女性がなりたい仕事の上位に、常にランクインするのが秘書です。

ドラマや本などでも取り上げられることもあり、デキル女の代表のようなイメージがあるのかもしれません。

しかし憧れだけで秘書の仕事を始めてしまい、仕事が辛くて辞めたいと感じている人も多くいます。

デメリットも多い仕事ですから、秘書の仕事が辛いなら転職を考えてみましょう。

今回は、秘書の仕事の大変さと、転職先や転職方法についてご紹介していきます。

秘書の仕事の大変なところは?

秘書はテキパキと仕事をするカッコイイイメージがあるかもしれませんが、実際には大変なことも多い仕事です。

秘書の仕事はどんなところが大変なのかについてご紹介していきます。

役員によって合う合わないが激しい

秘書と役員との関わり方としては、一人の役員だけを担当する場合や、一人で複数の役員を担当する場合など様々です。

いずれにしても役員によって、好みの仕事のやり方や接し方が変わってきます。

逐一報告することを好む役員もいれば、必要最低限のことだけやってくれれば後は自分でやりたいという役員もいます。

秘書への接し方もそれぞれで、仕事のやり方が気に入らないと怒鳴る人もいれば、秘書をこき使うタイプの人もいます。

秘書としては役員によって柔軟に対応を変えていく必要があります。

しかし、相性の悪い役員の秘書を担当することになった場合には、仕事そのものが憂鬱になるぐらいの影響力があります。

ベテラン秘書であればどんな役員にも対応できますが、若い秘書や経験の少ない秘書にとっては簡単ではありません。

他の部署から業務上の秘密を聞かれることがある

秘書は職名にもあるとおり、機密性の高い仕事です。

そのため口が堅く仕事内外においても用心深い行動をとれるような人が求められます。

しかし、他の部署や企業などから秘密を尋ねられたり、行動を監視される対象になることもよくあります。

自分の不注意によって重大な情報が漏れることもありますから、非常に責任の重たい仕事と言えるでしょう。

単に秘書がかっこいいというイメージだけでこの仕事を選ぶと、その責任の重さに耐えられなくなってしまいます。

[ 関連記事 ]

自分のペースで仕事をすることが難しい

前述したとおり、様々なタイプの役員につくことがある秘書ですから、その都度仕事のやり方を変えたりペースを工夫する必要があります。

自分が思うとおりの仕事の進め方ができないため、自分のペースで仕事をしたいと思う人にとっては難しい仕事でしょう。

ただ、受け身であれば良いというわけでもなく、常に役員が求めることを察知して一歩先に準備をしておく、という機転も求められる難しい仕事です。

プライベートな予定を立てづらいことがある

企業の重要な役割を担う役員は非常に忙しく、急な会議が入ったり来客があったりと夜遅くまで働くことがあります。

役員が秘書に求める仕事の度合いにもよりますが、秘書も残ってサポートすることもあり、プライベートの予定が立てづらいというデメリットがあります。

派遣のように時間が決められていたり、役員が定時までしか秘書業務を求めない場合は定時に帰れることもあります。

しかし、秘書に求める業務の度合いが大きく、役員と行動をともにすることが多い秘書の場合には、定時に帰れることはまれで役員同様に忙しくなることがあります。

給料や待遇は他の社員と同じ

いくら高い役職の秘書を担当していても、秘書本人が偉いわけではなく、給与についても他の職種と同じように企業の給与規則に基づいて支給されます。

特段他の職種と比べて給料が高いわけでもありません。むしろ、相対的に見ると安い傾向にあります。

責任が重く、神経を使う仕事の割には給料は決して恵まれているとは言えません。

残業代がつかないこともある

秘書は労働基準法上「機密の事務を取り扱う者」として労働時間などの規定の除外対象者となっています。

そのため、秘書には残業代を出さなくて良いのだとして残業代がでないことがあります。

ただし、これはその業務の内容にもよるものなので、秘書と名がつけば必ず残業代を出さなくて良いわけではありません。

無知な経営者や、制度を悪用しようとする悪質な経営者の元で働く場合には、労働基準法を引きあいに出されて、残業代の対象外となってしまうと覚えておきましょう。

秘書が辛いなら転職しよう

かっちりとしたスーツに身を包み、仕事ができるイメージからか憧れの対象となることも多い秘書ですが、実際にはデメリットも多い仕事です。

今の秘書業務が辛いと感じているのであれば転職を考えてみてはいかがでしょうか?

働く場所を変えることで、同じ仕事でも働きやすくなることは十分に考えられます。それに、秘書業務の経験は他の仕事に活かすこともできます。

同じサポート業務なら事務職への転職は有利

秘書の仕事は役員のスケジュール管理や調整、宿泊や交通の手配など様々ですが、実はこれらの仕事は秘書と名がつく仕事でなくても携わる機会が多くあります。

例えば事務職であれば、通常業務として他職種との調整を行ったり上司のスケジュールを管理することもよくあります。

パソコンを利用して情報収集や書類作成などを行うことも秘書としては通常行うことですから、事務系の仕事であればさほど困ることなく仕事ができるのではないでしょうか?

また、役員や他の立場の人たちともうまく接する必要がある秘書ですから、どんな職場に行っても周囲と協力体制を築くことができます。

転職活動の面接でもその点をアピールすることで、協調性の高い人だと判断されることも多いです。

転職するなら転職エージェントを利用しよう

秘書からの転職を考えるのであれば転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントには、非公開求人を含む多数の求人が掲載されており、様々な求人の中から比較検討して、希望の条件に合う求人を探すことができます。

また、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントに、応募書類の添削や面接時のアドバイスなどを受けることもできます。

転職を有利にすすめるためにも、ぜひ活用してみてください。

秘書から他の仕事へ

今回は、秘書から他の仕事に転職したい理由と、仕事の大変さをご紹介してきました。

秘書は究極のサポート業務ですから、合う人と合わない人が分かれる仕事です。

今秘書の仕事が辛くて辞めたいと感じているのであれば、秘書以外の仕事にも目を向けてみることが必要です。

秘書として得たスキルは他の仕事でも活かすことができます。ぜひ転職を前向きに考えてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。