飲食店や小売店などで働く方や転職を考える方にとって、店長になるのは一つの大きな目標になります。

サービス業界は低賃金が問題視されてはいますが、店長クラスになれば今より高い賃金を得ることも可能でしょう。

自分一人に店を任されるのは、やりがいやモチベーションにもつながりますよね。

しかし、優秀で店舗売上を伸ばし、部下からも慕われる店長ばかりではなく、売上に貢献できず部下からも慕われない「ダメ店長」はいるもの。

今回は、飲食店や小売店に転職して店長を目指す方が反面教師としてもらえるよう、「ダメ店長」の特徴を紹介します。

1.店長なのに客への態度が横柄

店長は店そのものですから、店長自身の接客態度が悪ければ店の評判に直結します。

ところが、ダメ店長はそもそも接客業に就きながら接客態度がなっていません。

まず、客が入ってきても「いらっしゃいませ」を言いません。

自分が何か作業をしていると、それに夢中で客の方を見向きもしません。

自身が接客を担当するときも、声が小さく笑顔もない、単なる会計係に終始します。

こんな店長が部下を育て、店の売上をアップさせることなど、できるはずもありませんよね。

部下である店員の接客態度を注意しても、何の説得力もないでしょう。

店長になるなら、店員の中で誰よりも接客態度が優れていること、当たり前のようでできていない店長は多いのです。

2.客がいる前で店員に注意する

ダメ店長は、店長としての立場を勘違いし、常に偉そうにします。

店にとって一番大切なのは、客が気持ちよくサービス利用や買い物をおこない、売上をアップさせることのはず。

それなのに客の気持ちを考えず、客がいる前で店員に注意をしたりします。

注意の仕方がポイントで、何か失敗をしている店員をさりげなくフォローしたり、客に謝るならまだいいのですが、「客そっちのけ」で怒鳴ったり厳しく注意したりするのです。

客としては「店員の教育は店側の問題だから後でしっかりやってほしい。今はこちらの接客を優先してほしい。」と思います。

目の前で店員が怒られているのを見て、気分がよくなる客も少ないでしょう。

場所をわきまえず店長の威厳を見せつけようとするのは、ダメ店長によく見られる行為です。

3.女性トラブルがある

サービス業界では多くの女性が活躍しています。

女性は人当たりがよく気も利くため、サービス業への適性が高いですよね。

ダメ店長で「あるある」なのは、女性関係のトラブルです。

アルバイトの女性に手をだしたり、既婚者である主婦パートと親密な仲になったり。

店長は店のトップで誰も注意してくれる人がいないため、ついつい女性関係で問題を起こしてしまうのです。

女性の方もまた、店長と親しいことで有頂天になり、他の店員より優遇してもらったり、自分が上の立場になったような気がしたりして、他の店員はやりにくくて仕方がありません。

まっとうな社内恋愛を貫くなら、公私はしっかり分け、他の店員に迷惑をかけないのが普通ですよね。

しかし、ダメ店長の社内恋愛は大抵がバレバレで、他の店員に悪影響を及ぼすことになるのです。

4.採用基準がでたらめでバイトの質が悪い

チェーン店の正社員を雇う場合は、本部の人事担当者が書類選考と面接をおこなうことが多いため、正社員の質が著しく低いということにはなりにくです。

しかし、アルバイトの面接採用は店長に一任されていることが多く、各店舗の店長が判断して決めることになります。

本部から採用基準などある程度指示があったとしても、ダメ店長は独自の適当な基準で決めてしまうため、バイトの質が非常に低くなります。

店長がおこなうべき教育もきちんとおこなわなず接客バイトとは思えないレベルの人材も。

店舗全体を見てバイトの質が悪ければ、店長のレベルも低い可能性が十分にあると言えるのです。

5.自分で何でもやってしまって部下が育たない

店員として優秀だった店長に多いのですが、自分で何でもやってしまうのは店長としてダメな行為です。

店員たちをしっかり教育し育てることで、店長不在の際にも店の質を落とさずに済みますし、店員が新しい仕事を覚えることで成長ややりがいを感じられて離職を食い止めることもできます。

一般企業でも、仕事を抱え込んで周りを頼らず、自分だけが「いっぱいいっぱい」になってしまう社員がいますが、店長も同じこと。

「自分でやった方が速いしコスト削減になる。」は大いなる勘違いなのです。

6.非常識な客に注意できないから他の客や店員が迷惑する

「お客さまは神様」とはいえ、非常識な客も中にはいるものです。

賢い店長は、その客を失ってでもその他の客を優先させ、結局は店としての評価を得るものですが、ダメ店長は毅然とした対応ができません。

気が弱いのか、どんな客でも言うことを聞くのが正しいと思っているのか、非常識な客に注意ができないのです。

店員が客に絡まれていても見てみぬフリをしたり、他の客が迷惑しているのに何も言えなかったり。

頼りになるはずの店長が守ってくれない店で働き続けたいと思う人はいませんし、他の客も「店の責任者は何をやっているんだ!」と思って二度と利用してくれません。

7.業者への対応が悪い

小売店や飲食店にはさまざまな業者が出入りします。

仕入れ先の業者、宅配業者、求人広告の営業担当者などなど。

ダメ店長は高い確率で業者への対応が悪く、非常に横柄な態度を取ります。

「業者は客じゃないから丁寧に接する必要はない。」と思っているのです。

しかし、業者は業者でありながら、同時に客でもあります。

小売店や飲食店にとっては、業者であろうと、自社の社員やアルバイトであっても、裏を返せば皆、店の利用者。

横柄な態度を取られた業者がプライベートでその店を使うことはないでしょうし、家族や友人、知人に店の悪い印象を伝えないとも限りません。

誰でもすぐに分かることなのに、ダメ店長はとにかく業者への対応が悪いのです。

8.周辺店舗をとにかく「敵」だと思って敵意むき出し

ダメ店長は、周辺にある店舗をすべて敵だとみなします。

たしかに飲食店や小売店は店舗間の競争が激しいですが、上手に付き合うことで相乗効果が生まれることがあります。

「あの辺にいけば何か食べたいものや欲しいものがある。」と消費者が感じてくれれば、その地域一帯の店舗が潤うことになるでしょう。

商店街やショッピングモールと同じことですよね。

また、店長が隣の店と良好な関係性を築き、積極的にサービスの利用をすれば、隣店の店長もこちらの店舗のサービスを利用してくれるでしょう。

自分の店にない商品だったら客に紹介してくれることもあります。

ダメ店長はとにかく他店を敵視するため、交流を持ちたがりません。

全体像を見れば顧客獲得の機会損失につながっているのに、気づかないのです。

9.いつもピリピリして店の雰囲気を悪くする

店の雰囲気が良ければ、そこで働く店員の気持ちにゆとりが生まれ、結果的に顧客サービスに還元できるはずです。

店長自ら店の雰囲気を良くするよう努めるのが普通ですよね。

しかし、ダメ店長は店の雰囲気作りなど一切考えず、目先の売上のことばかり考えています。

いつもピリピリしてたり、機嫌が悪く近寄りがたい雰囲気だったりするため、店員たちは非常に気を使います。

ストレスを感じ、「こんな店でもう働きたくない。」と辞めてしまうでしょう。

離職率の高いお店は、低賃金や長時間労働の問題だけでなく、店長の人間性や考え方に落とし穴があるのです。

10.部下に嫌われたくなくて何も言えない

店長は上の立場の人間ですから、ときには部下たちを注意し、むかっとさせることもあるでしょう。

店長はどこでも嫌われやすい環境にあると言えます。

しかし、嫌われるのが怖いという理由で部下に何も言えない店長はダメ店長です。

部下の教育は店長の大きな仕事の1つですし、部下に悪い点があればしっかり戒めるのが役目でしょう。

何も言えない店長の元では、部下たちが物足りなさを感じたり、つけあがってやりたい放題やったりと、悪い影響を与えます。

特にサービス業は、まだ若くて大人としての常識が身についていない学生アルバイトも多いため、個人が気をつけてくれるのは難しいことです。

店員教育が行き届かないことで確実に店全体の評判が下がることになります。

11.店内の掃除や片づけを重視しない

売れる店になるためには店内の掃除や片づけが非常に大切です。

誰が好んでゴミや汚れだらけの店に足を運ぶでしょうか。

いくら「品質で勝負!」と言ったところで、基本の清掃ができていない店に良質なサービスや商品を提供できることはありません。

優れた店長は必ず掃除や片づけの大切さを理解しており、誰よりも率先して掃除や片づけに取り組みます。

それを見た店員たちが学び、店全体を清潔にすっきりと保つことができるのです。

ダメ店長は、掃除や片づけを面倒に感じるため、アルバイトだけに任せたり、ゴミや汚れに気づいてもすぐに手をつけません。

このような店長がいる店では、よほど店員たちが優秀でない限り、評判や売上が下がっていくでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、飲食店や小売店でいる「ダメ店長」の特徴を紹介しました。

現在サービス業で働いている方は、ダメ店長を反面教師とし、優れた店長を目指しましょう。

また、サービス業界への転職を考えている方は、面接の際や店舗利用時に店長の様子をチェックしてみると、店員が働きやすく店舗の将来性が高い店かどうかが見えてきます。

店長の良し悪しを判断し、本当に働くべきお店か判断しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトはこちら

DODA

DODAは転職エージェントの大手で、全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

リクルートエージェントと同様に、利用者の多い転職エージェントです。

求人数の数も申し分なく、転職成功の実績も多いため安心の転職サポートを受けることができます。

公式サイトはこちら

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトはこちら

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトはこちら

JACリクルートメント

ミドル~ハイクラス、外資系転職など特徴的な強みをもった転職エージェントです。

以下の方は登録必須です。

  • 年収600万以上の高年収
  • 管理職・役員クラスの転職
  • 英語を活かす仕事をしたい方
  • 外資系、海外勤務を目指す方
  • 経理・財務・人事職種、メディカル業界を希望する方

得意分野に特化した転職エージェントのため、1つでも当てはまる方は登録をおすすめします。

公式サイトはこちら

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

迷った場合、よく分からない場合のおすすめは、求人数が多いリクルートエージェント + DODA + その他 の組み合わせです。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑