不動産業界で住宅販売営業の仕事をしているけれど、とにかくきつくて辞めたい…。

飲食、介護など「きつい」と言われる仕事は多数ありますが、不動産業界の住宅販売営業も、きつい仕事の代表格と言っていいでしょう。

これから不動産業界に転職して住宅販売営業の仕事をしてみたい人、すでに大変な思いをして辞めたいと感じている人は、何がきついのかを整理して押さえておきましょう。

今回は、不動産住宅販売営業のきついところを、仕事のメリットなども含めて紹介します。

不動産住宅販売営業はここがきつい!

不動産住宅販売の営業は一体どんなところがきついのでしょうか。

ノルマが厳しい

多くの場合で歩合制を導入している不動産住宅販売の営業では、ノルマが厳しいことでも知られています。

朝礼で目標契約件数を発表させられ、個人ごとのノルマはグラフ化されて張り出しされることも珍しいことではありません。

契約件数が増えれば社内で持ちあげられますが、1件も売れないと本当に肩身の狭い思いをします。

いわゆる体育会系の上司から大きな声で怒鳴られることもあるでしょう。

精神論を振りかざし、今どき「気合いが足りない」などと言われることすらあります。

もちろん、「それほどたいしたことではない」「ノルマがあることでモチベーションになると感じる」人もいます。

しかし、実際に不動産住宅販売営業の仕事を辞めた人の話を聞くと、ノルマの厳しさを理由に挙げる人が大勢います。

厳しいノルマをモチベーションにし、乗り切れる人の方が少ないと思っておくべきなのかもしれません。

高額商品なので売れない

住宅は、多くの人にとって一生で一番高額な買い物ではないでしょうか。

通常は自身の人生プランにもとづき長期間のローンを組み購入するような代物なので、他業界の営業と比較して「売るためのハードル」が高くなります。

顧客は、少しでも安く、よい物件を購入したいと感じますので、下調べをしっかりおこない、購入決定までは非常に慎重になります。

今はインターネットでさまざまな情報を得られる時代ですから、価格相場や住宅についての知識などを多く兼ね備えています。

そんな見る目をもった顧客を相手にするわけですから、一筋縄ではいきません。

圧倒的な営業力と知識が求められることになるため、実力がない人では生き残ることが難しくなります。

給与が安定しない

住宅販売は数件の契約で数ヶ月生活できると言われるほど、非常に高額の歩合がつくことがあります。

しかし、全く契約が取得できなければ、歩合はなく、ごくわずかな基本給がつくだけです。

給与が非常に不安定になりますので、自身が住宅ローンを抱えている、子どもがいて養育費がかかるなどのご家庭では常にお金の心配をすることになるでしょう。

たとえ爆発的な収入にはならなくても、毎月一定の給与をもらえることのありがたさを実感する人は多くいます。

長残業労働になりがち

不動産住宅販売営業の求人には「残業なし」と書かれているケースが散見されますが、実際は残業のオンパレードです。

企業側からしてみれば「残業はしなくても結果さえ残してくれればよい」と言い分があるかもしれません。

しかし、残業なしで住宅を売ることができる高レベルの人はごくわずかです。

通常は働かなければ成果につながりませんので、自ら残業をすることになり、企業側に文句を言うこともできず苦しむことになります。

休日出勤が発生する

住宅販売の顧客は働いている人になりますので、平日の昼間に営業をかけたり、打ち合わせをしたりすることができません。

平日の夜や土日に呼び出されることがしばしばです。

にもかかわらず、勤務条件に「土日休み」と明記されています。

実際はそう簡単にはいきません。

会社員などを相手にする営業で「当社は土日休みなので…」と言っていては、いつ営業をかければよいのかという話になってしまいます。

住宅販売営業の場合、求人票に書かれている条件と実態は大きく異なると思っておきましょう。

プライベートが削られる

残業や休日出勤が多いため、プライベートの時間が少ないです。

顧客からは営業時間お構いなしに連絡が入りますので、デートや家族と旅行中に仕事をするハメになることもしばしば。

きつい不動産住宅販売の仕事をする中で唯一支えや癒しとなるはずの恋人や家族からも愛想を尽かされ、一番大事なものを失ってしまった人もいます。

きつい仕事を乗り切るためにはがむしゃらさが必要ですが、自分にとって何がもっとも大切にするべきことなのかは、見失わないようにしたいものです。

代わりが誰でもいる

不動産業界は入れ替わりが激しいうえ、そもそも営業という職種自体にその性質があります。

つまり、代わりは誰でもいるということです。

少し成績が下がればすぐ誰かにポジションを奪われ、周囲からは「辞めた方がよいのでは?」といった雰囲気が漂うことになります。

この業界で確固たる地位を得ることは相当に難しいことです。

とはいえ、代わりが誰でもいるということは、退職する段階になればメリットも。

無理やり引き留められたり、自分が辞めることで職場の人に迷惑をかけたりといったことは少ないため、割り切って働ける人にはよいのかもしれません。

職場の雰囲気がピリピリしている

住宅販売の営業部は「個人事業主の集まりのようなもの」と言われることがあります。

営業同士がライバルなので、チームが協力しあって和気あいあいと仕事をするようなことはありません。

常に職場の雰囲気はピリピリしており、悩みを誰かに相談できる環境でもありません。

もちろん、職場の雰囲気は企業や支店ごとに異なるでしょう。

しかし、自分たちの生活が一番大事ですから、どうしても自分が売上をたてることが優先になってしまうことが多く、雰囲気が悪くなりやすいといえます。

教育環境が整っていない

不動産住宅販売営業の求人は「未経験歓迎」と書かれていることが多くあります。

求人を見ると「入社後に学べます」「未経験からスタートして〇〇万円稼ぐ人がいます」など、求職者を安心させる文言が並んでいます。

しかし、大手のホワイト企業を除き、教育環境には期待できません。

「先輩の後姿を見て覚えるのが当たり前」という、昔ならではの考え方を貫く企業もまだまだあります。

「先輩の後姿を見て」といっても、先輩が営業に何度も同行してくれることは少なく、一人でよく分からないまま放り出されることもよくあることです。

営業をしながら2~3年くらいで何となく全体像が見えてきますが、それまでの間にもノルマはありますので、現実的にはそこまでもちません。

1年に満たないうちに離職してしまう人も多数います。

誰かに教えてもらえることは少なく、営業を通じて自分で学びを得ることが基本になるでしょう。

未経験歓迎求人だからといって、未経験者にやさしい業界ではないと心得ておくべきです。

クレームが多い

単純なミスであれば自分の努力や工夫で改善できます。

しかし、不動産業界は性質的にクレームが多いため、営業のストレスは甚大です。

住宅は顧客が毎日過ごす場所ですし、高いお金を払って購入する以上、顧客のこだわりが強くなります。

施工部門の問題であっても、窓口は営業になりますので何かトラブルがあれば営業に連絡がきます。

ただでさえ契約ノルマによるストレスがあるのに、クレーム対応にも追われることになるため、この時点でメンタルのダメージを受けて辞めてしまう人が少なくありません。

不動産住宅営業で多いクレームは?

ここで、不動産住宅営業の中でありがちなクレームについて触れます。

以下のクレームが普通にあり得ることを自覚し、万全の準備や対策をできる人でなければ住宅営業はやめておくべきかもしれません。

  • ローン関係
  • 工事の遅れや設備不備に関すること
  • 顧客のイメージとの相違
  • 登記手続きの不備
  • 物件の周辺環境に対するクレーム

こうしたクレームは、主には顧客への説明不足だけでなく、営業自身の力ではどうすることもできない要素からトラブルに発展することがあります。

住宅には説明項目が非常に多数あり、営業も細心の注意を払って説明しますが、顧客によっては「聞いていない!」と怒り出す人もいます。

理不尽に感じることが多いかもしれませんが、住宅営業でクレームをゼロにすることは相当に難しいものがあります。

地味な仕事も多数ある

不動産住宅販売の仕事と聞くと、展示会などに訪れた人たちに家のすばらしさを説明し、気に入れば契約してもらうといったイメージを持たれる方がいるかもしれません。

人によっては、華やかでかっこいい仕事だと感じるようです。

展示会営業は業務のごく一部ですが、当然それだけではありません。

賃貸マンションに住む人の自宅を1軒ずつ飛び込みでまわる仕事や、1日何百件も電話営業をする、ひたすらチラシを投函するような仕事もあります。

売って終わりではありませんので、契約や引き渡しの手続きや書類作成、引き渡し後のクレーム対応まで、顧客との付き合いは長く続きます。

想像以上にさまざまな仕事があり、地味な仕事も多数あります。

華やかな世界を想像しているとギャップを感じやすくなります。

地域ごとの差や競合が激しい

住宅は地域によって売りやすさが大きく変わります。

転職前に住宅業界のことを調べておいて勝算があったとしても、実際に働き始めると地域独特の要素が絡みなかなか売れないことがあります。

顧客は少しでも安く良い家を作ってくれる業者を比較しながら探しているため、営業によっては他者に顧客が流れてしまうこともあるでしょう。

1件が貴重な商品となるため、競合も激しくなります。

不動産住宅販売営業の仕事に転職する人が多い理由

不動産住宅販売営業のきつさを分かっている人は多いのではないでしょうか。

転職前の時点で周囲に相談して「きついからやめておくべき」と言われることもあるはずです。

にもかかわらず、不動産住宅販売営業の仕事に転職する人は少なくありません。

住宅営業のきつさに気づいていながら転職してしまう理由は何でしょうか。

稼げる

きつい代わりに、成功すれば圧倒的に稼げるのが不動産住宅販売の営業です。

成果を挙げている人の中では1000万円以上稼ぐ人もいます。

同世代と比較したとき、一番稼げる仕事のひとつと言っても過言ではありません。

現役の住宅営業に話を聞くと、「同級生で自分より稼いでいる会社員は少ない」と言うことがあるほどです。

基本的には学歴を問わない企業が多いこの業界においてここまで稼げるのは「営業だからこそ」といえるでしょう。

「学歴はないけれど一発逆転を狙いたい」「安定は求めないからとにかくチャレンジしたい」という方にはおすすめできる仕事です。

実力を試せる

他業界で営業をやっており結果を残してきた人は、自分の実力がどこまで通用するのか試したくなることがあります。

営業の実力を知るにはやはり高額商品を売ることです。

その意味では、超高額商品である住宅販売は営業職の目指すべきものかもしれません。

真の実力があれば稼ぎに直結しますので、自信がある人には向いているでしょう。

営業力を磨くことができる

ここまでお伝えしたとおり、住宅販売営業の仕事はきついです。

しかし、そこを踏ん張り通すことで営業力がアップすることはあります。

今後も営業職で頑張りたい方は、きつい環境下で力をつけ、他業界の営業に転職する方法もあります。

住宅販売の営業を経験しておくと、他業界で頑張りがききやすくなりますし、起業して自分の力だけで稼ぎたい方にもよいでしょう。

通年募集しており採用されやすい

年齢や学歴などは問わず、常に求人があるのが住宅販売営業です。

求人媒体で住宅販売営業の仕事を見つけることは決して難しくありません。

中には「意欲があればフリーターでも」と書かれた求人もありますので、職歴がないけれど正社員を目指したい方が経験を積むにもよいでしょう。

しかし、多くの人に門戸を開くということは、人手が足りていないこと、人材の使い捨てが発生しやすい状況であるわけです。

労働環境が過酷になりやすい点は理解しておくべきです。

人生の一大イベントに立ち会うことができる

住宅購入は人生の一大イベントです。

顧客の人生プランを聞き、寄り添って一緒に作り上げていく喜びは大きいです。

住宅販売営業はやりがいがある仕事なのです。

しかし、その一瞬の喜びと仕事のきつさを比較したとき、どうしても乖離が生まれてしまうのも特徴です。

やりがいはきれいごとではなく、本当に自分にとって長く仕事を続けていけるほどの大きな要素になるのかは確認しておくべきでしょう。

不動産業界はなくならないので転職に有利?

不動産がなくなることはありませんので、たとえ仕事がきつかったとしても、経験を積めば転職で生きてくる…。

このように言う人は少なくありません。

20代の頃にきつい仕事をしておけば、後々楽になると言う人もいます。

確かに、いったん不動産業界に入ると、職歴として評価され、同じ業界で転職しやすくなります。

しかし、逆の視点からいえば、他の業界では評価されにくいということです。

他業界から不動産業界へ転職して住宅営業の仕事に就くことは十分可能ですが、住宅営業の仕事が他に有利に働くということはあまりありません。

つまり、「将来のために今敢えてきつい仕事を経験しておこう」「いつかの転職のために住宅営業で力をつけておこう」と思っても、役に立たないことが多々あるのです。

もし住宅営業の仕事がきつい、自分には合わないと思ったら、できるだけ早く他業界を含めて転職先を探す方がよいでしょう。

不動産業界での転職を探すのであれば、この業界でやっていく覚悟が必要です。

ノルマに追われて転職活動の時間が持てない方は、転職エージェントなどを利用して効率よく活動するようにしましょう。

不動産住宅販売の営業に転職するべき?

住宅販売の営業職には、きつい部分とやりがいの高い部分とがあります。

どちらも極端なので「ハイリスクハイリターン」の仕事といえるでしょう。

本来であれば、会社員は起業やフリーランスと比較してリスクが少なく安定的な仕事ですが、その中でも住宅販売営業は特殊な部類に入ります。

住宅販売営業の仕事に転職するべきか迷ったとき、きつい部分とやりがいを天秤にかけることになります。

稼ぎやすさなど、どうしてもメリットに目が行きがちですが、きつい部分が大半であることは覚悟しておきましょう。

それでもやってみたいと感じるのであれば、成功できる可能性がゼロではありませんので、誰にとっても必ず悪い仕事とはなりません。

最後に

いかがでしたか?今回は不動産業界の住宅販売営業の仕事について、仕事のきつさを中心に紹介しました。

ノルマや対顧ストレスなど、営業職に仕事のきつさはつきものです。

そのうえ、不動産業界で住宅という高額商品を売る特性上、他業界の営業とは異なる点も多々あります。

「きついと聞くけれど、どの程度なのかよく分からない」と疑問に思う人がいますが、実際に働いた人の話を聞くと、仕事のきつさは高い確率で存在します。

その分成功すればリターンが大きいですが、自身の適性や耐性と比較し、本当に向いている仕事なのかは慎重に考える方がよいでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑