今の仕事が精神的に辛くて辞めたいなら、ストレスが少ない仕事への転職を考えてみませんか?

自分を追い込み、辛い毎日を過ごさなくても、ストレスが少なく楽しくできる仕事は多数あります。

「仕事は精神的に辛く、歯を食いしばってやるもの。」といった時代錯誤な考え方は捨て、自身の可能性を広げていきましょう。

今回は、精神的に楽な仕事に転職するための考え方、精神的に楽な仕事の特徴と職種を紹介します。

精神的に楽な仕事に転職するための考え方

精神的に楽な仕事に転職するために考えておきたいことがあります。

世間一般的に言われる楽な仕事に転職しても、必ずしも成功するとは限りませんので、しっかり分析しておきましょう。

自分のストレス要因を分析する

自分にとって何が精神的に辛い原因になるのかは、個人差があります。

たとえば、

  • 人と接することが苦手だ
  • 覚えることが多いとストレスを感じやすい
  • 地理が苦手なのに営業で道を覚えることが苦痛
  • プライベート重視なのに残業が多いと辛い
  • ノルマがあるとプレッシャーを感じやすい

など、人によってストレス要因は異なります。

好きな仕事をしていればストレスなど感じない人もいれば、反対に好きなことだからこそ仕事にすることでストレスとなってしまう人もいます。

精神的に楽な仕事に転職を考えるときは、世間の基準も参考にすべきですが、もっとも大切なのは自分にとって何が辛いのかを分析することです。

仕事とプライベートを分けて考える

プライベートが上手くいっていないと、仕事中も気になってしまい、精神的に安定しないことがあります。

その状態のまま、「精神的に楽な仕事に転職したい。」と考えても、仕事が辛いのか、プライベートが辛いのかを混同してしまい、道を見誤ることがあります。

あくまでも、仕事上で何が辛いのかを掘り下げて考えるようにしましょう。

プライベートで辛いことがあるのなら、一旦転職は思いとどまり、気持ちが安定するまで待つことも大切です。

異なる角度からも考えてみる

精神的に楽かどうかは、一方からではなく、異なる角度からも考えてみることで、転職後のギャップを極力減らすことができます。

仮に、人間関係にストレスを感じやすいという理由から、一人で業務に取り組める仕事に転職したとしましょう。

たとえば、ドライバーや警備員、マンション管理人といった仕事は、一人で仕事をすることが多く、マイペースに進めることができます。

ただし、同時に、困ったときには自分一人で何とかしなくてはならない場面もでてきます。

一人で仕事ができる分、すぐに頼れる人が周りにいないということです。

もちろん、すべての角度から条件を満たす仕事が一番ですが、すぐには見つかりませんので、優先順位をつけることです。

上記の例で言えば、「人に囲まれてストレスを感じることと、困ったときに対処するストレスを感じること、自分的にはどちらがマシか?」ということです。

「人と接することが苦手だから一人でできる仕事に就こう。」と考えること自体は良いのですが、その先に思わぬデメリットがないのかを掘り下げておくことも必要なのです。

精神的に楽だと言われる仕事の特徴

一般的に、精神的に楽だと言われている仕事には、どんな特徴があるのでしょうか。

特徴を確認することで、「自分はこんな仕事ならストレスを感じにくそうだ。」と思える仕事を見つけやすくなります。

ノルマがない

ノルマが相当なストレスになる人は珍しくありません。

代表的な仕事は営業や販売で、企業利益に直結する職種なだけに、上からの圧力も強い傾向にあります。

営業や販売の仕事から事務職に転職し、天国のように気楽だと言った人がいましたよ。

ノルマがないだけで、精神面の負担はかなり軽減されやすいと言えるでしょう。

同じ作業の連続

次から次へと覚えることが発生する仕事だと、焦りが生まれやすく、休みの日も勉強が必要になるため、精神的に休まらないものです。

この点、いわゆるルーティン作業は、一度覚えてしまえばその後は特に頭を使うことなく進められますので、精神的に気楽だと考える人が多いです。

人と接する機会が少ない

人間関係にストレスを感じやすい人は、人と接する機会が少ない仕事の方が精神的に楽です。

人と接しないから嫌なことを言われることもありませんし、説明力や交渉力が求められることもありません。

黙々と自分の作業だけに没頭でき、常に心を平穏に保ったまま1日を終えることができます。

男女比率に偏りがない

人間関係のひとつではあるのですが、男女比率に偏りがない仕事も精神的に楽だと言えます。

たとえば、女性向けアパレルや美容部員、看護師のように、圧倒的に女性が多い仕事では、女性ならではの人間関係で辛さを感じてしまう人もいます。

反対に運送業や建設業、政治家などは男性が多く、上司や先輩から厳しく指導されることがあったり、怒号が飛び交ったりして、ストレスを感じるときがあります。

男女比率に大きな偏りがなく、男性も女性もいる職場の方が、比較的穏やかな人間関係を築けることが多いでしょう。

やはり人間は異性がいる環境の方が、相手に気を使うことができるものだからです。

定時で帰れる、休みが多い

残業や休日出勤が頻繁にある仕事だと、精神的に休まる暇がないため、ストレスが溜まりやすくなります。

定時で帰り、休日はしっかり休むことで、自分の好きなことをしたり、家族や友人と過ごしたりしてリフレッシュできます。

働き方改革が進んでいる大企業の社員や、顧客からの呼び出しがない事務員などは定時帰りがしやすい傾向にあります。

休みが多いのは大企業で、特に製造業や機器メーカーなどは年間休日が多く、長期休暇もありますので恵まれていると言えるでしょう。

業務量が適度

いくら定時で帰れる仕事でも、定時までが忙し過ぎると、焦りや苛立ちが募るためストレスを感じます。

たとえば、客数が多い飲食店の店員や個人宅へ荷物を届ける仕事です。

飲食店の店員で、忙し過ぎてイライラが顔や態度にでてしまう人がいますが、その人にとってはストレスが多い仕事だと言えますので、接客業は向かないのかもしれません。

宅配の仕事は時間内に荷物を届ける必要があるため、1分1秒を無駄にできないほど忙しいことがあります。

時間内が忙し過ぎる仕事よりも、そこそこ忙しく、適度な業務量をこなせる仕事の方が気楽です。

雇用が安定している

将来への不安はストレスにつながりやすいものです。

たとえば、派遣社員や契約社員は、「次の契約は更新されるのだろうか。」「契約期間満了後に就ける仕事があるだろうか。」などの不安を常に抱えていることになるため、正社員と比べて精神的に辛くなりがちです。

この点で言えば、倒産リスクの低い大企業の正社員や公務員、どこに行っても引く手あまたの看護師などは雇用が安定しており、将来の不安を感じにくいと言えるでしょう。

精神的な楽な職種と理由

精神的に楽だと言われやすい職種と、その理由を紹介します。

ドライバー

大型トラックのドライバーや配送ドライバーは一人で仕事にあたることが多いため、対人関係のストレスが少ない職種です。

体力が必要で夜勤があるなどの大変さがありますが、あまり人に気を使わずに仕事をしたいと考える人には向いています。

タクシー運転手も精神的に楽だと考える人が多いですが、酔客に絡まれたりすることがあったり、売上を気にしたりといった点がありますので、人によるところが大きいです。

お客さんと話すことが楽しく、自分のペースで仕事ができることが楽だと感じる人は、タクシー運転手も良いでしょう。

一般事務

ノルマがなく、比較的早く帰れることが多い事務職は、精神的に楽な傾向にあります。

特に雑務が多い一般事務は、特別難しい作業がなく、淡々とこなしやすい職種です。

緊急度が高い仕事も多くありませんので、決められた仕事を自分のペースで進めることができます。

職場の人間関係に大きな問題がないなどの条件がつきますが、かなり気楽な仕事だと言う人も多いです。

工場作業員

倉庫内作業や工場のライン作業など、工場作業員も黙々と作業に取り組むことができます。

重い物を持ったり、工場内を歩き回ったりと体力が求められることはありますが、精神的には楽だと考える人が多いです。

特に大手製造業の工場作業員であれば、給与や福利厚生にも恵まれており、効率を重視することから、定時帰りができ、長期連休もありますので、狙い目の仕事だと言えます。

清掃員

施設や企業などの清掃員は、施設の利用者や社員が出勤する前に清掃作業をすることが多いため、対人が苦手な人にとっては気楽な仕事です。

日中に作業をすることもありますが、目の前の清掃に注力するだけなので、誰かとコミュニケーションをとることは基本的にありません。

実は清掃そのものに精神安定作用があると言われており、気持ちが落ち込んでいる人が家の掃除をすることで元気になる例もあります。

汚かった場所が綺麗になっていく過程を見ることで、心が落ち着く人もいますので、精神面への良い影響が考えられる仕事です。

警備員

巡回や監視モニターのチェックなど、一人でおこなう作業が多いことから、のんびりと仕事をすることができます。

一部、商業施設や医療施設のようにトラブルが多い職場もありますが、オフィスビルのように利用者が限定され、マナーが守られやすい場合は、大きなトラブルが生じにくい特徴があります。

警備員が精神的に楽な仕事かどうかは、どの施設で働くのかにもよりますので、転職を考える場合は勤務先をよく確かめる必要があります。

農家

人間より怖いものはないと言いますので、自然相手にする農家が性に合っている人もいます。

人間関係のストレスで疲れ果てた人が農家に転職し、見違えるように元気になった例もあります。

天候や害獣、泥棒対策などの苦労はありますが、うまくやれば一般のサラリーマンより稼ぐこともできますので、やりがいも大きいです。

精神的に楽な仕事はどう探す?

精神的に楽な仕事に転職したいと思ったら、転職サイトや転職エージェントを利用すると良いでしょう。

自宅にいながら業界や業種の検索ができ、全国多数の仕事を探すことができますので、どんな仕事があるのかを知ることができます。

地元の求人に限定される求人誌やハローワークよりも、幅広い視野で転職活動をすることが可能です。

自分にはどんな仕事が向いているのかよく分からない人は、転職エージェントのキャリア面談を利用するのもひとつです。

転職支援のプロであるエージェントが、多数の質問を通じて適性を一緒に考えてくれますし、自己分析の方法なども教えてくれます。

最後に

いかがでしたか?今回は、精神的に楽な仕事に転職するときの考え方、楽な仕事の特徴や職種を紹介しました。

どんな仕事にもそれなりの苦労があるため、ストレスがゼロという仕事を探すことは難しいかもしれません。

しかし、精神的なストレスが少ない仕事は世の中に多数あり、実際にストレスなく楽しく働いている人が大勢います。

多種多様な業界、業種が存在している現代では、我慢してまで辛い仕事をする必要はありません。

少なくとも今の仕事より精神的に楽な仕事に転職することは決して難しくないと理解し、実際に行動に移すことが大切です。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。