会社を辞める決心がつき、いざ退職届を作成しようと思ったとき、「手書きがいいの?」「パソコンでも可能?」と作成手段が分からなくなることがないでしょうか。

そもそも退職届で何を書けばよいのか、内容がよく分からない方もいるはずです。

通常は退職届の作成機会は頻繁にあるわけではないため、多くの方にとっては疑問点が多数あっても無理はありません。

そこで今回は、退職届の作成場面にスポットライトをあて、手書きやパソコン作成の違い、作成時の注意点などを紹介します。

手書きかパソコンか、決まりはあるの?

まずは作成手段ですが、手書きかパソコンか、どちらにすればよいのでしょうか。

結論からいえば、退職届に手書きかパソコンかの法律的な決まりはありません。

そもそも民法では退職の申し出について、口頭でも足りるとしており、退職届の提出すら法的義務はないのです。

ただし、退職届は退職の意志表示をした明確な証拠となり、後々のトラブル防止に役立ちます。

手書きにしろ、パソコンにしろ、作成して提出しておくことをおすすめします。

退職届を手書きで作成するメリット・デメリット

手書きでもパソコンでもどちらでもよい退職届ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

、手書き作成の場合について見ていきましょう。

誠意のある辞め方だと思われやすい

手軽に作成できるパソコンよりも、多少の手間がかかる手書きの方が誠意があり、かしこまった印象を与えます。

会社や職場の人たちに何の思い入れもなく、むしろ人間関係で嫌な思いをして辞めるという方もいるでしょう。

その場合に「誠意なんて必要ない」と思うことがあるかもしれません。

しかし、通常は、退職届を提出した後もしばらく会社にいることの方が多いはずです。

残りの業務、引継ぎ、挨拶などがあるからです。

そのとき、手書きで誠意のある退職届を出しておくことで担当者の印象がよくなり、スムーズに事が運べるなら、手書きにしておく意味はあるといえます。

一般常識があると思われやすい

退職届は手書きだろうとパソコンだろうと、ビジネスマナー上は問題がないとされています。

しかし、会社には自分とは異なる世代の人たちが多数働いています。

特に退職届を提出する相手は役職がついている年配者であることも多く、そうした人たちの時代は手書きの退職届が主流でした。

そのため、「手書きの退職届が常識的」と捉える人が一定数いるわけです。

もし一般常識がある人だと思われたいのであれば、どちらかといえば手書きの退職届にしておいた方がよいかもしれません。

字が汚いと嫌だと感じることがある

デメリットとしては、自分の字にコンプレックスを持っている人は、手書きの退職届を人に見られたくないと感じることがあります。

退職届は正式な書類として会社に残り続けるものですから、字が汚いからパソコン作成がよいと思うこともあるでしょう。

とはいえ、退職届は通常、退職が済んだ後はよほどのトラブルがない限り、まじまじと見返されることは少ない書類です。

字が汚いことで書かれている内容が不明な場合は問題ですが、そうでなければ、通常はそれほど気にすることはありません。

書き損じると書き直す必要がある

手書きの退職届はペンで作成しますし、修正テープなどは使用できませんので、書き損じが生じることがあります。

訂正印を使って修正する方法もありますが、よりビジネスマナーを重視するのであれば、面倒でも書き直す方が好ましいとされます。

少し面倒になってしまいますが、会社を辞める以上、そのくらいの手間は必要なものだと思っておきましょう。

退職届をパソコンで作成するメリット・デメリット

次に、退職届をパソコンで作成するメリット・デメリットを確認します。

手軽で訂正が容易、短時間で作成できる

パソコン作成は何といってもその手軽さにあります。

インターネット上にはパソコン作成の場合のテンプレートも多数アップされていますので、もはやゼロから作成する必要すらありません。

入力し間違えてもすぐに訂正ができますので、非常に短時間での作成が可能です。

退職する際には、何かと提出書類が多く、転職活動中の場合はそちらに少しでも時間を割きたいと感じるものです。

パソコンを使うことで、会社への提出書類は可能な限り効率よく作成することができます。

誰が読んでも分かりやすい

字が汚いと、書かれている内容が確認できず、書き直しを指示される可能性もあります。

字が汚いと人に指摘されて不快な思いを感じることも考えられます。

退職するときにわざわざ嫌な思いをしたい人はいませんので、できるだけ指摘事項は減らしたいものです。

パソコンであれば、どんなに字が汚い人が作成しても美しく仕上げることができ、内容が不明瞭ということもありません。

軽薄な印象を与える

デメリットとしては、若干軽薄な印象を与えることがある点です。

特に、社長や上司に恩義を感じている場合は、残念に思われてしまうことがありますので少し気をつけましょう。

字が下手でも手書きで丁寧に書かれたものの方が、気持ちがこもっていると感じやすいものです。

退職届作成の素朴な疑問

ここからは、退職届作成について、よくある疑問にお答えしていきます。

手書きのペンは何がよい?

法的な決まりはありませんが、ボールペンまたは万年筆で書くことが一般的です。

鉛筆やシャープペンシル、消えるボールペンなどは、後に残る書類の作成には不適切です。

極太のペンを用いると読みにくくなることがありますので、やや細目のペンで書いた方が読みやすく見た目もきれいです。

修正テープ、修正ペンは使ってもよいの?

修正テープや修正ペンは、書類の改ざんと思われてしまうため、使用できません。

こうした正式な書類で修正テープやペンを使うと、一般常識がないと思われてしまいます。

書き間違えの場合は面倒でも書き直す方がよいですが、二重線と訂正印を使用してもかまいません。

会社指定の退職届がある場合はどうするの?

会社によっては指定の退職届がありますので、その場合は指定のものを使いましょう。

退職届の原本をもらう方法は会社によって異なります。

  • 退職交渉が済んだ後にほかの退職書類とあわせてもらえる場合
  • 自らが総務課などに出向いてもらう場合
  • 社員の共有資料としてダウンロードできる場合

などがあります。

会社指定の退職届で書き間違いがあった場合、申し出ればもう一度もらえることが多いですが、難しければ二重線と訂正印で対応しましょう。

パソコンで作成するときでも署名はどうする?

退職届の提出義務が法的に定められていない以上、署名についても、法的義務はありません。

しかし、そもそも退職届の提出がトラブル防止目的であることから、署名のない退職届ではその目的を果たすことができないでしょう。

また、会社としても就業規定などを根拠に「署名がない退職届は受けとることができない」と、差し戻されてしまうことがあります。

そうした二度手間やトラブル防止のためにも、パソコンで作成するときは誰が作成した書類なのかが分かるように署名が必要となるのです。

退職届の提出タイミングは?

作成した退職届を提出する時期は、就業規則を確認するべきです。

法律上は退職日2週間前までの提出で足りるとされていますが、就業規則を遵守することが円満退職の必須条件です。

就業規則における退職届提出の時期ですが、一般的な傾向としては、退職日1~2ヶ月前までが主流、早い場合は3ヶ月前までとしている会社もあるようです。

退職届と退職願の違いは?

退職届と退職願とでは何が違うのか、どちらを提出すればよいのか分からない方もいるでしょう。

退職の意志表示をする書類としてはどちらか一方を提出すればよく、退職の効力に違いがあるわけではありません。

退職届と退職願には、一般的に、次のような違いがあるとされています。

【退職届】

退職を一方的に意思表示できる書類です。

すでに会社と退職日などの折り合いがついている場合や、強い意志をもって退職を決心した場合に用いられます。

会社に行きたくなく、書類を郵送して退職したい場合も、退職届を提出します。

【退職願】

退職させてほしいと依頼するための書類です。

退職交渉前の段階で退職を申し出るときに使われます。

あくまでも「願い」なので、退職が認められるまでに撤回が認められるケースもあります。

一般的には、退職交渉は口頭でおこない、最終的に退職届を出すケースが多いことから、退職願の方が活用シーンが限られているといえるでしょう。

なお、「辞表」は役員や経営者など一定以上の役職者、または公務員が書く書類です。

民間企業の一般社員の場合は用いませんのでその点も気をつけましょう。

退職届に記載する内容とそれぞれの注意点

もしあなたが、退職を完結させるための目的をもって形式的な退職届を書きたいのであれば、余計なことは書かずシンプルな内容でまとめることをおすすめします。

書くべき内容は次のとおりです。

  • 1行目:「退職届」
  • 2行目:「私事、」(縦書きの場合は2行目の最下、横書きの場合は2行目の最右に書く)
  • 3行目:「このたび、一身上の都合により、来る平成○○年○月○日をもって、退職いたします。」
  • 4行目:「平成○○年○月○日 △△課 ◇◇(氏名)」
  • 5行目:「株式会社 ○○ 代表取締役社長 □□様」

2行目「私事、」について

私事とは、「自分個人のこと」「私生活に関すること」といった意味があります。

たとえば配偶者の転勤や親の介護など、自分個人の理由以外で辞める場合も「私事」が必要ですし、このあと続く「一身上の都合により」を変える必要もありません。

なお、解雇などの会社都合で退職し、自己都合以外の理由で辞めた事実を示す必要がある場合は、そもそも退職届は提出しない方がよいこともあります。

たとえば失業給付や再就職の場面で、解雇されたのか、自己都合なのかが影響することがあるからです。

退職届の提出が本当に必要なのか、慎重に判断する必要があります。

3行目、4行目の日付について

3行目の日付は実際に退職する日、4行目の日付は退職届提出日を記入します。

日付でよくある間違いには次のようなものがあります。

  • 実際の退職日ではなく最終勤務予定日を書いてしまう(有休消化して辞める場合など)
  • どちらの日付も退職日を書いてしまう
  • どちらの日付も提出日を書いてしまう

こうした日付の間違いは、いつまでに退職届を提出したのかが分からなくなったり、正式な退職日が不明になったりし、退職届として意味をなさなくなることも考えられます。

提出先でチェックした結果差し戻しになることがほとんどですが、後になって発覚し、退職した会社から連絡がきてしまうケースがないわけではありません。

せっかく退職日までは有休消化できるはずが、また会社に行き、退職届を再提出する羽目になることも。

退職届はしっかり書き、会社との不要なやりとりが発生しないようにしたいものです。

5行目の代表者名について

会社名は略さず正式名称を書きましょう。

また、代表者名と、4行目の自身の名前の書かれている位置ですが、代表者名が少し上にくるように余白を調整するのがマナーです。

手書きの場合もパソコン作成の場合も余白調整は可能なので、少し意識するようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は退職届について、手書きやパソコン作成の違い、そのほかの注意事項などを紹介しました。

退職届は円満な退職のために必要不可欠な書類です。

手書きとパソコン、どちらで作成する場合でも、ルールやマナーにそった書き方でスムーズな退職につながるようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。