英語を使う職業と言えば最初に思い浮かぶのがこの「通訳」という仕事ではないでしょうか。

知名度の高い職業ですが、一言に「通訳」といっても仕事内容によってさまざまな呼び方があるのをご存知でしょうか。

また、英語以外の言語を身に付けた場合はどのような活躍の場があるのでしょうか。

一般的な年収やどんな人が向いているのかといった点も気になるところです。

今回はそんな通訳の仕事について、その内容や収入、必要な資格まで徹底的に見ていきましょう。

通訳の仕事内容について

まずは通訳の仕事内容について詳しくみていきましょう。

言語を使用する仕事という点では共通していますが、通訳にはいくつか種類があり活躍の場もさまざまです。

まずは同時通訳という仕事からみて行きましょう。

同時通訳の仕事

まず通訳の中でも特に難しいとされる同時通訳という仕事です。

同時通訳者は政府間協議やサミット、シンポジウムなどの大規模な国際会議で活躍します。

通訳者は通常別室に入り、マイクを通して聞き取った内容を瞬時に通訳していき、会議参加者はイヤフォンを通した通訳者の声を聴きながら会議を進めていきます。

「同通」とも呼ばれるこの仕事は、通常5人程度の通訳者が20分交代で通訳していきます。

同時通訳が高度な技術だと言われるのは、通訳をしている間も引き続き発話者の音声を聞いているため、高い集中力と瞬発力、そして高度な専門知識を要するためです。

国際的な舞台で活躍することが多いため通訳の中でも花形とも言われるポジションですが、その題材も国際問題や政治的な内容が多いため、日々の積み重ねと多くの経験が必要な専門職です。

逐次通訳の仕事

続いては社内会議やセミナー等、比較的時間がある会議に必要となる「逐次通訳」です。

逐次では発話者の横に付き、会議やスピーチで話される内容を少しずつ区切って通訳していきます。

そのため通常の会議に比べ倍の時間が掛かります。

会議が3時間程度であれば一人で担当し、それ以上は2~3名体制で行います。

こちらも担当する企業情報や会議内容に合わせ的確な訳ができるよう、事前の予習が欠かせません。

ウィスパリングの仕事

ウィスパリングとは聞き手の横で囁く(ウィスパーする)ように同時通訳を行う仕事です。

同時通訳が大勢に向けて行うのに対し、こちらは聞き手が一人か二人の場合に必要とされます。

テレビやスポーツのインタビュー等でよく目にするのがこのウィスパリング同時通訳者です。

自分に何か特技や専門があれば、それを活かした好きな分野で通訳者を目指してみるのも良いでしょう。

それでは実際に通訳者になるには何から始めたらよいのでしょうか?

学校が良いのか、資格が必要なのか、色々分かりませんよね。

さっそく次で掘り下げてみて行きましょう。

通訳者になるには?必要な資格とは?

通訳者になるためには何から取り組んだらよいのでしょうか。

TOEIC900点、英検1級などの各種資格はあるに越したことはありませんが、その取得に時間を掛けているようではいつまで経っても本物の通訳者にはなれません。

通訳として活躍していきたいのであれば、まずは語学を極めその次に実績を積み上げていくこと、これに尽きると言えます。

つまり通訳者としての「経験や実績」が必要なのです。

通訳者として実力が付いてきたら会社に縛られずフリーランスとして活躍する人も多いこの職業ですが、そのためには、まず人前で通訳をするという経験を増やし経験を積むしかありません。

その積み重ねにより知名度を上げ、次の仕事へとステップアップしていくのです。

少しでもチャンスがあれば小さな場面でも積極的に挑戦していきましょう。

積極的に行動できる力はフリーに転身後も、仕事を獲得してく上で重要な力と言えます。

また金銭的に余裕があるのなら、通訳の専門学校やスクールに通いながら実力をつける方法もあります。

しかし資格と同様で、学校に通っているからといって必ずしもプロになれるわけではありません。

そのため学校は情報収集や知識を高めるための場とし、一方で実際に通訳として仕事をする機会を貪欲に探していくことが重要だと言えます。

また企業に勤めながら通訳として働くという選択肢もあります。

この場合は企業の採用ポジションによって仕事内容も多様で、通訳専門の場合もあればその他のオフィス業務と兼業する場合もあるでしょう。

また求人の多くは派遣や契約社員としての募集で正社員ポジションが少ないのも現実ですが、経験を積むという意味では大切な選択肢と言えます。

そのため海外経験がなく、これから通訳者として経験を積んでいきたいという方にはおすすめです。

得意な語学はもちろん、社会人としての知識やルールを学びながら成長していけますので決して損にはならないでしょう。

年収はどのくらい?

一般的にフリーランスの通訳者で年収400万~800万円、時給換算で2,000円以上と言われています。

実績を積めば年収1,000万円以上という通訳者もいますのでやりがいのある仕事ではないでしょうか。

言語別にみると、始めはマイナー言語の方が高収入のようですが年収600万以上からはそこまで差がないようです。

そこまで実力をつけるには時間も掛かりますが、果たしてどんな人が向いているのかも気になりますよね?

さっそく次で向いている人の特徴を見ていきましょう。

通訳という職業に向いている人

上記で収入についてお話しましたが、仕事形態としては比較的不安定だと言えるのも通訳の特徴です。

運よく正社員としての仕事が決まれば別ですが、一般的には派遣や契約社員としてのポジションが多く、転職も人より多くなることが予想されます。

逆に言えば一つの場所に留まるよりも自分でどんどん行動してくことが苦にならない方、積極的で行動力のある方には向いていると言えます。

また時代もどんどん変わっていますので実力のある通訳者であれば転職回数がマイナスにはならないはずです。

そして語学だけでなく担当分野の知識も学んでいく意欲と向上心も大切です。

また同時通訳者になれば単なる通訳のみならず、発話者の意図することを先読みできる読解力や論理的思考力も必要になってきます。

その場合はいかに短時間で適する言葉を導きだせるかという高度なスキルが求められますので、もちろん失敗や挫折も味わうかもしれません。

そんな中でも自分をコントロールしうまく前に進んでいける人、語学のスペシャリストとしてプライドを持ち取り組んでいける人が本物の通訳者として活躍していきます。

そうはいっても初めから完璧にできる人はいませんので、もちろん時間を掛けて経験を増やしていくことが最も大切と言えるでしょう。

通訳の仕事で大変なのは?

通訳の仕事で大変なのは、語学以外の知識を増やしていかなければいけない点です。

担当する案件により毎回業界調査や時事ニュースなどを事前に頭に入れておく必要がありますので、内容プラス語学の向上が常に付いて回ります。

通訳として雇われていても、聞き手はその会社や団体側の人間だと思って聞いていますので、内容を把握していないわけにはいきません。

またフリーランスになれば自分で仕事を取りにいかなければならず、出張費や経費も自腹になります。

一つの仕事で出会った人との繋がりを大切にすること、そして勉強を常に怠らないことが通訳者の生命線になってきます。

それでも自分に専門があり且つ世界の人々を繋ぐ仕事というのはそう多くはありませんので、やればやるほど魅力とやりがいがあるというのも事実です。

まとめ

英語が一般的になってきた現在でも通訳として仕事ができるだけの実力を持つ人材はそう多くありません。

一般的な会社員の働き方とは異なりますが、実力を付ければ世界各国との懸け橋として活躍が期待されるやりがいのある職業と言えるでしょう。

通訳という仕事に興味があればさっそく行動に移してみてください。

通訳者として歩んでいくからにはその積極性と行動力が常に試されています。

そしていつかプロの通訳者として活躍できるよう応援しています。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。