「うちの会社、給与は低いんだけどやめられないんだよね」

友人からこんな話を聞き、不思議に思ったことはないでしょうか。

特に、生活のため給与だけは譲れないと考えている人にとっては、「給与が低いなんてありえない」と感じるかもしれません。

しかし、仕事は生活の大半を占めるもの。

給与が高いだけでは続けられるものではなく、むしろ給与以外のところが支えとなり頑張れることも多くあります。

そこで今回は、給与が低いが魅力的な仕事の特徴を紹介します。

もしかすると、転職先を探す方向性について少し視点を変えてみることで、本当に合った仕事が見つかるかもしれません。

人間関係が良い

仕事を辞めたい、仕事に行くのが嫌だ…。

こんなふうに思うのは大抵が人間関係で悩みを抱えているからではないでしょうか。

同僚や先輩、上司、取引先の人、面倒なクレーマーなど、仕事上の人間関係はあらゆるところで発生します。

人間関係の良さはあらゆる条件を上回る力がある

「給与が低い、仕事が大変、それでも続けられるのは人間関係が良いから」と言う人は本当に多くいるものです。

人間関係の良さは、給与などのあらゆる条件を上回るだけの力を持っています。

ストレス社会と呼ばれて久しい日本社会の中で、人間関係によるストレスがほとんどないことは本当に素晴らしいこと。

実はとても恵まれた環境なのに、自身で認識できていない人も多くいます。

職場の人間関係に着目してみると、あまり条件にこだわりすぎないことの大切さが見えてくるかもしれません。

人間関係が良ければいくらでも稼ぐことができる

人間関係で悩むことがなければ、精神面の疲労がほぼありません。

自宅に帰って貴重な自分の時間を悩みで消化する必要はありませんし、自分のために何かをしようという気にもなります。

精神的にヘトヘトに疲れた状態であれば勉強や副業をする気にもなれませんが、特にストレスがないならそれも可能です。

仕事のスキルをアップさせたり、副収入を得たりすることが可能なので、結果的にいくらでも稼ぐことができます。

人間関係が良いなら続けた方が良い

ほかに特別やりたい仕事があるわけではないけれど漠然と何か別の仕事をしてみたい。

こう思ったときに注意したいのは、人間関係が魅力的な職場なら辞めない方が良いということです。

人間関係が良い職場を去っても問題ないのは、本当に自分がやりたい仕事があるなど明確な目的を持っている人だけです。

あまり深く考えずに転職した結果、「前の職場の方が人間関係が良かったから戻りたい」と考えてしまう人は珍しくありません。

それほど、人間関係が良い職場を見つけることは大変で、なかなか自分に合った場所とは巡りあえないものなのです。

好きな仕事である

自分の好きな仕事に就いている、仕事内容が自分に合っているといった場合も、給与が低くても続けやすい傾向にあります。

好きな仕事なら頑張りが苦にならない

人間誰しも、好きなことなら頑張れるし、多少の辛いことがあっても乗り切ることができるものです。

嫌なことを頑張ることは辛く厳しいことですが、好きなことを頑張ることは苦になりません。

自分自身でも頑張っている感覚がないため、仕事の力を上げるための努力も惜しまなくなります。

そのため仕事で成功しやすく、結果的には給与を上げることにもつながりやすいといえます。

生活ができるレベルなら好きな仕事を続けるべき

好きな仕事に就くときにしばしば問題となるのが、生活を保てるだけの給与がもらえないという点です。

特に手に職系の仕事については、一人前になるまでに長い年月を要すること、それまではまともな給与がもらえないことがあります。

この場合は、生活が何とかできるレベルなら続ける、生活ができずに困るレベルなら別の仕事に就くといった基準を設ける必要が生じます。

今から好きな仕事に就きたいなら副業から始めるのもひとつ

今から好きな仕事へ転職しようと考えている人は、その仕事で生活が成り立つかどうかを確認する必要があります。

せっかく好きな仕事に就いても、生活が成り立たずに苦しくなってしまえば、好きな仕事が嫌になってしまうことがあります。

好きな仕事が見つからない人が多い中で、それはとても勿体ないことです。

自分の好きな仕事を大切にするためにも、夢だけではなく現実的な生活も同時に考えておきましょう。

仮に生活が成り立たなそうであれば、副業から始めることもひとつの方法です。

本業を持ちながら、好きなことを副業でおこない、軌道に乗ってからスタートさせる。

あるいは、副業のまま続けていても精神的に充足されることもあります。

融通が利く

家庭を重視したい人にとっては、給与以上に重要なのが融通が利く点です。

子どもの用事で有休を取得しやすい、早退や遅刻も許容される、周囲の理解があるといった環境であれば、家庭がある人には非常に働きやすくなります。

仕事と家庭の両立に悩む人が多い

女性の社会進出は加速度的に進んではいますが、周囲の協力体制はそこに遅れをとっています。

そのため、仕事と家庭の両立に悩む人がまだまだ圧倒的に多いのが現状です。

「子どもがいてもどんどん働いてください」と企業は言うけれど、実際には子どもの用事で休めず子どもに寂しい思いをさせる、配偶者からは文句を言われる、上司に嫌な顔をされるなど、どちらもうまくいかない状況です。

融通が利く職場なら感謝の気持ちをもてる

職場の理解があり、融通が利く職場であれば、多少給与が低くても満足感は大きくなります。

そこそこの給与を稼ぎながら家庭も大切にできるのは、多くの家庭人にとって最適な落としどころと言えるかもしれません。

理解してくれる職場に対しては感謝の気持ちも湧いてきます。

仕事のモチベーションを高く保ち、良い仕事をしようという意欲にもつながります。

自宅から近い

仕事は仕事、家からの距離で決めるようなものでないと思う人もいるでしょう。

しかし、自宅から近いことは単に便利であるという枠にとどまりません。

通勤距離が近い人と遠い人、年間で何時間違う?

まずは貴重な時間を有効活用できる点が大きいです。

通勤時間が片道20分かかる人と、1時間30分かかる人とを比べてみましょう。

【片道20分かかる人】

  • 1日の通勤時間 40分(20分×往復)
  • 1ヶ月の通勤時間 13時間(40分×20日として)
  • 1年の通勤時間 156時間(13時間×12ヶ月)

【片道1時間30分かかる人】

  • 1日の通勤時間 3時間(1.5時間×往復)
  • 1ヶ月の通勤時間 60時間(3時間×20日として)
  • 1年の通勤時間 720時間(60時間×12ヶ月)

両者を比べると、1ヶ月で47時間、1年間で564時間もの差があります。

通勤時間が片道20分かかる人は、1時間30分かかる人に比べ、年間で564時間、自分の好きなことに使うことができます。

時給1000円の仕事をしたとすれば56万4000円稼ぐことができるということです。

通勤時間が短くて自由になる時間が多いなら、副業をするという選択肢さえ生まれます。

通勤時間を無駄に使っている人は注意

通勤時間が片道1時間30分かかる人でも、通勤電車の中で自分や家族のために有益なことに時間を費やしているならまだ良いでしょう。

仕事に関することや資格の勉強、読書、調べもの、主婦の方なら献立や買い物リストの作成などです。

しかし、通勤ラッシュで何十分も立ちっぱなし、ただストレスをため、座れたとしてもスマートフォンのゲームに時間を費やしている。

そんなふうに時間を使う人も大勢いるでしょう。

通勤時間が短い人に比べ、貴重な時間の損失は大きいといえます。

ほかにもメリットが多数

ほかにも、通勤距離が短いことで事故や犯罪に遭遇するリスクは必然的に下がります。

通勤時のストレスや体力消耗が少ないため、仕事に集中的に取り組むことができます。

残業になってしまい終電を逃したとしても、タクシー代はそれほどかかりません。

もちろん、自宅からの距離が近いだけで仕事を決めることのリスクはあります。

しかし、多少給与が下がったとしても、自宅からの距離が近い職場というのは、相応の魅力があるのです。

身につけたいスキルが身につく

将来的にやりたい仕事があり、そのために必要なスキルが身につく仕事は、給与が低くても大きなメリットがあります。

収入を得ながらスキルアップできることの価値

通常、今の仕事以外のスキルを身につけようと思えば、学校に通ったり、プライベートの時間を削って練習したりします。

そのための費用や時間はすべて自分で捻出しなくてはなりません。

それが、仕事をして収入を得ながらスキルを磨けるのであれば非常に助かるものです。

たとえ給与自体が低かったとしても、収入を得ながらスキルアップできることの価値は非常に大きいといえるでしょう。

仕事を通じて身につけたスキルは失われにくい

学校の授業や書籍から得た知識、スキルは実際に使わなければ失われていきます。

実務で必要な知識やスキルとはずれが生じていることもあります。

その点、仕事を通じて身につけた知識やスキルは失われにくく、まさに身になっていくのです。

ある弁護士の方は、「六法全書をすべて覚えるよりも、たった1回自分で訴訟を起こした方がよほど弁護士としての力になる」と言いました。

それだけ仕事を通じて得た知識やスキルは価値が大きいということです。

仕事を通じて身につけたスキルは評価されやすい

知識やスキルを身につけ、いざやりたい仕事に転職する際も、仕事を通じて身につけた知識やスキルは机上のそれとは異なり、評価対象となりやすいものです。

転職活動で十分アピールすることができますし、転職理由を伝える際にも説得力をもたせることができます。

目的をもって続けてきた仕事は、たとえ仕事内容が変わったとしても、職歴に一貫性があると判断されるでしょう。

福利厚生が恵まれている

給与が低かったとしても、福利厚生が恵まれていると、実質的な手取りが大きくなることがあります。

基本給が高いが福利厚生がほとんどない企業と、基本給が低いが福利厚生が多数ある企業とでは、後者の方が働きやすくなることが多いものです。

住宅手当に医療費補助など生活に必要な福利厚生

住宅手当や扶養手当がつけば、基本給が低くても十分に生活が成り立ちます。

たとえばある企業の住宅手当は2万円なので、家賃7万円の場所で生活しても実質は5万円で済みます。

基本給を2万円上げることは実はかなり大変ですが、住宅手当ならば申請すればすぐに支給されるため、要件を満たすならば非常にメリットが大きいものです。

また、病院などによく見られるのが、医療費補助制度です。

自分や家族が勤務先の病院にかかれば医療費がかからない、または補助がでるといった制度です。

ちょっとした風邪はもちろん、入院が必要なケガや疾病の際の医療費補助はとても助かります。

福利厚生が多いのは従業員ファーストの意思表示

福利厚生は企業が自由に決めることができるものです。

福利厚生の項目が多いほど、費用がかかり、手続きに労力もかかります。

そのため、やはり福利厚生が恵まれている企業は、従業員ファーストの傾向が強くなります。

従業員のことを何一つ考えていなければ、最低限の給与さえ与えていればよいので、福利厚生のような義務のないものに手間と費用をかけることはありません。

従業員の満足度を上げたいとの意思がある企業では、結果的に従業員が、あらゆる場面で働きやすさを感じることになります。

給与以外の条件を確認する方法

給与は求人票で必ず記載すべき項目ですから、転職前に確認することは容易です。

しかし、職場の雰囲気やどのようなスキルが身につくのかなど、より具体的な内容を確認することはそう簡単ではありません。

面接で質問するにしても、なかなか聞きにくい項目でもあるでしょう。

そんなときは、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

企業内情に詳しいエージェントであれば、本当に知りたい情報を持っていることが珍しくありません。

採用担当者とのやり取りの中で個別に聞きだしてくれることもあります。

求職者が自分だけで情報収集することには限界がありますので、転職エージェントのようなサービスもあわせて活用してみましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、給与が低くても魅力ある仕事の特徴を紹介しました。

給与は生きていくための原資となるため、非常に大切なものです。

仕事を選ぶうえで給与を基準にすることは決して悪いことではありません。

しかし、給与だけを基準にした結果、仕事や職場環境への満足度が低く、結局辞めてしまう人も後を絶ちません。

給与が高い企業から低い企業へ転職した結果、「給与は低いけれど今の方が満足している」と感じる人も多いものです。

給与は良いけれど今の仕事が辛いと感じているのなら、給与以外のところにも目を向け、転職先を探してみることも良いのではないでしょうか。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑