医師や会計士と並び、ゴールドライセンスである弁護士。

選ばれし者しかなれない特別感と高収入、「先生」と呼ばれる社会的地位の高さから、羨望の眼差しを受ける職種ですよね。

弁護士になれば一生安泰とのイメージを持たれやすいですが、近年は弁護士業の様相は大きく変わってきています。

弁護士であっても転職は普通におこなわれていますし、弁護士だから稼げるというわけでもないようですよ。

今回は、そんな弁護士の転職にフォーカスし、弁護士を辞めたい理由と転職事情を紹介します。

弁護士を辞めたい人多数。弁護士を辞めたい理由は?

弁護士になるには、多額の学費を払って勉強に明け暮れれ、司法試験に合格し、司法研修所を卒業するという長い年月がかかります。

苦労して弁護士になり、ようやく希望の法律事務所に就職できても、転職したい、弁護士を辞めたい人も多数います。

ここでは、なぜ弁護士を辞めたいのか、その理由を紹介します。

ブラック事務所で働いていたから

法律家のトップとも言える弁護士ですが、就職した法律事務所の経営者が必ずしも法律を遵守しているとは限りません。

中には、従業員である弁護士を長時間強制的に働かせるケースも。

ブラック企業があるのは弁護士業界でも同じなのです。

法知識があるがゆえに、法違反ギリギリのところをついて、都合のいいように働かせる悪質な経営者弁護士もいるということ。

弁護士でもブラック事務所に引っかかり、長時間労働を強いられて心身ともに疲れ果て、辞めてしまう人がいます。

特に、意欲の高い若手弁護士は早々に見切りをつけて転職の道を探ることになります。

仕事が減ってきたから

訴訟件数の減少により、弁護士資格があるだけでは経営がなりたたない事務所もでてきました。

本来は社会保険労務士の担当領域と認識されていた、訴訟額の小さい労働関係にも手をださないとやっていけません。

最近は、弁護を依頼する人の方も、それなりに法知識を備え、各弁護士事務所をネット上で徹底的に比較し、選べる立場になっています。

もちろん、依頼者からすればそれ自体はいいことでもあるのですが、弁護士側からすると立場が弱くなったとの見方もあります。

弁護士は仕事の依頼を断ることもできるのですが、訴訟件数が減ってきた中で稼がなくてはならないため、仕事の選り好みをできなくなっているのです。

その結果、不本意ながら依頼を受けたり、自身の考えとは異なる方向で戦わないといけなくなったりと、自己矛盾を抱えやすくなるのです。

高収入を得ることが難しくなっているから

弁護士は医師とならぶ「高収入職種」の一つですが、近年では弁護士であっても高収入を得ることが難しくなっていると言われています。

その理由は、弁護士が増え過ぎたことにあります。

弁護士はもともと定年がなく知的労働のため、高齢になっても続ける人がいますし、司法改革の影響により新しく弁護士になる人も急増しました。

訴訟件数自体が減っているのに弁護士数ばかりが増えたことにより、少ない枠の奪い合いが起きています。

弁護士でさえあれば稼げた時代はとっくに終わり、ノマドワーカー的に携帯電話一つで仕事をする弁護士すらいます。

弁護士であっても、一般的なサラリーマンより年収が低いケースも今や珍しくなく、稼げる職種とは言いづらい側面があるのです。

自身が持つ正義感とのジレンマ

弁護士は弱いものの味方とのイメージがありますが、中には、弱いもののフリをした悪質な依頼者もいます。

困っているからというより、お金や嫌がらせ目的で依頼をしてきたりといった依頼者もいますが、仕事の選り好みがしにくい中で断る勇気が持てないことがあります。

弁護士になるまでに自分自身が思い描いていた「正義」の形を、ずっと同じように持ち続けることは難しく、どこかで割り切るか、正義感と稼ぐ必要性とのジレンマにつぶされそうになることがあります。

もともと正義感が強い弁護士ほど、精神面で耐えられなくなるケースもでてくるのです。

ワークライフバランスを保ちたい

弁護士は多忙ですから、家庭やプライベートを大切にしたい人が仕事との両立を図るのは非常に難しいと言えます。

しかし、弁護士も人間ですから、仕事以外に大切にしたい人もいます。

近年はワークライフバランスという言葉が広く浸透したため、これまで当たり前のように働き続けてきた人も、ふと自分自身の働き方を振り返るきっかけが増えたといえるでしょう。

弁護士からの転職先は?

弁護士が転職したい場合、転職先はどこになるのでしょうか。

ここからは、弁護士のキャリアチェンジで考えられる道を紹介します。

別の法律事務所へ移る

ひとくちに法律事務所といっても、債務整理を専門とする事務所から、離婚をメインに扱っている事務所までさまざまです。

個人向けではなく、企業法務を専門としている事務所もあります。

企業向けの場合は訴訟以外の案件が多いため、比較的安定的な事務所経営が叶うでしょう。

現在の法律事務所が合わないと感じても、別の法律事務所へ転職することで、自分に合った仕事に携われる可能性があります。

弁護士自体を辞めたいのか、今の事務所の方針と合わないかは分けて考えなくてはなりません。

一般企業で法務担当になる

弁護士としての法律知識を活かしつつ、事務所のようなハードワークがなく安定的な働き方ができるとして人気なのが一般企業です。

企業内弁護士として法務や知的財産に関する部署に配属されることで、その知識を十分に活かすことができます。

訴訟がない分精神的なストレスも減り、クライアントの都合で休みなく働かされる必要もないため、ワークライフバランスも保ちやすいと言えるでしょう。

ただし、弁護士事務所から一般企業への転職は人気が高いため、弁護士とはいえ簡単ではありません。

特に、企業法務に携わった経験がないと難しいと言えます。

ベンチャー企業に移る人も

ベンチャー企業に転職して一旗あげようと考えるチャレンジングな弁護士もいます。

ベンチャー企業の法務を担当するというより、ほかの社員たちと同じく事業の立ち上げにゼロから携わる場合も多いです。

将来的には経営者を目指し、苦労して取得した弁護士資格を直接は使わない道を選ぶ人も。

弁護士は司法試験を突破した抜群の頭脳を持っていますから、簡単に言ってしまえば、やるき一つでどの職種にキャリアチェンジすることも可能なのかもしれません。

弁護士の転職活動方法は?

弁護士が他の事務所や一般企業への転職をする方法は、ハローワークや求人誌を利用する方法があります。

ただし、ハローワークや求人誌では圧倒的に求人数が少なく、弁護士ではなく弁護士秘書や事務職の応募が多く見られます。

弁護士として転職したいなら、弁護士や管理部門への転職に特化した転職エージェントを使いましょう。

法律事務所を多数扱っている弁護士専門の転職エージェントや、企業の法務など管理部門の求人を得意とする転職エージェントなどがあります。

サポートしてくれるコンサルタントが弁護士転職に精通しており、弁護士求人が集まるため希望の求人を見つけやすいでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、弁護士の辞めたい理由と転職事情を紹介しました。

特殊な職業とのイメージが強いですが、辞めたい理由は他職種と大きくは変わりません。

弁護士であっても労働者であることに違いはないのです。

弁護士の転職先は法律事務所か一般企業の企業内弁護士かが主な選択肢ですが、弁護士になれたポテンシャルがあれば、その他のキャリアチェンジも十分に可能と言えるでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。