今や必須のスキルとまで言われるようになった英語ですが、実際にビジネスレベルで使用できる人材はまだまだ少ないのが現実です。

英語が得意というと通訳や翻訳業が有名ですがもっと身近に「英文事務」という職業があるのをご存知でしょうか。

今回は英文事務の仕事内容から年収などをご紹介していきます。

仕事を探す上で是非参考にしてみてください。

「英文事務」の主な仕事内容

一言で英文事務といってもその仕事内容は募集企業によって様々です。

一般的なのは通常の一般事務に加え英文書類全般を扱うという点で、英語のスキルが高ければ高いほど高度な業務を任されます。

請求書やファイリングは英語に慣れていないと単純な間違いや見落としが発生しやすいので英文事務ではその正確性やスピードが求められています。

多くの企業ではTOEIC600点レベルからを採用基準とし、まずは英文請求書や資料のチェック、さらに800点以上の実力があれば英文書類やビジネスメールの作成から翻訳など社内で幅広く任されるでしょう。

社内で発生する案件によっては常に英文に触れられる環境もあればそうではない場合も多いので面接の段階で採用担当者へ細かく質問しておくとよいでしょう。

多くは通常の一般事務と英文事務を併用することが多いようです。

英会話やプレゼンテーションを行えるまでのビジネススキルがある場合は事務の枠を超えて担当者として抜擢されることも少なくないので英語を使いながらかなり幅広く仕事をしていけるポジションです。

また翻訳者や通訳者になる前のステップとしてまず英文事務で基礎的な業務を身に付けるという方も多くいます。

なるために必要な資格とは?

まずは求職情報の「英文事務」で検索しどのようなスキルが求められているのかを会社ごとに研究すると良いでしょう。

そしてアピールできる自分の英語スキルを固めておくこと。

学生時代に英語が得意だったのは良いですが、実際にビジネスシーンでは何ができるのか。

請求書などの簡単な書類チェックからEメールの作成、契約書の翻訳など実績がある場合は積極的にアピールしましょう。

始めての場合はやはりTOEICの点数があると採用者に解り易いため、社会人経験がなくても採用されやすくなります。

一方通訳や翻訳者と異なり経験や実績が少なくても比較的なりやすいのがこの職業の特徴です。

そのため電話応対や外国人来客の応対、プレゼンテーション、会議通訳など会話面でも積極的に力を付けていくと「英文事務」の中でも一目置かれる存在になりステップアップしていきやすいでしょう。

「英文事務」に必要な資格とは?

代表的なのはTOEICの点数です。

採用の時点で700点以上など基準を設けている企業も少なくないため時間と余裕のあるうちに点数を上げておくことをおすすめします。

得意な英語を活かしたくてもTOEICの点数が足りないために面接を受けられないのは非常にもったいないのでここは少し面倒でもテストを事前に受け準備しておくことが大切です。

また留学経験も語学のアピールとしてはよくありますが、「英文事務」のスキルとしては少し印象が薄いかもしれません。

というのも英文事務自体で必要とされているのは書類を扱う上での正確性や早く仕上げられるかといったスピードなのです。

そのため例えば塾講師のアルバイトで書類作成を行っていたり、前職で一般事務の経験があったりすると採用者の目に留まりやすいかもしれません。

留学経験は例えば外資系企業で社内に外国人が多く就業しており日常的にコミュニケーションを取る必要がある場合、また英語での電話応対等がある場合には非常に好印象になるでしょう。

自分のスキルが会社のニーズと合致しているか、また持っているスキルをどのように採用者にアピールするか、という点については十分に熟考しておく必要があります。

「英文事務」の平均年収は?

「英文事務」の年収は300万から400万以上です。

初心者の場合は300万円前後からスタートすることが多く経験を重ねれば任される仕事も多いため年収も上昇していくでしょう。

一般事務よりは語学を扱うので専門性も高くなります。

また英語のみならず日本語のビジネススキルも高めていけばその先に秘書業務や通訳翻訳業務をこなせるようになりますので将来性のある職業と言えるでしょう。

現在は海外との取引も盛んになってきていますので英語が得意であれば是非お勧めしたい職業の一つです。

この職業に向いている人

「英文事務」にはこまめな作業が苦にならず集中力の高い人が向いていると言えます。

細かい書類のチェックや作成が日常的に発生するため、飽きっぽい性格の人や事務作業が雑になってしまう人には残念ながら向いていません。

逆に言えば一人で黙々と作業を進められ、誤字脱字を見つけ出すスキルが高い人には向いています。

文書作成の場合には上司や発注者からの要望に合うよう文章を作成していくので、細かい指示にも対応できるような臨機応変さやコミュニケーション能力の高さも必要となるでしょう。

また専門用語など常に覚えることも多いですが、勉強が好きな人であれば仕事を楽しんで進めていくことができるでしょう。

日常的に大変なこと

この仕事で大変なのは英語に関して妥協ができないという点です。

英語ができる人材という前提で採用されますので英語業務は全て自分で裁いていかなければいけません。

もちろん分からない単語などは辞書で調べながら進めていけますが、ビジネスの場面なのでスピードも要求されています。

また周りに英語ができない人も多い可能性が高いので、分からない点は自分で積極的に調べ、確認し、完成させていける能力が求められます。

時にはインターネットのみならず、海外に電話やメールで問い合わせる必要もあります。

そういった業務に抵抗がなく、自分でどんどん進めていける力が必要なため、通常の事務職よりは積極性が必要です。

チームワークが前提とされる日本人にとっては、この自発的な仕事の進め方が初めのちは不安も多く大変に感じるかもしれません。

また海外クライアントを相手に連絡を取り合う場合には時差の関係上、自分だけ残業を強いられる場合もあります。

この辺りも事案に合わせて臨機応変に対応できると会社では重宝されるでしょう。

慣れてくれば就業時間後は自宅での作業を認められる可能性もあるので、初めのうちは実績を積みながら上司や同僚の信頼を得ておくことも大切です。

ただし、英語が好きで向上心さえあれば、自然と力も付き辛い時期も乗り越えていけるでしょう。

また英語業務の担当となり人から頼られるようになれば自信もついてくるので、更なるステップアップへの原動力へと繋がるはずです。

まとめ

英文事務といっても一概にこれというくくりはなく、自分次第で可能性が広がるポジションと言えます。

また自分の英語レベルによりさまざまな業務を担当するようになれば、多くの部署や顧客と関わる機会も増えるので仕事のやりがいにも繋がります。

英語が得意、好きであればアピールできる資格や経験を積み是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

事務作業で書類が扱えるだけでなく語学力がプラスされることで自分だけの専門性を身に付けられます。

英語の堪能な秘書、通訳、翻訳職を始め日本と世界を繋ぐビジネスを行える人材として、将来的にも職業選択の幅が広がっていきます。

英語がただ得意なだけではなく、ビジネス英語として使えるように、まずは英文事務としてスタートしてみることをおすすめします。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。