当直にオンコールの激務の中、常に訴訟リスクと隣り合わせの医師という仕事。

社会貢献性が抜群に高く、多くの人から必要とされる職種ですが、医師も人間です。

辛くて辞めたいと感じることもあるでしょう。

一度医師になったら一生医師でいるイメージが強いですが、実は医師から医師以外の職種へキャリアチェンジする人もいます。

医師から医師以外の職種に何があるのかイメージがつかないかもしれませんが、さまざまな可能性を秘めていますよ。

今回は、医師から医師以外の転職先を紹介します。

医師から医師以外の転職先とは?


一般的な転職の考えでは、職種変更は容易にすべきではなく、それによって年収や満足度が下がる危険性を秘めています。

医師も同じことが言えますが、医学部時代や臨床現場での経験を考えると、ポテンシャルの高さでは群を抜いています。

はっきり言ってしまえば、医師になれるほどのバイタリティーと頭脳があるため、どんな仕事に就くことも可能でしょう。

ただ、そうなると元も子もない話に。

実際問題として医師が別職種にキャリアチェンジするケースを見ていきましょう。

生命保険会社の社医

生命保険会社では契約の際、申し込み者の健康状態を自らチェックしたり、提出された健康診断表などを見て保険契約の妥当性を確認する「社医」というポジションがあります。

社医は過去の臨床経験が求められるため、基本的に転職組で構成されています。

大手生命保険会社等で募集されていますので、給与や待遇も比較的恵まれています。

年収は勤務医の平均値とまではいきませんが、当直やオンコールもなくワークライフバランスが叶いやすい点を考えると、メリットは大きいでしょう。

コンサルタント

医師からコンサルタントになる人も一定数います。

医療経営コンサルタントに限らず、金融系など全く土俵が異なる業界でのコンサルタントになる人も意外と多いのです。

コンサルティング会社では、医師としての頭脳と深い思考力というポテンシャルに期待して採用することがあります。

近年増え続けている医療業界へのコンサルでは、医療知識を最大限に発揮してくれる期待もあるでしょう。

製薬会社で新薬開発

医師免許を活かした人気の働き方としては、製薬会社で新薬開発に携わる、メディカルドクターと呼ばれる職種です。

大手企業で安定的に働きながら医療分野で社会貢献もできます。

オフィスビルに勤務し、一般のサラリーマンと同じような時間帯で働けるのも魅力でしょう。

海外ではよく知られた働き方ですが、日本ではまだまだ少ない職種。

製薬会社が医師採用に積極的になっているため、狙い目の転職先の1つと言えるでしょう。

英語力が求められることも多いですが、クリアしている医師なら探してみる価値があるでしょう。

医療サイトの執筆、監修

近年多いのは医療専門サイトの執筆や監修をおこなう医師です。

記事を執筆監修するほか、読者からの質問に専門家としての立場から答える仕事もあります。

正しい医療知識を提供するためには医師などの専門家の力が必要なため、医療サイトを運営する企業などで求められています。

医師自身が自分で医療サイトを立ち上げるケースも増えており、サイトを経由したコンサルティング、アドバイザーとして専業や副業で活躍している医師もいます。

オンコールに悩まされることなく、自分のペースで仕事に取り組めることがメリットです。

トレーダー、アナリストその他


この他にも、金融業界で投資トレーダーやアナリストとして活躍する元医師もいます。

中には弁護士免許を取得する強者も。

論理的思考力をフルに発揮できる頭脳系職種なら、医師からのキャリアチェンジは不可能ではないでしょう。

ただし、頭脳明晰な医師ならどんな職種に変更してもうまくいくとは限りません。

適性は当然ありますし、医療業界は特殊な世界なので、民間のビジネスの場に行って全く歯が立たない可能性もあることは忘れてはならないでしょう。

政治家を目指す人も

番外編として、医師から政治家を目指す人がいることも紹介しておきます。

医師国会議員連盟もあり、選挙に立候補する医師が増えてきていると言われています。

確かに、適切な医療提供をおこなうには国会議員にも医療有識者がいることにさまざまな利点はあるでしょう。

国会議員への転職は当選なくては始まらず、通常の転職以上に可能性が低いと言えますが、医療を根本から変えていくプランと高い志があるなら挑戦してみるのも1つです。

医師を辞めたいなら一度立ち止まって考えよう

医師を辞めて医師以外の職種への転職を考える前に、一度立ち止まって医師を続けることも検討してみましょう。

本当に医師を辞めたいならいいのですが、医師の仕事にやりがいを感じているなら勿体ないことです。

ここからは、医師が立ち止まって考えるための方法を紹介します。

医師免許があればまた医師に戻ることはできるが…

日本における医師免許は現在のところ有効期限がありませんので、一旦医師以外の職種に転職しても、うまくいかなければまた医師に戻ることはできます。

「ゴールドライセンス」と言われる強力な免許があれば、何もやれる仕事がなくて困ることはないはずです。

ただし、実際問題としては、医師業務に何年も携わっていなかった医師を採用することを病院側が懸念する可能性や自分自身のスキル知識の衰えも気になるところでしょう。

臨床の現場から離れる前に、一度立ち止まって考えてみることも必要です。

勤務医なら休職するのも1つ

働き過ぎで体やメンタルの不調に陥ってしまったなら、受診して診断書を書いてもらって病院の休職制度を利用する方法もあります。

勤務医は病院の健康保険に加入していますから、医師も当然傷病手当金を受け取ることができ、その額は報酬平均の2/3となります。

医師は報酬平均自体が高いため、2/3あれば、体と心が落ち着いて復帰できるまで生活するだけの収入になるでしょう。

休職とまではいかなくても、有休を取得することもできます。

医師は忙しさのあまり有休取得が難しいのが現状ですが、上司に相談し不調を訴えることで、「辞められるくらいなら有休を。」と考える可能性もあります。

最大有休の40日分まるまる残っている医師も多いでしょうから、できるだけ消化するのもいいでしょう。

非常勤医師という方法もある


医師を辞める前に、非常勤医師として自分のペースで働く手もあります。

常勤医師だとサービス残業が当たり前という環境になりやすいですが、非常勤医師なら原則残業なしで帰ることができます。

非常勤医師の時給相場は1万円~と高額ですし、1日多くても5時間程度の勤務で済むことが一般的なので、非常勤バイトのみで月100万円以上稼ぐことも可能です。

非常勤医師の求人は多数でていますので、別職種に転職する前に非常勤として働きながらゆっくり考えてみてもいいかもしれません。

キャリアチェンジの可能性を探りたいなら転職エージェントに相談を

医師が自身のキャリアに悩んだら、医師専門の転職エージェントに相談されることをおすすめします。

医師のキャリアに特化したコンサルタントが在籍しており、数多くの医師を転職に導いてきた専門家です。

医師以外への転職を考える医師は一定数いますから、決して珍しい相談ではありません。

すぐに転職を考えているわけではなくても、キャリアのプロに相談してみることで、自身の考えが整理され、今後の方向性が見えてこればメリットがあると言えます。

実際に転職する際も、医師以外の職種も含めたさまざまな可能性を提示し、希望の条件に適した求人を紹介してくれるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、医師から医師以外の転職先について紹介しました。

働く病院を変えるのではなく、医師という職種を変えるのは非常に勇気がいることです。

しかし、医師の経験と知識を活かせる職種は多数あり、これまでの経験は決して無駄にはならないはず。

医師には医師以外の可能性もあるということを覚えておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑