外資系企業の面接では日系企業と比べて聞かれる質問自体が大きく異なるということはありません。

ただし、答え方や強調すべき点においては違いもありますので、その違いは理解した上で面接に臨むことが必要です。

今回は、外資系企業の転職面接でよく聞かれる質問や日系企業の面接との違いについてご紹介していきます。

協調性があるエピソードは不要?

日系企業の面接官は応募者に対して「周囲とうまくやっていけるのか」「協調性はあるのか」という点を気にします。

面接でも、これまでの仕事の中でチームとして何かを達成した経験や協調性を感じられるエピソードがあると好印象につながりやすいです。

しかし外資系企業では日本のように協調性を非常に重視するという傾向はありません。

どちらかというと一個人としての能力やスキル面を重視しますし、実際の職場でもオンオフがはっきりとしているため職場の人との付き合いも淡泊な傾向にあります。

面接では特に協調性をアピールすることは避けて、自身のスキルや能力のアピールを重点的に行うようにしましょう。

実績、経験は客観的事実に基づいて

外資系企業でも日系企業でも聞かれるのが過去の実績や何を成し遂げてきたのかなどの経験です。

これらは数字などを入れて客観的にアピールしていくことが必要とされますが、外資系企業ではさらに顕著になります。

結果が出なくても頑張ってきたということではなく、どんな結果を出したのかということが外資系企業においては常に求められることなので、面接でもその点を意識した答え方をしましょう。

ただし、目標を立て、それを達成するために具体的にどのようなスキルや考えを駆使したのかという結果につなげるための過程については評価されます。

目標達成のための方法を論理的に組み立てて実践していける人が求められます。

自身のキャリアについてどう考えているのか

キャリアについての考え方も外資系企業ではよく聞かれます。

外資系企業ではキャリアアップのために転職を繰り返すのは当たり前に行われていますから、転職回数が多いことは日系企業に比べてデメリットになることは少ないです。

ただし、その転職がどういった意味を持ってきたのか、今回の転職では何を求めているのかという点についてははっきりと答えられるようにしておきましょう。

明確なキャリアプランがない人は外資系企業では敬遠されますし、応募者が描くキャリアステージを自社が提供できるのかという点も判断します。

これまでのキャリアに不満があるということではなく、攻めの姿勢、前向きでポジティブなキャリアを目指しているという視点から語ることが大切です。

仕事で困難なことにぶつかったというエピソード

これまでの職歴の中での象徴的なエピソードについての質問もよく聞かれます。

特にどんな困難なことにぶつかったのか、大変だったことは何かという質問から応募者の問題解決能力を見極めています。

単に苦労したエピソードではなく、それに対してどんな分析を行い、打開するために何を行ったのかという風に論理的に対策してきたという点を話しましょう。

精神的にどのように乗り切ったのかについても、マネジメント力が求められる年代については必要になります。

長所・短所の質問は遠慮せず堂々と

日系企業でも共通して聞かれる長所・短所についての質問は、答える内容については大きな違いはありませんが答え方にコツがあります。

日系企業では長所をアピールする際に周囲の力もあって身についたなど、自己アピールに終始しない言い方が好まれます。

謙虚な姿勢を見せつつも上手に自分の長所を伝えていくという方法です。

一方外資系企業では少しでも遠慮気味な姿勢が見られると「自信がない人」という風に捉えられます。

日本と外国の文化の違いにも通ずるところではありますが、とにかく自分を堂々とアピールできるのかという点が外資系企業の面接では重要になります。

欠点については、欠点はあるけれど改善するための工夫を行っているという観点から答えるようにしましょう。

「欠点がない」という答え方では自身を客観的に見れていないと思われます。

論理的に話すことを意識して

外資系企業の面接官は具体性がなく曖昧な表現を嫌います。

自分には何ができるのかを明確にした上で、何がどのようにしてできるのかを論理的に説明する必要があります。

単に「できると思います。」という根拠のないことは面接官の心には響かないのは日系企業の面接と共通しています。

外資系企業では、より論理的に具体的に話していくという点を重視して面接に臨むようにしましょう。

答え方に迷いが見えると良い印象を与えませんし、うまくごまかそうとしても外資系企業では通用しません。

最初から一貫した姿勢と、堂々とした受け答えを絶対に崩さないという意識も必要になります。

英語面接では文法上の誤りよりもコミュニケーションを重視して

外資系企業における英語面接は英語の文法テストではありませんから、細かい文法上の誤りや言い間違い、発音の正確性よりもコミュニケーションを重視して話していく必要があります。

面接官は応募者に対して「完璧な英語力」を求めているのではなく、仕事上のコミュニケーションを図る上での英語力があるのかということを気にします。

細かいミスに気を取られて、言いたい内容が伝わらなくなってしまうということだけは避けるようにしましょう。

英語面接の対策はプロのアドバイスを受けよう

英語面接用の対策本にはよくある質問に対しての答え方などが英語で用意されています。

それらを読み込み丸暗記しても外資系企業の面接ではすぐにばれてしまいます。

あくまでも参考程度に読んでおき、実際の面接対策はプロに依頼して行っておくのが得策です。

外資系の転職に強い転職エージェントであれば、英語面接のときの話し方のコツや実践的なアドバイスをもらうことができます。

特に語学堪能なエージェントや外国出身のエージェントが在籍していることも多い大手転職エージェントがやはり心強いです。

求人が豊富であるということ以外にもメリットは大きいので頼ってみるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、外資系企業の転職面接でよく聞かれる質問や日系企業との面接対策の違いについてご紹介しました。

特に外資系企業の面接に慣れていないという方は、日系企業の面接と同じような心構えでいるとなかなか内定をもらうことができません。

外資系企業専用の面接対策は必須であると思っておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。