最近、部下から無視をされたり、嫌がらせを受けていたり、精神的に追い詰められて悩んでいませんか?

部下の態度が明らかに上司に対する態度ではないと感じていたら、それは「逆パワハラ」を受けています。

近年パワハラばかりが取り上げられていますが、表面には出てきにくいだけで、実は逆パワハラで悩んでいる人は大勢います。

適切な対応を取ることで、逆パワハラの悩みを解消することができます。

部下の逆パワハラにストレスを抱えているなら、黙って我慢しているだけでは解決しません。

ここで紹介する対処法を取り入れて、あなたも部下との関係を最適なものにしていきましょう!

逆パワハラとは


まずは逆パワハラとはどういうものか整理してみましょう。

強い立場を利用して不利益を与えたり、無理・難題を押し付けることなどがパワハラです。

その逆で、上司が部下からの無視や嫌がらせなどに悩みを抱えている状態。これを「逆パワハラ」と言います。

権限を行使して暴言を吐くようなパワハラ上司もダメですが、部下が立場をわきまえず横柄な態度を取ったり、上司の命令に従わない状態をいいます。

表面には出てきにくい問題ですが、部下からの嫌がらせで労災認定されたケースもあり、潜在的にはかなりの数あると見られています。

SNSなどで上司の文句を拡散する若者が増加中

近年はSNSの急速な普及により、会社の不満や上司の悪口をSNSを利用して拡散する若者が増加中です。

実名や所在が明らかに分かるような書き込みもあり、ひどい場合には名誉棄損で訴えられる危険性もあります。

SNSの書き込みについて、ニュースでも度々取り上げられていますが、それでも減らないことを考えると、申告な問題です。

部下からの嫌がらせが表にでてこない理由

部下からの無視や嫌がらせは、パワハラほど問題視されることはありません。

それは、やはり上司の方がまだまだ強い立場にあることが多いということが理由の一つです。

しかし、それ以外にも表にでてこない理由があります。

それは何なのでしょうか?

管理能力を疑われることになると思ってしまうから

部下からの逆パワハラに悩むのは、中間管理職に多いと言われています。

中間管理職はその名の通り、上からも圧力をかけられ、部下からもきつく当たられることがあり、会社ではいつも板挟み状態にあります。

パワハラの場合は先輩や別の上司に相談するという方法や、会社のコンプライアンス部門に駆け込むという方法があります。

しかし、部下からの逆パワハラの場合は、それができないというのが大きなデメリットです。

上司として部下をコントロールできないことで評価を悪くしたり、出世に影響するのではないかと考えて、誰にも言えず一人で悩むという中間管理職が多いのです。

プライドがあるため

管理職にまで上り詰めた人ですから、仕事に対して誇りを持っており、自分自身にもプライドがあります。

それにも関わらず、自分より年齢も社歴も下の部下に無視される、暴言をはかれるなど、プライドが邪魔をして人に相談することができません。

そんな自分を責めることはあっても、自身への情けなさや恥ずかしさから表に出せず問題として上がってこないのではないでしょうか?

トラブルを避けたがる

中間管理職は部下とのトラブルを避ける傾向にあります。

部下を管理しなければいけない立場のため、部下とのトラブルは、自分の評価にも影響してしまうからです。

自分が我慢することで職場がうまく回るならと、余計なトラブルになりそうな事には見てみぬふりをしてしまいます。

労働基準法やパワハラを盾にする

労働基準法は、その名のとおり労働者を守るための法律です。

しかし、メディアなどで取り上げられることも増え、労働者側の知識がついたことから、それを盾にしてすぐに「労基法違反だ!」と騒ぎ立てる人を目にするようになりました。

そのような人は法律に詳しいと自負しているかもしれませんが、実際には浅い知識であることも多く、会社や上司だけでなく職場の同僚たちもうんざりしています。

また、パワハラという言葉が浸透したのをいいことに、ちょっと注意をするだけで「パワハラだ!」と大騒ぎしてしまうので、

上司が部下に注意しにくい環境になってしまています。

部下からの嫌がらせにはどう対処するべき?

それでは、このような部下からの無視や嫌がらせなどの「逆パワハラ」にはどのように対処していくのが良いのでしょうか?

その方法についてご紹介していきます。

毅然とした態度で接する

どんなに人柄が良く優しい人で人を怒れない、または部下に嫌われるのが怖くて怒れないとしても、部下の教育は上司の重要な仕事です。

部下の態度の悪さには毅然とした態度で返しましょう。

下手に気の弱いところを見せたり、気を遣いすぎる様子は返って相手を思い上がらせ、無視や嫌がらせなどのあり得ない行動へと移っていきます。

もちろん、パワハラと呼ばれるような暴力的な言動には注意が必要ですが、毅然とした態度を見せることで部下も調子に乗らないようになります。

何が不満なのかを明らかにする

最初から横柄な態度で臨んでくるようであれば、部下本人の資質が問われる問題のため、人事課などに訴えを起こすことも必要です。

ただし、以前はそんな態度ではなかったのに急に態度が悪化したという場合には、何か不満に感じている要素があるはずです。

まずは何が不満なのかを明らかにすることをしてみましょう。

私が知っているケースでは、ベテラン女性社員が「新入社員の若い女性に対して周囲がちやほやして自分と明らかに差をつけている」と思い込んでしまい、そのイライラを上司にぶつけ、無視をするようになったという事例がありました。

部下の態度が急変した場合には原因があるはずです。それを明確にして対処することで解決できる問題もあります。

部下と一度よく話し合ってみることで解決の糸口になるでしょう。

法律への理解を深める

パワハラや労基法を盾に横柄な態度を取る部下は、一般的な法律に関してはある程度把握しています。

しかし、弁護士などのような法律の専門家ではないため、理解していない部分も多いです。

法律のことを出されるとつい萎縮してしまうという方は、そのことを念頭に置いて自分自身も法律に関しての知識を深めるべきです。

上司として人を管理する立場にある人間であれば、労働法などの知識は持っておいて損はなく、それが自分自身を助けてくれることにもなります。

逆パワハラを受けている証拠を残す

一番大切なのは、逆パワハラ受けているという証拠を残すことです。

証拠を残すため、ボイスレコーダーを用意するのもいいでしょう。メモに残しておくもの効果的です。

日時や名前、どんな言葉を言われたのか、どんな態度を取られたのか、とにかく細かく記録しておきましょう。

証拠を残しておくことで、上司や会社に訴えるときに有利になります。

相談窓口は、社内だけでなく外部にも沢山あります。会社に相談しても取り合ってくれなかったり、解決できそうにない時は、労働基準監督署や、弁護士に相談してみてください。

どんな対策をとっても部下の逆パワハラが収まらない時は

考えられることをすべてやったら、上司としての権限を正当に行使し、部下の異動などを命じるのも考えましょう。

しかし、我慢を続けてきた人にとっては、そこまでの正常な判断ができない状態に陥ってしまうことも考えられます。

実際に部下からの嫌がらせで、うつ病になってしまったというケースもあるぐらいです。

我慢して自身の心と体の健康を害してしまい、仕事をすることが困難になる前に、色々な選択肢を考えておくことも大切です。

部署移動や、思い切って転職を考えてもいいでしょう。

いつでも行動できるように、事前に準備しておきましょう。

すぐに転職をする訳ではなくても、まずは転職エージェントに登録するなどして、前向きに転職をする準備を整えていきましょう。

管理職にまでなった人であればその市場価値が評価され、転職エージェントから良い求人を紹介してもらうことも十分可能です。

転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひ活用してみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。