更年期障害と呼ばれるものには様々な症状があります。

頭痛やめまい、激しいだるさなどの他にも、汗やイライラなどすべての体調不良を集めたと言っても良いぐらい辛いことです。

これは社会として周囲の人間として協力していくことが必要なのですが、症状に悩む本人もその対策法は知っておくべきことです。

特に仕事に関しては、給料をもらっている以上対策を立てることも社会人としては必要不可欠なことでしょう。

そこで今回は、更年期障害で悩む人が知っておきたい仕事を続けるコツと転職についてご紹介していきます。

更年期障害で悩む人がまず努力したいこと

更年期障害になると、仕事でミスを連発したり些細なことでイライラして周囲に当たってしまったりと、仕事に大きな影響を与えてしまうことがあります。

自分自身も周囲の人にとっても辛いことですが、乗り越えるためには努力も必要になってきます。

では、更年期障害で悩む人はどんな努力を心がければ良いのでしょうか?

自分で更年期を認めること

更年期障害を認めるということは、自分の老化を認めるような気持ちになり、自分は更年期ではないと思おうとしてしまうことがあります。

もちろん、様々な症状が更年期ではなく別の病気が原因で起きている可能性もありますから、更年期に当てはまる症状があれば即更年期というわけではありません。

しかし、少なくとも自分の症状から目をそらさずにまずは病院などで検査を受けてみることが必要です。

自分だけはそんなはずはないと、周囲のすすめを無視して検査もせず、仕事ではミスを連発して他の人と同じ給料をもらっているというのは、厳しい言い方かもしれませんが、社会人としてはあるまじき行為です。

受診して症状の軽減に努めること

自分が更年期障害だと分かった場合には、継続して婦人科に受診するなどして症状の軽減に努めることが必要です。

もちろん薬が効く場合だけでなく、なかなか症状が改善されず苦しい想いをしている方は大勢います。

しかし、仕事を続けるのであれば体調回復のための努力は必要不可欠なことになります。

家族や周囲の協力を求めること

更年期障害は一生続くものではありませんが、5年や10年という非常に長い期間苦しむこともある辛い症状です。

この期間を乗り切るためには、家族や周囲の協力が非常に大切になってきます。

そのときも、「こんなに辛いのだから周りが助けてくれて当たり前」と思うのではなく、まずは自ら助けを求めるようにしましょう。

家族には家事の負担をなくして仕事に集中できるようにしてもらったり、職場の同僚や上司には症状を伝えておき、辛いときは相談するなどの心がけが必要です。

なぜそんなにイライラしているのか、ミスが多発するのか、理由が分からない人に分かってもらおうと思うのは横暴というものです。

助けを求めている人に対して手を差し伸べてくれる人はいますから、自らそのための努力をすることも大切なことです。

業務内容の軽減を申告してみることも手

今の業務内容の負担が大きいと、気持ちばかりが焦ってしまい余計にミスやイライラにつながってしまいます。

業務内容の軽減を上司に求めてみることも方法です。

また、ミスが起きることであっても、ダブルチェック体制をしっかり作ってもらうことで、大きなミスや対外的に影響がないようであれば問題なくいくこともたくさんあります。

ストレス発散するために楽しめることを見つけること

更年期の症状は特効薬があったり、何かをすれば急に良くなるというものではありません。

完全にその症状を治そうと思ってしまうと、治らないことへの焦りや失望がありますから、更年期の症状を感じながらも、気を紛らわせたりして上手に付き合っていく必要があります。

症状そのものに効くというわけではありませんが、悩みから一時的に開放されたりストレスを発散できるという意味でも趣味などの楽しみを見つけるということは有効です。

更年期の症状を改善しようと躍起になったり、周囲に当たってしまうことを深く悩んでしまうと、更年期どころか別の精神病に発展してしまうことがあります。

そうなってしまうと、それこそ永遠に出口のない悩みを抱えることになってしまいますから、予防するためにも自分が夢中になれることを見つけるようにしましょう。

好きなテレビドラマや散歩など小さなことでも構いません。自分の「好き」を大切にしていきましょう。

役職などがついているのであれば一旦降りることも

更年期の症状が出る年代の方であれば、役職についているということも十分に考えられます。

役職者は部下の仕事に責任を取ったり、指示をするという重要な役割があります。

一つのミスが会社の業績そのものに影響を与えてしまうような重大なことにつながってしまうこともあります。

仕事でミスが増えてきたり集中力が散漫になってきたと感じるようであれば、一旦その役職を降りることも必要ではないでしょうか?

役職がなくても、ベテランとしての経験を活かし、仕事に貢献することは十分に可能です。

また、自ら冷静な判断をしてくれる優秀な人であれば、症状が改善されてから再度役職に登用されるということも十分あり得ます。

役職を降りたからと言って、あなたがこれまでやってきたことがすべてリセットされるわけではありません。

また別の角度から仕事を見られる良い機会だと思うことも必要なことです。

更年期障害が辛いなら異動や転職で楽になることもある

職場の状況によっては、業務の軽減や周囲の協力が求められないということもあるでしょう。

その場合には、職場そのものを変えてみることで働きやすくなることは十分に考えられます。

まずは仕事の負担や責任が少ない職場への異動が可能かどうか考えてみましょう。

それが難しいようであれば、転職して負担の少ない仕事をしてみることも必要です。

負担の多い仕事がすごいわけでも、負担の大きい仕事をする人が偉いわけでもありません。

そのときにできることを真摯に受け止め、て心を込めて仕事をすることが大切なのではないでしょうか?

更年期がきっかけで転職した先で良い人間関係や仕事に巡り合えて、結果的に以前の職場がブラック企業だったと気づいた人もいます。

助けを求めたにもかかわらず助けが得られないというのは、企業の体質に問題がある可能性も考えらるからです。

転職が必ずしも悪いものであるということは決してないのです。

転職活動は転職エージェントを利用して

転職をするのであれば転職エージェントを利用することをおすすめします。

一人で転職活動をしてしまうと、応募書類を客観的に判断することができなかったり、不採用になったときにイライラが募ってどうしようもなくなったりしてしまいます。

転職活動は不安があることでもありますから、困ったときや悩みを相談できる相手は作っておくべきです。

その点、転職エージェントには、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントがいますから、転職活動の具体的なアドバイスをしてもらうことができます。

転職エージェントの登録は無料なので、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、更年期障害で仕事に対して悩みを抱えている人が覚えておきたい仕事を続けるコツや転職についてご紹介しました。

更年期の症状は辛いことですが、努力する気持ちを忘れないことと、周囲に助けを求めることが大切です。

更年期を乗り越えて長く仕事を続けていくためにも、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。