「働きながら転職活動をする方がよいと聞くけれど、実際には難しい」

こうした声はよく聞かれます。

確かに仕事と転職活動の両立は簡単ではなく、工夫も必要です。

しかし、退職を優先させてしまい後悔する人があとを絶ちません。

やはり、できる限り在籍中の転職を目指す方が、さまざまなメリットがあります。

今回は、働きながら転職活動をするメリットとデメリット、働きながら転職を成功させるポイントを紹介します。

どうしても退職を優先させる場合の注意事項にも触れますのでぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

働きながら転職活動することのメリット

  • 仕事をしながら転職活動するなんて大変そう
  • 一旦退職してリフレッシュしてから転職活動したい
  • 自分だったら辞めてからでもすぐに決まるはず

このように感じる人もいるでしょうが、やはり基本は在籍中の転職活動を貫くことが大切です。

働きながら転職活動をすることのメリットを見ていきましょう。

経済的な苦労なく転職できる

在籍して収入がある状態で転職活動をすることで、経済的な苦労なく転職できます。

転職活動中もこれまで通りの生活費は必要ですし、転職活動にともなう費用もバカにならないからです。

経済的な苦労がないということは、精神的な安定にもつながります。

数社連続で不採用になったとしても、「次頑張ればいいや」と気持ちの切り替えがつくでしょう。

退職を優先させる場合、預貯金などでギリギリ何とかなるケースもありますが、それでも転職が叶う頃には預貯金がゼロになり、転職後に生活を切り詰める必要もでてしまうでしょう。

預貯金がなければ転職活動中の生活が立ち行かなくなる→結局アルバイトをしなければならない→転職活動時間が取れない…。

こうした悪循環にはまってしまいます。不採用のたびに生活費のことが気になり、思うように力を発揮できなくなります。

ブランク期間ができない

次が決まってから辞めることでブランク期間ができません。

一度仕事を辞めてしまうと、

  • ビジネススキルが落ちてしまう
  • 仕事の勘が取り戻せなくなる
  • 不規則な生活が身についてしまう
  • 一旦国保に加入するなど保険手続きが面倒

などの不都合が生じます。

退職してそのまま次の職場に移るのであればこうしたことは回避できるでしょう。

また、ブランク期間がないことは、選考に有利に働くこともあります。

今仕事がなくてどこからも内定を得ていない人よりも、在籍中の人の方がレベルが高いと思われることがあるからです。

すでに退職している人の方が、「すぐにでも働けます!」といえて有利だと思うかもしれません。

しかし、突発的に辞めた人がいる企業でもない限り、通常は多少の余裕をもって中途採用者を雇います。

退職していることが選考で有利に働くことはあまりないと思っておきましょう。

精神的に落ち着いて活動できる

退職して転職活動だけに時間をかけていると、転職のことだけ考えなくてはなりませんので、気が休まりません。

普段からネガティブな思考の人ほど「次もだめだったらどうしよう」「一体いつ転職が決まるのだろう」と、よくないことばかり考えてしまいます。

仕事をしながら転職活動をすることで、活動時間こそ短くなりますが、精神的には安定しています。

不採用になったとしてもそれだけに囚われる暇がないことが逆によい方向に働くわけです。

職場の引き止めにあいにくい

退職を申し出ると、決まって「次はどうするのだ?」と聞かれます。

もちろん言う必要はないわけですが、これまでお世話になった上司や職場の同僚たちを完全に無視することも難しいものです。

仕事をしながら転職活動をし、すでに次が決まっている状態で退職の申し出をすれば、上司や同僚たちに引き止められにくくなります。

「次が決まってしまったのなら仕方がない」といった具合です。

具体的な会社名は言わない方が賢明ですが、転職先が決まっていることくらいは言うとスムーズです。

まだ次が決まっていない場合、「まだ決まってないのだろう。ならもう少しいてくれないか?」と言われてしまい、実際に流されてしまう人が少なくありません。

結局転職のタイミングを逃して後悔することに。

仕事をしながら転職活動をおこない、次が決まって辞めることで退職自体もスムーズにいくわけです。

リフレッシュ期間を設けることができる

転職活動を続けていると、視野が狭くなり、本来の転職目的を忘れがちになります。

心身ともに疲れてしまい、面接で普段通りの力が発揮できないこともあるでしょう。

その場合、2~3日は転職活動から一旦離れるとよいと言われます。

自分の好きなことだけをしてエネルギー補給をする期間を設けることで、再開した後の転職活動がうまくいくことがあるからです。

これは退職した後の転職活動でもいえることですが、在籍中と比べるとリフレッシュの度合いが違います。

退職した後にリフレッシュ期間を設けても、お金や生活の不安が頭をよぎり、思う存分リフレッシュすることができないのです。

仕事をしながらであれば、一旦転職活動から離れても余計な不安感がありませんので、リフレッシュ期間を設ける効果が高まります。

働きながら転職活動することのデメリット

働きながらの転職活動はメリットが大きいですが、大変な面もあります。

どのような点で苦労するのかをあらかじめ知っておき、できる対処はしておきましょう。

仕事と転職活動の両立で疲れる

仕事と転職活動の両立は体力がいることです。

仕事で疲れて帰ってきた後に応募書類を作成する、企業研究をおこなうことで休む時間が取れません。

ストレスも溜まるでしょう。

通常、仕事以外の時間は、自分の好きなことや、家族や友人、恋人と過ごす時間に充てる人が多いはずです。

それらの時間を転職活動に充てるわけですから、仕事でのストレスとも重なり、精神的にも疲れ果ててしまうことがあります。

疲れてきたら適度に休むなどし、あまり無理をしすぎないようにしましょう。

職場の人に内緒で活動する必要がある

仕事をしながら転職活動をしていることは、職場の人には言わない方が賢明です。

いくら仲の良い同僚であっても、どこかから漏れ伝わり、上司や他の人に知られてしまう可能性があります。

「そのうち辞める人」に対しては、冷たくなる人もいるものです。

上司の怒りを買い、仕事はおろか、転職活動に悪影響を及ぼす可能性もあります。

次が決まる前に引き止められるのも厄介です。

転職について誰かに相談したい場合も、職場の人以外から選ぶようにしましょう。

家族や友人、転職エージェントなどが選択肢です。

面接のスケジュール調整が大変

仕事をしながら転職活動をしていると仕事が優先になりますので、面接のスケジュール調整に苦労することもでてきます。

特に有休を取得しにくい職場や、仕事のスケジュールが読めない場合には大変です。

平日の遅い時間に面接を設定してもらっても、仕事で突発的なトラブルが発生し、キャンセルしてしまうなどの事態も考えられます。

転職活動後半で面接が立て続けにあると難しさがさらに増すでしょう。

働きながら転職活動をする場合は、後半特にスケジュール調整が大変になることも想定し、むやみに応募数を増やしすぎないようにしておくことも必要です。

資格取得などを同時にすることは難しい

仕事を一旦辞めてから転職活動をする場合は、転職活動だけに時間を費やすことができるため、時間だけはある方が多いでしょう。

そのため、より良い企業への転職や転職後の活躍を目指し、資格の勉強をする余裕もでてきます。

仕事をしながらの転職活動の場合、仕事と転職活動で時間はギリギリのはずなので、同時に資格取得までは難しくなります。

資格を取得してから転職したい場合は、在籍中に資格を取得してから活動を始めるなど、事前にスケジュールを調整する必要があるでしょう。

入社日の折り合いがつかないことがある

応募先が希望する入社日と、今の仕事の退職日との折り合いがつかないことがあります。

優先すべきは応募先の希望ですが、これまでお世話になった現職の希望を邪険にすることもできないでしょう。

転職が決まったときにスムーズに退職できるように、繁忙期を避けて転職時期を設定しておくこと、早めに引き継ぎの準備を進めておくことなどで対処しましょう。

働きながら転職を成功させるポイント

働きながらの転職活動は難しさもありますが、ポイントを押さえることで乗り切ることができます。

どうしても「辞めてしまった方が楽」と思いがちですが、あくまでも仕事をしながら転職活動をすることに、できる限りこだわった方がよいでしょう。

ここからは、仕事をしながらの転職活動を成功させるポイントを紹介します。

土日を使って活動を始める

職場の事情で有休が取得しにくい方でも、会社の公休日があるはずです。

まずは土日などの公休日を使って活動を始めてみましょう。

面接の段階になると、土日では対応してもらえないケースも増えてきます。

しかし、次のように、転職活動序盤~中盤までは、土日でもできることが多数あります。

  • 自己分析
  • 企業研究
  • 応募書類作成
  • 求人検索
  • 合同説明会に参加する
  • 転職サイトやエージェントへの登録
  • エージェントとの面談

有休が使えないと嘆く前に今の環境でできることをやってみましょう。

活動を進めていくうちに、何にいつ時間がかかるのか、活動の全体像が見えてきます。

有休を使うことや、退職を検討することはそれからでも遅くありません。

なお、有休が使えない場合でも、企業では面接時間について柔軟に対応してもらえることも多くあります。

通常は仕事をしながらの転職活動をする人が多いため、平日の夜などの面接でも受け付けてくれるのです。

当然、こればかりは企業の事情によって異なりますが、「有休が使えない=転職活動が無理」というわけではないと思っておきましょう。

家族のサポートを受ける

仕事以外の時間は家事育児で忙しくて時間が取れないような方は、このときばかりは家族のサポートが必要です。

しっかりとした転職の希望がある家族へのサポートは、惜しまない方も多いのではないでしょうか。

家事育児を代わりにやってもらうことに気が引ける方は、「いつもより手抜きでもよしとする」だけでも違います。

たとえば、どんなときも自炊や手作り弁当の持参を欠かさなかった人でも、転職活動中だけは市販品を活用してみてはいかがでしょうか。

たまには子どもを親などに預け、集中して活動することも方法です。

有給休暇は面接のためにとっておく

転職活動を始めて最初のうちは、有休を使わずできることが多いため、あまり気にすることがないかもしれません。

しかし、活動後半になってくると、面接のために有休を使う場面がでてきます。

転職を決意してからは、有休を遊びに使わず、面接のためにとっておきたいところです。

休みが取りにくい方は、有休取得の理由を考えておくとよいでしょう。

本来であれば有休の使い道は労働者の自由であるため、理由を伝える必要はありません。

しかし、職場によっては納得できる理由でなければ上司に嫌な顔をされることもあるでしょう。

有休の理由としては

  • 体調不良、通院、歯医者
  • 家族の看護、介護
  • 自宅修理などの立ち会い
  • 身内の不幸

などがあります。

あまりおすすめできない理由もありますが、どうしても休めない場合は選択肢のひとつとして考えられます。

また、丸一日有休を取得しなくても、遅刻や早退、中抜けで対応できることもあります。

上記の理由がそのまま使えることがありますので上手に使い分けてください。

転職エージェントを利用する

仕事をしながら転職活動をする場合は効率重視ですから、利用できるツールはとにかく活用してください。

おすすめは転職エージェントです。

求人探しから面接の日程調整、企業情報収集まで、面倒なことは代わりにおこなってくれますので、非常に効率的です。

仕事が忙しくてなかなか活動に時間を割けない人ほど利用するべきツールといえるでしょう。

利用は無料なのでお金もかかりません。

働きながらの転職活動は到底できないときの注意点

転職活動は今の仕事をしながら進めていくことが基本です。

しかし、有休取得どころか、休日出勤がほぼ毎週ある、平日の夜も毎日深夜まで残業続き…。

このように、どうやっても仕事をしながら転職活動をすることは困難な人もいるでしょう。

その場合は退職を優先させ、時間ができてから転職活動に集中することも方法となります。

実際、忙しすぎて転職活動をできない人が、退職して一気に活動したことで、すんなり決まった例も多数存在します。

しかし、やはり経済的、精神的なリスクがあるため、退職を優先させる場合でも確実に押さえておくべきポイントがあります。

次項から見ていきましょう。

生活費と転職活動費用だけは貯めておこう

退職を優先させる場合には、預貯金ゼロの状態は極力避けるべきです。

少なくとも辞める前までに、半年分の生活費と転職活動費用だけは貯めておくことが望ましいです。

できれば1年分の生活費があると、退職した後でも精神的にも落ち着いて転職活動できるでしょう。

失業手当だけではこれまでの生活が維持できないことも多いので、失業手当は除いた預貯金です。

まずはご自身の住居費用や食費、通信費など、毎月の支出を計算してみてください。

月20万円で生活できる人でも、120万円の預貯金と転職活動費が必要です。

転職活動費は、交通費や宿泊費、スーツ代、履歴書の写真撮影代など、細かくあげていくと意外と多いものです。

数十万円かかることは珍しくありませんので、余裕をもって残しておきましょう。

退職時の有休取得は諦めずに目指すこと

在籍中に有休が取得できなかった人でも、退職時に引き継ぎが済んだ後であれば取得しやすくなります。

退職時の有休消化は「どうせ会社が許してくれるはずがない」と諦めて捨ててしまう人が多いですが、可能な限り消化してください。

有休中に転職活動ができますので、うまくいけば退職日が到来する前に次が決まることもあります。

仕事が忙しかった人ほど有休残日数が多いはずですから、遠慮せず申請しましょう。

たとえ上司に嫌味を言われたとしても、正当な権利ですから気にせず主張するべきです。

退職後に自分が困らないようにすることが何より大切です。

「少しゆっくり」は内定をもらってからでも

退職を優先させると、これまで仕事で張り詰めていた糸が一旦緩みます。

そのため、「せっかくだから少しゆっくりしてから転職活動を始めよう」と思う人がいますが少し注意が必要です。

数日の予定だった「少しゆっくり」も、1週間、1ヶ月と延びてしまうのが人間というものです。

仕事への意欲が途切れてしまう前に転職先を決め、入社日までの間に休んでも遅くはありません。

内定後「明日から来てください」という企業は少ないです。

内定後、入社日まで多少の余裕があることが多いため、そのタイミングで旅行や遊びに行ってもよいでしょう。

心身ともに疲れて果てて退職を優先させた人の場合、多少休むことは必要です。

しかし、ダラダラと休んでしまい、ブランク期間が長引くことだけは避けるようにしましょう。

心身の不調なら休職も手

仕事量が多すぎる、上司がパワハラをしてくるなどで心身の不調を感じている人もいるでしょう。

ちょっとした不調ではなく、医師の診断書がもらえるほどの不調であれば、健康保険の傷病手当金をもらいながら今の仕事を休むことも可能です。

退職せず一旦休職を選び、その間にゆっくり将来のことを考えてもよいかもしれません。

誰にでも使える方法ではありませんが、そうした選択肢があるということも覚えておいてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、働きながら転職活動をするメリットとデメリット、活動のポイントを中心にお伝えしました。

仕事と転職活動の両立が簡単だとはいいませんが、退職を優先させるべき人は限られています。

よほどの事情がない限りは働きながらの転職を目指しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。