介護業界で経験を積み念願のケアマネ資格を取得した場合でも、ケアマネ業務未経験者にとっての転職は決して簡単ではありません。

未経験からケアマネに転職するには何が必要で、どんな点に気をつけて探せばいいのでしょうか。

今回は、未経験からのケアマネ転職における注意点を解説します。

未経験からケアマネに転職する人が覚えておきたいこと

まずは、未経験からケアマネへ転職希望の方が覚えておきたいことをお伝えします。

ケアマネは経験が重視される職種

人手不足の介護業界では未経験人材の雇用も積極的におこなわれていますが、ケアマネに限って言うと、経験がかなり重視される職種です。

介護支援専門員資格を持っていても、業務経験がない場合は転職活動が難航する場合もあると覚悟しておきたいところ。

今の職場でケアマネとしての経験を積ませてもらえそうなら、転職を留まることも1つです。

とはいえ、ケアマネになるには介護業界での経験が少なくとも5年以上はあるのですから、未経験者だからと不安になり過ぎる必要もありません。

新規施設のオープンや複数のケアマネがいて育てる余裕がある施設では、未経験ケアマネも募集しています。

諦めずに探すことが大切です。

ケアマネになれば年収がアップする?

介護職の方は低賃金が問題になっていますから、少しでも年収アップにつなげるためにケアマネになる方も多くいます。

実際問題として、介護職とケアマネの年収差はどの程度あるのでしょうか。

厚労省が公表している「介護従事者の平均給与額の状況」によると、介護職員289,780円、介護支援専門員(ケアマネ)342,440円となっています。(基本給のほか、手当、賞与等の一時金の月額換算が含まれています。)

※参照:厚労省「介護従事者処遇状況等調査 平成28年度」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/151-2b.html#link01

このデータを元に年収を計算すると、介護職員の年収は約350万円、ケアマネの年収は約410万円ということになります。

ケアマネになることで数十万単位での年収アップも期待できるでしょう。

ただし、ケアマネとしての経験年数にもよりますし、所属施設によっては介護職とほとんど年収が変わらないこともあります。

専任の場合は介護職員のように夜勤がない分、総支給額は下がることもあります。

ケアマネとしての評価体制を必ず確認すべきと言えるでしょう。

未経験からケアマネになるために必要となるスキルや経験

未経験からケアマネになるには、資格取得だけすればいいというわけではありません。

前述したようにケアマネは経験が重視される職種ですから、未経験者の場合はケアマネ業務以外の要素をしっかり兼ね備えておく必要があるでしょう。

未経験からケアマネに転職するには、どんなスキルや経験が求められるのでしょうか。

コミュニケーションスキル

介護職としての経験から磨かれているでしょうが、ケアマネにはさらに高いコミュニケーションスキルが求められます。

利用者と接するだけでなく、カンファレンスや役所との調整作業なども必要になるなど、実にさまざまな場面でコミュニケーションが発生するからです。

上手に話ができるスキルというわけではなく、人の話をしっかり聞き、柔軟な姿勢で対応できるかといった点が重要になります。

パソコンスキル

ケアマネは介護計画書を作成するためにパソコンを使った作業が多くなります。

パソコンスキルについては転職面接でも聞かれることがあるため、最低限のスキルは備えておかなくてはなりません。

ケアマネは忙しく残業が多い施設もあるため、業務の効率化を進めるためにもぜひ勉強しておきましょう。

未経験者は慣れない点も多いため、操作で時間を取られないことが大切です。

パソコンスキルと言っても基本的な操作ができればいいため、1ヶ月程度集中的に勉強すればある程度使いこなせるようになります。

自動車免許

ケアマネになるには自動車免許がないと不便です。

なければケアマネになれないわけではありませんが、自動車を運転する機会が多い職種で、
自宅に訪問する際や、書類を役所に届けるといった業務が多いからです。

特に居宅ケアマネは持っておくといいでしょう。

地方など自動車利用が当たり前の場所で勤務する場合は、応募資格として自動車免許が求められることもあります。

未経験者がケアマネとして転職する際に注意したいポイント

未経験からケアマネとして転職する際は、どんな点に気をつけて転職先を探せばいいのでしょうか。

ここからは、転職先選びのポイントを解説します。

ケアマネの人員数を確認すること

ケアマネは1つの施設に対して1人というケースも多いのですが、未経験者がケアマネに転職する場所としてはおすすめできません。

困ったときに頼れる人がいないのは、想像以上に辛いことです。

できれば3人程度のケアマネが所属している施設を探しましょう。

教育体制が整っているか

未経験者の場合は教育をしてくれるかも大切なポイントです。

研修制度があるか、先輩ケアマネたちは教育の余裕があるのかなどは事前に確認しておきたいところ。

とはいえ、面接で教育体制の点ばかり質問すると、即戦力スキルがないことを懸念される可能性があり、聞きにくい面もあります。

転職エージェントなどを利用して転職活動をおこなう場合はエージェントに聞いてみるようにしましょう。

また、経営母体が社会福祉法人や医療法人で規模が大きい施設であれば、研修や教育制度が整っている傾向にあり、未経験からケアマネになる人にはおすすめです。

反対に、小規模施設の場合はケアマネが一人か先輩ケアマネが忙しくて教育に手が回らないため、未経験者がいきなり転職すると苦労する可能性もあります。

ケアマネ業務に専念できるか

ケアマネはケアマネ業務に専念できる場合と、介護職とを兼ねて働く場合があります。

介護職兼任だと夜勤の可能性や業務量の多さも考えられます。

ケアマネ業務は手が空いたときにしかできないとなると、何のために介護支援専門員資格を取得したのか悩んでしまうかもしれません。

業務内容に関する質問は面接で積極的に聞いて差し支えないため、しっかり確認するようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、未経験からのケアマネ転職に求められる点、転職先選びの注意事項を紹介しました。

未経験からケアマネに転職するのは簡単ではありませんが、誰もが未経験から仕事を覚えていくものです。

介護業界での経験に自信をもってアピールすれば転職は可能ですから、諦めずに活動していきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。