自動車ディーラー営業は、地道で過酷な仕事です。

仕事が辛くて辞めたいと思っている方は、すぐに転職をすることをおすすめします。

今回は、自動車ディーラーの仕事の大変さと、転職をすすめる理由についてご紹介していきます。

自動車ディーラー営業の仕事にはこんなデメリットがある!

自動車ディーラー営業の仕事はどんなところが大変なのでしょうか?

ディーラー営業が仕事を辞めたいと思う大きな理由として挙げられることを中心にご紹介します。

残業が多い

自動車ディーラー自体の夜の営業時間さほど遅くはありませんが、ディーラー営業の仕事はお店が閉店した後も続きます。

特に顧客へのアフターフォローや営業の電話などは、一般社会の人たちが仕事を終えた夜にしか電話がつながらないこともあり、夜になってしまう傾向があるからです。

また、日中は店頭に訪れた人の対応や故障などのトラブル対応などに追われ営業活動を行う時間がないということも言えるでしょう。

しかし、この営業をしっかりやっておかないと売り上げが伸びなかったりアフターフォローがなっていないと評判が立つこともありますから大切な仕事です。

さらに営業活動後にも、契約書類や車庫証明などの書類の作成に取り掛かるため帰宅は毎日遅く、22時過ぎまで働く人もざらです。

車はなかなか売れない

数ある営業職の中でも、商品の単価が高く売れにくいのがディーラー営業の仕事です。慎重になる顧客が多いため、購買に至るまでに数か月かかることも珍しくありません。

特に今は、節約志向や経済への不安などから、高級車やスポーツカーなどのよりも、燃費が良いコンパクトカーや軽自動車などをじっくり選ぶ顧客も増えています。

以前と比べると客単価が低く、割が悪くなっているとも言えます。

売れないと肩身を狭い思いをすることが

土日や連休時にはディーラーでは試乗会など、様々なイベントなどを開催して客を呼び込み、購買へつなげる取り組みが行われています。

平日に比べても購買の確率が上がるため、職場の雰囲気も独特で高級車が売れた営業などはヒーロー扱いされることもあります。

その一方で、売れなかった場合には非常に肩身の狭い思いをして、悔しさを感じることになります。

この精神的なプレッシャーが毎週繰り返し行われることで、メンタルにダメージを受けてしまいます。

ディーラー営業からの転職を勧める理由とは

自動車ディーラー営業は続けることが大変で、仕事としての将来的な先行きは不透明です。

早めに転職をすることも必要なのではないでしょうか。ここでは、ディーラー営業を辞めて転職を勧める理由についてご紹介していきます。

若者の車離れに高齢化、自動車業界の先行きは不透明

日本の輸出産業を支える稼ぎ頭の自動車業界は、技術力の高さからも海外で人気もあります。

今後ますます輸出は活発化されると思われますし、業界自体の安定性は高いと言えます。

しかし、若者の車離れに高齢化などで車を手放す人が今後増える可能性が上がるなど、国内の需要には疑問が残ります。

自動運転装置など様々な技術の発達によりそれらの問題に対応していくのでしょうが、販売方法の変化なども予想されます。

基本的に国内の購買担当であるディーラー営業の仕事は、先行き不透明と言えるのではないでしょうか。

モチベーションを保つのが難しい

車は高額のため売れにくい商品である上に、国内での需要は頭打ちとなっています。

毎日遅くまで営業活動を行ってもなかなか成果につながらないのでは、モチベーションを保つことが難しいです。

同じ営業職であれば、もっと売りやすい商品はたくさんあります。売れるという成果につながりやすい方が営業職としての楽しみややりがいが見出しやすいとも言えます。

モチベーションを保つのは仕事を長く続ける上で非常に大切なことですから、その意味でも結果がでないディーラー営業からの転職をお勧めします。

長時間残業は病気の原因に

忙しいディーラー営業マンは長時間労働が慢性化している傾向が強いので、体調不良を引き起こしやすい状況です。

また、長時間労働が引き起こすのは体だけでなく、精神的にもうつ病などになってしまったり、職場適応障害などを引き起こしてしまうことになりかねません。

永遠と終わらない営業活動のプレッシャーと勤務時間の長さから解放され、健康的で生き生きとした職業人生を歩むべきではないでしょうか。

出世や年収アップをするには成果が必要だから

成果主義の自動車ディーラーでは出世をするにも年収を上げるにも、とにかく自動車を売らなくてはなりません。

他の業界や職種では、資格やスキルを上げたり、やる気があって周囲とのコミュニケーションが上手に取れたりすることだけでも出世に結びつくことがあります。

しかし、なかなか売れない自動車ですので、頑張っても頑張っても出世できず年収が上がらないということにもなります。

計画的にキャリアアップができる業界や、そもそもの基本給が高い業界に転職することで容易に年収をアップさせることも可能です。

こんな転職先がお勧め

自動車ディーラー営業からの転職にはどんな仕事が向いているのでしょうか。

他業界での営業職

自動車ディーラー営業の中には、転職して他の業界の営業職として活躍している方が多いです。

自動車という商品に固執しないのであれば、他業界での営業職へは転職しやすいです。

どの業界でも営業職は人手を欲しており、営業経験という点から採用に有利に働くでしょう。

自動車とは違う難しさがあるとは思いますが、自動車ディーラー営業としての営業スキルはどんな営業でも役に立つ部分は大きいはずです。

ノルマがない接客業

自動車ディーラー営業は、ショールームでの接客業が主な仕事の一つでもあります。営業という側面と接客業的側面を両方持ち合わせているのがディーラー営業です。

自動車の購買層は様々で、中には医師や弁護士など社会的地位の高い人も多いですし、車の免許を取ったばかりの新卒の方もいます。

幅広い立場や年齢層に対応してきたディーラー営業であれば、どんな接客業にも対応できる接遇スキルを持ち合わせているはずです。

営業という仕事に嫌気が指したという人であれば、ノルマがない接客業などもお勧めです。プレッシャーから解放され、顧客の笑顔のために心からの接客ができるのではないでしょうか。

転職をスムーズに行うために

転職を決めたら、転職をスムーズに成功させるためにも転職エージェントに登録されることをお勧めします。

ハローワークや求人誌と比べても求人数が多く、希望に合った求人が見つけやすいからです。登録は無料なのでぜひ活用してみてください。