女性が多い職種である薬剤師にとって、ワークライフバランスは非常に大切ですよね。

今の職場では到底バランスを保つことが難しいと思ったら、転職を考えてみることも1つ。

そこで今回は、女性薬剤師がワークライフバランスを叶える職場を見つけるポイントを解説します。

自分にとってのワークライフバランスを保つには、どこで働くのが適しているのかをじっくり考えてみましょう。

自分にとってのバランスを整理しておく

ワークライフバランスとひとくちに言っても、人によってそのバランスは異なります。

ワークライフバランスという言葉が一人歩きし、単に残業がなくて年間休日が多いことを指すイメージを持たれていますが、本当は違います。

自分自身にとって大切なものを失わず、納得できる働き方ができてこそワークライフバランス。

世間一般的に言われるワークライフバランスとは切り離して考えてみて、自分自身が何を望むのかを自己分析してみましょう。

「家庭が何より大事」な薬剤師がチェックしたいポイント

ここからは、「どんなワークライフバランスを望むのか。」によって、希望別のチェックポイントを解説します。

まずは、家庭重視派。

家庭を優先したい場合、パートや派遣薬剤師として活躍する方法もありますが、収入や福利厚生の面ではやはり正社員がいいですよね。

正社員として家庭に時間を費やして働くにはどんな点をチェックすればいいのでしょうか。

残業の有無

毎日残業が続くと、帰宅しても入浴して寝るのが精いっぱいで、家事に時間をかけることができません。

子育て中の薬剤師は子供のお迎えがあったり、面倒を見てくれている両親などの負担を考えたらそう遅くまで働くことも難しいでしょう。

転職先を見極める際、残業の有無は大事なポイントです。

理想は17~18時台、遅くとも20時までには帰宅できれば、仕事と家庭との両立が無理のない範囲で保ちやすくなります。

残業があっても月20時間以内はキープしたいところです。

夜勤、当直の有無

毎日のことではないものの、家庭を何より大事にしたい薬剤師にとって、夜勤や当直は無いに越したことはありません。

その時間帯に家にいられないだけでなく、翌日の家事育児にまで影響があるため、夜勤や当直が完全に無い職場かどうかをチェックしましょう。

病院は基本的に夜勤や当直があることが多いですが、慢性期病院などを探せば夜勤なし、当直なしのケースもあります。

薬局やドラッグストアは深夜時間帯に働くリスクを回避しやすいため、病院以外で探すことも1つです。

女性薬剤師の割合

薬剤師は女性が多い職種なので、女性のモデルケースを見つけやすいメリットがあります。

ただし、薬剤師の人数が少ない職場だとほとんどが男性薬剤師ということもあるため、必ず女性薬剤師の割合をチェックしておきましょう。

女性が多い方が産休・育休の取得実績があったり、子育てへの理解を得やすく女性のキャリアについて相談もできたりします。

20代の若い女性薬剤師より、30代以降で子供がいる中堅女性がいるかどうかも1つのチェックポイントです。

「成長しつつ適度に休みたい」薬剤師がチェックしたいポイント

仕事もプライベートも両方充実させたいと願うのは、欲張りでも何でもなく、ごく自然なことです。

今は2つを同時に叶えることができる時代なので、仕事で成長しながらも、しっかり休んで好きなことに時間を費やすことが可能ですよ。

仕事もプライベートも譲れない薬剤師は、転職先をどんな視点でチェックすればいいのでしょうか。

複数科目を受け持っているか

複数科目を受け持っている職場なら、勉強になって薬剤師としてのスキルアップにもつながります。

特定の科の門前薬局より、大手の調剤薬局や病院の方がルーチンワーク化しにくい傾向にあるでしょう。

ただし、1日の処方枚数は必ずチェックしなくてはなりません。

求人情報には処方箋枚数が記載されていることが多いですが、記載されていない場合は面接等で確認してみることが大切です。

処方箋枚数が1人あたり30枚以下かどうかを目安にされるといいでしょう。

薬剤師の人数

薬剤師の人数が少ない職場だと、全員と相性がよければ働きやすいですが、1人でも合わない人がいると一気に働きにくくなります。

職場の人間関係が悪いと聞きたいことも聞けないため、職場での成長機会も失われてしまいます。

人数が少ないと有休申請もしにくいため、適度に休むことが難しくもなるでしょう。

業務に忙殺されない程度の薬剤師数を保っているかは必ず確認したいところ。

ただし、薬剤師数が多ければいいというわけでもありません。

1人薬剤師でも有休が取れる働きやすい職場もあるため、業務量や有休取得率等の実態を確認しましょう。

成長機会が多いのは病院

最先端医療に関わることができ、薬剤師としてのスキルアップがしやすいのは急性期病院です。

夜勤や当直もあり残業も多めですが、福利厚生に恵まれており、薬剤師数が圧倒的に多いため有休申請もしやすいのがメリット。

若いうちは病院薬剤師として働き、結婚や出産を機に薬局やドラッグストアへ転職して自分のペースで働く方法もあります。

「今はバリバリ働いてとにかく稼ぎたい」薬剤師がチェックしたいポイント

一般的なワークライフバランスは、定時帰りや休日の多さといった、労働時間にスポットがあたりがちです。

ただ、人によっては給与こそがすべてという場合も。

残業はむしろ積極的にしたい、忙しい職場ほど稼げるから有り難いと考える方にとっては、効率良く稼げることがワークライフバランスと言えるのではないでしょうか。

ここでは、とにかく稼ぎたい薬剤師のチェックポイントを紹介します。

残業、夜勤、当直があるか

薬剤師は基本給自体が決して悪くない水準ですが、今以上に稼ぎたいなら「忙しい職場」を探すのが一番です。

残業、夜勤、当直があれば割増賃金がつくため働けば働くほど年収が上がっていきます。

特に、夜勤や当直は人によっては「おいしい」勤務です。

少人数体制で責任が重い、ストレスを感じやすいといったデメリットはあるため若手にはおすすめできませんが、中堅以上の薬剤師で経験も知識も豊富にある方は、気楽だと感じることもあり、割増や別の手当がつくため効率良く稼ぐことができます。

向き不向きがあるものの、夜勤や当直が苦にならないタイプなら転職先を見つける際にチェックしてみましょう。

都内以外の求人かどうか

一般的には東京の給与相場が高く、地方へ行くほど下がる傾向にありますが、薬剤師の場合は少し違っています。

人手不足と言われる薬剤師ですが、実は都内は飽和状態になっており、転職機会も少なく年収アップを狙うことが難しい状況です。

一方、地方では薬剤師の人手不足は続いており、高年収求人も比較的見つけやすくなっているため地方で働く方が効率よく稼げる場合があります。

地方の方が住居費用を低く抑えることができる分、貯蓄にまわすことも可能でしょう。

どうしても都内で働きたい場合は別ですが、今はとにかく稼いで今後の勉強のため、家族のために備えておきたい方は、都内以外の求人もぜひチェックしてみましょう。

大手企業での勤務が稼ぎやすい

薬剤師がもっとも稼げる職場は大手企業で、主に製薬会社になります。

病院は規模が大きくても医師らの給与に人件費がかかるため、薬剤師の給与はそれほど高くありません。

ドラッグストアは悪くありませんが、大手の製薬会社ほどは期待できないでしょう。

薬剤師が製薬会社に勤務する場合、研究職かMRかが主な選択肢となりますが、未経験から研究職に就くのは至難の業なので、基本的にはMRを狙うことになるでしょう。

病院での薬剤師経験があれば、医師相手に営業するMRに活かせる経験があると言えます。

MRは激務と言われる職種の1つで、一般的にイメージされるワークライフバランスとはかけ離れているかもしれません。

しかし、自分にとってのバランスが「今はとにかく稼ぐこと」であるなら、仕事に没頭できる環境と恵まれた報酬を手にすることが可能なので、検討する価値はあるでしょう。

ワークライフバランスを保てる職場を探すなら転職エージェントを利用しよう

薬剤師がワークライフバランスを保てる職場を探すには、転職エージェントの利用がおすすめです。

薬剤師は日々の業務に忙しく求人を1つ1つ丁寧にチェックする時間がないため、代わりに求人チェックと紹介をしてくれるエージェント利用が効率的だからです。

あらかじめ希望を伝えておくことで、プロの目線で最適な職場を探しだしてくれるでしょう。

より希望に沿った求人紹介をしてもらうには、エージェントとの面談前に自身の希望を洗い出して書いておくといいですよ。

頭の中でイメージしているだけだと上手く伝わらないことがありますが、紙に書くことで整理され、エージェントにも理解されやすくなります。

最後に

いかがでしたか?

今回は、女性薬剤師がワークライフバランスを保てる職場を見つけるポイントを紹介しました。

求人票の条件欄を何となくチェックするのではなく、自己分析から譲れないポイントを探しだし、それに合うかどうかを確認することが大切です。

希望の転職を叶えるためにぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑