職場で管理職についている方は、部下たちへの対応に困った経験があるかもしれませんね。

部下といっても色々なタイプの人がいますから、全く同じ接し方をしているのに反応が異なることもあるでしょう。

上司に不満を抱える部下たちも多いですが、一方で上司たちも、部下たちに数多くの不満を抱えているはず。

そこで今回は、部下のタイプを5つに分け、それぞれに適した接し方を紹介します。

1.生真面目な部下

生真面目なタイプの部下は、職場のルールを守ってくれ、勤怠態度も優秀です。

問題も起こしにくい優等生と言えるでしょう。

ただし、必ずしも会社にとっていい人材であるとは限らず、ときに職場の雰囲気を悪くすることもあります。

生真面目タイプはルールから外れた言動をする他人が著しく気になり、きつくあたったり、イライラしたりするからです。

冗談が通じない人も多いので、上司や先輩が多少のジョークを言っても真に受けてしまいます。

生真面目部下は信頼を得ることが先

生真面目なタイプには「もっと楽にやりなさい。」といっても、なかなか理解してもらうことは難しいです。

特に、上司になってまだ日が浅い場合は、生真面目部下からの信頼を得ていませんので、壁を作られてしまう可能性も高いでしょう。

まずは生真面目部下からの信頼を得ることが先決。

そのうえで「信頼できる上司のようにもっと肩の力を抜いて、たまには冗談も言えるようになろう。」と思わせることが大切です。

生真面目部下から信頼を得るには、ハードルの高い冗談は言わず、ルールに沿った言動や丁寧な口調で接し、話をよく聞いてあげるようにすることです。

多少時間はかかっても「しっかりした上司」と思わせることで心を開いてくれます。

2.慌てん坊タイプの特徴

元気があって人の話を素直に聞くため、上司や先輩から可愛がられることも多い部下です。

仕事も一生懸命でそれなりに責任感もあります。

しかし、「はい!」と勢いよく返事はしたのにやるべきことを忘れてしまったり、目の前のことにしか意識が行かず、優先順位をつけて業務をすることができません。

ミスやなくしものも多く、いつもバタバタしている印象です。

基本的なことから教えてあげる

上司としては、最初の頃は目をかけていても、次第にイライラし「いい加減にしろ!」と怒鳴りたくなってしまうこともあるでしょう。

慌てん坊部下は、ただ怒られても理由が分からず困惑します。

きつく叱っても焦りからミスを連発するでしょう。

具体的に何をどうすればうっかりミスがなくなるのかを、まずは優しく教えてあげる方がいいです。

基本的なことですが、メモをとる、デスク周りを整頓する、上司への報告を定例化するなどでいいのです。

それをすることでどんな結果になるのか、事例も踏まえて教えてあげると心に響きやすくなります。

3.意識高い系部下の特徴

仕事において意識が高いことはいいことですが、その中でも「意識高い系」と揶揄されてしまうタイプの部下がいます。

特徴としては、勉強熱心であるのですが、自分を実力以上に捉える傾向にあります。

カタカナ言葉をやたらと使いたがり、仕事を覚える前に「効率が大事。」と言ったりします。

最初のうちは「できそうな新人が入ってきた。」と思われますが、必要以上に自分をよく見せようとし空気が読めないため、周囲からは煙たがれる存在となっていくでしょう。

意識高い系部下には可もなく不可もなくを決め込む

意識高い系の部下はその鼻をへし折ってやりたくなるかもしれませんが、彼らはプライドが非常に高いためあまりおすすめできません。

かっとなって攻撃型に変わってしまうと面倒だからです。

意識高い系部下には、可もなく不可もなくといった態度で接することです。

少しでも褒めると、それを10倍、20倍にして受け止めてしまうので、自分の実力を見誤ってしまいます。

公平に皆と同じ立場で接するうちに、自分の能力がそれほど抜き出ているわけではないと気づくでしょう。

意識高い系の部下に注意をするときは、なぜそうしてはいけないのか、どんな背景からその業務が必要なのかを、論理的に説明しましょう。

間違っても「昔からの決まりごとだから」と言ったり、精神論をぶつけたりしてはいけません。

淡々と筋道立てて説明すれば理解してくれるのも意識高い系部下です。

4.内向的部下の特徴

自分の感情を表にださず、辛いことも嬉しいことも内に込めるタイプの部下です。

大人しくて人と話すことが苦手な人が多いですが、必ずしもコミュニケーション能力が低いわけではありません。

何を考えているのかが、やや分かりにくいだけです。

特徴を掴み、慣れてしまえば扱いにくいこともありません。

また、自分のことを「人見知り」「コミュ障」と呼ぶ部下もいますが、これは本当にそうである場合と、自分で言っているだけのタイプとに分かれます。

内向的部下には質問してあげる

内向的部下には、無理に心を開かせるようにしたり、押さえつけるような言い方はしない方がいいでしょう。

自分の言葉で話ができるように、質問形式で話題を振るのが効果的です。

「どう思う?」とこまめに聞いてあげましょう。

いろいろ聞いてあげると、どんな考え方をもっているのかが次第に見えてきます。

本当の人見知りやコミュ障の方は、自分のこと笑いながら「人見知り」「コミュ障」と言うことすら難しいものです。

そんな部下との壁を取り払いたいなら、部下が興味のありそうな話題をさりげなく振ってみて、話しやすい雰囲気を作っていきましょう。

自称「人見知り」「コミュ障」の部下には、大真面目な顔で「スムーズにコミュニケーションが取れているから全くそんなことはない。」と言ってあげましょう。

人と話すときに誰しもが多少の緊張はするものです。

それと人見知りやコミュ障とは違うと教えてあげるのです。

5.反抗的な部下

何につけても反抗的で、言葉や態度で不満をあらわにする部下です。

目を見ないで挨拶する、口答えする、陰で上司や同僚の悪口を言うなど職場の雰囲気を悪くします。

ひどい場合は、仕事上の重要事項を上司に報告しないこともあります。

反抗的な部下へは包み込むつもりで

反抗的な部下に対しては、まずは感情的にならず、冷淡にもならず、優しさをもって接するべきです。

部下に合わせて怒りを表現しても、溝を深めるだけで何の解決にもなりません。

何に対して不満を持っているのか、自分はどうしたいのかを聞いてあげましょう。

こちらの意見で押さえつけるのではなく、部下自身に話をさせるのです。

この点では内向的部下への対応と同じです。

否定せず、「なるほどね。」と認めてあげる言い方も効果的です。

他の人と同じように温かく接していれば、次第に自分が社内で浮いていることに気づき、態度を改めるでしょう。

ただし、温かい態度で接していることでつけあがってしまう部下もいます。

丁寧な態度を取り続け、何をしてもだめなら、上司としてふさわしい別の部署を探してあげることも方法となります。

どうしようもない部下たちばかりで嫌になったら

部下たちへの対応を工夫し、じっくりと向き合ってきたけれど、どうしても部下たちの心を掌握できないこともあるでしょう。

社員の質が低すぎる場合は、上司一人の努力ではどうにもならないこともあります。

「もう今の会社ではやっていけない。」と思ったら転職するのも1つの方法です。

管理職経験者を求める企業は多数あるため、今からでも転職成功のチャンスは十分にあります。

ただし、転職先を決めてから辞めることが絶対条件なので、転職エージェントを利用するなどし、在籍中の活動を心がけましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、部下のタイプ別に適した接し方を紹介しました。

どの部下たちにも同じ態度で接することは必要ですが、相手は人間です。

ポイントに応じて変化させていく方が関係の軌道修正もしやすいもの。

部下の対応に困ったら参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑