公務員は厳しい試験を経て一部の人だけがなることができる、一般的には憧れられることが多い職業です。

民間企業のように仕事を失うリスクもほとんどなく、高給で残業もないというイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、公務員を辞めて民間企業に転職したいと考える人は意外にも多くいます。

そこで今回は、公務員から民間企業へ転職するなら覚えておきたい転職活動の注意点についてご紹介していきます。

そもそも公務員を辞めたい理由って?

公務員は誰もがなれるわけではありませんから、公務員を辞めることに対して疑問を感じる人は多いです。

しかし、公務員の仕事は民間に比べて独特ですから、合わない人にとっては合わないですし、非常に苦痛に感じることもあります。

公務員を辞めたい理由としては、人間関係など民間企業でもよくある理由の他には、良いアイデアや企画であっても慣例や制度によって現実にならないことなどがあります。

体質が古かったり、国や地方という巨大なバックが足かせとなってやりたい仕事ができないということです。

また、いわゆるお役所仕事を自分自身がしているうちに、退屈で将来が見えない仕事を永遠とやるのかと思うケースも多いです。

さらに、公務員は残業がないというイメージがあるかもしれませんが、遅くまで残業をしている人も多く必ずしも楽な仕事というわけではありません。

イメージとのギャップに辞めたいと感じてしまう人もいます。

民間企業への転職活動で気を付けたいこと

公務員から民間企業への転職活動を行っていく上でどんなことに気を付けるべきでしょうか?

戻ってはこれないから退職は慎重に考えよう

公務員を辞めたいと感じたら、まずは勢いで辞めるということだけは避けて慎重に考えてみるべきです。

辞めたい理由について冷静に分析し、じっくりと焦らず退職について考えていきましょう。

基本的には一度公務員を辞めて民間企業に転職をすると、再度公務員として働くことは簡単なことではありません。

転職は自由ですが、後悔だけは残らないように慎重に行動すべきです。

公務員試験を突破した、その事実は一旦置いておこう

公務員試験を突破したことは自分自身にとっても誇りであり、努力ができるという証でもあります。

その誇りは今後生きていく上で糧にすることはできますが、転職活動をする上では一旦横に置いておきましょう。

なぜなら公務員試験を突破した事実と、民間企業で求められるスキルや能力は全く別のものであり、切り離して考える必要があるからです。

どんな業界で何をしたいのか、そこで求められることはどんなことなのかに注目していきましょう。

退職の承諾を得るのに時間がかかるから意志と退職理由をしっかり用意しておこう

公務員の退職は民間企業を退職するのに比べて時間がかかることが多いです。

民間企業での内定をもらった場合でも、その後に退職の意志を伝える場合には時間的な余裕をもらう必要があるということも覚えておきましょう。

また、適用される法律も違いますし、民間のようにすぐ代わりの人を応募しようというわけにもいきませんから、上司から慰留されることもあるはずです。

その場合にはしっかりとした意志を伝え、明確な退職理由を示すことが大切です。

上司から納得を得ることができれば、その後の転職に向けて歩き出すことができます。

転職理由は前向きかつ具体的なものであること

公務員から民間企業への転職では、面接で「なぜせっかく公務員になれたのに辞めるのか?」ということを聞かれることが多いです。

前述したように世間一般的には公務員は安定性が高く給料も良いいわゆる「良い仕事」だと思われていることが多いからです。

また、難しい公務員試験を目指すにはそれなりの理由があったはずなのに、という意見も多いことでしょう。

その場合には、公務員の世界を批判するようなことを言うのは避けるべきで、これは民間から民間への転職の場合にも共通しています。

前向きな理由が最も良いのですが、気を付けたいのは単なる世間知らずだと思われないように前向きかつ具体的なものであることです。

夢や理想ばかりを語っても、「民間の厳しい現状を全く知らない公務員」と思われてしまいます。

具体的にどんなことをしたいのか、なぜそれが公務員では達成できないのかなど、掘り下げた回答を用意しておく必要があります。

プライドが高いと感じられないように気をつけよう

公務員試験は難関試験ですから、公務員になるような人は頭が良い人であるということは世間一般的なイメージとしてあるでしょう。

そして、残念ながら頭が良い人はプライドが高く偉そうだと思われてしまうことも多いです。

もちろん公務員であっても下手なプライドの高さがなく、感じの良い人は大勢います。

しかし、世間一般のイメージから、ほんの少しの言い回しや態度で「公務員だからやっぱりプライドが高いのだ。」と思われてしまうことがあります。

同じことを言ったとしても、公務員が言うのと民間企業出身者が言うのとでは捉え方に違いがでてしまうということです。

これは相手側の問題ですから変えようがありませんが、念頭に置いておき、面接などではいつも以上に謙虚な姿勢を心がけることが必要になります。

転職活動は一人で行わないことが大前提

公務員から民間企業への転職活動は、一人で行わないことが大前提です。

公務員から民間へ転職する場合には転職活動そのものが初めての場合が多いでしょうし、民間企業で求められる資質や転職のコツなどについてほとんど無知の状態だからです。

おすすめは転職エージェントを利用した転職活動を行うことです。

転職エージェントは転職支援のプロですから、公務員時代には思いもよらなかったような良い求人を紹介してくれたり、転職のノウハウについて指導を受けることもできます。

また、面接の日程調整や給与交渉など、自身ではやりにくいことも代わって行ってくれます。

一人でやみくもに転職活動を行うよりずっと効率的で、成功確率が上がりますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、公務員から民間企業への転職活動で気を付けたいことについてご紹介してきました。

全く別の世界にチャレンジすることは勇気がいることかもしれませんが、明確な理由があれば後悔ない転職につながることでしょう。

今回ご紹介したこをぜひ転職活動に役立ててください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。