緊張の転職面接時間が拍子抜けするほど短いときに、不安を抱くことはないでしょうか。

面接時間が短い理由をいろいろと考えてしまい、他の企業の面接や普段の生活に悪影響を及ぼしてはいけません。

反対に、面接時間が長いことで手ごたえを感じ過ぎるのも厄介です。

そこで今回は、転職面接の時間の長さで気持ちを惑わされないために、面接時間が長い理由と短い理由を紹介します。

面接が短い場合に感じる2段階の不安

応募者の不安は2段階あります。

段階に応じて今やるべきことが変わってきますので、まずは今どの段階にいるのかを確認しましょう。

1.面接直後に感じる不安

短時間で面接が終わった場合、直後には不安でいっぱいになるでしょう。

「完全に不採用になった!」と感じる方も少なくありません。

しかし、面接時間が短くても採用になったケースは多数ありますので、決めつける必要はないのです。

そもそも、結果がでていない段階であれこれ考えても仕方がありません。

不安な気持ちはわかりますが、まずは結果を待ちましょう。

2.面接時間が短いのに合格したときの不安

面接直後に感じた不安とは裏腹に、思いがけず合格になることがあります。

このときはこのときで出てくる不安。

それは、ブラック企業ではないかということです。

  • 人材を使い捨てする企業ではないか?
  • 離職率が高くてとにかく人手が欲しいだけではないか?
  • 大した面接もしないで何が分かったというのだ?

など、悶々と考えだしてしまうでしょう。

しかし、「面接時間が短い=ブラック企業」と決めつけるのは早計です。

次項から紹介しますが、面接時間が短いのは企業ごとに理由が異なるからです。

どうしても不安な場合は、

  • 自己分析をもう一度やってみる
  • 企業研究を振り返る
  • 会社の評判・口コミをチェックする
  • 転職エージェントに相談する

などの方法で、本当に応募した企業で働く適性と意志があるかを再確認しましょう。

面接が短くて感じた不安に対し、まだ結果がでていない1段階でやるべきことはありません。

実際に内定をもらってから感じる2段階目の不安がでてきたら、活動の振り返りをしましょう。

転職面接時間が短い理由として考えられる7つの可能性

ここからは、面接時間が短い理由を紹介します。

面接時間が短い場合、何の問題もないケースと、注意しなくてはならないケースとがあります。

1.書類選考の時点でほぼ内定が決まっていた

面接時間が短いことは必ずしもマイナス要素ではありません。

書類選考の時点でほぼ内定が決まっており、単に最終確認の意味で面接するケースもあります。

「こんなスキルや経歴をもつ人が欲しい。」と思っているところへ、ぴったりの経歴を持つ書類が送られてきた場合、その時点でほぼ人事担当者の心は決まります。

あとは実際の印象や人柄を判断するだけの状態で面接に入ると、それほど面接に時間をかける必要がないのです。

2.申し分ない人材だった

面接に理想とおりの人が来た場合も面接時間が短い可能性があります。

ご自身が、買い物をするときのことを考えてみてください。

欲しいものがあって、理想通りの商品を見つけたとき、「即決」で購入することはないでしょうか。

色、形、機能、価格などの中で1つでも気になる点がある場合には何時間も悩んだり、一旦家に帰って検討することもあるでしょう。

即決の場合はすべてが気に入っているので悩む時間が少ないですよね。

これと同じことが面接で起きる可能性もあるということです。

3.面接官の人を見る目が優れている

面接官の中でも、これまで何百人以上もの面接をこなした大ベテランはいるものです。

こうした人は人を見るスキルが身についており、「会った瞬間にどんな人物かが分かる。」と言います。

こういう人にとって面接は5分もあればほぼ決まり、あとは確認事項に終始することも。

もともと書類選考で経歴面などをクリアしている応募者ですから、最終判断のみをベテランの経験に任せるというわけです。

4.採用担当者が忙しい

採用担当者がとにかく忙しい場合も面接時間が短くなる傾向にあります。

主には人事部が独立して存在していない中小企業に見られ、一人で採用も他の業務も多数担当しているケースです。

この場合、担当者の都合上仕方がないことではあるため、企業がブラック体質であるとは限りません。

ただ、気をつけたいのは転職後の多忙さです。

一人であれこれ任されることは中小企業だとありがちですが、業務が組織ではなく個人につくため、やたらと忙しかったり、雑務も多かったりして大変になる可能性はあります。

採用担当者の落ち着きがないようだったら、自身が受け持つことになる業務内容についてしっかり確認しておく必要があるでしょう。

5.大量募集なのでよほど悪くない限りは採用したい

接客サービス業などで比較的見られるケースですが、新店オープンや事業拡大などで一度に大量募集をかけることがあります。

このとき人事担当者は「よほど悪くない限りは採用したい」と思っています。

大量募集では一人一人丁寧に面接する時間がありませんし、オープンに間に合わせるためにはとにかく人員確保が先決だからです。

新店オープンなら一斉研修もおこなわれるため、そこで指導すればいいとの考えもあるでしょう。

書類選考の段階で接客経験年数などでスクリーニングし、それなりのレベルの人材に絞ってあれば面接時間が長い必要もありません。

接客業の場合は会ったときの第一印象が大事なので、感じのいい人なら即座に合格になることもあるでしょう。

新店オープン等に伴う大量募集の案件に応募する際、できることは運営母体の企業をしっかり確認することです。

まだオープンしていない店舗の実情を知ることはできませんが、運営母体がどうかでいざというときに守ってもらえます。

6.致命的なミスを犯した

応募者側が致命的なミスを犯した場合も面接時間は短くなります。

そのミスによって、面接官は不採用を確認するため、長く面接する必要がないからです。

何がミスになるかは企業によって異なりますが、地雷ワードを言ってしまうと一発アウトになるケースがあります。

地雷ワードと面接官が抱く印象は、たとえば

  • 「前職を人間関係で辞めました。」→周囲の人とうまくやっていけないのでは?
  • 「入社してから勉強させていただきます。」→会社を学校だと思っているのでは?
  • 「憧れの職種だったため選びました。」→仕事の大変さを理解していないのでは?

などがあります。

これらの言葉を言ってしまった時点で面接を打ち切りとする面接官もいますから、面接時間は短くなります。

ただ、この場合は不採用との結果が分かりやすくでますから、次に向けて動きだすだけです。

面接内で地雷ワードを言ったと思い当たるなら、別の転職面接では気をつけるようにしましょう。

7.誰でもいいから採用したい

面接時間が短い理由でもっともよくないパターンは、企業がそもそも人材を選考する気がない場合です。

ハードワークで離職率が高い、給与や待遇が悪過ぎて応募者が全く集まらないなど。

誰でもいいから採用したいため、面接に来た人はとりあえず合格となります。

いわゆるブラック企業にあたるため、転職を決めると後悔する可能性が高いと言えるでしょう。

ブラック企業への転職の回避方法としては、

  • 募集内容に不審な点がないかしっかりチェックしてから応募する
  • 給与や労働時間について募集要項を鵜呑みにせず再度聞いておく
  • 入社時には雇用条件通知書を求め内容を確認する
  • 短い面接の後すぐに雇用契約書のサインを求められたら慎重になる
  • 企業の評判や口コミ確認をしてから入社を決める

など、複数の方法があります。

面接時間が長いと合格確実なの?

面接時間が短いと不安になる人は多いですが、面接時間が長い場合はどうでしょうか。

面接時間が長いと、

  • 「たくさん質問してくれたから興味を持ってもらえたのだろう。」
  • 「ここまで時間をかけて不合格はないはずだ。」
  • 「完全に手ごたえがあった!」

などと思う人もいます。

多くの方が、面接時間が長いことを前向きに捉える傾向にあるでしょう。

面接時間が長いことでどこか「やりきった感」を持ち、いい結果がでる気がしてしまうものです。

しかし、面接時間が短いから不採用になるとは限らないのと同様に、面接時間が長いから採用になるとも限りませんよ。

一体なぜなのでしょうか。

ここでは、面接時間が長くなる理由を紹介します。

応募者に魅力を感じ多数の質問をする

まず考えられるのは、合格可能性が高いパターンです。

応募者に魅力を感じ、もっと知りたいと思うからこそ、多数の質問を投げかけることになります。

結果的に面接時間が長くなり、合格を手にすることができます。

面接時間が長いことを前向きに捉える人の多くは、このパターンを想定しています。

面接官が話好き

単に面接官が話好きで面接時間が長くなることもあります。

面接の進め方は企業によって大きく異なり、どの応募者にも決まった質問をする面接、応募者によって柔軟に変えていく面接など、さまざまケースがあるからです。

中には、応募者への質問ではなく、自分自身の身の上話を長々する面接官もいて、主には年配の面接官や、中小企業の若手社長などに多く見られます。

「面接なのになぜ仕事の話をしてないのだ?」と、不安になったり、イライラしたりするかもしれませんね。

しかし、話好きの面接官も、本当に何も考えていない人と、応募者の普段の様子を見るために敢えて世間話をする人とに分かれます。

話好きの面接官であっても最後まで気を抜かないでいたいですね。

慎重に見極めたい

採用に慎重な姿勢をもち、しっかり見極めたいと感じている企業も面接時間が長くなります。

これは、応募者がいい悪いにかかわらず、です。

ほとんど不採用になると思われる応募者でも、「もっと質問すればいい点が見えるかもしれない。」「他に強みはないのだろうか?」と、応募者を雇うメリットを探しているのです。

応募者にいい企業だと思ってもらいたい

転職面接は「企業側の選考の場」という側面と、「応募者自身が企業を判断する場」という側面があります。

後者の場合は企業側も応募者に選ばれようと工夫します。

面接時間を長くして丁寧に選考をおこなうことで、応募者から好感をもたれたいとの思惑もあるということです。

応募者が優秀な人材で他企業からも内定をもらった場合、最終的には面接での印象で決めることは多々あります。

面接の対応が悪いことで優秀な人材を取り逃がすことになれば、企業にとって大きな損失となるでしょう。

また、仮に不採用にするにしても、時間をかけた面接によって企業イメージそのものは保たれます。

今後は一般消費者になり得る応募者ですから、「丁寧に選考してくれた=いい企業」と思ってくれれば問題ないわけです。

意気投合して盛り上がってしまう

面接官と意気投合して盛り上がった場合、手ごたえをがっちりと感じるかもしれませんね。

しかし、盛り上がったから必ず採用になるとは限りません。

理由としては、

  • 盛り上がった人が最終決定者ではなかった
  • ほかにもっといい応募者がでてきた
  • 人としての相性がいいけど経験やスキルに不安が残った
  • 盛り上がったと思ったのは自分だけだった
  • 盛り上がった最中にNGワードを発してしまった

など、いくつも考えられます。

期待し過ぎて不採用だと、精神的な落ち込みが激しい人もいますので注意が必要です。

過度な期待はしない方がいいでしょう。

採用された時点で、「やっぱりあのとき意気投合したのが良かったのだ!」と思えばいいのです。

企業の選考は3つのパターンがある

ここまでの内容を見てみると、企業の選考には下記3つのパターンがあることも分かります。

  • 1.書類選考でスクリーニングし面接は短め
  • 2.書類はざっくりとしか見ないで面接は長め
  • 3.書類選考も面接もざっくりしか見ないから面接は短め

1では、そもそも応募条件を高めに設定し、ハイスペック人材しか面接しないケースも含みます。

応募条件がそれほど高くなくても、書類選考の時点でかなり慎重に選び、あとは会ってみた印象だけで決めることもあります。

2の場合は書類選考で落とすことがほとんどなく、面接で多数の質問をして決めるというケース。

面接時間は比較的長い傾向にあります。

問題は3のケース。

書類選考も面接も短い場合は、従業員の質にこだわりがない、人手不足で誰でもいいから採用したいといったパターンで、必然的にブラック企業の可能性も高くなります。

ただ、どのタイプの選考かを応募者側で判断することはできませんので、いずれにしても面接が長い、短いだけで転職先を決めるのは不可能だと言えるでしょう。

企業ごとに事情が異なるため、「それぞれに理由があるから不安になり過ぎることはない。」と思うことと、怪しいと判断したら慎重になる冷静さを持つということが大切になります。

面接では何を見られている?

面接時間が短いか長いかは企業の選考方法や考え方によって異なる点が多いため、時間のみで判断することはできません。

それよりも、面接では何を見られているのかを理解し、万全の体制で面接に臨むことの方が大切ですよ。

ここからは、面接でチェックされているポイントを解説します。

面接時間が長い、短いに限らず必ず見られている点だと思っておきましょう。

見た目の印象

見た目の印象は非常に大切です。

顔の造形やスタイルがいい悪いの話ではなく、清潔感、身だしなみ、表情、癖などから、顧客へ与えるイメージはどうか、他の社員に馴染みやすいかなどを判断します。

コミュニケーションスキル

面接でしか判断できないのがコミュニケーションスキル。

履歴書の証明写真だと少しきつそうな印象だった人も、実際に会って話してみると朗らかで柔らかい雰囲気を持っている場合もあります。

もちろん反対も。

質問の受け答え方、話し方や言葉遣いなども含めたコミュニケーションスキルは、どの業界や職種においても必ず見られるポイントになります。

マナーレベル

応募書類ではビジネスマナーが完璧だった人でも、面接になると全くできないことがあります。

応募書類の作成時にはその都度調べたり、誰かにチェックして直してもらうことができますが、本番の面接ではそうはいきません。

普段のマナーレベルがはっきりとでてしまうでしょう。

入退室時のマナー、挨拶、敬語の使い方など、社会人としてのマナーが一定水準をクリアしているかを確認されています。

意気込み

応募書類では意欲が感じられたのに、会ってみると「本当に当社に入りたいのかな?」と感じるような人も少なくありません。

企業や商品サービスの特性をしっかり調べてあるか、逆質問タイムの積極性はあるか、声が大きくハキハキしているかなど、意気込みの判断材料となる点はいくつもあります。

転職面接時間が短くて不安な人はプロに相談しよう

転職面接時間が短いとどうしても不安になってしまう方は、最初から転職エージェントを使って転職活動すべき。

転職エージェントが独自の情報網を利用して企業内情を調べてくれるため、面接時間が短くても安心だからです。

面接後に感じた不安も、エージェントに相談することでアドバイスをくれますので、精神的に落ち着いて転職活動をすすめることができるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職面接時間が短いときに感じる不安と、面接時間が短い理由、長い理由を紹介しました。

面接時間は長い場合も短い場合もあるため、不安になり過ぎる必要はありません。

短い理由が複数あることを知ったうえで、今やるべきことを冷静に判断するようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑