女性が将来のキャリア設計をおこなう際、ライフイベントとセットで考えておく必要があります。

「あるかないか分からないことを今考えても無駄。」と思わず、備えておくことが大切です。

「想定外のことだった。」と言う女性の話を聞くと、想定できるライフイベントだったことも多いですよ。

そこで今回は、女性に起こり得るライフイベントごとに、仕事に与える影響を紹介します。

女性は今の仕事と向き合うとともに、ライフイベントとどう絡んでくるのかをよく考えておきましょう。

この記事の目次

女性のライフイベントって何のこと?

女性がキャリアを設計するうえで「ライフイベントについてよく考えておくべき。」と言われますが、女性のライフイベントとは具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

すべての女性に当てはまるわけではありませんが、主に下記のライフイベントが考えられます。

  • 結婚
  • 妊娠出産、育児
  • 配偶者の転勤
  • 親の介護
  • 子供の夢
  • 離婚

結婚することの仕事への影響

ここからは、女性に起こり得るライフイベントごとに、仕事に与える影響について見ていきます。

まずは、社会人女性にもっとも早い段階で起きる可能性がある、結婚というライフイベント。

女性は結婚すると仕事にどんな影響があるのでしょうか。

家事にかかる時間が増え残業しにくくなる

女性が結婚すると、「妻として夫を支えるべき。」との自覚が芽生えます。

家事は女性だけの仕事ではありませんが、一般的には女性の方が得意なケースが多く、女性自身も「私がやらなくては。」と思うことが多いでしょう。

独身時代は自分一人分の食事だからと簡単に済ませたり、掃除や洗濯も溜まってから手をつけていたかもしれません。

結婚すれば二人分の食事が必要になり、夫の健康面を考えてレトルト食品やコンビニ食ばかりというわけにもいきません。

二人が生活するから家も汚れやすく、洗濯ものの量も増えます。

夫婦で分担すればいいわけですが、やはり女性側に負担がのしかかってくることが多いため、必然的に時間がなくなり、仕事で残業しにくい状況になります。

自由な時間が減りストレスも増える

男性が結婚を躊躇しがちな理由の1つに「自由な時間がなくなる」ことがありますが、何も男性に限ったことではありません。

最近の女性は趣味や好きなことに取り組む「自分時間」を大切にしています。

女性にとっても、結婚して自由な時間がなくなることは、ストレスが増える要因になるのです。

家庭内でストレスを溜めこむと、仕事でいい成果を挙げられにくくなるという影響があります。

仕事への意欲が下がる

男性の場合、結婚することで守るべき存在ができ、仕事へのモチベーションは上がる傾向にあります。

一方の女性は、結婚したことで「いざとなれば養ってもらえる」安心感から、仕事への意欲が下がることがあります。

結婚せず生きて行こうと決めた女性は出世意欲もあり、スキルや知識を得るための向上心を保ちやすいです。

近年は女性活躍を推進する流れになっていますが、実際のところ、女性は結婚すると家庭を優先させたがる人が多いのです。

自分の好きな仕事に移行したくなる

世帯収入が自分の分と夫の分、2つになったことで、女性はリスクを取った仕事に挑戦したい気持ちが生まれます。

一人暮らしのときは収入源が生活に直結するため難しかったことでも、夫の収入があれば食べるものと住む場所に困ることはないでしょう。

独立開業やフリーランスになって、自分の好きなことを仕事にしたいと感じるようになります。

女性の結婚は物理的な問題よりも精神的な影響が大きい

「寿退社」という言葉が一般的だった昔は、結婚して仕事を辞め、専業主婦になる女性が多くいました。

現代は結婚そのものが女性の仕事時間を極端に減らしたり、仕事での評価を下げるといったことはありません。

それよりも、女性自身の精神的な影響が大きいです。

女性は結婚によって、「仕事に対しての価値観を大きく変化させる」と思っておきましょう。

妊娠出産、育児による仕事への影響

続いては、女性の一大ライフイベントでもある、妊娠出産、育児について見ていきます。

女性は妊娠出産、育児の時期を迎えると仕事にどんな影響があるのでしょうか。

休職して収入が減る

芸能人やスポーツ選手などは出産後すぐに復帰して働き始めることがありますが、一般女性は会社の育休制度を利用して休職するのが一般的。

サポートしてくれる人が家族に限定されるため、育休を取らざるを得ない事情もあります。

雇用保険から育児休業給付金がもらえるのは会社員の特典ですが、休職前よりは各段に収入が下がります。

これまで夫婦二人分の収入でギリギリの生活を送ってきた家庭にとっては、厳しい現実となります。

一旦職場を離れるため復帰後は異動になる

女性が休職に入って一旦職場を離れる場合、復帰後に元の職場に戻れるとは限りません。

基本的には休職中に別の人が穴埋めをするため、その人が担当業務を継続することが多くなります。

異動の裁量権は使用者側にあるため、復帰職場がどこになっても原則拒むことは難しいでしょう。

女性が妊娠出産、育児に備えてやっておくべきことは、復帰後の異動にも柔軟に対処できるだけのスキルアップ、対応力の強化を目指すことだと言えます。

職場環境によっては退職を余儀なくされることも

職場環境によっては、妊娠出産をきっかけに退職に至ることもあります。

妊娠を理由に解雇することなどできませんし、近年は「マタハラ」なども問題視されていますから、あからさまに退職勧奨を受けることはないでしょう。

しかし、職場の皆が毎日残業している中一人だけ早く帰ることへの罪悪感や、時間的な制限があることで責任ある仕事を任せてもらいにくい点などがネックになり、自ら退職を選ぶ女性は少なくありません。

妊娠してすぐ辞めない方がいい

女性が妊娠退職をすることは慎重になるべきです。

特に金銭的なメリットが受けられなくなることは痛手です。

たとえば出産手当金は、働けない間の所得を保障するもので、会社の健康保険から支給されます。

妊娠退職する場合でも、タイミングによっては資格が継続されてもらえますが、妊娠発覚後すぐに退職する場合にはもらえなくなる可能性があります。

もらえる手当や復帰後の働き方について、勤務先の担当者とよく話をしておきましょう。

退職するのは簡単ですが、再就職はぐっとハードルが上がります。

退職するより一旦休職して様子を見たり、じっくり考えるなどした方がいいでしょう。

子供ができると急に仕事への理解がなくなる男性が多い

女性活躍社会の流れもあり「女性は家庭を守るもの」など言う人は少なくなってきました。

女性の仕事に理解を示す男性も増え、結婚前には「結婚しても仕事を続けてくれていいよ。」などと言います。

しかし、本音では女性に家事育児を担ってほしいと考える男性はまだまだ多く、その本音が表にでるのは、女性が妊娠出産したタイミングです。

これまでは女性の仕事と家庭との両立に理解していた男性も、子供ができると急に「やっぱり子供が小さいうちは家庭に入ってほしい。」などと言い出すものです。

女性の仕事への理解がどの程度あるかは、子供ができてからも継続するかどうかについて、結婚前に話し合っておくべきでしょう。

妊娠出産、育児は事前準備と日頃の姿勢が大切

結婚しても妊娠するか分からないですが、あるかもしれないと思って備えておくことは大切です。

出産後の働き方や家事育児の分担は、配偶者とよく話し合っておくべき。

復帰しやすいように、妊娠前からスキルを磨いたり、周囲とコミュニケーションを取って、自ら積極的に協力を申し出る姿勢も大切です。

こうした事前準備や日頃の姿勢が、出産後に周囲の理解やサポートを受けられることにつながります。

配偶者の転勤による仕事への影響

次に、配偶者の転勤というライフイベントについて仕事への影響を考えていきます。

女性自身のイベントではありませんが、女性の仕事と切り離すことが難しいもの。

配偶者の転勤は女性の仕事にどんな影響を与えるのでしょうか。

今の職場に通えなくなり転職する

もっとも考えられるのが、引越しを伴う転勤により配偶者についていき、女性自身が仕事を辞める可能性です。

配偶者が単身赴任する方法もありますが、せっかく結婚したのに離れ離れに暮らすことに抵抗ある女性は少なくありません。

転職するにしても正社員採用が難しくなる

今の職場を辞め、配偶者の赴任地で仕事を探す場合でも、正社員として採用されるには高いハードルが待ち受けています。

転職面接でよく聞かれる「前職を辞めた理由」がネックになるからです。

企業側からすれば、配偶者の転勤についてきた人材は、「いつまた転勤で辞めるか分からない」との不安材料があります。

企業にとってのリスクになるため、採用を思いとどまることになるでしょう。

転職面接の伝え方を工夫すれば乗り切れる点ではありますが、スムーズに正社員になれるとは限らないと思っておきましょう。

慣れない土地でストレスを溜めやすくなる

配偶者の転勤についていくと、住み慣れた地域を離れるだけでなく、家族や友人からサポートが受けられにくい状況になります。

最初の頃は相談相手もおらず、新しい仕事と住環境でストレスを溜めやすくなるでしょう。

地方独特の風習などもあり、戸惑うことも多くなります。

コミュニケーション能力があり、どこに行っても馴染みやすく楽しめる方はいいですが、生まれ育った地元に住み続けて結婚した方などは特に大変かもしれません。

「配偶者の転勤=退職」の前に相談してみるべき

配偶者の転勤には、迷うことなく退職を選ぶ女性も多いですが、全国支社がある企業で働いているなら、まずは上司や人事部に相談してみましょう。

場合によっては、配偶者の赴任先にある支社に異動させてもらえるなど、一定の配慮が受けられることがあります。

企業にとっても、戦力である女性に辞められるより、異動して働き続けてもらった方がメリットがあります。

すべての企業で叶うケースではありませんが、申し出てみなければ始まりません。

親の介護による仕事への影響

女性のライフイベントには、親の介護もあります。

独身女性の場合は自分の親だけですが、結婚した女性は結婚相手の親の介護を担うこともあります。

ここからは、親の介護による仕事への影響を見ていきます。

仕事との両立が大変

介護と仕事を両立させるのは大変です。

介護対象者の希望や介護サービスの利用料を抑える目的から家族が介護を担うことがありますが、仕事で疲れて帰ってきた後に介護をすることは、肉体的にも精神的にも大きな負担となります。

時間的な制限もでてきます。

今までバリバリ残業をこなしていた場合、同じように働くことができなくなり、仕事で成果を挙げにくい状況になります。

職場によっては、責任ある仕事を任せられなくなったり、肩身の狭い思いをするなどして仕事のモチベーションが下がることもあります。

介護費用に自分の老後、お金の面が厳しくなる

これまでと同じように稼ぎづらくなるにもかかわらず、介護費用がかかるため働き続けなくてはなりません。

退職して介護に専念する場合は、自分の稼ぎがありませんから、親の年金を頼りに生活することになります。

仕事を辞めれば将来厚生年金の受け取り額が減り、自分自身の老後に不安もでてきます。

正社員での転職が難しくなる

介護と仕事での両立がしやすい職場に転職しようと思っても、時間的な制限がある人材を積極的に雇いたがる企業ばかりではありません。

特に、親の介護が必要な場合は本人の年齢も上がっており、転職には年齢による壁もあります。

介護に専念するために一旦退職した場合も同様で、介護が必要なくなったときには、自分自身の再就職が難しくなります。

親の介護で仕事を辞めることは考えないこと

親の介護のために仕事を辞めることは、できる限り慎重になるべきです。

特にシングル女性の場合はかなり早い段階で貯金が底をつきますし、正社員として再就職することが困難になります。

今の勤務先で休職を取る、お金がかかっても介護サービスを利用するなどした方が、長い目で見るとメリットが大きいです。

子供の夢を応援することの仕事への影響

女性のライフイベントには、子供の夢にも関係してきます。

たとえば、子供がスポーツや芸術の世界で才能を伸ばし、将来プロになるために本格的に教室に通う場合などが考えられます。

私立の医学部など、どうしても行きたい大学があるためなどもそうですね。

ここからは、女性が子供の夢を叶えようとした場合の仕事への影響を述べます。

お金と時間がかかる

子供の夢を叶えるには費用がかかります。

当然子供には収入がありませんから、親の稼ぎを充てる必要があります。

結婚している場合でも、配偶者だけの収入では厳しく、女性も働き費用面もサポートしなくてはなりません。

子供のためにバランスのいい食事を毎日提供するなど、家事にもこだわりたいでしょう。

家事にかける時間が増え、仕事では残業や休日出勤が難しくなります。

遠方への送迎で体力的な負担もある

本格的にスポーツに取り組む場合、遠方にある有名スクールやコーチの元に通うことがあります。

子供1人で毎日通うことは難しいため、親が送迎をおこなうことになります。

仕事と並行しながら、往復何時間もかけて送迎するのは体力的な負担があります。

次の日に朝早く出勤する場合でも、送迎を終えて帰宅するとすでに夜遅くなっており、睡眠不足を抱えながら仕事をする日もあるでしょう。

子供の夢を叶えるためには親は犠牲をいとわない

親にとって子供は何よりの宝なので、子供の夢を叶えるための苦労は苦労ではないのかもしれません。

ただし、費用面と時間、体力の負担は大きく、仕事に大きな影響を与えます。

子供が生まれたら、その時点で子供の夢ができたときにサポートできるだけの預貯金を始めておきたいところ。

時間や場所を問わず収入を得られるスキルや知識も磨いておきましょう。

女性が離婚することによる仕事への影響

女性のライフイベント、最後は離婚です。

離婚を前提で結婚する人はいないでしょうが、離婚はどの夫婦にも起こり得ることだと思っておくことが大切です。

ここからは、女性が離婚を迎えた場合の仕事への影響を紹介します。

正社員だったなら影響はむしろいいこともある

女性が結婚後も正社員で働き続けていた場合は、離婚による仕事への影響は悪いことばかりではありません。

自分だけの生活を考えればいいため、時間的な余裕もでき、仕事に意欲的に取り組むこともできます。

シングルマザーになった場合でも、近年はシングルマザーへの理解がすすんでおり、時間の融通がききやすい職場が増えています。

女性が一人で子供を育てるのは楽なことではありませんが、家族や周囲にうまく甘えながらやっていくこともできます。

パート女性や専業主婦は正社員になることを考えるべき

配偶者の扶養に入りながらもパートとして家計を支えていた場合は、すぐにでも正社員になることを考えましょう。

女性が一人でパート収入のみで生きていくのは大変です。

今の会社で正社員登用制度や募集枠がないかを確認しましょう。

今の会社で正社員になれないなら転職活動を始めるべき。

専業主婦だった方は就職活動が長期化するでしょうが、一時的に実家を頼るなどしてできるだけ早く収入を得る手段を見つけましょう。

女性はライフイベントに備えて転職は早いうちに考えておくべき

女性はさまざまなライフイベントが発生したタイミングで、「この職場では続けられない。」「もっと給与の高い職場で働きたい。」と感じることがあります。

しかし、ライフイベントが発生した後は、女性自身にさまざまな制限がかかるようになり、正社員としての転職活動が困難を極めます。

いずれ転職するつもりなら、早いうちがいいでしょう。

結婚前や子供ができる前などが最適なタイミングです。

ライフイベントに備え、女性が長く働き続けられる職場を探して転職しておくべきです。

転職エージェントを利用すれば求人紹介やキャリア相談が受けられるため上手に活用しましょう。

さらに、親の介護など将来のリスクに備え、どこに行っても働けるだけのスキルや知識を身につけておくことも大切です。

最後に

いかがでしたか?

女性に起こり得るライフイベントごとに、仕事に与える影響を紹介しました。

女性には男性以上に多くのライフイベントが発生します。

いずれも仕事と切り離して考えることが難しいため、あらかじめ想定して備えておくことが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。