住み込みの仕事はメリットが大きいって本当?男性と女性向け仕事の特徴も!

「住み込みで働く」ということを考えてみたことがあるでしょうか。

仕事と住居環境は切っても切れない関係ですが、住み込みにすることでさまざまな問題が解決されることがあります。

  • 住み込みの仕事が気になっているけど勇気がでない
  • 経済的に苦しいけれど新しい場所で働きたい
  • 好きな地域で働きたいけれど住居探しが面倒

こうした方は住み込みの仕事を探してみると希望にフィットすることがあります。

今回は、住み込みの仕事について、仕事の種類や男女別人気の仕事の特徴、住み込みの仕事のメリット、デメリットなどを紹介します。

住み込みの仕事にはどんなものがある?

住み込みの仕事とひとくちにいっても、業界や職種はさまざまです。

多数の住み込み求人を検証した結果、次のような求人が多く見られました。

観光地で宿泊施設やレストランのスタッフ

スキー場近くのホテルや旅館、海そばのリゾート地など、観光地では住み込みの仕事が豊富にあります。

いわゆる「リゾートバイト」などと呼ばれるものの類で、短期求人も多いのですが、正社員求人もあります。

特に旅館は正社員求人が多く見られ、仲居さんの募集などは女性を中心に人気です。

仕事内容は、接客、清掃、調理など、同じ施設で働くにしても業務内容はさまざまです。

接客経験があればフロントや案内スタッフなどから探す方法がひとつです。

接客が苦手で対人スキルに自信がない方にも、洗い場や清掃スタッフの求人も多くあります。

中には「接客が一切ありませんのでニートの方でも!」といった求人もあるため、職歴や得意分野問わず、幅広い方が探しやすいでしょう。

調理師免許保持者や調理師希望の方は厨房の仕事も多数あります。

都会の宿泊施設

都心から遠く離れた観光地ではなく、反対に都会にでて働きたい方もいるでしょう。

都会にも住み込みの仕事があります。

たとえば、都心にあるビジネスホテルのスタッフ。

ホテルは勤務時間が変形的なので、ホテルから徒歩圏内の場所に寮を完備してあることが珍しくありません。

また、観光地の中でも、リゾート地ではなく、都心からアクセス便利な場所にある海外の観光客に人気の地域にも宿泊施設が多数あります。

休日には都内で買い物や食事を楽しむことができるため、田舎暮らしに抵抗がある方にはよいでしょう。

一般社員の求人のほか、支配人クラスの募集もあります。

支配人の場合は相応の経験などが問われますが高収入に期待できます。

工場、軽作業

工場で働く仕事にも、住み込み求人が豊富にあります。

工場の住み込みといっても、工場の二階などが住居スペースになっている場合だけでなく、ごく普通のアパートなどで暮らすこともできます。

工場内での組み立て、ラベル貼り、目視チェックなど業務内容は工場によって異なります。

重労働で男性社会のイメージが強い工場ですが、軽作業も豊富にあり女性にも人気があります。

近年の工場は冷暖房完備が当たり前で労働環境が整っています。

特に大手工場であれば労働環境がよく働きやすい傾向にあります。

工場は全国にありますので、行ってみたい地域があれば勤務地から絞って探すのもよいでしょう。

たとえば自動車産業が盛んな東海地方は求人が豊富で軽作業も頻繁にでています。

気候に恵まれていて過ごしやすく、都会ほどの喧騒がなく、田舎ほど不便もしませんので住み込みで働くには比較的適しています。

建設、土木関連

大型施設や道路の建設工事、検査などに関わる仕事です。

大型施設や道路は数年かけて建設しますので、通いやすいように住み込みで募集することが多くあります。

肉体労働がメインですが、比較的高収入で、自然と体も鍛えられますので、特に男性人気の高い仕事といえるでしょう。

建物や道路が完成した際の喜びは大きく、目に見えて達成感があります。

農業

自然相手に仕事をしたい方には農業も住み込み募集があります。

植え付けや収穫作業、加工作業などの仕事があります。

地域によっては、酪農や水産業の求人もありますので、それぞれ業務内容が大きく変わります。

いずれも天候に左右されがちなので、日によっては残業や休日出勤もあります。

一般的な仕事とは勤務時間や大変さなど、異なる点が多いため、そのあたりは理解しておいた方がよいでしょう。

そのほか、生活圏内でも見つかる住み込みの仕事

住み込みの仕事は、観光地や都心、大型施設建設予定地など、現在の生活圏内から離れて働くことが多くあります。

しかし、「自分の生活圏内で住み込みの仕事をしたい」と考える方もいるでしょう。

ごく一般的な職種でも、寮完備の住み込みの仕事はあります。

たとえば次のような職種です。

  • マンションや施設の管理人
  • ビルメンテナンス
  • 新聞店スタッフ
  • 家政婦
  • 警備員
  • ドライバー

こうした仕事であれば、住み込みにして家賃を浮かせながら、生活圏からは離れず仕事ができますので、土地勘のない場所で働くよりも安心感があります。

希望にあわせて探してみてはいかがでしょうか。

住み込みの仕事の給与相場について

ここで、住み込みの仕事の気になる給与相場について見てみましょう。

一般的に住み込み求人の給与相場は、住み込みではない同職種と比較すると若干高めに設定されています。

転居などの負担があることで応募のハードルが上がりますので、その分待遇をよくして応募者を募っていることが多いからです。

給与相場は職種によって月給20~30万円ほどと幅広いため一概にはいえませんが、仕事内容や勤務地によって一定の傾向はあります。

給与相場が低い住み込みの仕事

全体的に見ると、相場が低いのが離島や高原などのリゾート地にある宿泊施設での仕事です。

中には月給13万円~16万円程度のところもあり、決して高収入とはいきません。

給与相場が低い理由のひとつは、地域の給与水準にあわせているからです。

これまで都会で働いていた方は低賃金のように思えるかもしれませんが、物価が低く、そもそも生活費はあまりかかりません。

周辺にお金を使うようなところもないため、必ずしも手取りが減るとは限りません。

また、個人で経営しているような小さな宿泊施設の場合、人件費になかなかお金をかけられない実情もあります。

その分、アットホームで家族のような付き合いができることがあるため、価値観によって向き不向きは変わってきます。

宿泊関連を希望で、かつ給与にこだわりたい方は、大手が経営するホテルやレストランなどを狙った方がよいでしょう。

給与相場が高い住み込みの仕事

一方、給与相場が比較的高めな住み込みの仕事は工場勤務や建設現場です。

宿泊関連業と比べると時給、日給ともに高めです。

時給は1500円前後~、日給は30万円以上稼ぐことも難しくありません。

工場系の住み込みの仕事は、建設現場のように期間が限定されておらず、正社員や契約社員求人が多くあるのも特徴です。

なお、宿泊関連業の中でも、都内のビジネスホテルや浅草などの外国人向け観光地になれば、都内で普通に働くのとそう変わらない程度の給与が得られることもあります。

ほかは、都心から数時間で行ける伊豆、熱海などの旅館では、給与相場は比較的高い傾向にあり、月給25万円以上の求人が珍しくありません。

男性から人気の住み込みの仕事とは

ここからは、男女別にどのような住み込みの仕事が人気なのか、仕事の種類や特徴を見ていきましょう。

まずは男性に人気が高い住み込みの仕事です。

夜勤ありの仕事

稼ぎにこだわりがあり、女性と比べて体力もある男性は、夜勤をあえて狙う方が多くいます。

夜勤手当がつきますので、同じ仕事でも勤務時間帯が夜になればその分収入がアップします。

具体的には工場の夜勤や宿泊施設のフロントスタッフ、警備員などです。

男性で夜勤を積極的にやってくれる人は企業側も歓迎しますので、採用に至りやすい点もメリットです。

夜勤の場合、一緒に仕事をする人員数も少ないため、人に気を使わず気楽に仕事をしたい人にも向いています。

肉体労働

夜勤と同じく、肉体労働も稼ぎに直結する仕事です。

体を動かしたり、重たい物を運んだりすることが苦にならない方には向いています。

女性にはなかなかできない仕事ですから、男性でとにかく稼ぎたい方からは人気があります。

工場や建設現場、農業・水産業などがあります。

車を使う仕事

車の運転に慣れている方や車好きの方が多い男性は、車を使う仕事も人気です。

たとえば、タクシーや大型トラックなどドライバー関連の仕事です。

一人または二人程度で仕事をすることが多いため、面倒な人間関係を避けたい方にもメリットといえます。

このほか、農業や水産業なども運搬作業が発生するため車を使うことになります。

また、プライベートで車が手放せない方も、車通勤可能、無料駐車場完備など、車に関する条件面を確認しておいた方がよいでしょう。

女性から人気の住み込みの仕事とは

続いては、女性から人気の住み込みの仕事について、種類や特徴を紹介します。

工場の軽作業

女性でも稼ぎやすいのが工場の軽作業です。

携帯電話の部品や食品容器などの軽い物を扱う仕事や検査がメインです。

重たい物を持つことはほとんどなく、温度が保たれた工場内で作業できるため快適です。

夜勤や肉体労働がある工場の仕事と比べると給与相場は低めですが、それでも一般事務や接客業などより稼ぐことができます。

工場の場合は土日祝日休み、GWや夏季休暇などもしっかりありますので、プライベートをしっかり充実させたい女性にもおすすめです。

事務、営業事務

女性から圧倒的人気を誇る事務職も、実は探すと住み込みの仕事があります。

求人数は少ないですが、工場隣接の事務職を募集していることがありますので、見つけたら即行動をおすすめします。

特別高度なスキルを求められることはなく、基本的なパソコン作業ができればよいことが多いです。

人気が高くすぐに枠が埋まってしまう点がネックですが、転職できればラッキーです。

女性が狙いたい職種といえるでしょう。

そのほか、女性に人気のある住み込みの仕事の条件

女性の場合は住居環境が気になる方が多いでしょう。

女性社員を積極的に採用している企業では、新築寮やペット可能寮など、女性に嬉しい制度が充実しています。

特に新築寮の場合、セキュリティがしっかりしているなど安心して生活できるため、女性が選びやすいところが嬉しいですね。

住み込みの仕事のメリット

住み込みと聞くと敬遠される方も多いですが、実は非常にメリットが大きい制度でもあります。

ここからは、住み込みの仕事のメリットを見ていきましょう。

生活費を抑えられる

なんといっても生活費の負担が少ないことが大きなメリットです。

家賃が浮くことは想像できるでしょうが、家賃以外にも生活費の負担が少なく、お金が貯まりやすくなります。

以下、住み込み求人の中で費用に関する条件の一例です。

  • 寮代無料または格安での提供
  • 生活備品・家具付き
  • 水道・光熱費無料
  • 格安の社員食堂利用可
  • 赴任費用負担

当然、求人ごとに条件が異なるため、上記の条件が必ずついているわけではありません。

しかし、いずれも比較的よく見かける条件で、利用者の生活負担を抑える取り組みがなされています。

今預貯金が全くない方でも安心して働くことができるでしょう。

すぐに働き始めることができる

通常、転居をともなう転職は引越し準備や手続きなどやるべきことが多数あります。

ただでさえ新しい仕事に就くことでストレスがあるのに、生活環境が整うまで時間がかかるとなると大変になってしまうでしょう。

住み込みの仕事の場合、即日入寮ができたり、家具付きであったりと、すぐにでも暮らし始められる環境が整っています。

不動産会社をまわる、引っ越しの準備をするなどの負担がなく、身ひとつで働くことができます。

通勤時間が少ない

住み込みの仕事では、勤務場所からすぐ近くに寮があることが多いため、通勤の負担が少ないのもメリットです。

通勤ラッシュにストレスを感じることもなく、毎日時間をかけて通う必要もありません。

その分、朝はゆっくりしていられますし、仕事終わりにはすぐにプライベートの時間に移ることができます。

人との出会いがある

住み込みで働く人にはさまざまな地域から働きにくる人がいますので、そうした人たちとの出会いも人生における宝となります。

仕事の話題だけでなく、住居地の周りには何があるのかといった話題を共有できたり、休日に一緒に出かけたりすることもあります。

小規模の企業で住み込みをする場合には、経営者から家族のように可愛がってもらうこともあるでしょう。

これまで友達を作ることが苦手だったような人でも、住み込みの仕事を通じて仲の良い人ができ、一生の親友となることもあります。

年齢問わず働ける職種がある

住み込みの仕事と聞くと若い方が中心のリゾートバイトをイメージされる方が多いかもしれませんが、年齢問わず働ける職種も多数あります。

たとえば施設の管理人などは、むしろ社会人経験が豊富な年齢が高い方が有利です。

工場系も50代で活躍している方も大勢いますので年齢関係なく働きやすいです。

何かしらの事情があり、中高年で経済的に苦しくなってしまった人でも、再スタートが切れる点は大きなメリットです。

夫婦や家族、カップルで一緒に暮らせる

マンションや施設の管理人、ペンションオーナーのように、夫婦一緒に働ける住み込みの仕事もあります。

この場合、求人を見るときには二人分の給与が書かれていることが多いため、一人あたりはいくらになるのかを確かめておきましょう。

また、仕事自体は別々でも、夫婦・カップルでの入寮が可能なケースもあります。

既婚者や、近くで暮らしたい恋人がいる人の場合、一緒に寮に住むことができ、二人分の生活費負担が少なくなるメリットがあります。

住み込みの仕事のデメリット

メリットが多い住み込みの仕事ですが、当然デメリットもあります。

事前によくイメージしておかないと「こんなはずではなかった」と後悔につながりますので、よく覚えておくようにしましょう。

勤務時間が不規則になりがち

住み込みの仕事は、基本的には勤務時間が不規則であることが多いです。

公共交通機関が動いていない時間にも働くため、住み込みの方が何かと都合がよいことが一因です。

勤務時間が一定の住み込みの仕事となると、工場の昼間勤務などに限定されます。

勤務時間が不規則になると体力的に大変なこともありますし、オンオフがはっきりしないこともあるでしょう。

特にマンション管理人やペンションオーナーなどは、利用者対応が営業時間関係なく発生することがありますので、労働時間が長くなってしまうケースが想定できます。

このあたりは職種によっても大きく異なりますので、事前によくイメージしておくようにしてください。

仕事中心の生活になることも

勤務場所からすぐ近くに住居地があるため、工夫しないと仕事中心の生活になってしまいます。

気づいたら毎日仕事と部屋との往復という寂しさを感じることも。

勤務時間外でも先輩と顔をあわせることになり、気が休まらないと感じる方もいるでしょう。

ただし、これも良し悪しです。

とにかく仕事に集中し、お金を貯めたいなどの目標がある方には良い環境です。

余計なお金を使うことがありませんし、家賃補助などでそもそも生活費がかかりませんので、普通に働くよりも預貯金がぐんぐん増えていきます。

一方で、仕事も遊びも充実させたいというワークライフバランス派の場合、寮で暮らすことで制限ができ、不満が募ることもあります。

ご自身の性格や、どのような生活をしたいのかによって住み込みの仕事を選ぶべきかどうかが変わってくるでしょう。

施設や住居地付近に何もない

観光地やリゾート地で住み込みの仕事をする場合、勤務する施設や住居地の周りには何もないことがあります。

求人には「休日には観光できます!」と書かれていることがあり、確かに魅力ですが、それも最初の頃だけ。

住み込みで長期間働くわけですから、毎週観光するわけにもいかないでしょう。

これまでは当たり前のように使っていたコンビニやドラッグストアなどがすぐ近くにないこともしばしばです。

特に土地勘のない場所に転職を考えている方は、事前に周辺環境についても調べておくことが大切です。

仕事を辞めるときは住居も失う

仕事に就くときはメリットが大きい住み込みの仕事ですが、辞めるときには注意が必要です。

基本的に仕事と住居はセットなので、仕事を辞めるということは住居も同時に失うことになります。

辞めるときは事前に住居を確保して計画的に辞めないと困ってしまうでしょう。

また、住み込みで働く人は企業にとって大きな戦力ですから、簡単に辞めにくいこともあります。

「次の人が決まってから…」などと引き延ばしにされ、思っていた時期に辞められないこともありますので、退職についても考えておくようにしましょう。

住み込みの仕事探しで確認しておきたいポイント

最後に、住み込みの仕事を探すうえで最低限、確認しておきたいポイントを紹介します。

家賃負担について

寮費が完全に無料になるのか、一部負担があるのかは企業によって異なります。

「半年間は無料だけれどそれ以降は一部負担」のように、勤務期間によって変わることもありますのでよく確認しておきましょう。

食事の有無

個室はあるけれど食事は共同の食堂を利用するのか、その場合は月いくらの負担になるのかなど、食事にまつわる条件面も要チェックです。

料理が全くできない人は食堂があった方が健康的で節約にもなりますが、反対に自炊が得意な人は自分で作った方がよいこともあるでしょう。

風呂、トイレなどの設備

寮によっては風呂やトイレが共同ということもあります。

共同風呂やトイレは、全く気にならない人から、かなりストレスに感じる人まで差が大きいため、必ず確認しておきましょう。

そのほかの設備についても、生活イメージとしっかり結びつけて考えておくようにしたいですね。

門限などの利用規約

門限がある、男子禁制など、寮ごとに利用規約があります。

自分でアパートを借りる場合と比べると家賃負担が少ない分、一定の制限が設けられていることがありますので、よくチェックしておきましょう。

また、勤務年数や年齢によって寮を利用できなくなることもあります。

たとえば企業によっては、寮はまだ給与が少ない若い方に利用者を限定していることがあります。

今住み込みできるかどうかだけでなく、いつまで利用できるのかも確認しておくべきポイントです。

最後に

いかがでしたか?今回は住み込みの仕事に着目し、仕事の種類やメリット・デメリットなどを中心に紹介しました。

住み込みの仕事は男性、女性ともにできる職種が多数あります。

特に、お金を貯めたい、仕事のスキルを集中して身に付けたいなどの目的がある方にとってはメリットが大きい仕事だといえるでしょう。

求人は一般的な転職サイトや転職エージェントなどのほか、工場系求人サイトなどの特化型サイトでも探すことができます。

住み込みの仕事が気になる方は、自分にあった仕事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント

転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

非公開の求人も100,000件以上あります。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

公式サイトを見る

ワークポート

ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

公式サイトを見る

パソナキャリア

人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

公式サイトを見る

現在、正社員でない方も心配いりません
  • フリーター
  • 派遣社員
  • 高卒
  • 大学中退
  • 第二新卒
  • 社会人経験なし
  • ニート

現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

初めての正社員を目指す方

例えば・・・

  • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
  • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
  • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
  • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

訳あって正社員になれなかった方

例えば・・・

  • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
  • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
  • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
  • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

おすすめの転職エージェントはこちらです。

リクルート就職shop

求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

※求人は関東・関西のみです。

公式サイトを見る

DYM就職

優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

公式サイトを見る

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑

【補足】転職エージェントの賢い活用方法

転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

複数の転職エージェントに登録すべき理由

転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

複数登録することで下記のメリットがあります。

  • 自分に合ったエージェントを選べる
  • 多数の非公開求人に出会える
  • 得意分野ごとに使い分けができる
  • プロのアドバイスが複数受けられる

それぞれ説明していきます。

自分に合ったエージェントを選べる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

多数の非公開求人に出会える

転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

得意分野ごとに使い分けができる

転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

プロのアドバイスが複数受けられる

転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

2~3社に登録するのがオススメ

複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

おすすめの転職エージェントに戻る ↑