転職する際、誰もがブラック企業だけは避けたいと思うのではないでしょうか。

もしもブラック企業に転職してしまったら、心身ともにボロボロになってい、貴重な職業人生を棒に振ることになります。

とはいえ、ブラック企業は「入ってみないと分からない」側面も大きく、なかば運任せで転職先を選んでしまう人は少なくありません。

ブラック企業を確実に避けることは難しいですが、事前によくリサーチすることで、ブラック企業にあたる確率を大幅に下げることは可能です。

そこで今回は、ブラック企業の特徴と見分け方を紹介します。

転職を考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

ブラック企業の特徴とは


ブラック企業に明確な定義はありませんが、見分けるために確実に押さえておいた方がよい点を整理しておきましょう。

法律に違反している

法律に違反した経営をしている企業、違法な労働を強いる企業は間違いなくブラック企業です。

残業代が未払い、法定労働時間を守らない、正当な理由なく有休を取らせないなどです。

もっとも、労働法以外の法律に抵触し営業を続けている企業も、いずれ悪事が明るみに出て企業経営が立ち行かなくなりますので、同様にブラック企業と言えるでしょう。

ハラスメントが横行している

パワハラ、セクハラ、マタハラなど、さまざまなハラスメントが問題視されています。

ハラスメントをする側の意識に問題があるのと同時に、それを見てみぬフリをする企業体質も大問題です。

企業全体としてコンプライアンスの意識が著しく低いのです。

こうした企業はハラスメントの問題にとどまらず、法律に反した労働を強いている可能性も十分考えられます。

離職率が高い

離職率が異常に高いと、何かしらの不満を持つ人が多数いるということです。

「仕事自体がきつい」だけで健全な企業経営をしている可能性もありますが、実際それほどきつい仕事なら、企業は対策を講じる必要があるはずです。

離職率を下げるための対策ができない理由があるのか、人材を使い捨てすればよいと考えているか、いずれにせよブラック企業の可能性は大いに考えられます。

求人情報からブラック企業を見分ける方法


ブラック企業か否かは、求人情報の中からヒントを得ることが可能です。

該当する求人が必ずしもブラック求人とは限りませんが、少し注意した方がよい求人になります。

求人情報を隅々まで読み込み、ブラック企業の要素がないか検証しましょう。

具体性のない文言が並ぶ

求人情報は具体的で細かい情報が書かれているほど、企業の透明性が高く、求職者に誤解を与えないように努力しているということです。

反対に、具体性のない文言が並ぶ求人情報は要注意です。

たとえば、「やりがいがあります」「やる気のある人求む!」「アットホームな雰囲気です」などは、人の価値観によって大きく左右される曖昧な要素です。

精神論を押し付けてハードな仕事を強要される可能性も考えられます。

こうした曖昧な文言しか求人情報に載せられないということは、他に企業としてアピールできる点がないと言うこともできます。

少なくとも、あまり魅力ある企業とは考えにくいでしょう。

通年募集している

ハローワークの求人や求人誌を見ていて「あれ?この求人、何ヶ月も前にも見かけたな」と思うことはないでしょうか。

頻繁に求人をだしている、通年募集している企業は、常に人材が不足している証拠です。

職場環境や条件がよくないから人の入れ替わりが激しく、常に求人をだすことになるわけです。

ホワイト企業は人が辞めませんので滅多に求人がでません。

でたとしても欠員募集で募集人員が少なくすぐに埋まってしまうため、求人が出続けることはありません。

業績好調にともない増員したいケースであれば募集人員は多くなりますが、それでも応募者は殺到しますので通年求人がでることはないでしょう。

年間休日は100日以下

休みが少ないとハードワークになりがちです。

年間休日が少ない企業は、できるだけ稼働日を増やし、労働力を酷使したいと考えている可能性があるため、注意が必要です。

また、年間休日が少ないということは、その分多く働いていますので見た目の賃金よりもコスパが悪い働き方になります。

たとえば、

      A社:月給20万円 月間労働日数20日
        B社:月給22万円 月間労働日数24日

      の求人を見たとき、月給だけに着目すればB社の方が条件のよい会社です。

      しかし、労働日数が多いので、日給換算すればA社の方が給与面でよい条件になります。

      とてもシンプルな理論ですが、意外と見落としてしまう人が多いため、気をつけるようにしましょう。

      年間休日の一般的な傾向は、110~125日です。

      カレンダー通りに土日や祝日が休みだとすると、年間休日は大体120日前後になりますので、120日あれば休みについては悪くない企業ということになります。

      反対に105日を切ると不満が生じやすくなります。

      105日未満になると、毎週土日休みでも祝日や年末年始、夏季休暇などの取得が難しくなるからです。

      100日を切ると週2日の休みが確保できなくなることが増えます。

      100日未満は、休みがかなり少ない企業だと思っておきましょう。

      大抵はそうした企業では有休取得も難しいため、体力的にきつくなると考えられます。

      給与が曖昧

      給与の額が曖昧に記載されている企業は要注意です。

      給与は求職者の多くにとって、非常に重要な条件です。

      それにもかかわらず明確にしないということは、裏がある可能性が高いです。

      たとえば、「月収20~50万円」と書かれていたらどうでしょうか。

      月収20万円と50万円は全く違います。

      これでは給与はほとんど明記されていないのと同じようなことです。

      給与額は年齢や成績によって幅がでることはありますが、自社の給与テーブルに基づいて算出すれば、それほど大きな幅がでることは少ないものです。

      また、「月収〇〇万円可能!」のように、夢を持たせるような文言にも注意が必要です。

      実際、求人媒体が掲載企業に勤める社員の給与を全員分調査するようなことはしませんので、企業の「言い値」とも言えます。

      月収〇〇万円稼いだ社員はすでに辞めているかもしれませんし、「頑張ってくれればそれくらい出すよ」という企業の希望的なものかもしれません。

      固定残業制、裁量労働制度

      固定残業制や裁量労働制のように、一般的に見るとやや特殊な制度を採用している求人は少し注意が必要です。

      一部には正しく活用している企業もあるのですが、制度上の留意点が多いことから「悪用」「誤用」が多く、従業員が泣き寝入りすることが珍しくない制度だからです。

      固定残業制は、固定残業代を超えて働かせた分は追加で残業代の支払いが必要です。

      しかし実際には「固定」をいいことに追加分は支払われておらず、未払いが発生することがよくあります。

      裁量労働制度は「労働者の裁量」と聞けば自由度が高いように思えますが、実労働時間ではなく、企業が「みなした時間」を元に賃金が計算されます。

      実際には「みなした時間」よりも長く働かせられる、帰るに帰れない状況が続くなど、ブラック企業の温床になっています。

      ごく一般的な給与支給方法や働き方を採用しても、通常、企業経営は成り立ちます。

      それをあえて特殊な制度を採用するということは、「何とかして経費を削減したい」「労働者を安く使いたい」という考え方が根底にあるということです。

      企業HPに力が入っていない

      今や、田舎の農家でさえHPでアピールする時代ですから、一般企業がHPで自社を紹介することは当たり前です。

      にもかかわらず、企業HPに力が入っていない企業が存在します。

      一応形だけ作ってあるものの、情報量が少なく、肝心な情報は非公開になっているのです。

      インターネットが浸透したこの時代、企業HPにお金をかけていないということは、ほとんど多くの場面で投資ができない企業です。

      現場社員が「もっとこの設備に投資してほしい」と言っても、目先の利益しか見えない経営陣なので無視します。

      また、優良企業は、企業情報をできるだけ公開し、透明性を心がけるものです。

      それこそが顧客や一般社会からの信頼につながり、結局は企業利益につながります。

      しかし、情報量の少ない企業HPを何年も放置している企業は、できるだけ詳しい情報を公開したくありません。

      何か隠したいことがあったり、アピールできる素晴らしい部分がなかったりするからです。

      ここは、求人情報にもつながる部分です。

      求人情報が詳細に書かれている企業ほど、「求職者とのギャップを埋める努力」をしています。

      反対に、求人情報がざっくりしており情報量が少ない企業は、「できるだけごまかして人を雇いたい」という思惑が見え隠れしています。

      面接からブラック企業を見分ける方法


      続いて、実際に受ける面接の中でブラック企業かどうかを見分ける方法を紹介します。

      仕事とは関係のない話ばかりしてくる

      面接は仕事内容や条件面を確認する場面です。

      しかし、なぜか仕事とは関係のない話ばかりしてくる面接官がいます。

      「一次面接は具体的な仕事内容が中心の面接だが二次面接は雑談が多い」といったケースでは、面接官の役割が分かれていますのであまり問題ありません。

      しかし、どの面接も仕事の話をしないというのは違和感があります。

      もちろん、求職者の「素」を見たいという理由で他愛のない話題をふってくる面接官はいます。

      しかし通常、雑談は面接の一部であり、全てではありません。

      面接のほとんどが仕事とは関係のない話ばかりをしてくる面接官は「相性」「精神的な部分」など曖昧なものを見ており、それらは面接官の感覚でしかありません。

      また、仕事の話に及べば、企業が隠したい「悪い部分」が明らかになる恐れがあり、隠している可能性もあります。

      思っていた仕事内容と違うなどギャップを感じることが多くなります。

      こちらから具体的な質問をしても、明確に答えないケースも危険です。

      離職率や有休消化率を聞いてもごまかすようなケースです。

      何か隠したいところがあると思っておきたいところです。

      面接官の態度が悪い

      面接で気に入られようと、自分のことで頭がいっぱいになることがありますが、面接官の態度がどうなのかもしっかり見極めましょう。

      面接官の態度が悪い企業はブラック企業の可能性があります。

      面接で厳しい質問をするから悪いわけではありません。

      面接では応募者を慎重に見極めるために、どうしても厳しい質問に及ぶことはあります。

      面接官の態度が悪いとは、そもそも外部の人に対応する姿勢として誠意がないということです。

      挨拶しても返さない、面接中はふんぞり返った姿勢をしている、人を見下すような態度を取り続けるなどです。

      態度が悪い面接官は、応募者に対する誠意がないだけでなく、そのような言動が外部の人に知られ、企業利益に悪影響を及ぼす可能性も理解していません。

      ビジネス人という観点からも優れているとは言い難いため、転職するメリットは少ないといえるでしょう。

      面接官の名字が経営者と同じ

      経営者の名字と面接官の名字が同じ場合や、複数いる面接官の名字が同じ場合、同族経営かどうかを確認しておいた方が無難です。

      確認方法としては、会社のHPを見ると役員名が記載されていることがあります。

      面接で聞いてみてもよいですし、転職エージェントを通じて確認することもできます。

      特に中小零細企業の同族経営には注意が必要です。

      大企業の中でも同族経営は多数ありますが、それでも企業規模が大きいため、同族以外の役員も多数います。

      外部の株主もいますので横暴経営の抑止力になります。

      役員クラスになれば別ですが、同族経営であることで一般社員が嫌な思いをすることは少ないのです。

      しかし、中小零細の同族経営は、一般社員への影響が甚大です。

      会社が完全に同族の中で私物化され、コンプライアンスを無視、ということも珍しくありません。

      典型例としては、社会人経験のない二世がいきなり次期社長になり、わがままし放題といったケースです。

      中小零細企業を同族経営で健全におこなっている企業もありますが、同族経営はとかくブラック企業になりやすい要素があると思っておきましょう。

      ブラック企業が多い業界とは


      もし転職先の業界選びで迷われているのであれば、ブラック企業が多い業界も知っておくとよいでしょう。

      もちろん、業界とひとくくりにすることは必ずしも良策ではありません。

      業界の中でも差があり、ブラック企業が多い業界においてもホワイト企業は存在するからです。

      ですが、転職を決める前の慎重さを高め、企業研究を念入りにおこなうことにつながります。

      次の業界は、人手不足、低賃金、サービス残業などが問題視されており、人材の使い捨て状態にあるケースも散見します。

      • 飲食、小売、サービス
      • 住宅、建設
      • 引越し
      • 宅配
      • IT
      • 介護、保育

      希望される場合は個々の企業をよくリサーチされるとよいでしょう。

      ブラック企業を事前に見分ける手段とは?

      最後に、ブラック企業を事前に見分ける方法を整理してお伝えします。

      求人情報をしっかり読み込む

      求人情報から見るブラック企業の見分け方は前述したとおりです。

      求人情報を熟読せず、給与や勤務地などだけ確認して勢いで転職してしまう人がいますが、研究不足が否めません。

      求人情報だけで全てを判断することはできませんが、ヒントをもとにしっかり企業研究するようにしましょう。

      面接では具体的な質問をする

      面接対策も重要ですが、面接の最後には質問タイムがあることがほとんどですから、気になることはしっかり質問しておきましょう。

      特に、面接の中で仕事にまつわる具体的な話がでてこなかった場合、こちら側から確認しておく必要があります。

      質問しても曖昧な回答しか得られなければ、前述のとおり危険信号です。

      登録制のクチコミサイトを確認する

      転職クチコミサイトを確認しておくことも方法です。

      退職した人から企業に対する誹謗中傷や嫌がらせなどもあるため、鵜呑みにすることはできませんが、実際に働いた人の生の声を知ることのできるツールです。

      ポイントとしては、登録制のサイトを確認するとよいでしょう。

      登録しなければクチコミを投稿できないため、むやみに陰口を叩きたいだけの人が少なく、信ぴょう性の高い情報を得やすくなります。

      就職四季報をチェックする

      東洋経済新報社が発行する「就職四季報」には、従業員数や売上などのほか、社員の年齢層や離職率、有休消化率などブラック企業を見分けるためのヒントが多数掲載されています。

      たとえば、会社設立年の割に社員の平均年齢が若すぎる企業は、年齢が上がって続けることが難しいと予想されます。

      反対に平均年齢が高すぎる企業は、若い人が活躍する場や魅力がなく、年功序列的、保守的である可能性があります。

      離職率や離職者数はブラック企業の分かりやすい指標になります。

      2%以内が理想、5%を超えると危険信号です。

      有給消化率はやはり高いほど休みが取りやすく、人員にも余裕があると予測できます。

      転職の場合は大手以外を視野に入れる方も多いでしょうから、「優良中小企業版」も役に立ちます。

      転職エージェントを利用する

      残業時間、有休取得状況、職場の雰囲気など、「面接で聞きたいけど聞きにくい」質問は多々あります。

      ブラック企業を避けるために知りたいと思っても、なかなか情報を得られないこともあるでしょう。

      転職エージェントを利用すると、本当に知りたい情報を教えてもらうことができます。

      エージェントが掲載企業に実際に足を運んだり、採用担当者とのやり取りの中で聞きだしたりしてくれるからです。

      これまでの転職者支援の中で蓄積されたデータもありますので、情報量と信ぴょう性において非常に有利です。

      転職支援のプロであるエージェントは転職を成功させるための心強い味方となりますので上手に活用しましょう。

      最後に

      いかがでしたか?今回は、転職成功を目指す方に向けて、ブラック企業の特徴と見分け方を紹介しました。

      ブラック企業を避け、本当に働きやすい企業で働くためには、事前の企業研究が不可欠です。

      求人情報や面接、書籍や転職エージェントなどのさまざまな手段を用い、とにかく情報収集を念入りにおこないましょう。

      事前の準備を怠らないことで、ブラック企業を回避できる可能性が高まるほか、結果的に面接でアピールできる点も増え、採用に至りやすくもなります。

      社会全体として、ブラック企業撲滅の流れはありますが、まだまだ自助努力が欠かせません。

      自分の身は自分で守るつもりで、転職前に調べておくようにしましょう。

      転職エージェントを使って効率的に転職しよう

      いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

      求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

      転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

      そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

      面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

      「でも、利用料金が高いのでは?」

      心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

      転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

      転職エージェントって何?

      転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

      転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

      例えば・・・

      • 求人選び
      • 非公開求人の提供
      • 会社の裏情報も分かる
      • 応募書類の作り方
      • 面接対策
      • スケジュール調整
      • 年収交渉

      このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

      転職エージェントは無料で使える

      転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

      そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

      無料なので、利用することにリスクはありません。

      自分の市場価値に合った転職先が見つかる

      業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

      ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

      現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

      非公開の求人に応募できる

      転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

      ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

      転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

      応募企業の裏情報を知ることができる

      求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

      転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

      全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

      書類選考の通過率が格段にアップ

      キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

      一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

      プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

      しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

      面接対策もバッチリ

      面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

      応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

      万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

      面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

      在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

      しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

      転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

      入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

      年収アップや待遇の交渉も可能

      一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

      こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

      おすすめの転職エージェントは?

      リクルートエージェント

      転職成功の実績 No.1。必ず登録しておきたい転職エージェントです。

      リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

      1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇り、全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

      非公開の求人も100,000件以上あります。

      多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

      31万人を超える多数の転職者を送り届けた、安心の転職ノウハウで、きっと転職成功へと導いてくれるでしょう。

      公式サイトを見る

      ワークポート

      ワークポートは、リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』、パーソルキャリア『DODA Valuable Partner Award2017』にて、「最も多くの求職者を転職成功に導いたエージェント」に選ばれています。

      中でもITやクリエイティブ系職種に関しては、設立当初から企業との強いコネクションと多くの実績を築いています。

      未経験から異業種へのキャリアチェンジも得意としています。無料エンジニアスクールなど、完全未経験者(主に20代)の方はおすすめです。

      公式サイトを見る

      パソナキャリア

      人材サービスに強いパソナグループの転職エージェントです。

      40,000件以上の豊富な求人と、25万人以上の転職支援の安心の実績で、転職が初めての方への丁寧なサポートに特徴があります。

      最初の面談で転職活動のノウハウがつまった、ガイドブックがもらえるため転職の大きな武器になるでしょう。

      ※関東・関西・東海在住の方のみ利用可能です。

      公式サイトを見る

      現在、正社員でない方も心配いりません
      • フリーター
      • 派遣社員
      • 高卒
      • 大学中退
      • 第二新卒
      • 社会人経験なし
      • ニート

      現在、正社員として働いていない方でも、転職エージェントを利用することで正社員を目指すことが可能です。

      初めての正社員を目指す方

      例えば・・・

      • 現在フリーターだが、将来の不安から正社員になりたい
      • ニートで社会経験なし、就職活動をどうやっていいか分からない
      • 事務の派遣で働いているが、正社員に転身を図りたい
      • 若くしてフリーランスとなったが、現実的に就職を考えるようになった

      訳あって正社員になれなかった方

      例えば・・・

      • 高卒で就職後、キャリアアップを図りたいが学歴がネックで面接が受けられない
      • 就活に失敗して、フリーターをしながら正社員を目指している
      • 大学卒業後、公務員試験に挑戦していたが失敗して途方に暮れている
      • 新卒で入った会社をすぐにやめてしまった

      正社員を目指す全ての方を、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

      おすすめの転職エージェントはこちらです。

      リクルート就職shop

      求人サービスに強いリクルートグループが運営する、就職支援の転職エージェントです。

      利用者数は10万人以上。利用者の4人に3人が正社員未経験、ほとんどは社会人としての経験もない方です。

      初めて正社員を目指す方は登録必須の転職エージェントです。就職成功へ徹底的にサポートしてくれるでしょう。

      企業は100%取材済で、怪しいブラックな企業に引っかかる心配はありません。

      その上、書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

      学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業が集まっています。学歴や経歴に不安がある方も、すぐに面接に挑むことができます。

      ※求人は関東・関西のみです。

      公式サイトを見る

      DYM就職

      優良企業求人2000社以上、就職成功者は5000人以上の安心の求人数と実績があります。

      就職率は驚異の96%。最短1週間での入社も可能なスピード感があります。

      こちらも書類選考がないため、履歴書で落とされることはありません。

      札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に拠点があるため、地方在住の方も利用可能です。

      公式サイトを見る

      転職のプロを味方につけよう

      一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

      不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

      転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

      プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

      心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

      転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

      プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。

      おすすめの転職エージェントに戻る ↑

      【補足】転職エージェントの賢い活用方法

      転職を検討する方はすぐにでも利用するべきですが、転職エージェントを最も賢く活用する方法があります。

      それは、複数の転職エージェントを同時並行して利用する方法です。

      複数の転職エージェントに登録すべき理由

      転職エージェントは無料で利用できるため、複数登録しても利用料は発生しません。

      複数登録することで下記のメリットがあります。

      • 自分に合ったエージェントを選べる
      • 多数の非公開求人に出会える
      • 得意分野ごとに使い分けができる
      • プロのアドバイスが複数受けられる

      それぞれ説明していきます。

      自分に合ったエージェントを選べる

      転職エージェントのキャリアコンサルタントは優秀な人が多いですが、初めて利用する場合、その人が優秀かどうか見極めるのが難しいでしょう。

      それに、人と人との付き合いのため、どうしても相性の良し悪しがあります。

      複数登録した場合、キャリアコンサルタントの質や相性も比べることができるため、自分に合った担当に出会える確率はぐんと上がります。

      多数の非公開求人に出会える

      転職エージェントの求人はほとんどが非公開求人ですが、1つのエージェントしか取扱いのない独占求人も多数存在します。

      複数のエージェントに登録することで、各エージェントの独占求人を含めて広く検討することができます。

      得意分野ごとに使い分けができる

      転職エージェントやキャリアコンサルタントによって、得意な業界・職種があります。

      また、求人数・応募書類の添削・面接対策・業界の情報量など、エージェント毎に強みも様々です。

      複数の転職エージェントに登録することで、最適なエージェントを使い分けることができます。

      プロのアドバイスが複数受けられる

      転職エージェントのキャリアコンサルタントは転職サポートのプロです。

      これまでに多くの転職者と出会い、転職のサポートをしてきた経験があります。

      そのプロによる意見やアドバイスを、複数の担当者から受けることができるのは大きなメリットです。

      また、複数利用していることは、転職エージェントに伝えて構いません。

      複数利用している人がほとんどですので、転職エージェントも特に気にしませんし、サポートが悪くなることもありません。

      逆に競争意識が働き、より良いサポートを受られる可能性もあります。

      そして、同じ企業への重複応募も避けることができます。

      2~3社に登録するのがオススメ

      複数登録のメリットを最大限に活かすためには、2~3社の登録がおすすめです。

      2~3社を比較することで最適な担当者に出会える確率が高く、非公開求人も多くカバーできます。

      選び方は、求人数の多い最大手1社と、自分に合っていそうなエージェントを1~2社が基本です。

      豊富な求人数のメリットを最大限に受けることができるでしょう。

      おすすめの転職エージェントに戻る ↑