製造・組立工場や建設現場で働く仕事の中でも、特に人気が高いのが溶接の仕事です。

昔は溶接工の給料は高く、花形職業と言われたこともありました。

現在では以前のような人気はありませんが、非常に需要がある仕事で、技術力が求められるためやりがいもあります。

しかし、溶接の仕事はきつく大変で、危険が伴うデメリットの大きい仕事という側面もあります。

溶接の仕事に転職したいと考えている場合には、しっかりと大変さとデメリットを理解した上で転職を決めるようにしましょう。

今回は、溶接の仕事の大変さとデメリットについてご紹介していきます。

溶接の仕事の大変さとは?

溶接の仕事は体を使う仕事です。そのため仕事が大変だということは想像できます。

しかし、仕事そのもの以外にも、大変なことが多い仕事だということを覚えておきましょう。

技術力が重視されるため、年齢に応じて年収が上がらないことがある

溶接工の仕事は基本的に技術力重視と言われています。

高い技術力があれば若くして高収入を得ることは可能ですが、逆に年齢が高いだけでは収入が上がりにくい職業です。

勤続年数によって毎年昇給があるような会社に比べると、安定性という点では低く、技術を磨くための努力は常にしていく必要があるのは大変なところです。

職人気質の人が多いため人間関係で苦労することも

溶接工という仕事は高い技術力が求められる仕事です。そのため、一つのことに集中できる職人気質な性格の持ち主が多くいます。

年齢がある程度高く、頑固という人も大勢います。

中には、口が悪かったり、質問しても教えてくれない、昔ながらの「仕事は盗んで覚えるものだ」という考え方の人もいます。

もちろん、個人差が大きいので必ず人間関係で苦労するということではありませんし、合う合わないはあります。

ただ、一般の会社員との人間関係とは違う面も大きいため、会社員生活が長い人ほど苦労する傾向にあります。

小さな会社であれば倒産のリスクも

溶接の仕事自体は技術が必要な仕事ですし、まだまだ需要もあります。しかし、会社そのものが倒産してしまうリスクがあります。

溶接を行っている会社はたくさんあり、下請けなど小さな町工場で働く溶接工もいます。

高い技術力があって高い利益を挙げている町工場もありますが、資金力のない小さな会社には倒産のリスクが伴います。

下請け工場であれば、取引先が倒産することで連鎖的に倒産する可能性も高いですし、大手企業などとの仕事の取り合いに負けてしまうことがあります。

また、仕事を取るためにかなり低い報酬で働くこともあり、そこで働く従業員は満足のいく給料をもらえないということもあります。

残業も多く仕事自体も大変

溶接工の仕事はいわゆる3K(きつい、きたない、きけん)と言われる仕事で体力的にも大変です。

定時に追われる職場というものも少なく残業も多いため、年齢が上がるほどに体力的にも大変になっていきます。

大変な割には給料はそれほど恵まれておらず、ボーナスや退職金もないというところは多いです。

溶接の仕事の危険性

溶接の仕事のデメリットは、何といっても身体への危険が伴うということです。

どんな危険性があるのかについて見ていきましょう。

目を焼いてしまうリスクがある

溶接の仕事で多く聞かれる悩みとしては、目を焼いてしまうということです。

溶接の仕事は専用の保護具や遮光マスクを付けて行いますが、保護具を付けることによって溶接部分が見づらくなり、慣れていないと失敗してしまうことがあります。

そのため、溶接工の人の中には保護具やマスクを付けずに行って、目を焼いてしまう人もいます。

そうなると、目がゴロゴロとした感じがして痛くなり、その日の夜は眠ることができない場合もあります。

少しの溶接であっても、しっかりと保護具などをつけることで予防することはできますが、現場としてはそうもいかないという事情もあります。

火傷は日常茶飯事

溶接の仕事では火傷は当たり前にあることです。

しっかりと手袋をして作業を行うのですが、手袋の隙間から火の粉が入ってきたり、作業着を鉄の塊が貫通して小さな火傷をするようなことはよくあります。

火傷はケガのうちに入らないとも言われていて、火傷一つで騒ぐようでは溶接工は務まりません。

これだけをとっても、かなり危険度が高い仕事であることがわかります。

腰痛になるリスクは高い

溶接の仕事では同じ姿勢を長くとり続けながら作業をするため、腰痛になるリスクが高いです。

作業中は体勢を変えることもなかなかできないですし、長時間作業をするため足腰に非常に負荷がかかります。

ヘルニアなどになってしまうと、仕事そのものを続けることができなくなってしまい、技術力を活かした仕事や、体を使う仕事ができなくなってしまいます。

デメリット多いと思う人転職しよう

ここまでご紹介したように、溶接の仕事は大変なことが多く危険性も高い仕事です。

需要自体はありますが、ケガのリスクは常に伴いますから長く健康で働くことができるかどうかには疑問が残ります。

ただ、やりがいのある仕事のため、どうしても溶接の仕事を続けたいいという場合には、大変さやデメリットをしっかりと理解した上で続けましょう。

一方、溶接の仕事が辛くて辞めたいと感じているのであれば、この大変な仕事を続けることは難しいですから、早めに転職に向けて動きだしましょう。

転職活動は転職エージェントを利用するのがおすすめ

ハローワークや求人誌に比べて圧倒的に求人数が多く、条件の良い求人が多いのが特徴です。

また、自分でわざわざ求人を探しにいかなくても、あらかじめ希望の条件やスキルなどを登録しておくことで、転職エージェントが適切な求人を紹介してくれます。

転職エージェントは無料で利用できますから活用してみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。