介護業界への転職を考えている方におすすめしたいのが介護施設見学です。

求人内容や面接では知ることができない現場の様子や情報も、施設見学なら得ることが可能。

転職成功のためのコツとも言える活動なので、ぜひ申し出てみましょう。

そこで今回は、介護施設見学の必要性と施設見学でチェックすべきポイントを解説します。

介護業界の転職で施設見学が必要な理由

まずは、「施設の見学なんて面倒。」「もっと効率良く転職活動したいから見学は省きたい。」と思う方向けに、施設見学の必要性をお伝えします。

介護業界の転職成功のために施設見学が必要なのはなぜなのでしょうか。

人手不足の介護業界は惑わされやすい求人も多いから

ご存じの通り介護業界は完全に人手不足です。

今後も高齢化が進むことを考えると、すぐに改善されることは考えにくい状況でしょう。

とにかく人手が欲しいため、求人をだす際は求職者の目を引きやすい内容に仕立てられている点に注意が必要です。

キャッチコピーを工夫したり、魅力を大々的にアピールすることは必要ですが、求人によってはかなり惑わされやすいものも存在します。

たとえば、「経験に応じて給与アップします!」「アットホームで働きやすい施設です。」などは比較的よく見かける文言ですよね。

実際どのくらいの経験があれば給与が上がるのか不明確ですし、働きやすいかどうかはいくらでも言えることです。

介護業界に限ったことではありませんが、求人内容だけで判断するのは危険ということ。

施設見学で実際の様子を判断する方が、より信ぴょう性が高い情報となります。

職場の雰囲気は肌で感じるのが一番だから

介護士の不満でよく聞かれるのは「職場の雰囲気が悪い」というものです。

「雰囲気」は曖昧な要素ではあるものの、労働者からすれば心理的な負担にかかわってくるためとても重要ですよね。

しかし、職場の雰囲気は求人内容や面接だけで判断することができず、実際に入社してみてからしか分からないのがデメリットです。

事前に職場の雰囲気を知ることができれば、転職失敗確率を大きく下げることができるでしょう。

介護施設の見学は、職場の雰囲気を肌で感じることができる数少ない方法です。

求人内容は良かったのに、実際に訪問してみると思っていたイメージと全く違うのはよくあること。

それだけ、肌で感じることの重要性は高いということです。

施設見学が難しいと人員不足やその他の理由が考えられるから

介護施設は利用希望者や家族向けの見学をおこなっていることもあり、求職者に対しても見学を歓迎してくれるところが多くあります。

特に優良施設の場合、「うちの施設は本当は働きやすくて魅力も大きいのに、介護業界というだけで敬遠される。」と残念に思っています。

自分たちの施設に自信を持っているからこそ、施設見学は喜んで対応し、より意欲的で優秀な人材を確保したいと感じるのです。

反対に、施設見学を希望したときに難色を示される場合は、その理由によっては少し注意も必要です。

たとえば、「案内できる人がいないから。」との理由であれば人手が足りなくてハードワークになる可能性、「我が社はそういうのやっていないから。」などよく分からない理由であれば、施設内情を見せたくない事情があるのかもしれません。

もちろん、利用者の個人情報を守るためといった理由で対応しないこともあります。

その場合でも、玄関や共有スペースなど可能な場所だけでも見学させてもらえないか聞いてみるといいでしょう。

介護士の辞めたい理由から施設見学で確認すべき点を探る

介護施設見学でチェックすべきポイントを知る前に、介護士にとって何が「不満」になるのかを振り返る作業が重要です。

多くの場合は「不満」が退職につながるため、自分にとっての不満要素が少ない施設かどうかを見極める必要があるからです。

介護士の辞めたい理由で多いものを中心に、施設見学でチェックすべきポイントを探っていきます。

職場の人間関係

職員同士の関係性は、実際に見ることでイメージすることは可能です。

職員同士の協力体制、声かけの状況、表情はどうかなどから、職員たちが人間関係に不満を持っていないかがある程度判断できるのです。

もちろん、人間関係には相性の問題や性格による違いもあるため完全に把握することはできませんが、あまりに悪い人間関係は見てとることも可能でしょう。

施設の方向性

介護士は離職率が高い職種と言われてはいますが、介護士としての仕事そのものへの満足度は高いものがあります。

やりがいや誇りを持って仕事に取り組んでおり、今の職場を離れてもまた介護職に就きたいと考える人は多くいます。

仕事自体への意識が高い分、所属施設の方向性や考え方の違いにギャップを感じる人も少なくありません。

自身のやりたい介護が叶う施設か、施設長や職員たちの考え方と一致しているのかも、施設見学によって判断することができます。

給与や待遇

施設見学のみで給与や待遇を確認することはできませんが、判断材料はあります。

たとえば、利用者の満足度が高ければ評判もよく、業績も良好である可能性は高いでしょう。

設備状況によっても、資金力の豊富さや長期的な展望がある経営者であるかどうかを判断することもできます。

反対に、安全面など重要な点にお金をかけず、人件費削減のために少ない人員数で運営している施設は危険です。

目先の利益しか見えておらずとにかくコストを抑えることしか考えていません。

従業員の給与や待遇も悪いと見ることができます。

労働環境

見学施設は転職後に実際に働く場所になることが多いため、労働環境を把握するのにも役立ちます。

特に介護士の辞めたい理由として挙げられる「人員数の少なさによる一人あたりの負担」も、施設見学で知ることができるでしょう。

利用者に対して人員がどれくらいいるかによって、働き始めた後の業務負担を把握することができます。

介護施設見学でチェックすべきポイント

ここからは、介護施設見学でチェックすべきポイントをお伝えします。

大きくわけて下記の4つの点を意識するようにしましょう。

  • 1.施設としての意識レベル
  • 2.職員の質
  • 3.利用者の満足度
  • 4.自身との相性

すべてをチェックすることは難しいかもしれませんが、限られた見学時間の中でできるだけ多くを確認できるよう、あらかじめチェックリストも作っておくといいですね。

次項からはそれぞれのチェックポイントについて詳細を解説します。

1.施設としての意識レベル

まずは、介護施設の体制や意識の問題を確認します。

具体的にどんな点がポイントとなるのでしょうか。

施設長の対応はどうか

施設見学でで対応してくれるのが施設長だった場合は、施設の資質を判断する大きなチャンスです。

施設長が丁寧に対応してくれるか、施設のいい点、改善点などをしっかり教えてくれるかを確認しましょう。

施設長の態度が悪かったり、自社の魅力を伝えることができない場合は少し注意が必要です。

その施設長の下で働いていけるのかをよく考えましょう。

施設全体に安全対策が施されているか

設備チェックをできるのは施設見学の大きなメリットです。

施設全体の設備をみわたし、安全対策が施されているか確認しましょう。

可能であれば入浴場所など危険が伴う場所も見せてもらうといいでしょう。

食堂の床が濡れていないかも安全対策として大切です。

トイレは綺麗に清掃されているか

もっとも汚れやすく清掃が億劫になりがちなトイレは、施設のレベルを判断するための大事なポイントとなります。

利用者も職員も気持ちよく過ごせるように清潔に保たれているでしょうか。

介護施設に限らずですが、トイレが汚い場所で施設レベルが高いことはありません。

床にごみは落ちてないか

床にごみが落ちていて誰も気づいていない様子だと危険信号です。

床にごみが落ちていると利用者が転倒する原因にもなり危険ですし、職員たちが細かいところに目が行き届いていない証拠だからです。

人手不足でバタバタして、周りが見えていないか、見てみぬフリをしている可能性もあります。

デスク周りは片付いているか

職員の事務所内を見学させてもらえる場合は、デスク周りの様子もチェックしましょう。

デスク周りがすっきりと片づけられているかによって、業務効率を考えた仕事ぶりがうかがえます。

デスクトップや書類の状態も確認したいポイントです。

作業中のデータをそのまま画面で見える状態で離席していないか、書類は裏返しになっていないかなどによって、個人情報保護が徹底されている施設かを判断することができます。

2.職員の質

続いては、施設で働く職員の質です。

介護士は職場の人間関係で辞めることが非常に多いため、一緒に働くであろう職員たちがどんな人か、介護職員としての資質はどうなのかを可能な限り判断しましょう。

すれ違ったときに挨拶してくれるか

職員とすれ違ったとき挨拶はしてくれるでしょうか。

無言で素通りするような職員が多いとあまりいい施設とは言えません。

利用者の家族が来たときも同じような対応をしている可能性があります。

挨拶は施設で指導されていることも多いですが、そうでなくても、社会人として職員一人一人が意識的に気持ちのいい挨拶をすることが基本です。

求職者とはいえ外部の人間が訪問した際に挨拶ができるかどうかで、職員の質がほぼ分かってしまいます。

利用者に対する職員の態度はどうか

利用者と実際に触れあっている職員がいれば、その様子も見せてもらいましょう。

利用者への言葉遣いはどうか、笑顔があるかなど。

施設によっては利用者にフランクに接することをモットーとしていたり、敬語をしっかり使うようにしていたりと特色が異なります。

実際に働く際に合わせていけるかも判断しましょう。

受付や電話対応もチェック

施設見学の際の受付や、事前連絡の際の電話対応もチェックしましょう。

感じのいい対応か、敬語やビジネスマナーはできているかは職員の質として基本的な点。

丁寧な対応ができない場合は教育が行き届いていないか、人材不足で誰でもいいから採用する傾向が見えます。

3.利用者の満足度

次に、利用者の満足度も見ていきましょう。

利用者の満足度を実際に判断することは難しいですが、表情や笑い声など実際に見学しなければ分からないこともあります。

利用者に笑顔が見られるか

利用者が笑顔で楽しそうにしているか、リラックスした表情をしているかによって、満足度を推測することができます。

レクリエーションが多いだけでなく、利用者が疲れてしまうほど頻繁にあり、負担になっていないかも大切です。

フロアに職員がどれくらいいるか

フロアに職員がほとんどおらず、利用者が一人でいることが多い施設だと、利用者一人あたりの人員数が足りていない可能性があります。

フォローが行き届かず、利用者にとっての満足度も下がってしまうでしょう。

人手不足はどの施設でもあり得ることですが、あまりに少ない場合は離職率の高さも考えられるため、少し注意が必要です。

4.自分自身との相性

最後に自分自身との相性を把握しましょう。

どんなにいい施設でも、自分がやりたい介護と方向性が違っていたり、性格や考え方に合わない場合だと長く働くことができません。

実際に働いたところをよくイメージするようにしましょう。

職員の年齢層

職員の年齢層はどうでしょうか。

若い人が多い方が必ずしもいいわけではなく、ベテランの人もいる施設の方が人材のバランスが取れています。

ただ、自分の年齢によっては若い人が多い方が楽しく働けたり、夜勤や重労働などの負担が分散されるというメリットもあります。

職員の動くスピード

職員の動くスピードによって施設の忙しさを判断することができます。

比較的緩やかなペースで一人一人にしっかりケアをしたい人から、忙しく動き回る方が合っている人までいます。

スピード感は慣れるまでが大変なので、場合によっては早期離職につながってしまいます。

ある程度自分のペースに合った施設を選ぶ方がいいでしょう。

職員の考え方

見学対応してくれた人が職員の場合は、面接に同席しない現場の人ということもあり得るため、具体的な仕事内容や取り組む姿勢を聞いてみてもいいでしょう。

施設長や人事担当者からは聞くことができない現場の生の声を聞くことができればイメージが沸きやすいです。

そのほか、研修制度の有無なども見学の際に聞いておくといいでしょう。

介護施設見学の素朴な疑問

施設見学が気になるけど不安も大きいという方も多いでしょう。

ここからは、介護施設見学にまつわる素朴な疑問を紹介します。

介護施設の見学はどうやって申し込むの?

介護施設の見学が可能かどうかについては、求人の募集要項に書いてある場合、施設HPに書いてある場合などさまざまです。

どこにも情報がない場合でも、人事担当者に聞いてみると快く対応してくれることも多いため、聞いてみるようにしましょう。

面接日当日に申し出ても受け入れてくれる施設もあります。

転職エージェントを使って転職活動している場合は、エージェントに施設見学の希望を伝えると交渉してくれたり、エージェントによっては施設見学に同行してくれることもあります。

施設見学を希望することは、施設への興味が高く、長く働く施設を探したい気持ちの表れでもあります。

対応可能かどうかは施設によりますが、聞いてマイナスになることはありませんので、積極的に申し出てみましょう。

介護施設の見学に行くときの服装は?

施設見学は面接ではないとはいえ、スーツで訪問するのが基本です。

ただ、介護施設は服装の許容範囲が比較的広めなので、スーツでないとダメということもありません。

スーツが用意できない場合は、ジャケットにパンツなど、きちんとした雰囲気を保ちつつ、ある程度動きやすい服装を意識しましょう。

靴を脱いで室内履きに履き替えることになるため、自分のスリッパなども持参しておくとしっかりした印象です。

靴下に穴が開いていないかもチェックしておきましょう。

施設見学は選考結果を左右する?

施設見学は面接ではありませんので、基本的には選考結果に大きな影響を与えることはありません。

ただし、敬語やマナーなど最低限のことができなければ、対応者の印象を悪くする可能性はありますので気を抜けません。

面接より前に施設見学をする場合は、施設見学で感じた良かった点などを志望動機やアピールにつなげることができるため、今後の活動を考えてもメリットが大きいと言えるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、介護業界への転職を考えている方が介護施設見学をするべき理由と、施設見学のチェックポイントを紹介しました。

介護業界はブラックが多いと言われることも多いですが、実際には利用者、従業員ともに満足度の高い優良施設も存在しています。

施設によってレベルの差が大きいため、実情を見極めるためにも施設見学を活用しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑