看護師は夜勤や人手不足によるハードワーク、人命に関わる業務の特殊性により、体力的にも精神的にも負担が大きい職種です。

特に家庭を持つ看護師にとっては、仕事と家庭とのバランスを取るのが難しいと言えるでしょう。

正社員看護師としては心身共に限界がきて「パート看護師になろうかな?」と考えたことはないでしょうか。

今の場所でパートになれば、業務内容も人間関係も覚え直す必要がなく、ストレスなく仕事ができるとイメージするかもしれませんね。

パート看護師として働くことはメリットも大きいですが、デメリットもあります。

パートになるのは簡単ですが、正社員として働き続けることをぜひ慎重に考えてみてください。

今回は、パート看護師のメリット、デメリットを紹介します。

パート看護師として働けばこんなメリットがある

まずは、看護師が正社員からパートになった場合のメリットを考えてみましょう。

これらのメリットの中に、「自分が絶対に譲れないポイント」があるなら、パート看護師になることも1つのいい選択肢。

どんなメリットがあるのでしょうか。

夜勤や残業がない

正社員であれば拒むことが難しい夜勤も、パートならやらなくていいケースが多いです。

パートが夜勤をできないことはありませんが、「パートは夜勤がなくて当たり前。」「敢えてパートを選ぶのに夜勤をやるのは不公平。」といった考え方が看護現場では広く持たれています。

残業に関しても同様で、契約時間ぴったりに気兼ねなく帰りやすい傾向にあります。

契約に沿った働き方が基本のパートは、残業が多いと労務管理上の指摘を人事部から受けることもあり、早めに帰らせるよう意識している職場長も多くなります。

その意味では、パートは守られた立場と言えるかもしれません。

カンファレンスや委員会など通常業務以外に時間を取られない

正社員看護師が長時間労働になりやすい要因の1つとして、カンファレンスや委員会など通常業務以外にやることが多いことがあります。

カンファレンスでは業務上大切な話し合いがなされることも多いため、せっかくの休日にカンファレンスなどが重なると自発的に出勤せざるを得ないことも。

そうなると、十分に休息を取れないことがあります。

病院などではさまざまな委員会があり、正社員はメンバーに選出される機会も増えて多忙になりますが、パートで委員会メンバーになることは稀です。

パート看護師も時間が合えばカンファレンスに出席することも多いですが、正社員のように「参加して当たり前。」といった雰囲気は少なめです。

パート看護師は担当患者さまを受けもつこともなく、雑務や正社員のフォロー的な役割を担うことが多くなるので、カンファレンスに出席しなくても、業務を滞りなくおこなうことができるからです。

契約時間内に通常業務のみをおこなえばいいため、家事育児の都合に合わせて計画的に働くことができます。

家族の休みに合わせて柔軟に出勤日を変えられる

看護師に限らずですが、パートの大きなメリットは勤務の柔軟性です。

希望が聞き入れられやすいかは職場の考え方にもよりますが、中にはとても自由に働けている看護師もいます。

たとえば、子供が夏休みの間、1ヶ月間まるまる勤務しないといったことも、職場長によっては許容しているようです。

パートは働いた分のみ給与が発生する時給制なので、配偶者がいて経済的に余裕がある家庭では、こうした働き方もできます。

ただし、あまりに自由に勤務日や時間を変えられてしまうと、給与処理や労務管理が煩雑になることから、契約通りの働き方を厳しく指導される職場もあります。

柔軟性の度合いは職場によって異なるという点は覚えておきたいところです。

責任が少ない

パートだろうと正社員だろうと看護師という職種に責任が伴うことに変わりはありませんが、正社員に比べると雑務やサポート業務が多くなり、1人あたりにかかる負担が少ないという意味では責任が少なくなります。

単純に労働時間が短くなるため、責任を負う時間も減るという考え方もあります。

また、自分自身の気持ちとして、正社員だと「しっかりしなくては!」と強く思うのに対し、パートになると気楽さを感じる人もいるようです。

責任感から解放された感覚になり、ストレスを感じにくくなることで、家庭と仕事とのバランスが取りやすくなることはあるでしょう。

人間関係の煩わしさがない

パート看護師は勤務日数や時間が正社員より少ない分、人間関係の煩わしさも減ります。

職場に嫌な人がいても、丸1日勤務しなければならないのと、数時間我慢すればいいのとでは、感じるストレスの度合いも変わってくるでしょう。

特に正社員看護師は夜勤や残業が多く自分の状態が「いっぱいいっぱい」になりやすいため、イライラしたり、少しのことが気になってしまったりして、人間関係をうまく保てないこともあります。

パートになれば労働時間が減ることで家庭との両立がしやすく、肉体的にも精神的にもゆとりがでてくるため、周りのことが気にならないといった要因もあります。

ブランク期間ができるよりパートでも続けた方がいい

女性が結婚や出産で一旦会社を辞めると職場復帰が難しいと言われる中、看護師は比較的容易に復帰できる職種です。

それだけ看護師は人手不足で求められていますし、看護師免許の威力は強力です。

とはいえ、やはり採用する施設からしてみれば、ブランク期間がある人材を雇うより、パートであっても第一線で働き続けてきた人材の方が安心感があります。

ブランク期間が長くなってしまうと、仕事の勘やスキルを保てているかといった不安がでてくるため、いくら看護師が欲しいと言っても、他にいい人材がいればそちらを採用するでしょう。

パート看護師ははブランク期間を作らず現場に触れ続けられるという意味でも、メリットのある働き方になります。

パート看護師になるのは簡単だけどデメリットも!

ここからは、看護師が正社員からパートになることのデメリットを解説します。

正社員経験がある看護師がパートになることはいたって簡単ですが、その先をじっくり考えてみましょう。

パート看護師として働くにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

看護師免許を活かしきれない

一般的には、パート看護師に重たい業務を担当させることは少ないため、意欲的な看護師にとっては物足りなさを感じることになります。

せっかく看護師免許を取得したのに、本当に活かしきれているのか疑問に感じることもあるでしょう。

正社員として働いていた頃と比べて仕事への満足感が減る可能性もあります。

看護師は大変な仕事である分、そのやりがいに魅力を感じている人も多い職種です。

看護師という仕事のどんな点が好きなのか、今いちど振り返ってみてください。

自己分析をしっかりおこなうことによって、パート看護師になったときの自分をイメージし、納得できる働き方ができるのかが見えてきます。

看護師のパートは時給があまり高くない

看護師のパート求人を探してみると、地域や施設によって差があるものの、1,200~2,100円が相場です。

看護師は、特に女性にとってはかなり高収入職種のため、事務職や接客業などその他の職種に比べると高時給と言えるでしょう。

ただ、人の命や健康に関わる責任がある仕事の割に合っているかと言えば、疑問も残ります。

一見待遇がよさそうな大手病院などでは、パート看護師の時給は1,000円未満ということもありますよ。

他の医療系専門職と比べてみても、たとえば薬剤師のパート時給相場は2,000~3,000円となっており、看護師以上の高時給です。

看護師パートの時給は、事務や接客などに比べれば高いものの、他の専門職との比較や施設形態によってはあまり高くないと言えるのです。

これまで正社員でバリバリ稼いできた看護師にとっては、給与の落差に愕然とする可能性があるでしょう。

パートは福利厚生が適用されずうまみが少ないことも

医療機関で働く場合、勤務先によっては福利厚生に魅力があります。

代表的なものは医療費で、かかった医療費の還付を受けられることもあるのです。

これは医療機関ごとの独自制度や互助会等の運営によって賄われているものですが、パートは適用外ということも少なくありません。

住宅手当や扶養手当などの給与に関わる諸手当についても、パートは対象とならないことが多くなります。

正社員看護師時代は当たり前に利用できていた福利厚生が、パートになった途端、同じ施設で働いているのに受けられないことに、不公平感を持つ可能性があります。

賞与や退職金がない

パートは一般的に賞与や退職金がないことがほとんどです。

同じ勤務先の正社員看護師たちが賞与の時期になると賞与明細を受け取っているのを見て、うらやましく感じることがあるでしょう。

退職金については特に注意が必要で、正社員からパートになり、育児などが落ち着いたら正社員に復帰しようと思っても、退職金の計算期間がリセットされることが多くなります。

正社員からパートになった時点で退職金が精算されるため、再度同じ施設で正社員になっても次に支給される退職金は、そこからの期間で計算されることになります。

退職金は勤続年数が長いほど段階的に支給率が上がっていく仕組みが多く、一旦リセットしてしまうと将来的に思ったほどの退職金を受け取れない可能性があります。

もちろん、賞与や退職金制度は勤務先によって大きく異なるため一概に言えませんが、勤務先がどんな制度を採用しているのかよく確認しておく必要はあるでしょう。

正社員が多い看護師の世界で肩身の狭い思いをすることもある

サービス業のようにパートが多い業界と異なり、看護現場は圧倒的に正社員が多いです。

パート看護師は一定数いるものの、立場の違いが明確になっている職場もあります。

パートか正社員かは役職やポジションではないため、本来そこに上下関係はないのですが、職場によっては正社員が偉そうにしていたり、パートが肩身の狭い思いをしていたりといったことも起きています。

社会保険の適用範囲が変わっているから注意

パート看護師になったら配偶者の扶養内で働き、社会保険料の節約を目指そうと思っている方もいるでしょうが少し注意が必要です。

女性の労働力活用や労働者ごとの不公平感抑制等を目的として、近年大幅に改正がおこなわれています。

平成28年10月から、従業員501人以上の勤務先で働く場合は週20時間以上勤務などの条件が追加されており、平成29年4月からは労使合意によって従業員数500人以下の事業所でも適用可能になっています。※

看護師の場合、総合病院など従業員数501人以上の事業所で働く人は珍しくありません。

思ったよりすぐに自分自身が社会保険適用になるため、働き方によっては配偶者の扶養に入れなくなる可能性もあると思っておきましょう。

パートになって扶養内で働きたい場合は、勤務先の総務課などに相談することが大切です。

※参照:厚労省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/

一度パートになると正社員に戻るのが大変

今の勤務先で正社員からパートになるには、書類上の手続きだけで完了してしまうため簡単なことですが、「いざとなったらまた正社員に戻ろう。」と安易に考えてはいけません。

「同じ施設内で正社員に戻るなら実績があるから簡単では?」と思うかもしれませんね。

しかし、施設ごとに、正社員になるための試験や役員面接も実施されるため、戻りたいからすぐ戻れるわけではないのです。

転職も同様に簡単ではありません。

パート期間がある看護師と、正社員としてずっと働き続けてきた看護師では、後者の方が転職で有利になる可能性が高いからです。

ブランク期間がある看護師よりパートでも続けていた方がいいですが、ライバルが正社員となると話は別。

希望の施設に転職できないこともあると思っておきましょう。

保育園に入りにくくなる可能性

家庭との両立のためにパートになることを考えている場合、お住まいの自治体における保育園の基準も確認しておきましょう。

保育園の入園基準は自治体によって異なりますが、勤務日数や勤務時間を定めていることが一般的です。

正社員ならフルタイムなので日数も時間も余裕でクリアできますが、パートの場合は基準に満たない可能性もでてきます。

あまりにゆとりある働き方だと保育園に入れることができず、勤務日に預ける先に困ることもあるためパートになる前に確認しておきましょう。

看護師はパートになる前に正社員として転職を考えるべき

ここまでパート看護師のメリット、デメリットを紹介しました。

家庭の状況や仕事への価値観によって大きく異なるため、どちらがいいと決められるものではありません。

しかし、もし「正社員看護師として働き続けたいけど時間的に難しい!」と考えているなら、まずは正社員として転職することを検討すべきです。

夜勤や残業がない職場もある

看護師の働く場所は、病院やクリニックのほか、介護施設や保育園、一般企業などさまざまな選択肢があります。

夜勤や残業がなく看護師として働ける場所も豊富にあるため、正社員という雇用形態にこだわって探してみましょう。

ハードワークから、他職種への変更を考える看護師もいますが、転職できる職種が限られるためあまりおすすめしません。

どうしてもやりたい仕事があるなら別ですが、看護師免許を活かしつつ、自分にとっての働きやすい場所を見つける方がメリットが大きいと言えます。

今後のキャリアを考えると正社員であり続けるのはメリット

看護師として今後もキャリアを積んでいきたいと考えるなら、育児などで大変な時期を何とか乗り切り、正社員であり続けることは長い目で見るとメリットがあります。

転職が難しいなら、今の勤務先で短時間正社員制度はないでしょうか。

医療施設は看護師の離職を避けたいと考えているため、独自の時短制度を設けていることもあります。

お子さんがまだ小さいなら、育児・介護休業法による短時間制度も利用できますので、ぜひ慎重に、さまざまな選択肢を検討してみてください。

パートになるか迷ったら転職エージェントに相談してみよう

看護師が正社員からパートになるべきか迷ったら、決断は少し待ってプロに相談してみることがおすすめです。

転職支援のプロである転職エージェントなら、看護師キャリアの選択肢や、働きやすい職場の提案など、プロならではのアドバイスをくれるはずです。

相談した結果、やっぱりパートになるのがいいと決めたなら、それはそれで後悔のない正しい選択と言えるでしょう。

まずは一度、キャリア面談を受けてみるのはいい方法です。

最後に

いかがでしたか?今回は、看護師が正社員からパートになることのメリット、デメリットを紹介しました。

働き方の多様化が進む中、必ずしも正社員であり続けることが正解というわけではありません。

しかし、安易にパートを選ぶと長い目で見たデメリットもあるため、ぜひ慎重に考えてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑