離婚を機に正社員として転職活動を始めるという女性は多くいます。

しかし、ブランクがあったり、離婚という初めての経験に対して不安も大きく、転職活動に集中できないという方も多いです。

不安はあるかもしれませんが、離婚の予定があっても良い転職先は見つかります。

転職に向けて覚えておきたいことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

離婚は珍しくないから堂々としてよう

離婚予定がある女性の転職活動は様々な不安がよぎることでしょう。

その一つに、離婚したことによって社会から白い目で見られたり、何かデメリットを被ることがあるのかということです。

昔であれば社会的なイメージが下がることもあった離婚ですが、現代は離婚は全く珍しくない時代です。

3組に1組のカップルが離婚すると言われていますし、自分の周りにも誰かしら離婚経験のある人がいる方は本当に多いのではないでしょうか?

子供がいてシングルマザーになる場合も同様です。

シングルマザーだからと後ろ指を指されることはありません。

そういう人がいる可能性がゼロというわけではありませんが、どんな理由であれ人を避難する人が世の中にはいるということだけです。

これだけ離婚が珍しくない時代ですから、他人の離婚のことを気にしないという人も増えました。

離婚することを負い目に感じたり、転職活動に不安を持ちすぎて萎縮する必要は全くないということを覚えておきましょう。

離婚の事実は公にするとメリットもある

離婚は隠さず報告することでメリットもあります。

会社の規則にもよりますが、例えば子供を養っている場合の扶養手当などは、配偶者がいないことを申告すれば金額が上がることがあります。

扶養手当は本来子供を扶養するための援助的な意味合いがありますから、離婚して一人で子供を養う場合にの金額が大きくなるのは不思議ではありません。

さらに、シングルマザーであることを周囲が知れば、大抵は早く帰ることや子供の病気などの突発的なことで休むことに理解があるはずです。

特に近年はシングルマザーや育児をする人に対して、厳しい態度を取ることを禁止する動きが大きいですから、昔のようにシングルマザーだからときつく当たられることは少ないです。

夫の扶養に入っていた場合は想像以上に生活することが厳しいと覚悟して

離婚予定がある女性も堂々と転職活動を行っていけば良いのですが、収入や生活に関しては厳しくなると覚悟は必要です。

特に夫の扶養に入っていてフルタイムで働いていない、あるいは専業主婦だった場合には、一人での生活に想像以上のお金がかかるということを実感させられることでしょう。

現代の配偶者扶養制度は非常に恵まれており、被扶養者には通常数万円はかかる社会保険料の負担がありません。

また、パートなどで自身の収入を抑えていたということは、所得税や住民税の負担も少なかったことでしょう。

正社員として一人で働くということは、それらをすべて自分で負担するということです。

転職先を探すときも、求人票の給与の額は社会保険や税金を引く前の金額です。

これまで正社員で働いていた期間が長い人であれば当たり前に分かることですが、ブランクが長い場合には忘れていることも多いので、しっかりと思い出しておきましょう。

離婚予定は転職活動の面接で言うべきかどうか

離婚予定があると、それを面接で言うか言わないかについて悩む人が多いです。

一つ言えるのは、応募の段階で離婚が成立していないのであれば、特に言う必要はないでしょう。

虚偽の申告はもちろんいけませんが、現段階で成立していない以上何も言えないとも言えます。

しかし、その場合に悩みの種となるのは、離婚が成立したことによって内定に響くかどうかということです。

まず、離婚の社会的なイメージについては前述した通り、離婚が当たり前の時代なのでそれを持って内定に影響を与えることはほとんどありません。

さらに内定が出たあとに離婚を理由に取り消しをすることは合理的な理由を欠いていますから、法的にアウトです。

それに育児中の女性の場合は、配偶者がいてもいなくても、子供の病気や行事などで仕事を休むことはあるでしょうから、育児による仕事への影響は離婚の有無でさほど変わりません。

仮に内定前に離婚を報告したことによって不採用になったとしたら、その企業はシングルマザーに対しての理解もなく、内定をもらっていたら、転職した後に大変な思いをしていた企業だということです。

また、不採用理由については知らされないため離婚が原因だったのでは?と思うかもしれませんが、大抵はそれ以外の理由です。

離婚の申告についてあれこれと悩むよりも、応募理由が明確だったか、自己アピールはしっかりできていたのかなど、基本的な面接の姿勢について振り返っておく方が建設的です。

離婚については事実が発生したらそのタイミングで伝える、シンプルにそれだけなのです。

転職先では離婚後の名字で働きたい場合は人事部に相談しよう

応募時に離婚が成立していないのであれば離婚予定のことも言う必要はありませんし、履歴書なども離婚前の名字で記入することになります。

ただし、転職先では最初から離婚後の名字で働きたい、転職先の職場の人に大々的に離婚の報告をしたくないのであれば、内定が決まってから人事担当の方にその旨相談してみましょう。

直属の上司には知られることになることがほとんどでしょうが、それ以外の人に最初に紹介するときなどは、離婚後の名字で紹介するように取り計らってくれることがほとんどです。

不安は転職エージェントに相談しよう

離婚予定の女性は通常の転職活動よりも不安が大きいでしょうから、相談できる相手をもつことが大切です。

一人で漠然とした不安を抱えながら転職活動をしていても、面接で良い結果を出すことはできません。

一番良いのは転職支援のプロである転職エージェントに相談することです。

様々な立場の人の転職をバックアップしてきた経験から、離婚予定がある女性の心強い味方となってくれるでしょう。

特に正社員としてのブランクが長いという方は、未経験でもできる条件の良い仕事はどんなものがあるのか、応募書類の書き方や面接の対応など基本的なことも教えてくれる人が必要です。

転職エージェントは無料で利用できますので積極的に活用し、悩みや困りごとを解消していきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、離婚予定の女性の転職について覚えておきたいことをご紹介しました。

プライベートの環境と仕事環境が同時に変わるということは精神的な負担も大きいかもしれません。

しかし、現代は離婚に関して寛容ですし、転職活動には転職エージェントという心強い味方がいます。

不安に感じすぎて本来の魅力を発揮できないことだけはならないように、堂々と転職活動を行っていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。