最近はメディアなどでも鉄道マニアの方が頻繁に取り上げられるようになり、各鉄道会社も限定でアニメとコラボレーションし、特別な鉄道運行を行ったりとまさに鉄道ブームです。

鉄道が好きという方の中には鉄道関係の仕事に転職したいという方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、鉄道関係の仕事にはどんな仕事があるのかをお話していきます。

運転士

運転士は新幹線や在来線などの運転の他、車内の点検や設備なども行います。鉄道が好きという方にとっては、憧れの仕事と言えるでしょう。

事故や災害、乗客の急病などに乗客の安全を第一に考えた重大な判断を迫られることもあり、乗客の命を預かる非常に責任の重い仕事です。

運転士になるには?

運転士になるには、鉄道会社に就職し駅員や車掌などを年単位で経験してから社内試験などを受けていくことになります。

転職組の場合でも同様ですが、運転士として経験がある場合に別の鉄道会社へ転職する場合は運転士として採用されることも考えられます。ただし、研修は必須な上、なぜ鉄道会社を変えるのか理由は問われることでしょう。

このように、全くの未経験から転職して運転士になるには、相当の時間と労力が必要となると覚悟しておきましょう。

運転士の大変なところは?

前述したように乗客の命を預かる重大な仕事ですから、単なる憧れだけで簡単になれる職業ではありません。

駅員や車掌として鉄道業界の知識や電車に関する知識、乗客の安全確保や緊急事態の際の対応など、幅広く学んでいく必要があります。また、時間を正確に運行させるためにも集中力が必要な仕事です。

車掌

車掌は、ドアの開閉の確認、車内放送や切符の確認などを行う仕事です。電車の運転はしませんが、運転士と協力して乗客を安全に目的地まで運ぶという目的は同じです。

車掌になるには?

まずは鉄道会社へ転職し、駅員として経験を積み車掌の試験を受けるという流れになります。車掌は信号を確認する仕事があるため、正常な色覚と視力条件があります。

車掌の大変なところは?

乗客の中には無理に電車に飛び乗ったりなど危険な行動をする場合がある他、乗客同士のトラブル、事故や災害など様々な状況に遭遇します。

これらに冷静に対処し適切な判断を下す必要があります。トラブル対応力がない、感情の起伏が激しい、などの人には車掌の仕事は難しいでしょう。

駅員

駅構内における切符販売や乗客の案内をしたりする仕事です。その他にも駅構内で起きたトラブル対応も行います。

駅員になるには?

鉄道会社に就職することが必要です。JRなどの人気の高い企業でも、駅員の応募は普通に行っています。未経験者でも応募できる場合がありますから転職組でも比較的鉄道関係の仕事としては就きやすい仕事と言えるでしょう。

ただし、契約社員からというところも多いようですので、やりがいやモチベーションを重視する人物であることが必要かもしれません。

駅員の大変なところは?

切符を切るだけが駅員の仕事ではありません。終電後の酔っ払いの対応や痴漢などのトラブル対応、人身事故が起きたときに遺体の引き上げを手伝うなど本当に大変な仕事も多いのです。

また、電車の遅延などが起きた場合に乗客の中には駅員に怒鳴ったりする人も多く、冷静さと根性が必要な仕事でもあります。

駅構内の飲食店・土産物・弁当販売スタッフ

運転士や車掌にならなくても、鉄道を身近に感じながら働くことは可能です。接客が好きな方であれば駅構内の土産物や弁当などの販売スタッフがお勧めです。

パートやアルバイトの求人が多いですが、中には正社員を募集している企業もあります。また、最初はパートやアルバイトで入っても頑張りが認められて正社員へ登用されるというケースもあるようですよ。

駅構内の飲食店・土産物・弁当販売スタッフになるには

直接飲食店や販売店を経営している企業へ応募することになります。比較的求人は多くでていますから、せっかく接客をするなら好きな鉄道の近くで働きたいという方は探してみてはいかがでしょうか。

駅構内の飲食店・土産物・弁当販売スタッフの大変なところは?

やはり接客業ですので、色々な客がいます。中には電車内でお酒を飲んで酔っ払っている困った客もいることでしょう。

また、その地域以外の客に接することが多く、質問を受けることもありますから、地域の土産物の特性や名産などに詳しくなる必要があります。

建設・土木の仕事

建設・土木関連の仕事を扱っている企業でも鉄道関係に特化して受注を行っているという企業があります。

鉄道の基盤から関われるという意味でも鉄道関係の仕事に就きたいという方にはやりがいのある仕事になるでしょう。

建設・土木の仕事に就くには?

転職エージェントに登録するなどして、多数の求人の中から鉄道関連の建設・土木を探しだすことが必要です。キャリアコンサルタントに鉄道関連の仕事が良いと希望を伝えておくとスムーズです。

建設・土木業界は深刻な人材不足ということもあり、未経験者であっても積極的に採用している企業も多いのでチャンスがあれば応募してみましょう。

建設・土木の仕事の大変なところは?

肉体労働であり、室外での作業が多いですから暑さ寒さに耐える必要があります。体力的に大変という面が大きいです。また、比較的上下関係がしっかりしているなどの人間関係における特徴もあります。

その他にもたくさんある鉄道関係の仕事

その他にも、鉄道工事機械の整備・点検をする仕事や鉄道部品の購買管理を行う仕事など、鉄道を身近に感じられる仕事は意外に多くあります。

鉄道運転士や車掌はハードルが高いと思うかもしれませんが、運転士や車掌にならなくても好きな鉄道に関わることはいくらでも可能なのです。

鉄道関連の仕事に就きたいなら転職エージェントに登録しよう

鉄道関連の仕事に転職したいと思ったら、転職エージェントに登録することをお勧めします。ハローワークや求人誌で探す方法などに比べても求人件数が多く、非公開求人もあるので好条件の求人を探すことができます。キャリアコンサルタントに相談することで、より詳細に希望に合う企業を探してくれることができます。

また、キャリアコンサルタントから履歴書や職務経歴書のブラッシュアップを受けることができますし、面接時でのアピール方法など具体的なアドバイスがもらえます。転職のプロですから非常に参考になりますよ。登録は無料ですから、是非活用しましょう。

最後に:大好きな鉄道に関われる転職を成功させよう

いかがでしたか?今回は、鉄道に関わることのできる仕事についてご紹介してきました。自分が好きな鉄道に関わる仕事に転職することで、やりがいを感じながら生き生きと仕事をすることができることでしょう。是非鉄道に関わる仕事への転職を成功させてください。