女性の社会進出やストレス社会への対応などから、自由な働き方という言葉が聞かれるようになりました。

転職活動においても、働き方の自由度が高い企業への転職を希望するという人が増えています。

しかし、自由という言葉は魅力的ですが、実際にはメリットばかりではありません。

そこで今回は、働き方を選べる会社に転職することのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

働き方を選べる会社のメリットとは

働き方が自由に選べるということは労働者にとって大きなメリットがあります。

まずはどんなところがメリットなのかについて見ていきましょう。

ワークライフバランスを保つことができる

仕事とプライベートを両立しながらも仕事で成果を出すことを目的とするワークライフバランスですが、従来の働き方では達成できなかった人にとっては、働き方の自由度が高まることによって達成する可能性が広がります。

プライベートを充実させることで仕事も生き生きと取り組んでくれることもできますし、子供の行事に仕事でいつも行けなかった人や保育園の送り迎えが大変で苦労していたという人や育休中の人たちにとっても大きなメリットとなります。

周囲に気を遣って帰れないということがない

働く時間帯の自由度が増すことで、周囲に気を遣って「明日やってもいい仕事」をやることで残業をするということもなくなります。

日本人は協調性を大切にしますから、周りが帰らないのに自分だけ帰るということがなかなかできない人が多いです。

それによって残業が慢性化し、仕事効率の低下や長時間労働による体調不良などにつながってしまいます。

しかし、それぞれの働く時間帯に自由度があれば、すべての人たちと足並みをそろえようという概念はなくなるはずです。

やるべき仕事に集中することができる

働き方を選ぶということの中には、1日の勤務時間を短縮するという方法が含まれています。

例えば時短正社員などがそうです。

時短正社員は短い時間内でフルタイム正社員と同じ成果を挙げるという点では厳しい制度なのですが、制度を利用することで周囲への「時間が限られている」ということのアピールになります。

フルタイム正社員であれば、どんな仕事内容であっても、何時であっても仕事の依頼を受けることがありますが、時短正社員であれば違います。

周囲は必要最低限の仕事しか依頼してきませんし、雑務や誰にでもできるような仕事ではなく、その人にしかできない仕事を依頼される機会が多くなります。

これは大きなメリットで、自分が本来やるべき仕事に集中することができるようになります。

働き方を選べる会社に転職することのデメリットとは

働き方を選べる会社に転職することは、メリットだけでなくデメリットもあります。

どんなことが考えられるのでしょうか?

成果主義なので過程よりも結果が大事

在宅での仕事にしろフレックスタイム制にしろ、言えるのは通常の働き方に比べても成果が非常に求められるということです。

極端な話通常の働き方の場合には、仕事の成果そのものよりも勤務態度が真面目で遅刻なども一切しないなどの「勤勉さ」が周囲から評価されることがありますが、自由な働き方の場合には過程よりも結果が見られます。

真面目に頑張ったからと言って成果を挙げることができなければ、評価の対象にならないというデメリットがあるのです。

自己管理能力が低いと成果を出すことが難しい

才能が豊かであったり天才的な知能がある人であれば違うかもしれませんが、基本的には自己管理能力の高い人でなければ自由な働き方で成果をだすことは難しいです。

誰かに見られないことで自分を律して集中することができなくなるようでは、自由な働き方が逆に本人の首を絞め評価を下げてしまうことになります。

時短正社員などにおいても同じです。

限られた時間内で仕事で成果を挙げるためには私語をしている暇などありませんし、仕事効率を上げるための工夫が必要になってきます。

このように、どんな働き方をするにしても高い自己管理能力が必要になってきます。

フルタイムで働く正社員からその能力を見られている

フルタイム正社員と時短正社員は、待遇や責任は同じで勤務時間だけが異なっています。

にもかかわらず時短正社員であれば時間がくれば他の人が仕事を変わってくれたり、限られた仕事しか頼まれないため、フルタイム正社員からすれば不公平感が募るのは当然です。

人によっては、時短正社員の尻拭いをフルタイム正社員が行うと不満に思っている人も多いと聞きます。

働き方を選べる中で実際に「選ぶ」ということは、その能力や働きぶりは常に見られているという覚悟は必要かもしれません。

パートタイマー労働者との圧倒的な能力の差が必要

パートタイマーとして働く人は、働ける時間が限られているという理由でその働き方を選んでいるという人が多いです。

その意味では時短正社員と同じであるため、パートタイマと時短正社員の境界線の曖昧さについても指摘される可能性があります。

パートタイマーは正社員に比べて給与や待遇面で劣りますし、その分責任も薄い立場と捉えることができます。

しかし、働く時間に関しては時短正社員と同じため、能力に違いがないのであれば時短正社員の制度そのものが無意味になってしまいます。

つまり、時短正社員は同じ時間働くパートタイマーと比べて圧倒的な能力の差が必要になるというわけです。

働き方が選べる会社へ転職を考えるなら転職エージェント

働き方が選べるということにはメリットの他にもデメリットがあるということがお分かりいただけたでしょうか?

両方の点について理解した上で、働き方が選べる会社へ転職したいと考えるのであれば、ぜひ転職を成功させて自由に伸び伸びとその能力を発揮してほしいと思います。

働き方が選べる会社を探すのであれば、転職エージェントを利用するとスムーズです。

「こんな働き方をしたい」と伝えることで、働き方の自由度が高い企業に絞って紹介をしてくれますし、気になる企業の社内制度についても確認してもらうことも可能です。

企業HPなどには載っていない独自制度を採用していることもありますから、諦めずに聞いてもらうようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、働き方を選べる会社で働くことのメリット・デメリットをご紹介してきました。

メリットだけを見て決めるのではなく、デメリットも理解した上で自由な働き方を選択しなければ、転職が失敗に終わってしまうこともあります。

自由な働き方をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。