、経験を活かしてパーソナルジムを開業したり、フリーのインストラクターで活躍するようになります。

独立やフリーはそれだけで生活するのは難しく、他の仕事と兼業でされる方もいますが、中には年収600万円以上稼ぐ女性もいます。

最後に

いかがでしたか?

女性のフィットネストレーナーが求められている理由と仕事事情を紹介しました。

最近の女性フィットネストレーナー人気から、転職してフィットネストレーナーになりたいと感じる女性は多くいます。

世の中の女性たちから憧れられる夢のある仕事ですよね。

ただし、フィットネストレーナーは楽な仕事ではありませんので、憧れだけで転職を決めるのは危険です。

本当に転職したいのか、転職先のキャリアも見据えた上で慎重に判断しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑