未経験者でも始めやすいと言われ、求人件数も比較的多いルート営業求人。

営業の中での人気が高く、一説によると「楽な仕事」なのだそうですが、本当に楽なのでしょうか。

転職してルート営業をやってみたいと考える方は、実態をよく把握したうえで、後悔のない転職を目指すことが大切です。

今回は、ルート営業について、一般的な営業との違いや大変な点、求人探しの注意点を紹介します。

ルート営業とは

ルート営業とは一体どんな営業のことなのか、詳しくは分からない方も多いのではないでしょうか。

ルート営業の特徴について、一般的な営業とは何が違うのかも踏まえて紹介します。

既存顧客に対するフォローを担当する

営業と聞くと、新規顧客を開拓することが主な仕事だとイメージされることが多いですが、ルート営業は既存顧客のフォローを中心におこないます。

すでに取引がある相手に対して、現状やニーズを聞きだし、より良い提案やアドバイスをしていきます。

どの顧客の担当になるのかは会社が決めますので、ルート営業は決められた顧客を受け持つことになります。

法人を相手にすることが多い

ルート営業の顧客は、法人や店舗が中心です。

そのため、「法人営業」と呼ばれることもあります。

不特定多数の個人を相手にする営業は、ルート営業ではなく、一般的な営業です。

法人や店舗が相手だと、おのずと営業時間内でのやり取りとなるため、時間外労働が発生しにくいメリットがあります。

先方は、企業や店舗の看板を背負っていることから、物腰が柔らかくなりやすく、紳士的な態度で接してくれることも多くなります。

固定賃金で安定している

営業と言えば契約件数に応じたノルマが設けられていることも多いですが、完全なルート営業は固定賃金が主流になります。

新規顧客開拓を担当しませんので、契約件数のような分かりやすい評価対象がないからです。

歩合給の営業は月により賃金が変動するため不安定ですが、固定賃金のルート営業は比較的安定した生活を送ることができます。

ノルマがない

既存顧客のフォローをおこなう業務の性質上、「月の契約件数が〇〇件以上」などの分かりやすいノルマの設定が難しくなります。

1日のうちの訪問件数が決められていることはありますが、訪問すれば良い話なので、契約を取らなければならないノルマとは異なります。

ルート営業が一般的な営業と比べて精神的に楽だと言われる所以です。

飛び込み営業がない

訪問先がすでに決まっていますので、飛び込み営業をしたり、新規のアポイントを電話で取ったりすることがありません。

相手は顔見知りなので、新規開拓営業のように嫌な顔をされることもなく、商談がスムーズに進みます。

ルート営業はここが大変

ルート営業は、一般的な営業に比べて人気が高いです。

ここまで紹介した特徴から分かるように、ノルマや新規開拓時のストレスが少なく、営業力がなくてもできる仕事だと思われているからです。

しかし、実際にルート営業として働く人の話を聞くと、決して楽な仕事とは言えない点が多数あります。

ルート営業はどんな点が大変なのか、よく知っておきましょう。

きめ細やかなフォローが必要

既存顧客のフォローとひとことで言っても、きめ細やかさが求められます。

なぜなら、ルート営業には、既存顧客を守るという重大な任務があるからです。

新規契約を取って終わりではなく、その後も継続して顧客から信頼と満足を得る必要があるのです。

こまめに足を運び、何か困っていることはないか、今後どんなサービスを求めているのかなどを聞き取り、自社を引き続き利用してもらうための工夫をしなくてはなりません。

顧客との付き合いが長くなりますので、営業個人の魅力も必要となります。

競合他社との戦いがある

「人と争うことが苦手だから。」という理由で、一般的な営業ではなくルート営業を選ぶ人がいます。

しかし、競合他社との戦いがある点を忘れてはなりません。

いくら過去に取引がある相手とはいえ、その関係性は保障されるものではなく、いつ何時競合他社に奪われるとも限りません。

特に、競合他社が多い業界のルート営業は日々新しい提案をおこなう必要がありますので、簡単な仕事ではありません。

嫌な顧客でも担当しなくてはならない

会社から割り振られた企業の担当者が、自分との相性が悪いことがあります。

法人や店舗であっても、自分たちの方が立場は上だと見て、感じの悪い対応をする人はいるものです。

しかし、仕事は仕事ですから、嫌な顧客でもうまくやり取りする必要があります。

ルート営業の場合、不特定多数を相手にする新規顧客開拓営業と比べて担当件数が少ない傾向にあるため、嫌な顧客がいると、担当件数に占める割合が高くなります。

モチベーションを保ちにくい

安定した固定賃金は魅力ですが、言い換えると、努力が報酬に結びにくいということです。

きめ細やかなフォローや多数の提案をおこなっても、さほど努力しなくても、報酬は変わりません。

結果的に「ほどほどに仕事をしよう。」と感じることになり、人によってはモチベーションが下がっていきます。

自分自身でしっかりと目標を立てられる人でなければ、成長が難しい環境下であると言えます。

営業以外の業務が多数ある

ルート営業は資料作成やデータ分析など、営業以外の仕事が多数あります。

新規顧客担当の場合、営業事務が補佐してくれるなど、とにかく新規開拓に集中しやすいことが多いですが、ルート営業は自分一人で雑務もこなします。

場合によっては、営業とデスクワークの両立で業務量が膨大になり、長時間労働になることもあります。

新規開拓と並行しておこなうことがある

既存顧客のフォローだけしていれば良いと考える企業ばかりではなく、ルート営業も新規顧客開拓もひとくくりに「営業」としている企業は多くあります。

既存顧客のフォローをしながら、新規開拓も同時におこなうわけです。

この営業は非常に大変ですが、決して珍しくないケースなので、転職の際は業務内容をよく確認しておく必要があります。

ルート営業求人を探すときの注意点

ルート営業は、営業の中では圧倒的に人気の形態ですが、転職活動にあたって覚えておきたいことがあります。

ここからは、ルート営業に転職したい方に向けて、求人を探すときの注意点をお伝えします。

「ノルマ無し」を鵜呑みにしない

ノルマがある営業は求職者から敬遠されることが多いため、求人に「ノルマ無し」と記載するケースが珍しくありません。

しかし、実際にはチームノルマがあったり、明確なノルマはないが事実上のノルマがあったりと、入社してギャップを感じることが多いものです。

あまり鵜呑みにせず、仕事内容の詳細や面接での質問から探っていきましょう。

たとえば、「営業の皆さんはどのように目標設定をしているのでしょうか?」といった質問も一つの方法です。

「チームで契約目標があって…。」「前年比100%以上は保つように指導している。」などの返答があれば、事実上のノルマが存在する可能性があります。

歩合給の場合は新規開拓営業の可能性が高い

ルート営業なのに歩合給ありの求人の場合、新規開拓営業の可能性が高いです。

完全なルート営業の場合、歩合給がつくケースは稀です。

歩合給は通常、新規契約に対してつくことがほとんどなので、あらかじめ担当が割り振られるルート営業において歩合給がつくのは違和感があります。

もちろん、ルート営業先で別商品を契約してもらった場合などに、一定の歩合がつく可能性は考えらます。

しかし、歩合給の割合が多いようなケースでは、新規開拓営業が中心かもしれませんので、業務内容を詳細まで確認しておく必要があります。

固定残業代は悪用されがちな制度

固定残業代と記されている求人には気をつけましょう。

固定残業とは、一定時間の残業をすることを想定し、あらかじめ決められた残業代を支払う制度です。

想定よりも残業時間が少なかった場合には決められた残業代が支払われ、想定残業時間を超えた場合は追加の残業代が支給される仕組みです。

しかし、この制度を悪用し、たとえ長時間残業があっても、見込み分しか支給しない企業が後を絶たないことから、非常に注意が必要な求人となります。

求人の見極め方としては、「固定残業代あり」としか書かれておらず、具体的な計算方法に触れていない求人は危険です。

正しく固定残業代を支払っている企業の求人は、想定残業時間を超えた場合の取り扱いについて、詳しく書かれていることが多いです。

業界によって仕事の大変さが異なる

ルート営業に限った話ではありませんが、どの業界を選ぶかによって、仕事の大変さは変わってきます。

たとえば、人材業界の営業は雑務が多く、多忙なことで知られています。

広告業界も、顧客からの無理な要望が発生しがちなので、担当営業が苦労することが珍しくありません。

反対に、インフラ業界のように、顧客にとって必要不可欠なサービスを扱う業界では、競争も少なく、契約切りをされるリスクが低いため、のんびりと仕事をしている営業もいるようです。

転職の際には、業界特性や業界の将来性なども調べることが大切です。

働きやすいルート営業求人の探し方

新規開拓営業やノルマなどのストレスがなく、固定賃金で安定性も高いルート営業は、営業未経験者でも始めやすい営業です。

新規開拓営業がきついと感じている営業経験者の営業先としてもおすすめです。

しかし、完全なルート営業だと思って転職した結果、実は一般的な営業と変わらないケースもありますので、転職先選びは慎重になるべきです。

働きやすいルート営業求人を探すなら、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントは、企業の掲載料が有料、掲載審査があるなどの理由から、質の高い求人が集まりやすい傾向にあるからです。

ノルマなどの聞きにくい質問についても、転職エージェントを介して確認してもらうことができるため、実態を把握したうえでの転職が叶います。

最後に

いかがでしたか?今回は、ルート営業に着目し、一般的な営業との違いや大変なところ、求人を探すときの注意点を紹介しました。

ルート営業は必ずしも楽な仕事とは言えず、大変な点や苦労もあります。

仕事内容をよく確認し、ご自身の適性を判断したうえで、転職後のギャップを回避するように活動をおこないましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑