「転職活動をしていて自分に合いそうな企業が見つかったけれど、転職すれば勤務地が遠くなり、自身の単身赴任は避けられそうにない。」

このような場合、その企業を転職先として選ぶべきかどうか、判断に迷うことがあるかもしれません。

今回は、単身赴任が条件の企業へ転職するメリット・デメリットをお伝えするとともに、その他の選択肢はないのか、転職において重要なポイントは何かを紹介します。

単身赴任が条件の企業へ転職するメリット

単身赴任が条件の企業へ転職すべきか否か…。

漠然と考えていると、次第に何が正解かよく分からなくなってしまいます。

単身赴任を避けられない企業へ転職するメリット、デメリットを整理して考えてみましょう。

まずは、考えられるメリットを紹介します。

良い条件での転職が可能になる

単身赴任という負担があるけれど、他では有利な点が多いのであれば、転職するメリットはあります。

たとえば、

  • 大幅に給与がアップする
  • 福利厚生が非常に充実している(休みが多い、手当が多数つくなど)
  • 単身赴任先でしかできない仕事を経験できる
  • 単身赴任経験者には役職の椅子が用意されている

などが考えられます。

ここでは、単に他の企業と比べて少し良いという程度の条件ではなく、単身赴任の負担を受け入れてでもプラスになるほどのメリットなのかを、考える必要があります。

家族と物理的な距離を置くことでうまくいくことも

家族との距離が近すぎて衝突が多いのなら、夫が単身赴任をして距離を置くことで、家族全体がうまく回りだすこともあります。

毎日顔をあわせるたびに喧嘩をするより、月に数回しか会えなくても、お互いに思いやりを持ち、コミュニケーションを取るようにすれば、むしろ家族仲が良好になることも考えられます。

夫は妻のサポートが受けられなくなることで、妻の存在の大きさを実感するかもしれませんし、妻は夫がそばにいてくれることの安心感に気づき、感謝するかもしれません。

ただ、元々不仲な家族が、単身赴任をきっかけに完全に崩壊するケースもありますので、本人たちの努力や素直な気持ちは必要不可欠と言えます。

自分一人の時間を持つことができる

結婚した夫からよく聞かれる悩みに「自分一人の時間を持ちたい」というものがあります。

仕事から解放された時間くらいは、一人になって趣味に取り組んだり、友人と飲みに行ったりしたいと考える人もいます。

しかし、家族と一緒に暮らしている状態で好き勝手に一人行動をしたり、家を留守にすることが多かったりすれば、妻や子供たちが不満を持つこともあるでしょう。

既婚男性がそう簡単に一人になることは難しいものです。

単身赴任をすれば、仕事以外の時間は基本的に自分のために使うことができ、赴任先で趣味を見つける、飲みに行くなども自由です。

単身赴任が条件の企業へ転職するデメリット

続いては、単身赴任が条件の企業へ転職するデメリットを紹介します。

結論から言えば、単身赴任をするデメリットは非常に多いです。

転職するか否かを考えるときは、これらのデメリットを許容できるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

家族と離れ離れに暮らして寂しい

家族と離れて暮らすのは想像以上に寂しいものです。

住まいが別々だったとしても、すぐに会いに行ける距離ならまだいいのですが、単身赴任ともなれば容易に会いに行くことは難しいでしょう。

自分だけでなく、家族にも寂しい思いをさせます。

妻はもちろん、特に子供は寂しいと感じることが多いはずです。

家族の防犯の問題

夫が単身赴任になると、残された家族は、女性と子供、年配の親だけで暮らすことになります。

防犯上の問題もあり、家族は不安を抱えることになります。

単身赴任をする夫としても、家族に危険が起こらないか、不安に思うでしょう。

妻の家事育児負担が増える

夫が家にいない分、残された妻の家事育児負担はさらに大きくなります。

特に子供が思春期を迎えていたりすると、精神的なサポートまで妻がすべておこなうこととなり、通常の育児に加えて負担が重たくなります。

妻の負担が大きくなることで、妻自身が精神的に参ってしまうことも考えられます。

自身の健康管理や家事の問題

家族と一緒に暮らしていれば、妻が家事の多くを担ってくれ、食事を通じて健康管理をしてくれることも多いでしょう。

単身赴任先でもコンビニやスーパーでお弁当を買うことはでき、食べ物に困ることはないものの、健康に気を使った手作りの食事とはやはり違います。

仕事から疲れて帰ってきた後に掃除や洗濯をするのも大変なことです。

家計全体の生活費が上がってしまう

一般的に単身赴任では、住居費や帰省費などの手当がつくことも多いですが、企業が生活にまつわるすべての費用を負担してくれるわけではありません。

つまり、単身赴任先での生活費と、残された家族の生活費とが、二重でかかる部分も多くなるわけです。

現在と比べて転職先での給与が多少高くなったとしても、同時に生活費の負担も大きくなりますので、結局は家計全体の負担は増える可能性もあります。

その点について、よく計算しておく必要があるでしょう。

転職して単身赴任をする「以外」の方法

転職して単身赴任をする以外の方法は本当にないのか、他の道をすべて考えてみたでしょうか。

単身赴任のない企業へ転職する

検討している企業への転職において、単身赴任が一つの懸念材料となっているのなら、最初から単身赴任のない企業へ転職する方がいいでしょう。

全国に支店があるような大企業以外は考えられないのであれば別ですが、地元密着の中小企業を選べば、単身赴任がないこともごく普通にあります。

中小企業であっても優良な企業は多数ありますので、なぜ大企業にこだわるべきかを考えてみてもいいでしょう。

転職して家族と一緒に移り住む

現在の住まいから通えない場所が勤務先だったとしても、家族と一緒に移り住む方法もあります。

どうしても家族と一緒に行けない理由としては、子供を転校させたくない、妻の仕事がある、親の介護があるなどの問題が考えられます。

子供を転校させたくないのは、友達や部活、生活環境などいろいろと理由があるでしょうが、単身赴任を選べば親とは離れることになるため、子供にとって最善の方法とまでは言えないかもしれません。

妻の仕事や親の介護で家族を連れて行けないのもあり得ますが、そのような状況で夫が単身赴任をするということは、残された妻の負担がより重くなる点は忘れてはならないでしょう。

今のまま収入アップを目指す

単身赴任を受け入れざるを得ない理由として、「現在の収入が少なくて生活できないから。」と考える人もいるでしょう。

しかし、前述したように、単身赴任では二重の生活費がかかりますので、いくら給与のいい企業へ転職しても、家計全体の負担が必ず減るとは限りません。

それよりも、今の環境のまま収入アップを目指す方法もあります。

真っ先に考えられるのは、専業主婦の妻なら働いてもらう、パートの妻なら勤務時間を増やしてもらう方法があります。

それが難しいのであれば、仕事に役立つ資格を取得して手当がつくようにする、副業をするなども考えられます。

今は副業解禁の企業が増えていますので、就業規則を確認してみてもいいでしょう。

さらに言えば、家計管理を徹底して無駄を省くことで、収入アップとはいかなくても、家計支出を減らすことは可能です。

転職を思いとどまる

「スキルや経歴を考慮すると、単身赴任がある企業以外は転職できる余地がない。」

転職市場の状況からこのように判断し、その企業に決めるべきではないかと迷う人もいるかもしれません。

しかし、それほどまでに転職先の選択肢がないのであれば、一旦転職自体を思いとどまることも一つです。

今の職場でスキルを磨き、転職市場での価値を高めてから転職活動を始めた方が、より最適な求人に出会いやすくなるはずです。

転職活動方法を見直す

転職活動方法自体に問題はないでしょうか。

ハローワークや求人誌を単体で利用しているのなら、見ている求人件数が少ない可能性も考えられます。

求人件数の多い転職サイトや転職エージェントも活用することで、希望の条件に合致する求人が見つかりやすくなるでしょう。

自身の経験を活かせる企業の中で、単身赴任をする必要のない企業が見つかる確率が上がります。

転職を迷ったときに重要なポイント2つ

単身赴任が条件の企業へ転職すべきか迷ったときは、忘れてはならない重要なポイントが2つあります。

家族の状況や気持ちは理解しているのか

単身赴任が条件の企業へ転職するとき、何より大切なのは家族がどう思っているかです。

仕事に関しては何でも一人で決めてしまう夫もいますが、単身赴任は、夫自身だけでなく、家族の問題でもあります。

家族会議を開くくらい重要な局面ですが、家族の状況や気持ちを聞き、理解に努めたでしょうか。

妻や子供に対しても、単身赴任をすることで発生し得るデメリットをよく分かってもらったうえで、賛成か反対かを述べてもらう必要があります。

単身赴任をしてまで転職したい企業なのか

単身赴任そのものにしかスポットライトが当たらないのも問題です。

転職全体で考えたとき、重要なのは、単身赴任をしてまで転職したい企業なのかどうかです。

単身赴任は一つの条件面に過ぎませんので、仕事内容や自身のビジョンとして、その企業を選ぶ明確な理由があるのかを考える必要があります。

条件面以外の転職理由がなければ、そもそも採用段階で通用しない可能性や、仮に転職できたとしても続けられない可能性があります。

「デメリットの多い単身赴任を敢えて選んでまで、転職したい理由があるのか?」

この点を掘り下げて考えるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は単身赴任が条件の企業へ転職すべきか否かを、転職のメリット・デメリット、その他の選択肢なども含めて紹介しました。

単身赴任をするということは、現在の生活そのものを変えることになります。

一人で判断するのではなく、家族ともよく相談したうえで、本当にその企業へ転職すべきかどうかを慎重に判断するようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑