現代は色んな形で提案できる。インタビュアーの面白さ。

インタビュアーとは

インタビュイーの伝えたい想いを引き出し、世に広める仕事「インタビュアー」

ただ聞きたいことを聞くだけの仕事ではありません。

確実に本音に迫る為に、質問の流れを組み立てたり、事前に話しやすい雰囲気を創りだすのもインタビュアーの仕事です。

いかに”空気を作るか”が大きなポイントになります。

様々なメディアの進歩で、インタビュー記事を目にする機会は多くなりました。

雑誌、ウェブマガジン、テレビ、ラジオなど、インタビューした内容を載せる媒体は幅広いですが、基本的に「人対人」という構図は変わりません。

インタビュアーとしての働き方やインタビューする上での心得をご紹介します。

インタビューのコツ

まずはインタビューをする上でのコツのご紹介です。

インタビューといっても様々な形があります。

  • 直接会って話す
  • 電話で話す
  • メールでやり取りをする
  • SNSを駆使してやり取りする

今回ご紹介するのはあくまで「直接会って話す」パターンです。

それぞれ微妙にインタビューの入り方は変わってきますが、全てにおいて大切なのは事前準備です。

準備が8割

インタビュアーとしての仕事の基本は準備です。

話しが上手い、聞き上手の人も、この準備が無ければいい話は引き出せません。

しっかり下調べをしておくのは勿論ですが、何を聞きたいのか、どこのタイミングで核心に迫るのか、ある程度自分の中で流れをイメージしておくことが大切です。

相手がいて初めて成立するのがインタビューなので、事前に確実な練習というのはできませんが、あらゆる想定をイメージすることでスムーズにインタビューに移ることができるでしょう。

相手に緊張させない

自分自身がインタビューする準備万端でも、相手が受ける準備できていないことも多いです。

人によって性格は違うので、話が得意な方もいれば、人見知りで全く話せなくなってしまう人もいます。

その緊張をほぐすのもインタビュアーとしての仕事となるでしょう。

程よい雑談をしつつ、自然な流れで本題に入っていけるかが上手いインタビュアーかどうかの境目です。

中には時間のない中インタビューに応じてくださる方もいます。

そんな人に雑談ばかりしていたら迷惑がられますよね?

相手の性格、状況を瞬時に判断して、雑談・本題の配分をバランスよく割けるようにしましょう。

こればかりは経験です。

インタビュー上手は相槌上手

インタビュアーとして質問を振ったり、トークを切り返したりも当然重要な技術ですが、「相槌」も立派な技術になります。相槌を入れるタイミング、回数、相槌の種類。

これだけでインタビュイー側の話し易さも変わってきます。

大げさな例ですが、自分が話している時に「はいはいはい」と何度も「はい」で相槌打たれたら少し嫌な気持ちになりますよね?

「この人本当に自分の話しに興味あるのだろうか」と疑問に思ってしまうと思います。

相槌の正解は正直言ってありません。

回数や間は重要ですが、何回打つとか何秒空けるというルールはありません。

あくまでインタビュアーとインタビュイーの感覚の問題です。

インタビュイーによっても変わりますし、場所の空気感によっても変わってくるはずです。

言葉にはならない「頷く」というのも立派な相槌になるでしょう。

簡単なように思えて奥深いのが”相槌”の世界です。

インタビュアーのなりかた

インタビュアーだけを募集しているというのは中々ありませんが、捉え方によっては誰でもインタビュアーにはなれてしまいます。

雑誌・ウェブマガジンでインタビュー記事を執筆

色んな雑誌やウェブマガジンを見ていると、その隅に「ライター募集」という情報が載っていたりします。

”ライター”というとインタビュアーとは少し違うように聞こえるかもしれませんが、ライターからインタビュアーを目指すことはかなり近道になるかもしれません。

一例ですが、「全国の美味しいお店」がテーマのウェブマガジンがあったとします。

「あなたが住んでいる地域のお店を調べて、紹介の記事を書いてください。」という仕事があった場合そのお店に行って直接店主の方に想いなどを聞いて記事をまとめるというやり方もあります。

これも立派な「インタビュアー」になっています。

インタビュアーとしての募集でなくても、ライターからインタビュアーとして活動の幅を広げることは可能なのです。

youtubeやネットラジオで自分の気になる人をゲストに

今はSNSの普及により、自分自身がメディアになれる時代です。

一昔前は芸能人や有名人しかテレビやラジオには出ることができませんでしたが、今では自分で近いメディアを立ち上げることが可能な世の中になりました。

動画ならyoutubeです。

自分のチャンネルを作り、気になる人をゲストに呼び、インタビュー番組を作る。

これができればインタビュアーとしデビューすることができます。

チャンネルを作るのは無料ですし、上手い下手よりも発信する行動力が重視される時代です。

あなたの意識しだいではすぐにでもインタビュアーデビューできます。

顔出しはちょっと。

できれば音声だけがいい。

こういう方はネットラジオがオススメです。

Soundcloud、note、podcastにインタビューした音声をアップするだけです。

あとはSNSで告知をしたりすればあなたの音声メディアを発信できます。

動画も音声も無料で気軽にスタートできるメリットはあるものの「仕事」というところに直ぐに繋がらないデメリットがあります。

ただ、自分メディアを持つことで、アピール素材になることは間違いありません。

インタビュアーの年収

インタビュアーの収入は案件によってバラバラです。

ライター経由で取材を兼ねてのインタビューなら1本辺り5千円~2万円くらいの案件もあるかもしれません。

ただ、自分発信のメディアの場合はそのメディア自体のアクセス数が増えたり、広告を付けてそこから収入が入らない場合中々稼ぐというのは難しいかもしれません。

その他には正社員として出版業界や放送業界に入り、安定した収入の中でインタビューを学ぶという方法もありますが、積極的にインタビュアーとして起用してもらえるかはあなたの力量次第でしょう。

「インタビュアー」という肩書1本で食べていくのは非常に難しいでしょう。

ライター兼インタビュアー、ラジオパーソナリティ兼インタビュアーなど、自分の本来持つ肩書きに付随するような形でインタビュアーと名乗るのがいいのではないかと思っています。

インタビュアーとして大変なこと

実体験のお話です。

私自身もラジオパーソナリティという肩書きの中でインタビュアーをさせていただきました。

普段聞けない話が聞けて面白いという反面、聞き手としての難しさも随所に体感してきました。

私のように仕事の場合、自分が詳しい分野にだけいけるわけではありませんでした。

そうなると事前に下調べするのも一苦労です。

調べて行った内容が古かったり、認識を間違えていたということもありました。

そんな中一番学べたことは「聞き出すプロとして徹する」という考え方でした。

準備が大切というのは基本中の基本です。

ですが、どれだけ調べてもインタビュイーの知識や体験には勝てません。

最低限のことを把握し、学ぶつもりで聞き出すという意識を持っただけでかなり心に余裕ができ、いいインタビューができるようになりました。

インタビュアーは文字なら「読者の」音声や動画なら「リスナーや視聴者の」代表という意識を持ち、どんな事を聞いてもらいたいと思っているか、客観的な意識を持たなければいけないといけないと思っています。

大変ではありますが、自分の知識になり、生き方の参考になることも多いので、インタビュアーとして発信していくのは最初収入に繋がらなくてもオススメしたいお仕事です。

まとめ

インタビュアーは資格などが必要ありません。

あなたが「今日からインタビュアー」と名乗れば、それでインタビュアーとしての道は切り開けます。

自分で発信できる時代です。

面白いと思う人やイベントをピックアップして、それを是非世に広める活動をしてみてください。

クラウドソーシングなどのサイトを使ってライター経由のインタビュアーということも可能な時代です。

発信する面白さを知り、あなた自身も「面白生き方をする人」を目指してみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。