転職を考える人が超えるべきハードルとして、周囲からの引き留めがあります。

特に家族や友人など親しい人からの引き留めには太刀打ちできないこともあり、せっかく決心した転職をやめてしまうという人もいます。

そこで今回は、妻や親、友人たちからよく言われる転職の「引き留め言葉」をもとに、何を考えて対処していくべきかを解説していきます。

友人からの「やめた方がいい」その根拠は?

現役で働いている友人たちは、仕事の話が通じやすいという意味で転職の相談相手にすることがあります。

しかし、相談相手にする友人は選んだ方がいいです。

その友人は、自分や転職市場のことをよく理解している人でしょうか?

そうでなければ、何となく一般論を例にあげて「どこも厳しいからやめたほうがいいよ。」と、言ってくるだけのことがあります。

その場合、自分自身が転職を経験したこともなく、経験したとしても随分前だということはあります。

また、友人が転職の道を模索して変化していくことを、自分が取り残されたように感じて引き留める人もいます。

学歴も仕事での身分も同じような人の場合、小さな輪の中に仲間がいることに安心感を覚えることがあるからです。

また、同世代の友人などと久しぶりに会って転職談話が盛り上がることはありますが、今の自分を本当によく知っているのかどうかはわかりません。

その場だけ盛り上がるならば問題ないですが、久しぶりに合った友人に人生の大事な選択を左右されないようにしましょう。

本当の友人であればチャレンジを応援したり、引き留めるにしても具体的にやめた方がいい理由を提示するでしょう。

根拠のない一般論を述べたり、自分自信が置いてかれないように引き留めているのであれば、話半分で聞いておけばよいです。

妻からの「今の生活を失いたくない。」は何が要因?

嫁ブロックと呼ばれるように、転職に対して妻から大反対を受けることがあります。

「今の生活を失いたくない。」「家族のことは考えているの?」など、自分目線での反対意見に納得できないこともあるでしょう。

しかしそこで頭ごなしに意見を押し通すようなことをすると、家庭内が不安定になります。

仕事から帰ってきてすぐに食事がとれるのも、安心して子供の世話を任せられるのも、すべては妻の存在のおかげなのです。

女性の多くは突発的に起きたことをすぐに受け入れることが苦手です。

感情的になりやすく、安定を求める保守的な考えを持つ人も多いので、転職に対して拒否反応を示す人もいるでしょう。

しかし、妻が反対する要因をしっかりと探っていき、順序立てて説明することで理解してくれるものです。

最終的には精神的に強い女性が多いので、時間をかけてでも説得するよう努力すれば理解してくれるはずです。

妻が「今の生活を失いたくない。」と不安に思う理由は、基本的には「経済面」「家族との時間」の2つです。

人によってはそれ以外に原因がありますから、何が理由で反対するのかをじっくり聞いてみましょう。

まずは自分の話ではなく、妻の話を聞いていき、その不安材料を払拭できる提案と自分の確固たる意志を伝えることが大切です。

親からの「安定した職を手放すのか?」は古い価値観かも

転職を親に相談する人もいるでしょう。

特に実家暮らしの場合など、親との距離が近い人は相談せざるを得ない場合があります。

親から反対を受けるケースとしては「今の安定した職を手放すのか?」「転職なんて逃げることだ。」など、昔ながらの価値観を押し付けられることがあります。

現役世代ではない親だって、新聞やニュースを見れば転職が当たり前になった時代ということは理解しているはずです。

しかし自分の子供に対してはそれを当てはめることができず、不安定な道を進んでほしくないと思ってしまうのです。

親からの反対を鵜呑みにしてはいけませんが、「時代が違う。」などと直接言ってもいけません。

親は子供に対して心配しているだけだからです。

心配への感謝の気持ちを述べることと、安心させる材料を提示してあげればそれでいいのです。

引き留められるのは突然の申告にあり

妻や親など家族から強い引き留めに合うのは、計画性のなさが引き起こしていることが多いです。

これまで仕事も順調そうに見えていた、転職の二文字なんて一切感じさせなかったという場合にいきなり「転職したい。」と言っても、反対に合うのは必至です。

突然伝えるのではなく、徐々に分かってもらえるようにしておくことが大切です。

例えば理不尽な仕事をさせられているなど、仕事の悩みや愚痴をその都度言っておきましょう。

そうすれば「ずっと悩んでから仕方がないね。」と、いざ転職の希望を伝えても理解される可能性が高いです。

また、やりたい仕事があるが今の会社では叶わない、いずれの転職に向けて努力していたなど、目標をしっかりと周囲に宣言してあれば「ついに転職時期が来たか。」と受け入れてくれます。

転職という言葉は家族にとっては破壊力が大きいものです。

最初のうちはその言葉を使わず、徐々ににおわせる方法を取るようにすると良いでしょう。

現実的な提案で家族への説得を

転職に反対する家族を説得するときは、夢を語るのではなく現実的な提案をすることが重要です。

単に「もっと実力を評価してくれる会社があるはずだ。」「大幅な年収をアップしたい。」などと理想を述べるのではなく、自分の実力でどの程度の転職が可能なのかを客観的に伝えましょう。

具体的には適正年収やスキル、経験をきちんと分析した上で、転職する価値があるということを家族に対してプレゼンしていくことになります。

家族を説得できないようであれば、応募先の人事担当者に自分をアピールすることなどできません。

家族からの反対に合ってがっかりしているかもしれませんが、応募への下準備ともなるものだと前向きに捉えましょう。

考えるのは「いずれ」ではなく「今」

家族や友人からの反対に合うと「今は考えるタイミングではないから給与が下がったら考えよう。」など、転職を考えること自体を先延ばしにしてしまいます。

しかし実際に給与が下がったときには悠長なことは言っていられず、慌てて転職先を探すことになるでしょう。

その頃には年齢が上がり、転職できる可能性は今より低くなっています。

現実に転職先を決めるまでに少し時間はかかったとしても、考えるべきは今です。

業界や企業研究をしておく、転職市場の状況から目を離さないようにしておくことが大切です。

今のうちから転職エージェントに登録するなどして、求人チェックや情報収集を欠かさないでおきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、周囲からの引き留め言葉を投げかけられたときに、何を考えるべきかをご紹介しました。

周囲からの激しい引き留めにあって悩んでいる人や、一度決めたことをすぐに覆してしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。