仕事に一番大切なことは何だと思うかを聞いてみると、多くの方が「健康」と答えます。

健康でなければ働くことができませんし、健康こそが仕事上のパフォーマンスをあげる鍵となるからです。

特に、仕事ができる優秀ビジネスマンは健康を大切にします。

何かしらの健康習慣があるのは、優秀な人材に見られる傾向と言われています。

転職活動中の方においても同じことが言えます。

仕事と並行しておこなう転職活動では体調管理こそが転職成功を左右すると言っても過言ではありません。

では、健康を大切にするというのは、具体的に何を意識すればいいのでしょうか。

今回は、仕事や転職で役立てるために、優秀ビジネスマンがおこなっている体調管理方法と、体調管理が必要な理由を紹介します。

優秀ビジネスマンが意識している体調管理とは?

まずは、仕事ができて優秀なビジネスマンの多くが意識的に取り組んでいる、体調管理の方法を紹介します。

睡眠の質にこだわる

クリエイティブで複雑な仕事、体力が必要な仕事、どんな仕事においても睡眠が大きな影響を与えます。

睡眠と言っても、「〇時間寝なくてはならない。」といったことより、質が大切です。

忙しいビジネスマンは確実に決まった時間を睡眠に充てることができませんし、体質や年齢などによっても適切な睡眠時間が変わってくるからです。

優秀ビジネスマンの多くは睡眠の質にこだわっています。

睡眠の質を上げる方法はさまざまなものがあり、たとえば、

  • 寝る前にスマートフォンやパソコンを見ない
  • ヨガやストレッチなどの軽い運動を就寝少し前におこなう
  • 毎日湯船に浸かり体を温める
  • 肌触りのいいシーツや衣服を身につける
  • 寝具にこだわる
  • 寝室の香りや証明を工夫する

などの方法を取り入れているビジネスマンが多いです。

どの方法が自分に向いているかは難しいですが、スッキリと目覚めることができた日を参考にしてみるといいでしょう。

たとえば香りが効くという人もいれば、香りが逆に寝不足の原因になってしまうという人もいます。

情報源を鵜呑みにするのではなく、自分に適した方法は何か見つけるという視点を持ちましょう。

昼寝をする

昼休みを早めに切り上げ、デスクや休憩室で10分ほどの仮眠を取る方法も、優秀ビジネスマンは実践しています。

昼食後は勤務時間帯の中でもっとも眠たくなり、集中力を保ちにくい時間帯です。

しかし、午後の時間はあっという間に過ぎてしまいますので、昼食直後だろうと高いパフォーマンスを発揮できる環境作りが大切になります。

短時間の昼寝は集中力を適度に保つのに効果的だとの見方があり、今では有名進学校などでも取り入れられています。

職場の同僚と仕事の愚痴を言っている時間があるなら昼寝をする。

煩わしい人間関係からも逃れることができ、午後の仕事がはかどるなら、やらない手はないでしょう。

食事を重視する

優秀ビジネスマンは食事に非常に気を使う方が多いです。

何をどれくらい食べるのかは、体質の問題もあるため一概には言えませんが、共通しているのはバランスです。

何かに偏って摂取するのではなく、極端に多い少ない量を食べることもしません。

適度な量のいろいろな食材を、複数の調理方法で摂取するように意識している方が多いですよ。

食事へのこだわりは人によって

  • 朝食を必ず食べる
  • 腹八分目を徹底する
  • 野菜サラダから食べる
  • 夜〇時以降は食べない
  • よく噛んで食べる
  • グルテンフリーの食事をする

などさまざまです。

体質やアレルギーの問題もあるため、自分に合った食事管理法を身につけることが大切です。

会社で実施される健康診断などで、医師や栄養士にアドバイスをもらってみるのもいいでしょう。

定期的に運動をおこなう

ジムに通ったり、マラソンに取り組んだりするなど運動習慣がある人も、優秀ビジネスマンに多いです。

どうしてそんなに仕事ができ、疲れ知らずで働けるのか不思議に思うようなスーパービジネスマンは、ほとんどが運動習慣を持っています。

ただ、現在運動習慣がない人にとって、いきなりジム入会やマラソンはハードルが高いというもの。

日頃の意識1つで運動になりますので、まずは日常生活の中での運動を取り入れましょう。

たとえば、エレベーターではなく階段を使う、1つ前の駅で降りて歩く、外出の用事や移動距離がある業務を積極的に申し出るなど、さまざまな方法があります。

出勤前にラジオ体操をおこなったり、簡単なヨガをやってみたりするのも手軽な方法です。

できるものから取り組んでみましょう。

「喉」のケアをおこなう

喉のケアは非常に重要です。

優秀ビジネスマンは、喉も大切な仕事道具の1つだと認識し、こまめなケアを意識しているものです。

職場内は冷暖房完備がほとんどですから、基本的に乾燥しています。

喉にとっては最悪の環境下にあると言ってもいいでしょう。

喉のケアは、アナウンサーやオペレーターなど、声を使った仕事に就く人だけの体調管理ではありません。

どんな仕事でも、喉が荒れて声がでなくなり、取引先との打ち合わせや電話、プレゼンの際に困ってしまうでしょう。

ガラガラ声では顧客に適切な提案をおこなったり、部下や後輩に指示をだしたりすることができません。

職場内でのやり取りも含めると、一言も発しない仕事は少ないですから、どの仕事に就くビジネスマンにとっても大切な体調管理と言えるでしょう。

喉のケアとしては、

  • マスクを着ける
  • こまめに水分を摂る
  • うがいをする
  • 卓上加湿器を使う
  • 観葉植物を近くに置く
  • のど飴をなめる

などの方法があります。

休日に好きなことをする

メンタルと体はつながっており、メンタルの不調がそのまま体の不調にあらわれることは多々あります。

メンタルの安定を保つように努力しているのも、優秀ビジネスマンの特徴です。

休日にはしっかり休み、趣味や大切な人たちとの時間を楽しみます。

仕事で張り詰めた糸を定期的に緩めることで、ある日突然糸が切れることを防ぎます。

体調管理によって職場や取引先に迷惑をかけないことも、リスク管理の1つだと言えるでしょう。

ビジネスシーンでは忍耐強さが求められることもありますが、いつでも我慢が必要というわけではありません。

こまめにストレスを発散し、休息もきちんと取ること。

バランス感覚を意識することが心身の健康につながります。

早起きが基本

優秀ビジネスマンは早起きであるケースが多いです。

早起きは、睡眠の質や業務の効率化にも影響しますが、もう1つ、通勤ストレスへを軽減させるメリットがあります。

都内を中心に通勤ラッシュに悩まされている方は多いでしょうが、通勤ラッシュは以下のようにビジネスマンの大敵です。

  • 立ちっぱなしで体が疲れる
  • 人が多くて精神的に気を使う、イライラする
  • 不特定多数の人と近い距離で接するため風邪ウイルスなどをもらいやすい
  • 痴漢被害、痴漢冤罪、スリなど人混み特有のトラブルに巻き込まれやすい

心身ともに健康を保つためには、通勤ラッシュを回避するのが手っ取り早い方法です。

早起きすることで混雑しない電車を利用でき、朝から気分よく出勤できるため、その日の仕事もサクサクとはかどるのです。

仕事ができるビジネスマンほど、朝早く出勤している率は高いですよ。

お酒はほどほどにしか飲まない

接待や職場の人とのコミュニケーションツールとして、お酒を飲むビジネスマンは多いでしょう。

優秀ビジネスマンもお酒をたしなむ人は多いですが、共通して適度な摂取量に抑えています。

理由は健康面への悪影響と、ビジネスマンとしての質を問われるからです。

お酒は適量なら健康にいい影響を与えますが、飲み過ぎがいけないことは素人でも分かりますよね。

また、一般的なビジネスマンの場合、お酒の席での武勇伝や飲んだ酒量は、芸能人のようなネタにはならず、常識がない人材だと思われることがほとんどです。

優秀ビジネスマンは、お酒に飲まれることはなく、ほどほどに楽しむ程度。

日本酒やワインの知識も豊富な人も多いですが、それとベロベロになって周囲に迷惑をかけることは別だと心得ています。

煙草は吸わない

昔はビジネスマンの多くが喫煙者で、優秀であっても当たり前のように喫煙習慣がありました。

現代では、禁煙派が主流で、仕事ができる人ほど吸わないケースが増えています。

喫煙が健康に与える影響はさまざまな場所で指摘されており、ビジネスシーンでの臭いも問題視されています。

成果を求めるビジネスマンは、喫煙の楽しみより、仕事上のリスクの方に重きを置くため、煙草は吸わないようになってきています。

スペシャルメンテナンスをおこなう

ここまで紹介した体調管理方法をはじめとし、書籍やテレビ、インターネットなどで見聞きした情報を上手に採り入れている人も多いです。

ただ、独自の方法と続けるというより、定期的にプロを頼るのも優秀ビジネスマンによく見られます。

整体、パーソナルトレーナー、エステなど有資格者を頼って定期的にスペシャルメンテナンスをおこないます。

優秀ビジネスマンは専門的な知識を吸収しようとする意欲も高く、メンテナンス時にコミュニケーションを取って、日常生活に取り入れようともします。

会社の定期健康診断時には、メニューの適用外であるオプション健診を申し込む人も多いですね。

いつもの体調管理と特別な管理を上手に使い分けてみましょう。

体調管理なんて面倒というあなたへ体調管理の大切さをレクチャー

体調管理の話題になると目を背けたくなる人もいるでしょう。

暴飲暴食、夜遊び、就寝前のSNSなど、体調悪化につながるものの大半が楽しいからです。

脅すわけではありませんが、体調管理の大切さを今一度認識してみてください。

根性を鍛えたり、難関資格にチャレンジしたりするよりも、少しの意識で変われる体調管理の方が簡単ですよ。

「体調管理も仕事のうち」はビジネスシーンの一般常識

もし、「自分は常識あるビジネスマンになりたい。」と考えているなら、体調管理も仕事のうちだと認識しましょう。

ビジネスシーンにおいて、体調管理はごく当たり前の一般常識です。

体調管理ができない人材は常識レベルが低いと思われ、仕事上の評価を受けにくくなります。

ポテンシャルが全く同じであっても、体調管理ができるかどうかで、今後のキャリアは大きく変わっていきます。

すでにある能力を最大限に発揮できる

人は、もともとある能力のほとんどを使えていないと言われています。

今ない能力を鍛えるより、すでにある能力を発揮することが近道で、体調管理をおこなうことでそれが叶います。

睡眠の質にこだわることで頭が冴え、本来のアイデア力や集中力が研ぎ澄まされるでしょう。

食事や運動に気を使うことで、仕事での疲れを感じにくくなり、持続性のあるパフォーマンスをあげることもできます。

作業効率があがりますます健康になる

体調管理をおこなうことで、日常業務の作業効率がぐんぐん上がります。

寝不足や食べ過ぎで体が重たい状態で業務に取り組んでも、ダラダラと長時間かけて少しの仕事しかできません。

常に万全の体調で仕事に臨むことで、短時間でいい仕事ができるようになるため、残業や休日出勤をする必要がなく、ゆっくり休むこともできます。

結果的にますます健康になり、体調管理をしない人との差が開いていきます。

体調不良で仕事を休みがちな人材はコスパが低い

体調不良が起きても、有休などを利用して生活費を確保できるのが会社員です。

有休は権利ですから、利用すること自体には何の問題もなく、積極的に消化すべきでしょう。

しかし、会社側からすると、体調不良で仕事を休みがちな人材は、投入コストに対する見返りが少なくなります。

普段、必要な商品やサービスを購入するとき、「コスパのよさ」に着目する人は多いでしょう。

会社も同じ視点を持っており、コスパが低い人材より、高い人材の方を優遇したいと考えます。

体調不良で解雇されるわけではありませんが、体調管理をしないことで、会社からの評価が下がりやすいと思っておきましょう。

休職は永遠ではない

会社員の場合、会社の休職制度を利用できたり、健康保険からの傷病手当金を受給できるという強みがあります。

確かにいざというときに大変助かる制度ですが、永遠に利用できるものではありません。

休職制度は会社の就業規則によって利用できる期間が定められていますし、傷病手当金の受給も最大1年6ヶ月です。

体調管理を怠り、深刻な体調不良に至ってしまえば、退職せざるを得ない状況になるリスクもあるのです。

仕事や転職において「将来性が高い業界や業種を選びたい。」と希望する方は多いですが、大前提として、健康でなくては意味がありません。

市場ニーズや将来性を予測するのもいいのですが、自身の健康状態と向き合い、しっかり管理をすることは何より大切です。

一人暮らしのビジネスマンは特に意識すべき

晩婚化や未婚率、離婚率の上昇に伴って、一人暮らしをしているビジネスマンも増えています。

フレッシャーズだけでなく、30代、40代のビジネスマンであっても一人暮らしというケースは多いでしょう。

一人暮らしの体調管理は、同居人がいる以上に重要です。

一人暮らしの場合は就寝時間が後倒しになったり、外食や適当な食事が多くなったりして、不規則な生活になりやすい環境下だからです。

体調不良になった際の回復をサポートしてくれる人もおらず、自己管理だけが頼りとなります。

かなり意識的に体調管理をおこなわないと仕事で成果を挙げにくくなりますので、肝に銘じておきましょう。

体調管理方法を身につけると転職で有利に立つ理由

日頃から体調管理を意識していると、いざ転職をする際にも役立ちます。

転職活動期間は一般的に1~3ヶ月程度が主流で、それほど長期に及ぶイメージがないかもしれません。

しかし、短期の転職活動であっても体調管理は重要に。

一体なぜなのでしょうか。

転職活動は想像以上に体力勝負

転職活動は、求人検索、自己分析、応募書類作成、企業研究、面接対策と、準備だけでもやるべきことがたくさんあります。

1社の応募が完了するまでに何時間もかかることは珍しくありません。

現在無職で、家庭でやるべきことも何一つない方ならいいかもしれませんが、ほとんどの方は現在の仕事や家事育児と並行して転職活動をおこないます。

ただでさえ疲れて帰ってくる仕事終わりに転職活動をおこなうことは、想像以上に大変。

体力勝負と言えるため、体調管理こそが重要な鍵を握ることになるのです。

転職活動は管理能力が問われる

転職活動ではあらゆる場面で管理能力が問われます。

応募先とのメールを管理する、面接や説明会のスケジュールを管理する、求人情報や企業情報を管理するなど。

普段から体調管理ができない人は、基本的な管理能力が不足しています。

転職活動で急に発揮できるわけもなく、メッセージの返信漏れ、面接日のダブルブッキングなど、あってはならないミスを犯してしまうでしょう。

本番一発勝負の転職面接に照準を合わせる必要がある

転職活動中に本命企業がでてくると、面接日に最高の状態で臨む必要があります。

面接日当日の結果が選考結果に大きな影響を与えるからです。

体調管理とはもっとも重要な日に照準を合わせるスキルでもあり、転職においては面接日にいい状態にできるかが大切です。

普段から体調管理方法を身につけていなければ、面接日前にいつもと同じように過ごして寝坊したり、ぐっすり眠れず寝不足のまま面接を受けることになったりするでしょう。

「健康そうである」は採用判断材料の1つ

面接官が応募者を見るとき、見た目の印象は大きな要素となります。

これは何も、営業、接客など対人業務が多い仕事に限ったことではありません。

特に「健康そうである」は重要で、不健康そうな応募者は敬遠されます。

顧客へ与える印象はもちろんのこと、業務負担に耐えられるかが不安材料となるため、採用を見送るケースもあります。

健康そうかどうかは、実際の健康状態ではなく、表情が疲れている、顔色が悪い、全体的に覇気がないといった印象で判断されます。

日頃から体調管理を意識的におこなうことで、自身の顔色や表情と向き合うことが多くなるため、面接日に完璧な状態で臨むことができます。

健康習慣を確認する経営者も増えている

体が資本であることは、雇われの身であるサラリーマンに限らず、経営者であっても同じことが言えます。

従業員を雇う責任がある経営者は、体調管理を徹底している人が本当に多いものです。

そのため、転職面接内での会話の中で、健康習慣について質問する経営者もいます。

健康習慣を聞くことで、仕事への意識の高さ、採用後の業務負担に耐えられるかどうかなどを確認したいからです。

たとえ雑談の中であっても、「毎日飲み歩いています。」「ダラダラするのが好きで運動はしません。」などと言ってしまうと、不安視されるでしょう。

何かしらの健康習慣をすぐに答えられるような応募者であれば、長く働いてくれそうだと思われます。

喫煙者応募不可の企業もある

喫煙習慣がある人は応募できないと定めている企業も存在します。

応募条件と喫煙習慣については賛否が分かれるところですが、今後はこうした企業が増えてくる可能性があります。

現在の日本は「禁煙後進国」と呼ばれ、まだまだ改善の余地があると見られているからです。

海外からの指摘や世界的な禁煙の流れを受けて、政府だけでなく、企業としても喫煙者排除の動きが加速する可能性もあるでしょう。

喫煙者を取り巻く環境はますます厳しくなることが予想されますので、体調管理の一環として今のうちに禁煙を始めておくのも1つです。

最後に

いかがでしたか?今回は、優秀ビジネスマンが実施している体調管理方法を紹介しました。

仕事で成果を挙げたい人、転職を成功させたい人。

体調管理は、ビジネスマンのこうした希望を叶えるため基礎となる方法です。

一度に全部をやってみるのではなく、できるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。