進学などで都会にでて、そのまま就職した人が地元に戻って転職することを、Uターン転職と呼びます。

都会で次々と新しい企業やサービスが生まれる中、地元の魅力を再認識する人が増えていますので、Uターン転職が気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Uターン転職に着目し、転職におけるポイントや注意点を解説していきます。

Uターン転職をしたい理由を整理しよう

Uターン転職という言葉をどこかで聞き、何となく「地元に帰ろうかな。」と感じることもあります。

Uターン転職をする人は現在増加傾向にあると言われていますが、それは決してUターン転職が簡単だというわけではありません。

本当にUターン転職すべきかどうかを自己分析し、よく考えることが大切ですよ。

ここでは、Uターン転職を希望する理由を紹介します。

地元の方が暮らしやすいから

地元には知り合いも多く、いざというときに頼れる人がいます。

どこに行くにも知っている場所が多いため、困ることも少ないでしょう。

都会に比べると物価が安く、経済的に楽になりそうなイメージもありますよね。

プライベートを充実させたいから

都会より、生まれ育った地元の方が、労働時間が減り、家族と一緒にいる時間が増えると考える人もいます。

アウトドアスポーツなどを趣味としている方は、都会より地方の方が楽しみやすいこともあるでしょう。

都会の生活に疲れたから

毎日の通勤ラッシュ、ギスギスした人間関係、人混みへのストレスなど、都会の生活に疲れてUターン転職を希望する人もいます。

精神的にボロボロになった状態で、癒しを求めるような形で戻ってくる人も多いものです。

都会での経験を地元で活かしたいから

都会での勤務経験を通じ、地元の活性化につながりそうな知識やスキルを得た場合に、Uターン転職を希望することがあります。

若い頃は都会の何もかもが新鮮ですが、ある程度年月が経つとその気持ちも薄れてきます。

それよりも、これまでの経験を生まれ育った街に還元したいと感じるようになります。

家庭の事情

親が高齢になって心配だから、介護が必要な家族がいるから、地元出身の配偶者が帰ることになったからなど、家庭の事情でUターン転職する人は多いでしょう。

Uターン転職を自らが希望するというより、周囲の環境によってやむを得ず転職を考えるケースです。

都会にいる意味がなくなったから

今はインターネットを使えば都会でなくてもできる仕事が増えました。

自宅やカフェでも仕事ができ、日本にいる必要すらない仕事もあります。

敢えて都会で仕事をする意味を見いだせなくなったとき、自然豊かな地元に戻ろうと思うこともあるでしょう。

Uターン転職を希望する人が覚えておきたい注意事項

自身がUターン転職したい理由が整理されたら、続いては、その希望が本当に叶うのかどうかを見ていきましょう。

重要なのは、地元に帰りさえすれば希望通りの仕事や生活が手に入るわけではないと、覚悟しておくことです。

「地方=残業が少ない」わけではない

一般的に、都会に比べて地方は残業が少ないと言われることが多いです。

確かに都会は企業数も多く、競争も激しいことから、長時間労働になりやすい環境と言えるでしょう。

ただし、地方が必ずしも残業が少ないわけではありません。

地方は車社会で終電がない分、いつまでも職場の灯りがついているケースもあります。

特に近年は、ITの発達で都会に本拠地を構える必要がないと考える企業も増えていますので、都会にあった企業がそのまま地方にあるだけと置き換えることもできます。

経済的に生活しやすいという幻想

Uターン転職をすれば都会に比べて物価が低く、経済的なゆとりがでると考える人は少なくありません。

住居費に関しては確かに都会の方が高いですが、それ以外は大きく変わりません。

住居費が安くなる分、地方では車が必需品となり、車購入費や維持費でお金がかかります。

実家で暮らすことが決まっている場合は別ですが、自立した生活を望むのであれば都会と大差はないと思っておきましょう。

求人件数は圧倒的に少ないという事実

都会に比べ、地方は圧倒的に求人件数が少ないです。

都会にいると年齢とともに転職しにくさを感じることがありますが、Uターン転職で解消されるものではありません。

ただ、地元の規模によっては大手企業が多く集まり、求人が豊富にある地域もあります。

Uターン転職を決める前に、地元の求人事情を必ず調べておきましょう。

都会に比べて給与ベースは低いことが多い

都会に比べて給与がダウンすることは、ある程度許容すべきです。

地価が安く、中小企業も多い地元では、全体的に給与ベースが低め傾向にあります。

同じ業界、職種であっても、給与が下がる可能性はあると思っておきましょう。

給与アップにこだわり過ぎると、求人件数の少なさもあり、なかなか転職できないという事態に陥ってしまいます。

家族への配慮を忘れないこと

独身の場合は住み慣れた地元で暮らすことに抵抗はないかもしれませんが、配偶者が子どもがいる場合は注意が必要です。

自分には優しい親や兄弟が、必ずしも配偶者によくしてくれるとは限りませんし、「俺の地元だから平気だよ。」と、何の根拠もなく言うのは違います。

配偶者にとっては見ず知らずの街で暮らすストレスがあるということも踏まえ、しっかりフォローしましょう。

子どもの場合も同様です。

地方には、都会から転校してきた子を受け入れない子どもたちもいます。

友達はできたのか、困ったことはないのかを注意深く見極めましょう。

Uターン転職の活動方法とメリット、デメリット

Uターン転職の実情を把握し、それでもUターン転職を希望する場合は、いよいよ具体的な活動に移っていきます。

Uターン転職の活動方法はいくつかのパターンが考えられますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

比較検討しながら、どの方法を利用するのかを決めていきましょう。

実家を頼ってじっくり転職活動する

Uターン転職の大きなメリットは、実家の家族を頼れるという点です。

遠方から転職活動する場合では宿泊費用がかかりませんし、退職を優先させて実家住まいの状態で就職先を探すことも可能です。

経済的に助かるという点は魅力的ですが、ぬるま湯に浸かってしまい、転職機会を逃しやすいとも言えます。

住む場所には困らないため、ダラダラと転職活動をし、ブランク期間が長くなって内定がもらえなくなる可能性もあるでしょう。

一時的には実家を頼るにしても、早めにでていくつもりで活動したいですね。

転職活動費をしっかり貯めて遠方から活動する

遠方から転職活動する場合にネックになるのは、費用の問題です。

転職活動では交通費や宿泊費のほか、スーツ代や活動中の飲食代など諸々の費用がかかるでしょう。

転職活動を開始する前に、転職活動費をしっかり貯めておくことが大切になります。

この場合、お金はかかりますが、その分早く転職を決めようと必死になることができます。

自立した活動をすることで、家族からも信頼を得やすいでしょう。

地元の人脈を活かして紹介してもらう

地元には友人知人も多いでしょうから、人脈を活かした転職活動ができます。

通常の転職活動に比べて内定確率が上がりやすく、友人知人を通じて事前に企業情報を聞いておくこともできます。

苦労することなく転職できてしまう人もいますが、一方で、転職した後に困る可能性もある方法です。

たとえば、コネ入社であることで職場で浮いてしまう、仕事内容が嫌で辞めたくなっても、友人知人の手前なかなか辞めることができないといったことが考えられます。

人脈を活かして転職活動をする場合でも、簡単に転職を決めるのではなく、転職した後のことまで慎重に確認しておきましょう。

自治体支援制度を活用する

地方自治体には、Uターン転職を支援するためのさまざまな支援制度を設けている場合があります。

求人情報の提供、転職活動費や住居費の補助など、自治体ごとに異なりますので事前に調べておくといいでしょう。

都会でUターン転職の説明会がおこなわれることもありますので、積極的に参加して情報収集しておきたいですね。

地元特化型の転職サイトに登録して求人情報を集める

遠方への転職活動は骨が折れる作業ですが、求人探しだけならインターネットを利用して都会でおこなうこともできます。

全国の求人を扱っている転職サイトの場合、地方によっては求人が非常に少ない場合がありますので、地元特化型の転職サイトがあれば活用しましょう。

転職サイトを利用すれば、仕事が終わった夜や休日にも求人検索ができて便利です。

ただ、応募や面接の日程調整など、すべての活動は自分一人でおこないます。

求人を見る目や冷静な判断力も必要になるでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用してUターン転職を目指す方法もあります。

転職エージェントは求人紹介から応募サポートまでおこなってくれますし、悩みや不安を相談することができます。

プロの手を借りて転職活動できれば心強い味方となるでしょう。

ただし、転職エージェントの活動拠点は確認しなくてはなりません。

地元が大阪や名古屋などの地方都市であればサポートを受けられることが多いですが、地域によっては対面でのサポートが受けられない可能性もあります。

Uターン転職で転職エージェントを利用できるか否かは、下記のポイントを確認するといいでしょう。

  • 地元に支店のある転職エージェントか
  • 電話やメールでのサポートも受け付けているか
  • 求人保有件数が多く地元の求人も豊富にあるか
  • 都会での経験を活かせる業界や職種を扱っているか

Uターン転職をするときの志望動機の伝え方

Uターン転職を希望する多くの人が立ち止まりやすいのは、志望動機の伝え方です。

通常の転職活動とは異なる視点が必要になりますので、Uターン転職ならではの失敗例や伝え方のポイントを見ていきましょう。

個人的な事情ではなく地元で何をしたいかが重要

Uターン転職を考える人の理由は、その多くが個人的な事情です。

地元の暮らしやすさや愛着、家庭の問題など、いずれも個人の事情に過ぎないということは、転職前に覚えておかなくてはなりません。

そして、転職活動では個人的な事情ではなく、地元に戻ってきて成し遂げたい点を伝える必要があります。

企業にとって個人的な事情は関係がなく、何をしてくれる人材なのか、雇うことでどんなメリットがあるのかを知りたいからです。

観光や農業など、その地域でしか就けない仕事を希望する場合は分かりやすいですが、そうでない場合は、自己分析を通じて今後のキャリアと目的を整理する必要があります。

都会だろうと地方だろうと、目的意識を持たない人材は希望の企業に転職することは難しいということです。

なぜ応募先を希望するのか、なぜその仕事を希望するのかを、掘り下げて考えておきましょう。

地元への想いには経験やスキルを付け加えること

地元企業で働いている人は、地元への想いを口にする応募者を好意的に見てくれます。

ただし、単純に「地元が好きだから。」では、そもそもなぜ都会に出ていったのか、今戻ってくるのはなぜなのかの理由になりません。

地元に戻りたいという気持ちを伝えること自体はいいのですが、志望動機の中心となってはいけないということです。

これまでの経験から何を身につけ、応募先でどう活かせるのかを付け加えるようにしましょう。

(志望動機例)

もともと地元が好きで地域貢献をしたいという希望がありましたが、そのためには都会で知見を広げ経験値を上げてくる必要があると思っていました。

これまでの仕事の中で〇〇という経験をし、スキルを身に着けてきましたので、今こそ地元で貢献したいと感じております。

地元を下に見る言い方をしないこと

地域への貢献を理由にすることはUターン転職における王道のアピール方法ですが、一つ注意点があります。

それは、地元を下に見るような言い方をしないことです。

たとえば、都会でどれだけすごい経験をしたのかをつらつらと述べる、都会での経験が地元なら通用するだろうといった言い方をするなどです。

単なる自慢話と思われ、地元を馬鹿にしているような印象も与えるでしょう。

やむを得ない事情を述べる際の注意点

親の介護をしたい、家族の健康面を考慮してなど、やむを得ない事情で地元に戻ってくることもあるでしょう。

Uターン転職を希望するきっかけとしては納得できるものですが、応募先企業を希望する理由にはなりません。

志望動機とは分けて考える必要があるでしょう。

さらに問題は、「労働時間に制限が生まれるのでは?」と企業側が不安視することです。

残業ができず、家庭の事情で職場を離れがちになる可能性が高い応募者は、一工夫しないと選考から漏れることがあります。

ポイントは、企業が安心できるように、周囲のバックアップ体制や本人の工夫、意志を伝えておくことです。

親や兄弟姉妹、配偶者と協力できているのか、病院や介護施設の支援サービスを利用しているのかなど、仕事に集中できる環境を作っていることを述べましょう。

「まだどうなるか分からないので…。」と曖昧にすると、計画性を持たずに応募していると思われます。

(やむを得ない事情がある人の伝え方例)

  • 残業できない日はありますが、作業効率を考えた働き方をすることでカバーできます。
  • 月曜日だけは早めに帰宅することが多いですが、家族に頼めば調整も可能です。
  • 前職では早めの出勤と集中力を高めることを意識し、問題なく業務に取り組んでいました。

最後に

いかがでしたか?今回はUターン転職におけるポイントと注意点を紹介しました。

Uターン転職は、自身の経験を活かして地元の活性化に貢献できる素晴らしい選択肢です。

通常の転職活動に比べて異なる注意点もありますので、事前の下調べを怠らず、転職後のことまでしっかり考えておくことが大切でしょう。

希望のUターン転職をぜひ成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑